新潟2歳ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年8月27日(日曜日)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(54kg)
出走数 15頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

新潟2歳ステークス 2017

2歳マイル重賞「 新潟2歳ステークス 2017 」です。例年、早熟の馬が好走する印象のレースですが、近年は、ジャスタウェイ(2011年)、ハープスター&イスラボニータ(2013年)など、後にG1戦線で活躍する馬も出走し、ここで結果を残しています。

2歳戦ということもあり、強いデータ傾向などがありませんが、昨年の新潟2歳ステークス2016は、前走強い内容だった馬の4頭ボックスで3連複を的中しました。新潟2歳ステークス 2017 も前走の勝ちっぷりが良かった馬を中心に狙うのも良さそうです。

コース形態

新潟競馬場の芝コース
新潟競馬場の芝コース

過去10年の新潟2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回あり、波乱傾向のレースといえそうです。穴馬の好走例がとても多く、馬連でも高配当となる決着が目立っています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 4,170円 8,440円 56,360円
2015 13,130円 56,400円 261,060円
2014 760円 4,780円 16,440円
2013 1,640円 8,280円 31,910円
2012 12,380円 92,550円 471,970円
2011 950円 8,840円 57,810円
2010 29,400円 107,160円 867,410円
2009 7,500円 17,210円 110,120円
2008 11,490円 26,520円 173,450円
2007 44,860円 237,620円 1,423,010円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
新潟2歳ステークス 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 10 ヴゼットジョリー(牝) 3 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.2)
2 12 オーバースペック 6 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.0)
3 3 イブキ 2 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.1)
2015稍重 1 2 ロードクエスト 1 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.3)
2 13 ウインファビラス(牝) 12 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.0)
3 7 マコトルーメン 8 函館2歳ステークス(G3) 5着(0.8)
2014 1 4 ミュゼスルタン 3 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.2)
2 7 アヴニールマルシェ 1 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0)
3 2 ニシノラッシュ 6 新馬(福島芝1200m) 1着(-0.7)
2013 1 17 ハープスター(牝) 1 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.3)
2 3 イスラボニータ 4 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2)
3 18 ピークトラム 6 未勝利(中京芝1600m) 1着(-0.1)
2012 1 16 ザラストロ 3 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.3)
2 7 ノウレッジ 10 新馬(新潟ダ1200m) 1着(-0.1)
3 1 サウンドリアーナ(牝) 9 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.0)
2011 1 10 モンストール 4 新馬(新潟芝1400m) 1着(-0.6)
2 11 ジャスタウェイ 1 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.8)
3 14 クイーンアルタミラ(牝) 9 新馬(中山芝1600m) 1着(-0.0)
2010 1 16 マイネイサベル(牝) 9 新馬(新潟芝1400m) 1着(-0.0)
2 1 マイネルラクリマ 10 ダリア賞(OP) 3着(0.4)
3 12 レッドセインツ 5 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.2)
2009 1 6 シンメイフジ(牝) 1 ダリア賞(OP) 2着(0.1)
2 15 フローライゼ 15 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.3)
3 8 クロフォード(牝) 2 新馬(福島芝1200m) 1着(-0.2)
2008不良 1 8 セイウンワンダー 1 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-1.0)
2 4 ツクバホクトオー 15 未勝利(新潟芝1200m) 1着(-0.2)
3 6 バンガロール 4 マリーゴールド賞(OP) 2着(0.2)
2007 1 10 エフティマイア(牝) 4 マリーゴールド賞(OP) 1着(-0.2)
2 2 シャランジュ(牝) 16 ダリア賞(OP) 6着(0.6)
3 6 ゴールドストレイン 9 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.3)

牝馬

過去10年の新潟2歳ステークス3着以内30頭中10頭を占めます。人気薄の好走も目立ちます。

  • 2015年2着ウインファビラス(12番人気)
  • 2012年3着サウンドリアーナ(9番人気)
  • 2011年3着クイーンアルタミラ(9番人気)
  • 2010年1着マイネイサベル(9番人気)
  • 2007年2着シャランジュ(16番人気)

