マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年10月9日(月曜日)
開催 盛岡競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け J・GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 16頭
天気 曇り(Yahoo!天気・災害)

マイルチャンピオンシップ南部杯 2017

ダート交流G1「 マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 」です。昨年の優勝馬コパノリッキーや2014~2015年優勝馬ベストウォーリアなど、JRAからは7頭が出走を予定しています。

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯の配当を見ると、人気サイドの決着が多く、かなり硬い傾向のレースといえそうです。特に馬連や3連複は、点数を絞らないと、ガミリそうなほど低配当の年が多いです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 210円 300円 770円
2015 580円 810円 2,100円
2014 310円 590円 1,320円
2013 200円 860円 4,090円
2012 1,460円 1,700円 5,110円
2011 600円 3,610円 8,790円
2010 450円 72,220円 1,312,650円
2009 150円 1,940円 4,560円
2008 1,360円 260円 2,890円
2007 190円 1,450円 2,970円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。なお2011年は、東京競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
マイルチャンピオンシップ南部杯 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016稍重 1 12 牡6 コパノリッキー 1 帝王賞(G1) 1着(-0.7) 5
2 13 牡6 ベストウォーリア 2 さきたま杯(G2) 2着(0.3) 1
3 10 牡7 ホッコータルマエ 4 帝王賞(G1) 4着(2.4) 4
2015稍重 1 12 牡5 ベストウォーリア 1 プロキオンステークス(G3) 1着(-0.3) 4
2 1 セ5 タガノトネール 4 オーバルスプリント(G3) 3着(0.5) 1
3 14 牡9 ワンダーアキュート 2 帝王賞(G1) 8着(2.3) 3
2014 1 10 牡4 ベストウォーリア 1 プロキオンステークス(G3) 1着(-0.0) 1
2 9 牡5 ポアゾンブラック 2 エニフステークス(OP) 1着(-0.2) 7
3 5 牡7 アドマイヤロイヤル 4 プロキオンステークス(G3) 14着(1.5) 6
2013 1 8 牡8 エスポワールシチー 2 かしわ記念(G1) 2着(0.3) 3
2 12 牡4 ホッコータルマエ 1 帝王賞(G1) 1着(-0.2) 3
3 10 牡7 セイクリムズン 5 プロキオンステークス(G3) 2着(0.0) 5
2012 1 10 牡7 エスポワールシチー 1 エルムステークス(G3) 2着(0.0) 2
2 6 牡9 ダイショウジェット 6 日本テレビ盃(G2) 4着(0.6) 5
3 1 牡5 アドマイヤロイヤル 3 プロキオンステークス(G3) 2着(0.1) 4
2011東京 1 11 牡5 トランセンド 1 Dubai World Cup(G1) 2着
2 6 牡5 ダノンカモン 3 エニフステークス(OP) 1着(-0.2) 2
3 8 牡5 シルクフォーチュン 7 BSN賞(OP) 3着(0.1) 3
2010稍重 1 11 牡5 オーロマイスター 4 エルムステークス(G3) 2着(0.1) 4
2 3 牡5 エスポワールシチー 1 かしわ記念(G1) 1着(-0.2) 1
3 6 牡5 グランシュヴァリエ 11 日本テレビ盃(G2) 8着(3.2) 9
2009 1 3 牡4 エスポワールシチー 2 かしわ記念(G1) 1着(-0.1) 2
2 6 牡4 サクセスブロッケン 1 フェブラリーステークス(G1) 1着(-0.0) 6
3 12 牝9 メイショウバトラー 6 東京盃(G2) 9着(2.6) 5
2008 1 14 牡8 ブルーコンコルド 2 かしわ記念(G1) 2着(0.2) 1
2 6 牝8 メイショウバトラー 1 クラスターカップ(G3) 7着(1.4) 3
3 3 牡6 ワイルドワンダー 4 プロキオンステークス(G3) 2着(0.2) 1
2007 1 2 牡7 ブルーコンコルド 2 帝王賞(G1) 2着(0.2) 1
2 3 牡5 ワイルドワンダー 1 プロキオンステークス(G3) 1着(-0.2) 1
3 13 牡6 カフェオリンポス 5 オアシスステークス(OP) 8着(0.4) 2

