みやこステークス-過去9年のデータと予想

日程 2019年11月3日(日曜)
開催 京都競馬場11R
距離 ダート1800m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 曇時々晴(ヤフー天気)

みやこステークス2019

ダート重賞、みやこステークス2019です。G1チャンピオンズカップの前哨戦として、2010年に新設されました。みやこステークス組がチャンピオンズカップで好走する例は多いものの、実績馬が同時期のJBCクラシックに集まるため、手薄なメンバー構成になる傾向にあります。なお、昨年のみやこステークは、JBCが京都開催となったため、開催休止になっています。

京都競馬場のダート1800mコース

配当

過去9年(昨年は休止)のみやこステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回のみです。波乱となった2015年は不良馬場で行われており、比較的順当な決着が多いレースといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 休止
2017 1,840円 3,020円 12,060円
2016 1,770円 8,370円 42,390円
2015 12,120円 19,410円 180,390円
2014 4,480円 10,300円 54,980円
2013 3,200円 5,000円 28,290円
2012 680円 2,460円 6,610円
2011 980円 2,060円 6,870円
2010 470円 4,440円 15,410円

では過去9年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去9年の1~3着馬の前走データ

みやこステークス2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 休止
2017 1 16 牡5 56 テイエムジンソク 2 エルムステークス(G3) 2着(0.1) 1
2 10 セ5 56 ルールソヴァール 9 夏至ステークス(1600万) 1着(-0.0) 6
3 12 牡6 57 キングズガード 3 マイルチャンピオンシップ南部杯(G3) 3着(0.6) 5
2016 1 9 牡4 56 アポロケンタッキー 4 ブラジルカップ(OP) 8着(1.4) 1
2 6 牡3 55 グレンツェント 1 レパードステークス(G3) 1着(-0.0) 2
3 7 牡5 57 ロワジャルダン 7 ラジオ日本賞(OP) 3着(0.6) 2
2015不良 1 2 牡4 56 ロワジャルダン 7 ブラジルカップ(OP) 4着(0.6) 1
2 4 牡4 58 カゼノコ 6 ブラジルカップ(OP) 7着(0.7) 4
3 1 牡7 58 ローマンレジェンド 4 平安ステークス(G3) 3着(0.3) 5
2014 1 14 牡4 56 インカンテーション 2 ラジオ日本賞(OP) 1着(-0.0) 1
2 4 牡3 54 ランウェイワルツ 9 ブラジルカップ(OP) 2着(0.2) 2
3 10 牡5 57 ナムラビクター 4 シリウスステークス(G3) 2着(0.1) 3
2013 1 3 牡4 56 ブライトライン 2 エルムステークス(G3) 3着(0.3) 1
2 11 牡3 55 インカンテーション 7 ラジオ日本賞(OP) 6着(0.9) 2
3 6 牡5 59 ローマンレジェンド 1 帝王賞(G1) 6着(2.1) 2
2012 1 2 牡4 57 ローマンレジェンド 1 エルムステークス(G3) 1着(-0.0) 1
2 8 牡5 58 ニホンピロアワーズ 3 白山大賞典(G3) 1着(-0.9) 1
3 6 牡3 55 ホッコータルマエ 5 レパードステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2011稍重 1 6 牡6 58 エスポワールシチー 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 4着(0.3) 2
2 5 牡4 56 トウショウフリーク 4 京都クラウンプレミアム(1600万) 1着(-0.3) 1
3 4 牡4 56 ニホンピロアワーズ 5 白山大賞典(G3) 2着(0.5) 1
2010 1 2 牡4 56 トランセンド 2 日本テレビ盃(G2) 2着(0.5) 2
2 4 牡5 57 キングスエンブレム 1 シリウスステークス(G3) 1着(-0.1) 1
3 14 牡5 56 サクラロミオ 9 シリウスステークス(G3) 4着(0.3) 10
6歳以上

