中山金杯 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年1月5日(木曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 13頭
天気 晴れ参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

あけましておめでとうございます。

新年最初の重賞「中山金杯2017」です。同日に「京都金杯2017」も行われます。一年の計は金杯にありというので、的中して新しい年をスタートしたいですね。昨年の中山金杯2016は、3連複1点で的中しました。

過去10年の中山金杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。ただ近年は波乱傾向が薄くなってきており、直近2年は1万円台の決着となっています。

  • 2016年 11,190円
  • 2015年 16,690円
  • 2014年 57,180円
  • 2013年 9,400円
  • 2012年 42,360円
  • 2011年 58,100円
  • 2010年 248,790円
  • 2009年 232,760円
  • 2008年 72,880円
  • 2007年 128,280円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
中山金杯2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 5 牡4 56 ヤマカツエース 3 リゲルステークス(OP) 5着(0.4)
2 7 牡5 57 マイネルフロスト 5 阪神カップ(G2) 16着(1.3)
3 10 牡6 57.5 フルーキー 1 タンザナイトステークス(OP) 2着(0.2)
2015 1 2 牡5 57 ラブリーデイ 4 金鯱賞(G2) 4着(0.5)
2 4 牡5 58 ロゴタイプ 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 7着(0.5)
3 5 セ7 55 デウスウルト 5 チャレンジカップ(G3) 2着(0.0)
2014 1 3 牡6 57.5 オーシャンブルー 5 金鯱賞(G2) 10着(1.6)
2 4 牡6 54 カルドブレッサ 8 チャレンジカップ(G3) 5着(0.3)
3 8 牡5 55 ディサイファ 1 福島記念(G3) 4着(0.1)
2013 1 6 牡7 57 タッチミーノット 2 毎日王冠(G2) 3着(0.1)
2 11 牡6 55 アドマイヤタイシ 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.0)
3 9 牡4 56.5 ジャスタウェイ 1 天皇賞秋(G1) 6着(0.5)
2012 1 12 牡5 55 フェデラリスト 2 東京ウェルカムプレミアム(1600万) 1着(-0.5)
2 11 牡5 56 ダイワファルコン 4 ディセンバーステークス(OP) 9着(0.7)
3 6 牡5 57.5 コスモファントム 5 中日新聞杯(G3) 1着(-0.0)
2011 1 4 牡4 56 コスモファントム 1 中日新聞杯(G3) 2着(0.3)
2 3 牡6 55 キョウエイストーム 11 マイルチャンピオンシップ(G1) 14着(0.7)
3 12 牡5 56 ナリタクリスタル 5 新潟記念(G3) 1着(-0.0)
2010 1 4 牡7 57 アクシオン 1 鳴尾記念(G3) 1着(-0.2)
2 12 牡7 56 トウショウシロッコ 5 ディセンバーステークス(OP) 5着(0.2)
3 9 牡5 54 トウショウウェイヴ 15 中日新聞杯(G3) 11着(1.9)
2009 1 1 牡7 58 アドマイヤフジ 4 ジャパンカップダート(G1) 14着(3.1)
2 10 牡4 56 ヤマニンキングリー 2 中日新聞杯(G3) 1着(-0.0)
3 12 牡6 55 ミヤビランベリ 11 新潟記念(G3) 9着(1.2)
2008 1 13 牡6 57.5 アドマイヤフジ 3 鳴尾記念(G3) 3着(0.1)
2 15 牡7 57 エアシェイディ 2 キャピタルステークス(OP) 2着(0.1)
3 3 牡4 54 メイショウレガーロ 9 セントライト記念(G2) 14着(1.7)
2007 1 9 牡5 53 シャドウゲイト 3 香取特別(1000万) 1着(-1.1)
2 8 セ9 57.5 アサカディフィート 10 鳴尾記念(G3) 6着(0.8)
3 12 牡6 55 ブラックタイド 2 ディセンバーステークス(OP) 3着(0.2)
前走オープンクラス

過去10年の中山金杯30頭中28頭を占めます。前走が条件戦だった馬は、以下の2頭です。2頭とも、前走で圧勝している馬でした。

  • 2012年1着フェデラリスト(東京ウェルカムプレミアム1着、1600万)
  • 2007年1着シャドウゲイト(香取特別1着、1000万)

