ニュージーランドトロフィー 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年4月8日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg、牝54kg)
出走数 16頭
天気 曇り参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

「ニュージーランドトロフィー2017」です。NHKマイルカップ2017の前哨戦として行われます。ニュージーランドトロフィー組は、NHKマイルカップで好走することが多いので、ニュージーランドトロフィー2017好走馬には、この先も注目していきたいですね。

過去10年のニュージーランドトロフィーの配当を見ると、波乱含みのレースという印象です。100万馬券超えが2度あり、2007年は、3連単490万馬券の超高配当となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 22,190円 195,280円 1,051,270円
2015 2,940円 3,340円 29,660円
2014 1,400円 7,100円 25,680円
2013 1,550円 50,240円 195,350円
2012 1,090円 1,980円 9,080円
2011 32,820円 22,850円 278,820円
2010 740円 4,080円 15,660円
2009 1,510円 3,870円 16,950円
2008 7,180円 8,080円 76,430円
2007 112,760円 574,770円 4,904,740円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ニュージーランドトロフィー2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 5 ダンツプリウス 2 アーリントンカップ(G3) 2着(0.0)
2 8 ストーミーシー 14 500万(中山芝1200m) 2着(0.2)
3 4 エクラミレネール(牝) 12 アネモネステークス(OP) 4着(0.2)
2015稍重 1 8 ヤマカツエース 7 ファルコンステークス(G3) 3着(0.0)
2 9 グランシルク 1 500万(中山芝1600m) 1着(-0.2)
3 12 アルマワイオリ 2 アーリントンカップ(G3) 2着(0.0)
2014 1 12 ショウナンアチーヴ 1 ファルコンステークス(G3) 6着(0.4)
2 9 ショウナンワダチ 4 共同通信杯(G3) 8着(0.8)
3 15 ベルルミエール(牝) 8 ファルコンステークス(G3) 4着(0.2)
2013 1 12 エーシントップ 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.0)
2 4 レッドアリオン 3 フローラルウォーク賞(500万) 1着(-0.6)
3 3 ストーミングスター 12 500万(中山ダ1200m) 1着(-0.2)
2012 1 4 カレンブラックヒル 1 こぶし賞(500万) 1着(-0.1)
2 3 セイクレットレーヴ 2 クロッカスステークス(OP) 1着(-0.0)
3 5 ブライトライン 4 ファルコンステークス(G3) 1着(-0.1)
2011(阪神) 1 8 エイシンオスマン 12 スプリングステークス(G2) 5着(0.6)
2 6 エーシンジャッカル 7 500万(阪神芝1400m) 1着(-0.1)
3 4 グランプリボス 1 スプリングステークス(G2) 4着(0.2)
2010 1 16 サンライズプリンス 1 スプリングステークス(G2) 4着(0.4)
2 6 ダイワバーバリアン 2 弥生賞(G2) 4着(0.5)
3 9 レト 7 アーリントンカップ(G3) 3着(0.3)
2009 1 5 サンカルロ 1 スプリングステークス(G2) 4着(0.2)
2 14 ティアップゴールド 5 500万(阪神芝1400m) 1着(-0.3)
3 3 ジョーカプチーノ 3 ファルコンステークス(G3) 1着(-0.0)
2008 1 4 サトノプログレス 6 500万(中山芝1600m) 1着(-0.1)
2 11 エーシンフォワード 5 アーリントンカップ(G3) 2着(0.3)
3 7 アサクサダンディ 2 スプリングステークス(G2) 4着(0.3)
2007 1 6 トーホウレーサー 11 毎日杯(G3) 5着(0.4)
2 3 マイネルフォーグ 16 マーガレットステークス(OP) 5着(0.5)
3 12 ワールドハンター 8 ファルコンステークス(G3) 5着(0.6)
前走重賞

過去10年のニュージーランドトロフィー3着以内30頭中19頭を占めます。二桁着順からの巻き返しはありません。

  • ファルコンステークス6頭
  • スプリングステークス5頭
  • アーリントンカップ4頭
  • 共同通信杯1頭
  • シンザン記念1頭
  • 弥生賞1頭
  • 毎日杯1頭
前走5着以内

