マイルチャンピオンシップ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年11月19日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1600m(外)
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 18頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

マイルチャンピオンシップ 2017

マイルG1「マイルチャンピオンシップ2017」です。長くトップホースが不在という印象のマイツ戦線。モーリスが引退した為、さらに混沌としてきました。ただメンバー的には、安田記念2017優勝馬サトノアラジンを中心に、G1実績馬が集まり、ハイレベルな一戦になりそうです。

コース形態

京都競馬場の芝コース
京都競馬場の芝コース

過去10年のマイルチャンピオンシップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。以前は、波乱のG1というイメージでしたが、近年は波乱決着が減少傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,590円 8,360円 40,290円
2015 1,780円 2,000円 12,000円
2014 3,890円 25,760円 193,290円
2013 1,930円 2,090円 12,450円
2012 2,520円 9,230円 58,050円
2011 12,800円 38,920円 279,410円
2010 14,240円 53,970円 473,970円
2009 6,690円 20,730円 106,680円
2008 990円 11,700円 53,980円
2007 1,870円 5,000円 24,050円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
マイルチャンピオンシップ 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 16 牡5 ミッキーアイル 3 スプリンターズステークス(G1) 2着(0.0) 2
2 8 牡5 イスラボニータ 2 富士ステークス(G3) 2着(0.1) 4
3 15 牡5 ネオリアリズム 7 札幌記念(G2) 1着(-0.3) 5
2015 1 16 牡4 モーリス 4 安田記念(G1) 1着(-0.0) 1
2 10 牡6 フィエロ 2 スワンステークス(G2) 2着(0.2) 1
3 5 牡4 イスラボニータ 1 天皇賞秋(G1) 3着(0.2) 6
2014 1 12 牡6 ダノンシャーク 8 富士ステークス(G3) 7着(0.3) 1
2 8 牡5 フィエロ 3 スワンステークス(G2) 3着(0.1) 2
3 3 牡5 グランデッツァ 9 毎日王冠(G2) 5着(0.3) 2
2013 1 5 牡5 トーセンラー 2 京都大賞典(G2) 3着(0.3) 2
2 4 牡4 ダイワマッジョーレ 3 スワンステークス(G2) 2着(0.3) 4
3 13 牡5 ダノンシャーク 1 富士ステークス(G3) 1着(-0.1) 1
2012稍重 1 1 牡4 サダムパテック 4 天皇賞秋(G1) 8着(0.6) 10
2 7 牡4 グランプリボス 1 スワンステークス(G2) 1着(-0.2) 3
3 17 牝4 ドナウブルー 5 府中牝馬ステークス(G3) 3着(0.2) 1
2011稍重 1 5 牡4 エイシンアポロン 5 富士ステークス(G3) 1着(-0.0) 1
2 1 牡5 フィフスペトル 11 スプリンターズステークス(G1) 6着(0.5) 6
3 13 牝6 サプレザ 4 Sun Chariot Stakes(G1) 1着
2010 1 13 牡5 エーシンフォワード 13 スワンステークス(G2) 8着(0.6) 1
2 8 牡4 ダノンヨーヨー 1 富士ステークス(G3) 1着(-0.2) 2
3 15 牡3 ゴールスキー 6 清水ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2009 1 4 牡8 カンパニー 1 天皇賞秋(G1) 1着(-0.3) 5
2 13 牡4 マイネルファルケ 14 富士ステークス(G3) 9着(0.3) 5
3 15 牝4 サプレザ 2 Sun Chariot Stakes(G1) 1着
2008 1 7 牝5 ブルーメンブラット 4 府中牝馬ステークス(G3) 1着(-0.1) 4
2 17 牡5 スーパーホーネット 1 毎日王冠(G2) 1着(-0.0) 2
3 2 牡5 ファイングレイン 10 スワンステークス(G2) 5着(0.4) 7
2007 1 8 牡6 ダイワメジャー 1 天皇賞秋(G1) 9着(0.9) 3
2 7 牡4 スーパーホーネット 4 スワンステークス(G2) 1着(-0.0) 3
3 11 牡5 スズカフェニックス 5 スプリンターズステークス(G1) 9着(0.6) 2

前走の着順

過去10年のマイルチャンピオンシップ3着以内では、前走二桁着順だった馬1秒以上離されて負けていた馬はいません。ただ今年は、10月の台風で不良馬場~重馬場で行われたレースが多く、あまり意識しない方が良いデータ傾向かもしれません。

前走スワンステークス

過去10年のマイルチャンピオンシップ3着以内30頭中7頭を占めます。外国馬サプレザが出走した2009年&2011年と優勝馬ミッキーアイルの斜行があった2016年を除く過去7回で、1頭ずつ馬券圏内に来ています。