前走条件戦の馬は、強い勝ち方だった馬に限定してもいいかもしれません。

前走が12月の重賞の馬

過去10年の中山金杯では、チャレンジカップ(鳴尾記念)、金鯱賞(中日新聞杯)など、前走が12月の重賞だった馬が多いです。

内枠

有馬記念と同様、外枠は割引が必要です。特に7~8枠の馬は、過去10年の中山金杯3着以内30頭中わずか3頭だけです。2008年を除いて、1~6枠の馬で決着しています。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走オープンクラス」「前走12月の重賞」「内枠」に注目です。

中山金杯2017は、ツクバアズマオーが注目馬だと思いますが、かなりの混戦模様だと思います。昨年&一昨年の中山金杯のメンバーと比べると、一枚下かもしれません。3着以内と考えると、ほとんど全ての馬にチャンスがありそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。アッサリした内容になります。すいません(;´д`)

例年より少頭数なので、枠順はあまり問題ないような気がしますが、データ通り1~6枠を中心に狙おうと思います。

①シャイニープリンス

前走ディセンバーステークス2016では、最後の直線で一度包まれる形になり厳しそうなレースになりました。ただ前が空いてからは、内から良い脚でスルスルと伸びて3着まで来たので、ポテンシャルは高そうな印象がしました。ツクバアズマオーが斤量56kg、シャイニープリンスが斤量58kgだったことを考えると、伏兵の今回は、十分に狙い目かもしれません。

②クラリティスカイ

前走ディセンバーステークス2016は、最後の直線で上位陣にアッサリ交わされてしまいました。5着に粘っていますが、ツクバアズマオーやシャイニープリンスと比べると、一枚下という印象がします。

ただ2走前のアイルランドトロフィー2016では、離された3着だったものの、マイネルフロストやシャイニープリンス に先着しています。伏兵ですし、流れ・展開次第では狙えなくも無い感じでしょうか。

③ツクバアズマオー

もともと相手なりに走るタイプという印象でしたが、2走前のオールカマー2016では、ゴールドアクターと0.2秒差の3着に好走しました。サトノノブレスやマリアライトとも大きな差のない結果で、ツクバアズマオーの能力の高さを感じるものでした。

前走のディセンバーステークス2016は、プラス体重で如何にも叩きという感じでしたが、余裕のある感じで楽々と差し切っていました。重賞でも楽しみが大きい1頭だと思います。

⑥ダノンメジャー

2000mの重賞でダイワメジャー産なので、頭からは買いにくいですね。前走チャレンジカップ2016組の相性は良いと思うので、先行して前が残るような流れになれば…というところでしょうか。

⑧マイネルフロスト

昨年の中山金杯2016は、最初の1000mを62.3秒という緩い単騎逃げがハマりました。今年は、何頭か前に行くだろう馬がいるので、昨年のような流れに持ち込むのは難しいかもしれません。

ただムラのある成績ですが、中山コースは大崩れのない安定した成績を残しています。今回は、飛び抜けて強い馬もいないので、押さえおいた方が良いかもしれませんね。

買い方

◎③ツクバアズマオー

○①シャイニープリンス

▲⑧マイネルフロスト

△②クラリティスカイ

前走ディセンバーステークス2016組の4頭になってしまいました。この中では、ツクバアズマオーが強いと思いますが、ハンデ戦なのでボックスで狙おうと思います。

3連複4頭ボックス ◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、12着でした。

本命◎ツクバアズマオーは1着でした。

中山金杯2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 3 牡6 ツクバアズマオー 1 ディセンバーS(OP) 1着(-0.1)
2 2 牡5 クラリティスカイ 6 ディセンバーS(OP) 5着(0.3)
3 1 牡7 シャイニープリンス 4 ディセンバーS(OP) 3着(0.1)

的中しました(´・ω・`)昨年に続いて2年連続の中山金杯的中になりました。

ツクバアズマオーは力を付けてきていますね。あっさり完勝という印象でした。馬券的には、3着シャイニープリンスがヒヤヒヤでした。ギリギリ差していたので、結果オーライです。内からスルスル伸びてくる感じは、前走のディセンバーステークスを見ているようでした。

大敗したマイネルフロストは、よく分からないチグハグの競馬だったと思います。好走しているレースは、好位~前々の競馬をしているときなので、次走以降の巻き返しに期待したいですね。

1~3着馬の次走情報