G3の過去データと予想

中山金杯-過去データと予想

日程 2020年1月5日(日曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 17頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

中山金杯2020

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年最初の重賞、中山金杯2020です。同日に京都競馬場で京都金杯も行われます。一年の計は金杯にありというので、的中して新しい年をスタートしたいところですね。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の中山金杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。長く大きな波乱が無かったものの、昨年は1~2番人気が崩れ、波乱決着となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 4,570円 42,070円 216,370円
2018 680円 5,270円 18,170円
2017 1,760円 2,360円 10,430円
2016 1,670円 1,850円 11,190円
2015 1,540円 3,630円 16,690円
2014 8,390円 7,250円 57,180円
2013 1,110円 1,810円 9,400円
2012 2,560円 7,960円 42,360円
2011 3,360円 10,770円 58,100円
2010 2,230円 59,540円 248,790円

では過去10年の中山金杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の前走データ

中山金杯2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 11 牡5 58 ウインブライト 3 マイルチャンピオンシップ(G1) 9着(0.4) 14
2 15 牡4 56 ステイフーリッシュ 7 チャレンジカップ(G3) 3着(0.7) 5
3 1 牡4 53 タニノフランケル 9 大原ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2018 1 6 牡4 55 セダブリランテス 1 アルゼンチン共和国杯(G2) 3着(0.6) 3
2 1 牡4 56 ウインブライト 2 福島記念(G3) 1着(-0.0) 2
3 11 牡6 54 ストレンジクォーク 10 修学院ステークス(1600万) 1着(-0.0) 7
2017 1 3 牡6 56.5 ツクバアズマオー 1 ディセンバーステークス(OP) 1着(-0.1) 1
2 2 牡5 57.5 クラリティスカイ 6 ディセンバーステークス(OP) 5着(0.3) 4
3 1 牡7 56.5 シャイニープリンス 4 ディセンバーステークス(OP) 3着(0.1) 10
2016 1 5 牡4 56 ヤマカツエース 3 福島記念(G3) 1着(-0.2) 2
2 7 牡5 57 マイネルフロスト 5 金鯱賞(G2) 4着(0.3) 8
3 10 牡6 57.5 フルーキー 1 チャレンジカップ(G3) 1着(-0.2) 1
2015 1 2 牡5 57 ラブリーデイ 4 金鯱賞(G2) 4着(0.5) 6
2 4 牡5 58 ロゴタイプ 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 7着(0.5) 5
3 5 セ7 55 デウスウルト 5 チャレンジカップ(G3) 2着(0.0) 9
2014 1 3 牡6 57.5 オーシャンブルー 5 金鯱賞(G2) 10着(1.6) 2
2 4 牡6 54 カルドブレッサ 8 チャレンジカップ(G3) 5着(0.3) 12
3 8 牡5 55 ディサイファ 1 福島記念(G3) 4着(0.1) 1
2013 1 6 牡7 57 タッチミーノット 2 毎日王冠(G2) 3着(0.1) 9
2 11 牡6 55 アドマイヤタイシ 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.0) 4
3 9 牡4 56.5 ジャスタウェイ 1 天皇賞秋(G1) 6着(0.5) 8
2012 1 12 牡5 55 フェデラリスト 2 東京ウェルカムプレミアム(1600万) 1着(-0.5) 4
2 11 牡5 56 ダイワファルコン 4 ディセンバーステークス(OP) 9着(0.7) 1
3 6 牡5 57.5 コスモファントム 5 中日新聞杯(G3) 1着(-0.0) 11
2011 1 4 牡4 56 コスモファントム 1 中日新聞杯(G3) 2着(0.3) 6
2 3 牡6 55 キョウエイストーム 11 マイルチャンピオンシップ(G1) 14着(0.7) 18
3 12 牡5 56 ナリタクリスタル 5 新潟記念(G3) 1着(-0.0) 5
2010 1 4 牡7 57 アクシオン 1 鳴尾記念(G3) 1着(-0.2) 7
2 12 牡7 56 トウショウシロッコ 5 ディセンバーステークス(OP) 5着(0.2) 2
3 9 牡5 54 トウショウウェイヴ 15 中日新聞杯(G3) 11着(1.9) 7
前走オープンクラス

過去10年の中山金杯3着以内30頭中27頭を占めます。前走1600万クラスだった3頭は、ともに馬体重500kgを超える大型馬でした。

  • 2019年3着タニノフランケル(528kg)
  • 2018年3着ストレンジクォーク(504kg)
  • 2012年1着フェデラリスト(532kg)
前走11月~12月の重賞レース出走馬

過去10年の中山金杯3着以内30頭中21頭を占めます。チャレンジカップ(鳴尾記念)組、中日新聞杯(金鯱賞)組、福島記念組などの好走例が目立ちます。

外枠(7~8枠)は、過去10年の中山金杯3着以内30頭中1頭のみです。昨年2着の8枠(ステイフーリッシュ)を除くと、1~6枠の決着が続いています。特に3着以内は1~3枠の好走例が多く、3着以内30頭中16頭を占めます。

予想

今年の中山金杯2020は、例年と比べても、かなりの混戦模様という印象を受けます。ざっと見た感じでは、殆ど全頭にチャンスがあるでしょうか。絶対的な実力馬も不在のハンデ戦になりますし、昨年に続いて、波乱決着もあるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。1~4枠の馬を中心に狙いました。

◎8ウインイクシード

中山芝1800~2000mで安定した成績を残しています。2走前の福島記念は、外枠から好位に付け、4着に粘りました。上位陣に追い込み勢が占める決着だったことを考えれば、見せ場を作ったといえそうです。このクラスでも問題無さそうなので、コース相性の良さに期待しての本命です。

○5レッドローゼス

前走福島記念は、後方からの直線一気で5着。同じく後方から進めていた1着馬と3着馬は捲るように出していただけに、レッドローゼスの位置取りは、後ろ過ぎる印象を受けました。5着でしたが、見せ場はあったと言えるかもしれません。中山コースの相性の良さに加えて、このクラスでも勝負出来る力はありそうなので、上位争いに加わっても…。

▲3クレッシェンドラヴ

前走福島記念優勝。近走は、後方から捲っていく競馬で結果を残しています。今回も後方勢が活躍する展開になれば、上位争いの候補になるでしょうか。

△7トリオンフ

前走チャレンジカップ2着。約1年4ヵ月の休養明けながら、逃げて粘り強さを見せていました。逃げ馬というわけではないので、今回は好位~中団で進めることになるでしょうか。勝ち負けしても良さそうな馬ですが、斤量58kgということで、少し評価を下げています。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、7着、14着でした。本命◎ウインイクシードは、2着でした。

中山金杯2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 セ6 58 トリオンフ 2 チャレンジカップ(G3) 2着(0.0) 8
2 8 牡6 55 ウインイクシード 6 ディセンバーステークス(LR) 2着(0.2) 2
3 1 牡6 56 テリトーリアル 11 チャレンジカップ(G3) 12着(1.1) 9

早々に隊列が定まり、ゆったりとした流れでした。追い込み勢や外をまわしてきた馬は、展開が向かなかったように見えます。人気を集めていたクレッシェンドラヴや対抗レッドローゼスは、不発。2頭共に展開に左右されるタイプですし、仕方ないところだと思います。

中団より前で脚を溜めていた馬が上位争いを演じました。11番人気ながら3着に好走したテリトーリアルは、前走チャレンジカップで本命にした馬なのですが、まさかスルーしたここで来るとは…。

深く考えない競馬