中山牝馬ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年3月12日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴時々曇参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

「中山牝馬ステークス2017」です。レースの傾向としては、牝馬限定の重賞で戦ってきている馬がハンデ戦の恩恵を受けて好走するパターンが多いです。

過去10年の中山牝馬ステークスの配当を見ると、波乱含みの重賞と言えそうです。3連単10万馬券超えが7回あり、阪神開催となった2011年に244万馬券、2009年には139万馬券の大波乱決着となっています。二桁人気馬の好走例もあるので、予想と的中ともに難しいレースになるでしょう。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 920円 38,270円 171,860円
2015 1,410円 4,410円 20,190円
2014 800円 12,480円 33,610円25,540円
2013 4,030円 6,500円 47,930円
2012 12,780円 89,530円 626,350円
2011 40,330円 285,120円 2,446,260円
2010 5,390円 22,320円 125,120円
2009 21,930円 230,760円 1,394,370円
2008 17,730円 40,640円 266,180円
2007 7,390円 88,240円 608,080円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
中山牝馬ステークス2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 16 牝5 54 シュンドルボン 4 愛知杯(G3) 8着(0.6)
2 15 牝4 56 ルージュバック 1 有馬記念(G1) 10着(0.5)
3 6 牝7 55 メイショウスザンナ 15 愛知杯(G3) 12着(1.1)
2015 1 3 牝4 54 バウンスシャッセ 3 愛知杯(G3) 8着(0.6)
2 8 牝6 54 アイスフォーリス 4 中山金杯(G3) 5着(0.6)
3 15 牝7 53 パワースポット 5 京都牝馬ステークス(G3) 3着(0.1)
2014 1 6 牝5 53 フーラブライド 1 日経新春杯(G2) 3着(0.2)
2 13 牝5 53 ケイアイエレガント 10 節分ステークス(1600万) 1着(-0.5)
2 14 牝5 52 キャトルフィーユ 4 愛知杯(G3) 2着(0.1)
2013 1 11 牝5 56 マイネイサベル 6 エリザベス女王杯(G1) 7着(0.6)
2 8 牝6 54 スマートシルエット 2 東京新聞杯(G3) 6着(0.7)
3 16 牝5 56 オールザットジャズ 1 日経新春杯(G2) 12着(1.0)
2012 1 12 牝5 54 レディアルバローザ 8 京都牝馬ステークス(G3) 6着(0.7)
2 7 牝4 53 オールザットジャズ 7 飛鳥ステークス(1600万) 1着(-0.2)
3 4 牝6 53 エオリアンハープ 11 白富士ステークス(OP) 6着(0.3)
2011(阪神) 1 14 牝4 53 レディアルバローザ 10 初音ステークス(1600万) 5着(0.0)
2 12 牝5 51 フミノイマージン 14 但馬ステークス(1600万) 6着(0.3)
3 4 牝4 55 コスモネモシン 13 京都牝馬ステークス(G3) 9着(0.7)
2010 1 3 牝6 53 ニシノブルームーン 4 愛知杯(G3) 5着(0.4)
2 10 牝6 54 ウェディングフジコ 8 エンプレス杯(G2) 5着(0.7)
3 1 牝5 54 チェレブリタ 9 京都牝馬ステークス(G3) 5着(0.3)
2009稍重 1 8 牝6 56.5 キストゥヘヴン 4 東京新聞杯(G3) 10着(1.3)
2 7 牝5 54 ピンクカメオ 15 阪急杯(G3) 15着(2.3)
3 12 牝6 53 ダンスオールナイト 11 初音ステークス(1600万) 1着(-0.0)
2008 1 9 牝6 53 ヤマニンメルベイユ 6 白富士ステークス(OP) 3着(0.0)
2 5 牝4 51 マイネカンナ 13 初音ステークス(1600万) 4着(0.3)
3 3 牝5 56.5 キストゥヘヴン 3 京都牝馬ステークス(G3) 3着(0.3)
2007 1 1 牝7 56 マイネサマンサ 8 京都牝馬ステークス(G3) 14着(1.6)
2 5 牝6 55 ウイングレット 3 京都牝馬ステークス(G3) 2着(0.7)
3 8 牝5 53 ヤマニンメルベイユ 12 エリザベス女王杯(G1) 取消
ハンデ