過去10年のニュージーランドトロフィー3着以内30頭中28頭を占めます。前走6着以下だった馬は、以下の2頭のみですが、2頭とも前走重賞かつ2勝馬でした。

  • 2014年1着ショウナンアチーヴ(前走ファルコンステークス6着)
  • 2014年2着ショウナンワダチ(前走共同通信杯8着)
前走馬券圏外(前走4着以下)

過去10年のニュージーランドトロフィー3着以内では計13頭いますが、そのうち12頭2勝以上している馬でした。1勝馬は、以下の1頭のみです。

  • 2007年2着マイネルフォーグ(前走マーガレットステークス5着)

馬券予想

過去10年の傾向から「前走重賞」「前走3着以内(前走馬券圏外だった馬は、2勝以上している馬)」に注目です。

ニュージーランドトロフィー2017は、抜けた馬が不在の為、かなりの混戦模様です。何頭か重賞好走歴のある馬がいるので、能力的に、上位候補は重賞実績馬からになるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。波乱想定です。(;´д`)

◎⑮タイムトリップ

前走クロッカスステークス2017 1着。中山マイルで外枠(8枠15番)は、少し狙い難いところではありますが…。

戦績から若干距離が長いと思いますが、中山コースですし距離延長も対応出来るのではないでしょうか。前走クロッカスステークス2017は、残り400mを切った辺りから外に出して、残り200m辺りから加速し、まとめて差し切るという競馬でした。内で先行していた馬が優勢な流れに見えたので、勝ちっぷりから能力は高そうに見えました。

○⑯ボンセルヴィーソ

前走ファルコンステークス2017 2着。相手なりに走るタイプだと思いますが、前に行くと粘り強い印象の馬です。デイリー杯2歳ステークス2016~朝日杯フューチュリティステークス2016~ファルコンステークス2017と重賞で崩れず安定しています。

馬券的には、大外枠がネックになりそうですが、ここでも大崩れは無いのでは…思っています。

▲①ナイトバナレット

前走ファルコンステークス2017 11着。前走二桁着順というのは、買いにくい要素ですが、2走前のジュニアカップ2017のパフォーマンスを見る限りは、中山マイルで見直したい1頭です。

ジュニアカップ2017は、前にいた馬が上位争いをしている中で、最後の直線で後方から外に出して、上がり最速の脚でまとめて差し切りました。1頭だけ目立った強さでした。

近年のニュージーランドトロフィーは、追い込み馬が上位に来ることが多いので、中穴になりそうな今回が狙い目かもしれません。過去10年では、1頭も馬券圏内に来ていない1枠というのは気になるところです。

△⑦スズカゼ

前走アネモネステークス2017 3着。過去10年の3着以内に牝馬は2頭だけですが、今年の牝馬は全体的にレベルが高そうなので、波乱含みの重賞なら…という感じはします。

キャリアで馬券圏内に来た3戦は、ともに小回りのコース(中山、福島)です。牝馬限定戦ですが、中山マイルは2戦して2戦とも好走しているので、大穴期待ならこういうタイプの馬でしょうか。

3連複 ◎○▲△ 4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、4着、5着、10着でした。

本命◎タイムトリップは5着でした。

ニュージーランドトロフィー2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 6 ジョーストリクトリ 12 ファルコンステークス(G3) 6着(0.4)
2 4 メイソンジュニア 8 ファルコンステークス(G3) 3着(0.1)
3 16 ボンセルヴィーソ 5 ファルコンステークス(G3) 2着(0.0)

3連単496,220円の大波乱でした。(´・ω・`)

晩に録画を見たんですが、押さえていたボンセルヴィーソとスズカゼとタイムトリップが良い感じに来ていましたものの、馬券的にはダメでしたね。

馬場がかなり悪いみたいで、内を通って前目につけた馬が上位に来たレースでした。その中で、上がり最速でも差しきれずという競馬だったタイムトリップは良馬場で見直したいところだと思います。

3連単は高配当になりましたが、終わってみればファルコンステークス2017好走馬だけで決着したようです。押さえるべきローテでした。

1~3着馬の次走情報