武蔵野ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年11月11日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

武蔵野ステークス 2017

ダート重賞「武蔵野ステークス2017」です。G1チャンピオンズカップの前哨戦として行われます。鉄板ローテというわけではありませんが、ノンコノユメ(2015年2着)やペルシャザール(2013年優勝)と、近年は暮のG1で武蔵野ステークス優勝馬が好走しています。

コース形態

東京競馬場のダートコース
東京競馬場のダートコース

過去10年の武蔵野ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回あり、波乱傾向のレースとなっています。人気サイドでの決着が無く、毎年穴馬の好走が見られます。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 4,490円 19,410円 157,320円
2015 3,280円 1,720円 13,660円
2014 1,950円 32,590円 167,440円
2013 1,010円 3,390円 14,010円
2012 1,400円 4,880円 18,240円
2011 1,020円 2,050円 17,150円
2010 5,820円 55,300円 402,630円
2009 15,370円 104,610円 648,270円
2008 3,970円 1,290円 20,890円
2007 3,990円 14,080円 134,410円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
武蔵野ステークス 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 12 セ6 56 タガノトネール 8 サマーチャンピオン(G3) 3着(0.8) 2
2 8 牡3 56 ゴールドドリーム 2 ジャパンダートダービー(G1) 3着(1.2) 1
3 3 牡4 56 カフジテイク 6 グリーンチャンネルカップ(OP) 1着(-0.2) 6
2015稍重 1 10 牡3 58 ノンコノユメ 2 ジャパンダートダービー(G1) 1着(-0.5) 2
2 13 セ5 57 タガノトネール 5 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 2着(0.3) 4
3 5 牡3 55 モーニン 1 日本テレビ盃(G2) 2着(0.0) 1
2014 1 11 牡5 56 ワイドバッハ 7 エルコンドルパサーメモリアル(OP) 1着(-0.3) 3
2 1 牡5 56 エアハリファ 1 アハルテケステークス(OP) 1着(-0.0) 2
3 3 牡6 58 グレープブランデー 11 日本テレビ盃(G2) 5着(1.8) 2
2013 1 6 牡5 56 ベルシャザール 1 ブラジルカップ(OP) 1着(-0.1) 1
2 3 牡6 57 アドマイヤロイヤル 3 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 5着(1.4) 4
3 13 牡3 56 ベストウォーリア 7 ジャパンダートダービー(G1) 5着(2.0) 3
2012 1 4 牡3 57 イジゲン 1 秋嶺ステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
2 14 牡3 58 ガンジス 4 ペルセウスステークス(OP) 1着(-0.4) 2
3 11 牡6 55 ダノンカモン 6 中京記念(G3) 15着(1.9) 8
2011稍重 1 16 牡5 56 ナムラタイタン 4 ペルセウスステークス(OP) 4着(0.7) 1
2 12 牡5 56 ダノンカモン 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 2着(0.0) 3
3 2 牡4 56 アドマイヤロイヤル 3 東京ゴールデンプレミアム(1600万) 1着(-0.0) 1
2010 1 4 牡4 56 グロリアスノア 6 プロキオンステークス(G3) 9着(1.6) 3
2 15 牡4 57 ダノンカモン 4 ペルセウスステークス(OP) 1着(-0.2) 1
3 7 牝5 56 ブラボーデイジー 9 府中牝馬ステークス(G3) 8着(0.5) 9
2009 1 5 牡3 56 ワンダーアキュート 5 シリウスステークス(G3) 1着(-0.5) 3
2 2 牡6 56 ダイショウジェット 11 室町ステークス(OP) 9着(0.9) 4
3 6 牡7 56 ワイルドワンダー 8 ジャパンカップダート(G1) 10着(1.0) 10
2008 1 7 牡3 55 キクノサリーレ 5 ながつきステークス(1600万) 1着(-0.2) 4
2 13 牡6 58 サンライズバッカス 4 日本テレビ盃(G2) 3着(1.1) 3
3 11 牡3 56 ユビキタス 1 ペルセウスステークス(OP) 2着(0.4) 1
2007不良 1 6 牡5 56 エイシンロンバード 9 阿蘇ステークス(OP) 5着(0.3) 1
2 10 牡5 57 ワイルドワンダー 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 2着(0.1) 1
3 3 牡6 56 トーセンブライト 6 ペルセウスステークス(OP) 1着(-0.2) 7