人気

過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯3着以内は、「1番人気+2~3番人気+4~7番人気」という決着が9回あります。例外は、3着に大穴の馬が来た2010年のみです。直近4年は、1番人気+2番人気+4~5番人気の組み合わせで決着しています。

前走プロキオンステークス、帝王賞、かしわ記念

前走がこの3レースだった馬を合わせると、過去10年のマイルチャンピオンシップ南部杯3着以内30頭中16頭を占めます。特に近年は、前走プロキオンステークスと前走帝王賞の好走例が目立ちます。

  • 前走プロキオンステークス7頭
  • 前走帝王賞5頭
  • 前走かしわ記念4頭

馬券予想

過去10年の傾向から「上位人気馬」「前走プロキオンステークス2017、帝王賞2017、かしわ記念2017」に注目です。

今年の マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 は、過去の傾向から上位人気馬を中心に注目でしょうか。安定感と実積という意味では、コパノリッキーベストウォーリアが中心になると思います。傾向通りなら、今年も低配当になる可能性が高そうですね…。(;´・ω・`p

以下、簡単な考察と予想です。

【追記】当日オッズでは、コパノリッキーとゴールドドリームが並んで2~3番人気、カフジテイクが1番人気みたいですね。「1番人気+2~3番人気+4~7番人気」というデータ傾向からは外れてしまいそうです。(´・ω・`;) 今から変えるのも何なので、そのままで…。
◎⑪コパノリッキー

前走かしわ記念2017 1着。交流G1&マイル戦といえば、コパノリッキー。この条件では、全く底を見せていないので、深く考えず本命で。

○②ベストウォーリア

前走さきたま杯2017 3着。ちょうど2年前のマイルチャンピオンシップ南部杯2015優勝後、勝ち星から遠ざかっています。それでもG1戦線で好走し続けているのは、能力の高さを感じます。3年連続で連対している舞台、今年も上位争いを期待です。

▲⑨キングズガード

前走プロキオンステークス2017 1着。相性の良いプロキオンステークス組。後方から脚を溜めてというタイプだけに、地方のダートコースだと届かない…という心配はありそうです。交流重賞のときのサウンドトゥルーのように、5~6番手ぐらいで脚を溜めることが出来れば…。

△⑬ゴールドドリーム

前走帝王賞2017 7着。ドバイからの海外帰り初戦だったことを考えれば、仕方ない敗戦かもしれません。同じくドバイ帰り初戦の帝王賞2017で5着に敗れたアポロケンタッキーは、2戦目の日本テレビ盃2017を優勝しています。今回、帰国2戦目&得意のマイル戦ですし、好走を期待したいシチュエーションだと思います。

不安点は、兵庫チャンピオンシップ2016 2着(園田)、ジャパンダートダービー2016 3着(大井)と地方では勝てていない点でしょうか。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着、6着でした。

本命◎コパノリッキーは1着でした。

マイルチャンピオンシップ南部杯 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 11 牡7 コパノリッキー 1 かしわ記念(G1) 1着(-0.4)
2 3 牡5 ノボバカラ 7 キーンランドカップ(G3) 10着(1.1)
3 9 牡6 キングズガード 5 プロキオンステークス(G3) 1着(-0.3)

晩に録画を見ました。過去、硬い決着が多いレースなのでしたが、今年は3連単125,590円の波乱決着でした。昼過ぎぐらいにオッズを見ると、コパノリッキーが2~3番人気だったので驚きました。圧倒的1番人気だと思っていただけに、人気が割れたのは少し不思議でした。

2着ノボバカラは買えず。評価としては6番手だったので、馬券的には絶対に買えなかったです。少点数なので仕方ないところです…。

キングズガードは、5~6番手の良い位置での競馬。最後は、コパノリッキーも来ていたので、凄く見応えたっぷりでした。ノボバカラをベストウォーリアだと勘違いして見ていたので…(´・ω・`)当たったものだと思っていたら、ゴール直後にノボバカラだと気づきました。

ベストウォーリア。前走のさきたま杯2017も離された3着。相性の良いここでも見せ場作れず。そろそろ下降線かもしれません。仕方ないですね。

マイルチャンピオンシップ南部杯2017出走馬の次走情報