武蔵野ステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年11月12日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

暮のG1チャンピオンズカップ2016の前哨戦として行われるダート重賞「武蔵野ステークス2016」です。近年では、ノンコノユメ(2015年)やベルシャザール(2013年)が武蔵野ステークスを優勝し、チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)で好走しています。

過去10年の武蔵野ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回ありますが、近年は硬めの決着が続いています。直近5年では、1万円台の決着が4回あり、上位人気馬が結果を残しているレースだといえます。

  • 2015年 13,660円
  • 2014年 167,440円
  • 2013年 14,010円
  • 2012年 18,240円
  • 2011年 17,150円
  • 2010年 402,630円
  • 2009年 648,270円
  • 2008年 20,890円
  • 2007年 134,410円
  • 2006年 125,920円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
武蔵野ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015稍重 1 10 牡3 58 ノンコノユメ 2 ジャパンダートダービー(G1) 1着(-0.5)
2 13 セ5 57 タガノトネール 5 マイルCS南部杯(G1) 2着(0.3)
3 5 牡3 55 モーニン 1 日本テレビ盃(G2) 2着(0.0)
2014 1 11 牡5 56 ワイドバッハ 7 エルコンドルパサーメモリアル(OP) 1着(-0.3)
2 1 牡5 56 エアハリファ 1 アハルテケS(OP) 1着(-0.0)
3 3 牡6 58 グレープブランデー 11 日本テレビ盃(G2) 5着(1.8)
2013 1 6 牡5 56 ベルシャザール 1 ブラジルC(OP) 1着(-0.1)
2 3 牡6 57 アドマイヤロイヤル 3 マイルCS南部杯(G1) 5着(1.4)
3 13 牡3 56 ベストウォーリア 7 ジャパンダートダービー(G1) 5着(2.0)
2012 1 4 牡3 57 イジゲン 1 秋嶺S(1600万) 1着(-0.5)
2 14 牡3 58 ガンジス 4 ペルセウスS(OP) 1着(-0.4)
3 11 牡6 55 ダノンカモン 6 中京記念(G3) 15着(1.9)
2011稍重 1 16 牡5 56 ナムラタイタン 4 ペルセウスS(OP) 4着(0.7)
2 12 牡5 56 ダノンカモン 1 マイルCS南部杯(G1) 2着(0.0)
3 2 牡4 56 アドマイヤロイヤル 3 東京ゴールデンプレミアム(1600万) 1着(-0.0)
2010 1 4 牡4 56 グロリアスノア 6 プロキオンS(G3) 9着(1.6)
2 15 牡4 57 ダノンカモン 4 ペルセウスS(OP) 1着(-0.2)
3 7 牝5 56 ブラボーデイジー 9 府中牝馬S(G3) 8着(0.5)
2009 1 5 牡3 56 ワンダーアキュート 5 シリウスS(G3) 1着(-0.5)
2 2 牡6 56 ダイショウジェット 11 室町S(OP) 9着(0.9)
3 6 牡7 56 ワイルドワンダー 8 ジャパンカップダート(G1) 10着(1.0)
2008 1 7 牡3 55 キクノサリーレ 5 ながつきS(1600万) 1着(-0.2)
2 13 牡6 58 サンライズバッカス 4 日本テレビ盃(G2) 3着(1.1)
3 11 牡3 56 ユビキタス 1 ペルセウスS(OP) 2着(0.4)
2007不良 1 6 牡5 56 エイシンロンバード 9 阿蘇S(OP) 5着(0.3)
2 10 牡5 57 ワイルドワンダー 1 マイルCS南部杯(G1) 2着(0.1)
3 3 牡6 56 トーセンブライト 6 ペルセウスS(OP) 1着(-0.2)
2006 1 15 牡5 56 シーキングザベスト 2 東京盃(G2) 2着(0.1)
2 5 牡4 57 サンライズバッカス 6 マーチS(G3) 8着(0.9)
3 9 牡4 56 フィールドルージュ 8 マリーンS(OP) 2着(0.5)
3歳馬

過去10年の武蔵野ステークス3着以内30頭中8頭を占めます。特に近年は好走例が多く、2012年以降の過去4年では5頭が馬券圏内に来ています。

その他、7歳以上の馬は劣勢の傾向があり、過去10年の3着以内では以下の1頭のみです。

  • 2009年3着ワイルドワンダー
1番人気馬

過去10年の武蔵野ステークスでは、複勝率70%(2-3-2-3)と好走例が多いです。特に硬めの決着が続いている2011年以降の過去5年では、複勝率100%(2-2-1-0)を誇っています。

その他、毎年5~11番人気の穴馬が馬券圏内に来ているので注意が必要です。

馬券予想

過去10年の傾向から「3~6歳馬」「1番人気馬」に注目です。基本的には、前走で重賞やオープンで好走してきた馬が馬券の中心という印象のレースです。

武蔵野ステークス2016は、好メンバーが揃いました。個人的にモーニンに注目していますが、別邸で59kgという斤量は、不安要素になりそうですね。それから今年のダートの3歳世代は強そうなので、ジャパンダートダービー2016 3着馬のゴールドドリームも楽しみです。

以下、簡単な考察と予想です。

⑤メイショウスミトモ

引き続き和田ジョッキーが騎乗予定です。先週のアスカノロマンの印象が残りますが、人気馬を飛ばした翌週の重賞でしれっと穴馬を持ってくるというのは、ギャンブルでよくありそうなパターンですね。