関東馬

過去10年の新潟2歳ステークス3着以内30頭中21頭を占めます。

3着以内に入った二桁人気馬は、計6頭いますが、その6頭すべてが関東馬でした。また8~9番人気馬で見ても、3着以内6頭中5頭が関東馬でした。人気薄の関東馬が穴馬候補になりそうな傾向です。

人気

過去10年の新潟2歳ステークス3着以内では、上位人気馬が不振傾向にあります。

  • 1番人気(4-2-0-4)複勝率60%
  • 2番人気(0-0-2-8)複勝率20%
  • 3番人気(3-0-0-7)複勝率30%

馬券予想

過去10年の傾向から「牝馬」「関東馬(特に8番人気以下の穴馬)」「上位人気不振傾向」に注目です。

新潟2歳ステークス 2017 は、波乱傾向に加え、キャリア1戦の馬が多く、難解なレースになると思います。その中で、新潟2歳ステークス 2017 の注目は、コーディエライトシンデレラメイクムスコローソあたりの前走楽勝だった馬でしょうか。もちろん力関係の比較が難しいので、勢いのある馬という意味で注目したいですね。

以下、簡単な考察と予想です。

かなり適当です。(;´・ω・`A “` 前走楽勝だった差し馬を中心に選びました。
◎⑬シンデレラメイク

前走新馬戦(中京芝1400m)1着。前走は中団で脚を溜める競馬。直線に入ってからは、楽な手応えで伸びて上がり最速で2着以下に着差をつけての楽勝でした。

前走の勝ちっぷりが良かっただけに、この勢いで重賞でも好走を…。

○①ムスコローソ

前走新馬戦(東京芝1400m)1着。前走は好位で脚を溜める競馬。直線に入ってから楽にグイグイ伸びてノーステッキで楽勝していました。1頭だけクラスが上の馬という感じでした。

前走のパフォーマンスなら、ここでも期待したいところですが…。

▲④グランデウィーク

前走新馬戦(福島芝1800m)1着。やや出負けして後方からの競馬。最終コーナーでは、他馬が大きく膨れた影響で、さらに外をブン回すことになりましたが、難なく差し切り勝ち。最後は、2着トッカータに詰められてきていたものの、終始、楽な手応えに見えました

どこか、マイル戦よりも距離が伸びた方が良さそうな気もしますが、2歳戦なのであまり深く考えないようにします。速い上がりが使えそうな人気薄の関東馬というのは、データ的にも面白そうです。

△⑪ラインギャラント

前走新馬戦(福島芝1200m)1着。前走は小差ながら、強い内容でした。最終コーナーで大外をブン回しての差し切り勝ち。終始、余裕を感じるしっかりとした走りに見えました。

父スウェプトオーヴァーボード、母父ダイワメジャー。血統的には距離が長くなって良くなるタイプでは無いと思いますが、2歳戦なので、あまり深く考えないことにします。ここは波乱期待で適当に押さえ…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、9着、12着、14着、15着でした。

本命◎シンデレラメイクは9着でした。

新潟2歳ステークス 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 8 フロンティア 3 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.1)
2 15 コーディエライト(牝) 5 未勝利(中京芝1400m) 1着(-1.0)
3 3 テンクウ 2 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2)

晩に録画を見ましたが、殆ど真逆の結果に…(´;ω;`)

最初の800mは49.3秒、1000mは61.6秒という超スロー。過去10年だけで見ても、例がないほどのスローペースで流れました。差し追込み馬が1頭も来なかったのは初めてです。例年追込みが決まるレースですが、行った行ったの3頭がそのまま3着までを争う結果になりました。

押さえていた4頭は、データ傾向に従って、差し追い込み馬ばかりだったので、真逆に近い結果になってしまいました。

ムスコローソは、外に出そうとしたものの上手くいかず、そのまま内で包まれて後方になってしまったように見えました。差し追い込みが不要の流れになったので、この負け方は仕方ないところでしょうか。次走以降、見直しても良いかもしれません。