年齡

過去10年のマイルチャンピオンシップ3着以内30頭中28頭4~6歳馬でした。3歳馬と7歳以上の馬は劣勢傾向にあり、以下の2頭のみとなっています。

  • 2010年3着ゴールスキー(前走清水ステークス1着、3歳馬)
  • 2009年1着カンパニー(前走天皇賞秋1着、8歳馬)

馬券予想

マイルチャンピオンシップ2017は、ハイレベルなメンバーが揃いました。マイルG1馬は、サトノアラジン(安田記念2017)とレーヌミノル(桜花賞2017)の2頭のみですが、レッドファルクスとネオリアリズムの2頭のG1馬のほか、マイル重賞実績馬が多数出走を予定しています。近年、波乱傾向が無くなってきているとはいえ、どの馬が来ても不思議ではないメンバー構成が予想され、馬券的には難関なレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。【追記】遅くなりました。予想と買い目を変更しました。

全く当たる気がしないですね。(´・ω・`;) 時計のかかる馬場っぽいので、ガリバルディとサトノアラジンを無印に変更しました。

◎⑦レッドファルクス

前走スプリンターズステークス2017 1着。1頭だけ違うと思わせる内容で、スプリンターズステークス連覇となりました。あとは距離(マイル戦)対応だけでしょうか。

京王杯スプリングカップ2017の勝利ジョッキーインタビューで、兄のミルコ・デムーロ騎手が「乗りやすい馬で、1ハロン伸びても問題ない。」ということを言っていました。安田記念2017の結果は3着。直線で前が詰まる不利があったことを考えると、マイル戦でも強いという印象でした。今回は、上位が差のないメンバーだと思うので、実績を信頼して…。

○⑪エアスピネル

前走富士ステークス2017 1着。台風の影響で不良馬場で行われた一戦。2着イスラボニータが休養明けだったものの、結果は、力の差を感じる完勝でした。後ろ過ぎない位置で競馬が出来るのも良さそうですし、京都コースの相性も良いので、上位争いを期待したいですね。

△⑤ヤングマンパワー

前走毎日王冠2017 5着。リアルスティール、サトノアラジン、マカヒキなどG1馬が揃った中での5着でした。最後はキレッキレの脚を使ったディープインパクト産に差されてしまったものの、よく粘った印象のレース。今回、人気もしないと思うので、適当に押さえました。

△⑧マルターズアポジー

前走京成杯オータムハンデキャップ2017 4着。58kg背負い、差し追い込みが上位を占める中での逃げ粘り。勝ち時計も1:31.6という早いもの。結果4着は、かなり頑張った方だと思います。

過去10年では、京成杯オータムハンデキャップ組が全く来ていないので不安ですが、前残り期待で…。

(無印)⑭ガリバルディ

前走富士ステークス2017 7着。

過去、好走例の多い外枠。5年連続で3着以内に来ているディープインパクト産。ということで狙いました。昨年のマイルチャンピオンシップ2016は、上がり最速の7着(0.4秒差)。前目につけた馬が好勝負を繰り広げたので、流れが向かない(後ろ過ぎた)印象のレースでした。土曜の雨は心配です。

(無印)⑤サトノアラジン

前走天皇賞秋2017 18着。良馬場で外を伸び伸びと走らせた方が良いタイプ。前走は台風直撃の不良馬場で、完全に度外視しても良いと思います。

昨年のマイルチャンピオンシップ2016の5着は不利があってのもの。スムーズなら馬券圏内があったかもしれません。マイルG1馬が伏兵扱いなら、オッズ的にもここは期待したいですね。ただガリバルディと同様、土曜の雨は心配な要素になりそうです。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、8着、14着、15着でした。

本命◎レッドファルクスは8着でした。

マイルチャンピオンシップ 2017
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 18 牡3 54 ペルシアンナイト 4 富士ステークス(G3) 5着(0.8) 2
2 11 牡4 56 エアスピネル 2 富士ステークス(G3) 1着(-0.3) 1
3 4 牡3 56 サングレーザー 7 スワンステークス(G3) 1着(-0.0) 2

カスリもせずでした。(;´・ω・`A “` データ傾向から3歳馬を軽視していたので、買えなかったです。1着・2着・4着が3歳馬という決着でした…。

終わってみれば、ミルコ!外枠ながら、道中は上手く内で脚を溜めて、直線で外に出しての一気。これほど強いとは…。今の国内G1は、人気馬に乗っているミルコとルメールは、押さえておくのがベターという感じですね。

上位陣は、3着サングレーザー(福永騎手)、4着レーヌミノル(和田騎手)を除いて、外国人騎手が独占。人気薄の激走もあって、何とも言えない結果でした。