4走前に和田ジョッキーが乗ってから好走し始めた馬で、ダートのオープン特別2連勝と勢いに乗っています。前走のラジオ日本賞2016 2着ケイティブレイブは、ジャパンダートダービー2016 2着やレパードステークス2016 2着などの実績馬で、ダート3歳世代の中ではトップクラスの1頭だと思います。3着ロワジャルダンは先週のみやこステークス2016で3着に好走しています。

勢いがありそうなので、人気薄であれば押さえておきたいですね。

⑦ノボバカラ

ムーア騎手に乗り替わりでさらに人気しそうですね。言わずもがな不安点は距離適性でしょう。JBCスプリント2016に出走できず、武蔵野ステークス2016にまわって来ました。

近走は一貫して1200~1400mを使ってることから、陣営は短い距離の方が良いと思っているのかもしれません。古馬になってから勝ったレースは全て1400m戦です。JRAのダート重賞は、プロキオンステークス2016を勝っていますが、今回のメンバー層の方が少しだけ上のように思えます。

距離不安&若干強化する相手関係になりますが、ムーア騎手の腕に期待したいですね。

⑧ゴールドドリーム

今年の3歳ダート路線のレベルが高いとすれば、無視できない1頭でしょう。

東京ダート1600mは2戦2勝で、2走前のユニコーンステークス2016では、先週のみやこステークス2016で2着に好走したグレンツェント相手に3馬身差を付けて優勝しています。

休養明けになりますが、コース適性は高そうなので押さえておきたいですね。

⑨モーニン

前走日本テレビ盃2016は、後にJBCクラシック2016を勝ったアウォーディーとクビの上げ下げの差ほどの差のない2着に好走しました。地方競馬場は合わないような印象だったので、さらに力を付けてきていると思いました。

今回は59kgだけが怖いですが、昨年の武蔵野ステークス2015から根岸ステークス2016→フェブラリーステークス2016→かしわ記念2016とずっと本命にし続けている馬なので、飽きずに再び本命で考えています。

⑩ドリームキラリ

ここまで手が回らないですが、どこか黛ジョッキーは気になります。今年の夏のエルムステークス2016では、7番人気リッカルドで穴をあけて重賞2勝目を上げました。リッカルドは前走1600万クラスを辛勝した馬で軽視されていました。

ドリームキラリも前走秋嶺ステークス2016(1600万)勝ちという馬で、戦ってきた相手を見ると、ここでは一枚下という感じは否めません。ただ今回は他に逃げたい馬もいませんし、前走のように上手く逃げることが出来れば…という感じはします。

⑫ソルティコメント

お馴染み休養明けの藤沢厩舎ですね。

東京マイルに拘って使い続けている馬で、東京マイルは(5-3-1-0)と馬券圏外がありません。前走のハンデ戦の麦秋ステークス2016では、57kgのハンデを背負い1頭だけ脚が違いました。上がり最速でまとめて差し切るという競馬でした。

コース相性から、馬券圏内に来るなら武蔵野ステークス2016という感じはします。

⑬キングズガード

21戦して、馬券圏外は僅か2回という脅威の安定感の持ち主です。

基本的には、後方待機から上がり最速の追い込みという馬で、今回は横山典弘ジョッキーが騎乗することから、最後方に1頭というパターンかな…と思っています。

3走前のプロキオンステークス2016では、前目につけた馬が上位を独占する中、1頭だけ上がり最速で追い込み差のない3着に好走しています。ハマればまとめて全頭差し切るなんてこともありえそうです。

買い方

◎⑨モーニン

○⑧ゴールドドリーム

▲⑤メイショウスミトモ

△⑫ソルティコメント

本命は、飽きずにモーニンにしました。衰えを感じるまでは、この馬を買い続けます(`・ω・´)

その他、強そうな3歳世代のゴールドドリーム、オープン特別2連勝と勢いのあるメイショウスミトモ、東京マイルの安定感があるソルティコメントの3頭を押さえました。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

馬券的には、2着、7着、10着、13着でした。

本命◎モーニンは7着でした。

武蔵野ステークス2016
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 11 セ6 タガノトネール 8 サマーチャンピオン(G3) 3着(0.8)
2 8 牡3 ゴールドドリーム 2 ジャパンダートダービー(G1) 3着(1.2)
3 3 牡4 カフジテイク 6 グリーンチャンネルC(OP) 1着(-0.2)

録画で見ましたが、波乱決着となり全く駄目な結果でした。上位人気のモーニンとノボバカラが飛びました。

モーニンが飛んだ理由が全く分からないですね。59kgだとしても、全く見せ場がなく終わっていました。ソルティコメントもメイショウスミトモも全く良いところ無くという結果でした。レコード決着1:33.8は、まるで芝レースのような時計で、この速い馬場が合わなかった可能性はありそうです。

優勝したタガノトネールは、同じ田辺ジョッキーのコパノリッキー(2014年フェブラリーステークス優勝)を思い出します。ノーマークの楽逃げからの完勝でした。田辺ジョッキーが重賞を勝ったレースを見ると、人気薄がかなり多いですね。勝負強いジョッキーだと思います。

1~3着馬の次走情報