年齡

過去10年の武蔵野ステークス3着以内30頭中9頭3歳馬でした。特に近年は好走例が多くなってきています。一方、7歳以上の馬劣勢の傾向があり、3着以内では、2009年3着ワイルドワンダーの1頭のみとなっています。

人気

過去10年の武蔵野ステークス3着以内では、2~3番人気不振傾向にあります。

  • 1番人気(2-3-2-3)複勝率70%
  • 2番人気(1-1-0-8)複勝率20%
  • 3番人気(0-1-1-8)複勝率20%

一方、二桁人気馬が穴を開けるケースも過去10年で2回のみで、4~9人気の中穴の好走例が目立っています。

馬券予想

過去10年の傾向から「3歳馬」「7歳以上を軽視」「2~3番人気軽視、二桁人気軽視」に注目です。

武蔵野ステークス2017は、かなりの混戦ムードです。抜けた馬が不在ですし、データ傾向から絞れる要素が殆どありません。その中で注目は、モーニンカフジテイクでしょうか。ただやはり鉄板という感じは全く無いので、馬券的には難解なレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑭モーニン

前走日本テレビ盃2017 4着。アポロケンタッキー、サウンドトゥルー、ケイティブレイブとの見応えたっぷりの叩き合いでした。58kg背負った3頭に、最後差されてしまいましたが、復調を感じさせる一戦だったと思います。

昨年の武蔵野ステークス2016は7着に破れたものの、勝ち時計1:33.8という芝のマイル戦のような異例の時計に加えて、斤量59kgが響いたのかもしれません。今年のフェブラリーステークス2017は、中間にフレグモーネ発症とのことでした。最近、中央のダートでは結果を残せていませんが、東京のダートマイルは、昨年のフェブラリーステークス2016優勝の舞台。伏兵扱いになりそうですし、見直したいですね。

○⑯カフジテイク

前走マイルチャンピオンシップ南部杯2017 4着。薄いメンバーながら4着に破れました。逃げたノボバカラが2着に残るなど、前に行った馬が残り、末脚勝負のカフジテイクには厳しいレースだったと思います。

今回は、成績の良い東京。条件的にはプラスに働きそうです。ただ、東京ダート1400mよりもダート1600mは、追い込みが決まりにくい印象があり、取りこぼすとすれば、前にいる馬を捕まえきれないパターンでしょうか。

▲⑥サンライズノヴァ

前走グリーンチャンネルカップ2017 1着。出負けして後方からの競馬となりましたが、最後は前にいた馬が上位に残る中、全頭まとめて差し切る強い競馬でした。東京のダートマイルは、ユニコーンステークス2017を圧勝しており、舞台の相性も良さそうです。

△⑧ノンコノユメ

フェブラリーステークス2017 8着。セン馬となってからの4戦は馬券圏外が続いているものの、全てG1レース。それでも大きく崩れていないので、能力の高さを感じます。一昨年の武蔵野ステークス2015は、3歳馬ながら58kgという斤量を背負い、まとめて差し切る強すぎる競馬を見せた舞台。久々ですが、一発あっても…という感じはします。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、5着、9着、12着でした。

本命◎モーニンは9着でした。

武蔵野ステークス 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 13 牡7 インカンテーション 6 白山大賞典(G3) 1着(-0.5)
2 9 牡3 サンライズソア 8 ブラジルカップ(OP) 3着(0.4)
3 7 牡5 アキトクレッセント 15 グリーンチャンネルカップ(OP) 4着(0.4)

3連単178万馬券の大波乱となりました。当然、カスリもせずでした。(;´・ω・`A “`

最初の1000mが60.0秒のスロー前に行った馬がそのまま残る決着でした。東京ダート1600mは、1400mよりも追い込みが決まりにくい印象の舞台ですが、さらにスローペースで流れたことで、後ろの馬には厳しい競馬だったと思います。例年、最初の1000mが58秒台というレースなので、今年はイレギュラーな決着でした。今年の武蔵野ステークス2017組は、本番(チャンピオンズカップ2017)では、狙い難い気がしてしまいますね。

狙っていた4頭は、全て後ろからの馬だったため、全く真逆の結果となりました。その中で、4着ノンコノユメや5着カフジテイクは、力のあることは十分に見せたといえるかもしれません。