G2の過去データと予想

中山記念-過去データと予想

日程 2020年3月1日(日曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G2
条件 4歳以上
斤量 別定
出走数 9頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

中山記念2020

春のG1戦線に向けた一戦、中山記念2020です。例年、G1実績のある実力馬が集い、レベルの高いレースが繰り広げられます。

中山競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の中山記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。この2回を除くと、大きな波乱はありませんが、1番人気馬の凡走(馬券圏外)が多いため、毎年好配当になる傾向があります。有力馬の目標がこの後のG1ということもあり、取りこぼすケースが多いのかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 2,470円 3,260円 22,810円
2018 1,980円 8,640円 41,500円
2017 14,300円 52,870円 315,300円
2016 800円 920円 3,780円
2015 880円 1,860円 7,520円
2014 2,730円 7,160円 38,020円
2013 1,360円 6,560円 28,270円
2012 6,170円 12,360円 93,090円
2011 600円 1,520円 4,210円
2010 18,080円 66,160円 534,940円

では過去10年の中山記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

中山記念2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 1 牡5 57 ウインブライト 5 中山金杯(G3) 1着(-0.2) 3
2 3 牝4 53 ラッキーライラック 6 秋華賞(G1) 9着(0.8) 2
3 7 牡4 57 ステルヴィオ 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 1着(-0.0) 5
2018 1 5 牡4 56 ウインブライト 2 中山金杯(G3) 2着(0.0) 2
2 10 牝4 55 アエロリット 5 秋華賞(G1) 7着(1.2) 1
3 8 牡6 56 マルターズアポジー 6 マイルチャンピオンシップ(G1) 15着(1.1) 6
2017 1 1 牡6 57 ネオリアリズム 3 香港マイル(G1) 9着 3
2 5 牡6 56 サクラアンプルール 8 白富士ステークス(OP) 2着(0.0) 5
3 9 牡7 58 ロゴタイプ 7 香港マイル(G1) 5着 5
2016 1 9 牡4 57 ドゥラメンテ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.3) 1
2 10 牡4 55 アンビシャス 4 天皇賞秋(G1) 5着(0.2) 4
3 2 牡4 55 リアルスティール 2 菊花賞(G1) 2着(0.0) 2
2015稍重 1 4 牝4 54 ヌーヴォレコルト 3 エリザベス女王杯(G1) 2着(0.0) 1
2 7 牡5 57 ロゴタイプ 2 根岸ステークス(G3) 8着(0.5) 3
3 11 牡4 55 ステファノス 4 富士ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2014稍重 1 4 牡5 58 ジャスタウェイ 2 天皇賞秋(G1) 1着(-0.7) 5
2 9 牡5 56 アルキメデス 4 朝日チャレンジカップ(G3) 1着(-0.2) 1
3 5 牡4 58 ロゴタイプ 3 札幌記念(G2) 5着(2.1) 1
2013 1 15 牡5 57 ナカヤマナイト 2 有馬記念(G1) 7着(1.1) 5
2 10 牡6 56 ダイワファルコン 3 有馬記念(G1) 10着(1.6) 12
3 9 牡8 57 シルポート 8 阪神カップ(G2) 14着(0.8) 5
2012 1 3 牡5 56 フェデラリスト 3 中山金杯(G3) 1着(-0.0) 2
2 1 牡7 57 シルポート 7 京都金杯(G3) 16着(3.0) 5
3 2 牡4 57 リアルインパクト 4 阪神カップ(G2) 10着(0.9) 1
2011 1 9 牡4 58 ヴィクトワールピサ 1 有馬記念(G1) 1着(-0.0) 2
2 3 牡6 58 キャプテントゥーレ 4 天皇賞秋(G1) 13着(1.9) 9
3 4 牡5 58 リーチザクラウン 3 京都金杯(G3) 4着(0.4) 1
2010不良 1 3 牡6 57 トーセンクラウン 13 白富士ステークス(OP) 8着(0.5) 4
2 5 牡6 57 テイエムアンコール 12 小倉大賞典(G3) 7着(0.8) 6
3 10 牡6 57 ショウワモダン 5 根岸ステークス(G3) 16着(2.4) 15
前走重賞レース