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内の馬を斤量別に分けると、以下のようになります。斤量53kg~54kgが馬券圏内の中心になりそうです。

  • 51kg 2頭
  • 52kg 1頭
  • 53kg 10頭
  • 54kg 8頭
  • 55kg 3頭
  • 56kg 4頭
  • 56.5kg 2頭
前走愛知杯

直近3年の中山牝馬ステークス3着以内では、計4頭が馬券圏内に来ています。

外枠

近年の中山牝馬ステークス3着以内では、外枠(二桁馬番)の好走が目立ちます。

前走馬券圏外

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内30頭中21頭を占めます。牝馬は勢いと言いますが、あまり前走からの勢いは気にしないでも良さそうな傾向です。

馬券予想

過去10年の傾向から「ハンデ53~54kg」「前走愛知杯」「外枠」に注目です。

中山牝馬ステークス2017は、波乱含みの混戦になるでしょう。重賞実績馬も多いですが、ハンデ戦ですし、何が来てもおかしくないと思います。データ的にも波乱決着の年が多いので、人気サイドの決着は、あまり無いような気がします。

注目は、パールコードビッシュなど、前走でG1を使ってきた馬でしょうか。データ的には、好ローテの前走愛知杯2017組に注目したいです。その他、近年は差し追い込みが決まるケースが多いので、脚を溜めるタイプの馬を狙いたいです。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)全く当たる気がしないですね…。

◎⑬マジックタイム

前走ターコイズステークス2016優勝。波乱含みの牝馬限定のハンデ戦ということで、本命視し辛いですが、能力だけで言えば勝ち負けクラスでしょう。

ターコイズステークス2016 2着のレッツゴードンキは、その後、京都牝馬ステークス2017を楽勝していますし、マジックタイムも牝馬限定戦なら崩れることは無いのでは…と思っています。

○③ビッシュ

休養明けのハンデ重賞ということで、ビッシュも本命視し辛いところですが…。中山で行われた3走前の紫苑ステークス2016の勝ちっぷりが凄いもので、芝2000mを大外枠から楽に先団グループまで上がり、他馬を寄せ付けないような楽勝劇でした。メンバー的にも上位争いを期待したいところですが…。

▲⑫ヒルノマテーラ

前走愛知杯2017 13着馬。外がよく伸びる馬場の中、ヒルノマテーラは内を突いての追い込みでした。追っても追っても伸びなかった印象で、13着という結果は、度外視しても良いかもしれません。

4走前のカシオペアステークス2016(OP)を強い追い込みで差し切り勝ちしており、差し追い込みが決まりやすい中山牝馬ステークスですし、人気薄のここは押さえておいても面白そうです。

△⑤シャルール

人気薄のマコトブリジャールが勝って波乱決着となった福島牝馬ステークス2016とクイーンステークス2016の2着馬。その後の成績からは、買い時が難しい印象ですね。

前走の愛知杯2017は、後方からの競馬でした。逃げ先行馬のイメージですが、条件戦のときは差し追い込みで結果を残していました。ヒルノマテーラと同じく、前走は、あまり伸びない少し内を突いて追い込んでいたので、12着という結果は仕方ないところでしょうか。

横山典弘ジョッキーだけに、前に行くのか後方から進めるのか全く予想できませんが、牝馬限定重賞に実績があり、かつ中穴なら押さえておいても…。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、9着、10着、11着でした。

本命◎マジックタイムは2着でした。

中山牝馬ステークス2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 4 牝5 トーセンビクトリー 5 アンドロメダステークス(OP) 8着(0.4)
2 13 牝6 マジックタイム 1 ターコイズステークス(G) 1着(-0.2)
3 1 牝5 クインズミラーグロ 7 愛知杯(G3) 3着(0.4)

カスリもせず…(´・ω・`)

配当的には、3連単41,260円と大きくは荒れていませんが、流石にムラのある前走オープン特別8着のトーセンビクトリーは手が出せませんでした。例年であれば差し追い込みが決まるのですが、最初の1000mが62.4秒の緩いペースで流れたこともあり、先行した馬や内でロス無く進めた馬が上位に来た印象です。

その中で、外枠から外をまわして差してきたマジックタイムは、やはり能力的には一枚上でした。もう少し速く流れていれば、交わせていたかもしれませんね。

1~3着馬の次走情報