過去9年のみやこステークス3着以内24頭中3頭を占めます。3頭ともにG1レースで3着以内に好走した経験がありました。5歳以下の馬が狙い目といえるかもしれません。

  • 2017年3着キングズガード(マイルCS南部杯3着)
  • 2015年3着ローマンレジェンド(東京大賞典優勝など)
  • 2011年1着エスポワールシチー(フェブラリーステークス優勝など)
前走から距離短縮

過去9年のみやこステークス3着以内24頭中10頭を占めます。伏兵の活躍も多く、近年はブラジルカップ組に好走例が目立ちます。

前走1~2番人気

過去9年のみやこステークス3着以内24頭中18頭を占めます。前走下位人気といえるのは、2010年3着サクラロミオ(前走10番人気)のみです。前走の着順に関係なく、前走人気を集めていた馬が狙い目といえそうです。

予想

今年のみやこステークス2019は、インティの一強になるでしょうか。斤量59kgが気になる要素ですが、手薄なメンバー構成ですし、この後のG1戦線を考えれば3着を外したくないところだと思います。ただインティを除くと、何が来てもおかしくないメンバー。過去4~9番人気あたりの穴馬の好走例が目立ちますし、紐荒れの可能性はありそうです。

以下、簡単な考察と予想です。データ傾向から、4~5歳馬や前走1番人気馬などを中心に狙いました。

◎2アドマイヤビクター

前走竹田城ステークス(3勝クラス)を楽勝。過去4勝すべてが着差をつけた完勝で、ハマれば強いという印象を受けます。ダート戦で崩れたのは、上手く先行できなかったレパードステークスのみです。今回も上手く先行できれば、このクラスでの好走があっても…。

○5スマハマ

2走前の東海ステークスは、全治6カ月の骨折明けの一戦ながら3着好走。流石にインティとチュウワウィザードの2頭が強すぎただけで、能力の高さを伺わせる3着だったと思います。前走名鉄杯は、直線余裕を感じさせる内容で優勝。2着馬とは力の差を感じさせるものでした。直近2戦を考えれば、ここで上位争いに加わっても良さそうです。

▲16インティ

斤量59kg、休養明け、大外枠と買い難い要素が集まっていますが、実績面では勝ち負け候補になりそうです。逃げ馬が何頭かいるので、この枠からどういう位置取りになるのかも気になるところです。ここは一応の押さえ評価です。

△9アナザートゥルース

近走の安定感は魅力です。力を付けてきているといっても良さそうです。特に直近2戦のメンバー構成を考えれば、ここでも上位争いの候補だと思います。休養明けになりますが、人気を落とすようなら押さえておいても…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、6着、9着、10着、15着でした。本命◎アドマイヤビクターは、10着でした。

みやこステークス2019結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牡6 56 ヴェンジェンス 7 太秦ステークス(OP) 2着(0.4) 3
2 3 牡8 56 キングズガード 10 シリウスステークス(G3) 5着(0.3) 10
3 14 セ7 56 ウェスタールンド 6 アンタレスステークス(G3) 4着(0.5) 1

晩に録画を見ました。アルゼンチン共和国と違って、こちらは内心当たるかも…と思っていたのですが、全くかすりもせず。1~5番人気が飛ぶ波乱決着となりました。

逃げ先行馬が揃っていたこともあり、最初の1000mが59.0秒のハイペース。芝レースのような速い流れでした。結果、勝ち負け争いを演じた3頭はともに後方勢という決着になりました。2~3着のキングズガードとウェスタールンドは、G1好走歴のある6歳以上の馬。データ傾向通りといえばそうなりますが、全く手が出せず…。展開が向いたとはいえ、やはりポテンシャルは高いです。

押さえていた1番人気インティは、4コーナーで進路がなくなり、無理矢理減速させて後退。その煽りを受けたメイショウウタゲの国分恭介ジョッキーが落馬。無事のようですが、不安が残るレースとなってしまいました。

深く考えない競馬