過去10年の中山記念3着以内30頭中28頭を占めます。そのうち半数の15頭が前走G1レースに出走していました。

1番人気

過去10年の中山記念3着以内30頭中2頭を占めます。2頭はドゥラメンテとヴィクトワールピサだったことを考えると、抜けて強い馬ではない1番人気は凡走傾向にありそうです。

中穴(4~8番人気)

過去10年の中山記念3着以内30頭中14頭を占めます。毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の中山記念2020は、少頭数9頭ながら、好メンバーが揃いました。G1実績馬が多く、少数精鋭と言っても良さそうです。ただ過去1番人気馬の凡走と中穴の好走が目立つレース。有力馬は、春のG1戦線に向けての出走と考えると、伏兵の台頭もあるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。

※追記修正:▲ダノンキングリーを無印にして、▲ラッキーライラックを追加しました。過去1番人気の凡走が多いレースなので、ダノンキングリーをスルーしています。

◎1インディチャンプ

開幕週で、過去逃げ先行馬の活躍が目立つレース。前々で進めることが出来そうな脚質は魅力です。1800m戦で勝ち切れていないのは気になるところですが、最内枠からロスなく運べば…。

○8ウインブライト

中山記念2連覇(2018~2019年)に加えて、中山コースで連対を外したのは、昨年のオールカマー(2200m戦)とG1皐月賞のみという実績馬。このクラスの中山1800~2000m戦なら勝ち負けを期待したい馬だと思います。ただやはり怪我の松岡騎手に代わってミナリク騎手というのは、不安要素でしょうか。最近のミナリク騎手の成績を見ると、2週に1回馬券圏内の着順があるかどうかという成績…。今回はメンバーが揃ってるレースだけに、どうなるでしょうか。

7ラッキーライラック

勝ち負けがあっても良さそうな実績馬。1番人気が凡走傾向にあるレースなので、ダノンキングリーではなく、ラッキーライラックを押さえました。

△4ソウルスターリング

過去好走例が多い中穴。早熟を思わせる成績に加えて、休養明けですし、大きな期待はしない方が良いかもしれません。前々で進めることが出来そうな実績馬ということで、適当に押さえました。

(無印)3ダノンキングリー

斤量56kg。インディチャンプやウインブライトが58kg背負うことを考えれば、恵まれた条件と言って良いかもしれません。G1を勝ち切れていないものの、G1前哨戦の共同通信杯や毎日王冠できっちり完勝しているのは魅力です。後ろ過ぎない位置で進めることが出来れば…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着、7着でした。本命◎インディチャンプは、4着でした。

中山記念2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 牡4 56 ダノンキングリー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着(0.4) 2
2 7 牝5 55 ラッキーライラック 2 香港ヴァーズ(G1) 2着 2
3 4 牝6 54 ソウルスターリング 6 府中牝馬ステークス(G2) 出走取消

晩に録画を見ました。何とも歯がゆい決着…。

穴で押さえていたソウルスターリングが3着に粘るものの、データ傾向で無印にした1番人気(ダノンキングリー)が優勝。人気2頭が力を見せたレースとなりました。過去中山記念を1番人気で勝ち切ったのは、ヴィクトワールピサとドゥラメンテのG1馬2頭。ダノンキングリーは、前哨戦ではやたら強いだけに、次走以降のG1で結果を残せるかどうか注目ですね。

対抗ウインブライトは、7着。残念な内容でした。切れる脚を使うタイプでは無いので、後方からの大外一気では、上位争いは不可能に思えます。ミナリク騎手で切るのもありだったかもしれません。

深く考えない競馬