中山記念 過去10年のデータと予想

日程 2019年2月24日(日曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 11頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

中山記念2019

春のG1戦線に向けた一戦、中山記念2019です。例年、G1実績のある実力馬が集い、ハイレベルなレースが繰り広げられます。

中山競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の中山記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。大きな波乱は少ないものの、1番人気馬の凡走(馬券圏外)が多いため、好配当となる年が続いています。有力馬の目標が春のG1戦線ということもあり、取りこぼすケースが多いのかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 1,980円 8,640円 41,500円
2017 14,300円 52,870円 315,300円
2016 800円 920円 3,780円
2015 880円 1,860円 7,520円
2014 2,730円 7,160円 38,020円
2013 1,360円 6,560円 28,270円
2012 6,170円 12,360円 93,090円
2011 600円 1,520円 4,210円
2010 18,080円 66,160円 534,940円
2009 1,600円 2,110円 13,200円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

中山記念2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 5 牡4 56 ウインブライト 2 中山金杯(G3) 2着(0.0) 2
2 10 牝4 55 アエロリット 5 秋華賞(G1) 7着(1.2) 1
3 8 牡6 56 マルターズアポジー 6 マイルチャンピオンシップ(G1) 15着(1.1) 6
2017 1 1 牡6 57 ネオリアリズム 3 香港マイル(G1) 9着 3
2 5 牡6 56 サクラアンプルール 8 白富士ステークス(OP) 2着(0.0) 5
3 9 牡7 58 ロゴタイプ 7 香港マイル(G1) 5着 5
2016 1 9 牡4 57 ドゥラメンテ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.3) 1
2 10 牡4 55 アンビシャス 4 天皇賞秋(G1) 5着(0.2) 4
3 2 牡4 55 リアルスティール 2 菊花賞(G1) 2着(0.0) 2
2015稍重 1 4 牝4 54 ヌーヴォレコルト 3 エリザベス女王杯(G1) 2着(0.0) 1
2 7 牡5 57 ロゴタイプ 2 根岸ステークス(G3) 8着(0.5) 3
3 11 牡4 55 ステファノス 4 富士ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2014稍重 1 4 牡5 58 ジャスタウェイ 2 天皇賞秋(G1) 1着(-0.7) 5
2 9 牡5 56 アルキメデス 4 朝日チャレンジカップ(G3) 1着(-0.2) 1
3 5 牡4 58 ロゴタイプ 3 札幌記念(G2) 5着(2.1) 1
2013 1 15 牡5 57 ナカヤマナイト 2 有馬記念(G1) 7着(1.1) 5
2 10 牡6 56 ダイワファルコン 3 有馬記念(G1) 10着(1.6) 12
3 9 牡8 57 シルポート 8 阪神カップ(G2) 14着(0.8) 5
2012 1 3 牡5 56 フェデラリスト 3 中山金杯(G3) 1着(-0.0) 2
2 1 牡7 57 シルポート 7 京都金杯(G3) 16着(3.0) 5
3 2 牡4 57 リアルインパクト 4 阪神カップ(G2) 10着(0.9) 1
2011 1 9 牡4 58 ヴィクトワールピサ 1 有馬記念(G1) 1着(-0.0) 2
2 3 牡6 58 キャプテントゥーレ 4 天皇賞秋(G1) 13着(1.9) 9
3 4 牡5 58 リーチザクラウン 3 京都金杯(G3) 4着(0.4) 1
2010不良 1 3 牡6 57 トーセンクラウン 13 白富士ステークス(OP) 8着(0.5) 4
2 5 牡6 57 テイエムアンコール 12 小倉大賞典(G3) 7着(0.8) 6
3 10 牡6 57 ショウワモダン 5 根岸ステークス(G3) 16着(2.4) 15
2009稍重 1 2 牡8 58 カンパニー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 4着(0.3) 2
2 5 牡5 57 ドリームジャーニー 4 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 8着(1.3) 1
3 6 牡7 57 アドマイヤフジ 2 中山金杯(G3) 1着(-0.0) 4
前走重賞

過去10年の中山記念3着以内30頭中28頭を占めます。そのうち半数の14頭が前走G1レースに出走していました。

1番人気

過去10年の中山記念3着以内では、凡走(3-0-0-7)が目立ちます。優勝した3頭のうち2頭がドゥラメンテ、ヴィクトワールピサだったことを考えると、抜けて強い馬以外は、苦戦傾向にありそうです。

中穴(4~8番人気)

過去10年の中山記念3着以内30頭中13頭を占めます。毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の中山記念2019は、豪華なメンバーが揃いました。スワーヴリチャードやステルヴィオを中心にG1実績馬が上位争いの中心になるでしょうか。ただ例年、1番人気の不振&中穴が馬券圏内に好走しているレースだけに、取捨が難しいレースになると思います。ざっと見た感じでは、上位人気6頭が馬券候補になりそうですが…。

以下、簡単な考察と予想です。不振傾向の1番人気(推定)のディアドラをスルーしましたが、どうなるでしょうか。

◎7ステルヴィオ

わりと好走例の多い2~3番人気馬(推定)。前走マイルCSは、イン突きがハマった印象でしたが、実績を考えると無視できない1頭になるでしょうか。前々走毎日王冠は、前に行ったアエロリットとキセキが残る中、上がり最速の脚で2着に突っ込んで来ています。1800m戦なら再び上位争いを期待できそうです。

○9エポカドーロ

前走菊花賞は距離が長かったと考えれば、まだ底を見せていません。2走前の神戸新聞杯は、大きくつまずいて後方からの競馬。皐月賞~日本ダービーが前に行って強い内容を見せてるだけに、仕方ない敗戦だったと思います。強い4歳世代ですし、戦ってきた相手を考えれば、上位争いがあっても良さそう…。

▲1ウインブライト

前走中山金杯の本命馬。58kg背負っての完勝でした。ただ今回、前走と比べると相手が一気に強くなります。中山巧者に期待して。

△3ラッキーライラック

例年馬券圏内に突っ込んで来る中穴となると、ラッキーライラックあたりが候補になるでしょうか。アーモンドアイが強すぎた3歳牝馬クラシックで、大崩れなく走っています。ここでも2~3着争いなら…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、5着でした。本命◎ステルヴィオは、3着でした。

中山記念2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牡5 57 ウインブライト 5 中山金杯(G3) 1着(-0.2) 3
2 3 牝4 53 ラッキーライラック 6 秋華賞(G1) 9着(0.8) 2
3 7 牡4 57 ステルヴィオ 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 1着(-0.0) 5

的中でした!久しぶりに読みがハマりました。エポカドーロが5着ということもあって、ボックスの中で一番良い配当でした。

優勝馬ウインブライトは、中山コース強いですね。有力馬が叩きだったことに加えて、ウインブライトはここを狙ってきたというのも結果に繋がった要因に見えました。次走に期待したいところですが、昨年の大阪杯の結果を見る限りは、G1レースの取捨が難しそうです…。

スポンサーリンク
深く考えない競馬