新潟2歳ステークス2020-過去データと予想

日程 2020年8月30日(日曜)
開催 新潟競馬場11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 2歳
斤量 馬齢(54kg)
出走数 11頭
天気 曇り(ヤフー天気)

新潟2歳ステークス2020

2歳マイル重賞、新潟2歳ステークス2020です。過去の上位馬を見ると、早熟馬が活躍する傾向にあります。とはいえ過去、ジャスタウェイ(2011年)やハープスター、イスラボニータ(2013年)など、後のG1馬が出走。一昨年の優勝馬ケイデンスコールはNHKマイルカップで2着に好走しています。何年かに一度、有力馬を輩出しています。

新潟競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年の新潟2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。以前は、波乱傾向のレースでしたが、近年は大きな波乱が減少傾向にあります。直近2年は馬連数百円の決着。そろそろ波乱決着があっても良さそうですが…。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 660円 4,310円 12,250円
2018 540円 4,770円 15,950円
2017 3,760円 8,330円 49,030円
2016 4,170円 8,440円 56,360円
2015 13,130円 56,400円 261,060円
2014 760円 4,780円 16,440円
2013 1,640円 8,280円 31,910円
2012 12,380円 92,550円 471,970円
2011 950円 8,840円 57,810円
2010 29,400円 107,160円 867,410円

では過去10年の新潟2歳ステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:新潟2歳ステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

新潟2歳ステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 6 ウーマンズハート 1 新馬戦(新潟芝1600m) 1着(-0.6) 3
2 13 ペールエール 3 新馬戦(中京芝1400m) 1着(-0.2) 1
3 7 ビッククインバイオ 8 未勝利戦(東京芝1600m) 1着(-0.4) 2
2018稍重 1 6 ケイデンスコール 1 未勝利戦(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 1
2 9 アンブロークン 2 新馬戦(東京芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 8 スティルネス(牝) 8 新馬戦(福島芝1200m) 1着(-0.4) 3
2017 1 8 フロンティア 3 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 15 コーディエライト(牝) 5 未勝利(中京芝1400m) 1着(-1.0) 3
3 3 テンクウ 2 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2) 1
2016 1 10 ヴゼットジョリー(牝) 3 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.2) 3
2 12 オーバースペック 6 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.0) 3
3 3 イブキ 2 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.1) 3
2015稍重 1 2 ロードクエスト 1 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.3) 6
2 13 ウインファビラス(牝) 12 未勝利(福島芝1800m) 1着(-0.0) 2
3 7 マコトルーメン 8 函館2歳ステークス(G3) 5着(0.8) 6
2014 1 4 ミュゼスルタン 3 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 2
2 7 アヴニールマルシェ 1 新馬(東京芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 2 ニシノラッシュ 6 新馬(福島芝1200m) 1着(-0.7) 1
2013 1 17 ハープスター(牝) 1 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.3) 1
2 3 イスラボニータ 4 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2) 2
3 18 ピークトラム 6 未勝利(中京芝1600m) 1着(-0.1) 7
2012 1 16 ザラストロ 3 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.3) 1
2 7 ノウレッジ 10 新馬(新潟ダ1200m) 1着(-0.1) 1
3 1 サウンドリアーナ(牝) 9 新馬(中京芝1400m) 1着(-0.0) 3
2011 1 10 モンストール 4 新馬(新潟芝1400m) 1着(-0.6) 3
2 11 ジャスタウェイ 1 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.8) 4
3 14 クイーンアルタミラ(牝) 9 新馬(中山芝1600m) 1着(-0.0) 6
2010 1 16 マイネイサベル(牝) 9 新馬(新潟芝1400m) 1着(-0.0) 6
2 1 マイネルラクリマ 10 ダリア賞(OP) 3着(0.4) 2
3 12 レッドセインツ 5 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.2) 1
関東馬

過去10年の新潟2歳ステークス3着以内30頭中19頭を占めます。穴馬の好走が多く、3着以内に入った6番人気以下12頭中10頭が関東馬でした。

前走1着馬

過去10年の新潟2歳ステークス3着以内30頭中28頭を占めます。以前は、前走新潟の芝レース優勝馬の好走が多いレースでしたが、近年は、東京や中京、福島の新馬戦や未勝利戦優勝馬の好走が目立ちます。

前走1~3番人気

直近4年の新潟2歳ステークス3着以内12頭中12頭を占めます。近年は、前走人気を集めて勝ち切った馬が強いレースと言えそうです。

予想

今年の新潟2歳ステークス2020は、例年同様、取捨が難しいレースになりそうです。キャリアが浅く、何が来てもおかしくないメンバーだと思います。近年の傾向からは、前走人気に応えて勝ち切っていた馬が上位争いの候補になるでしょうか。ただ毎年のように穴馬の好走も見られるので、候補を絞るのが難解なレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。

◎11ショックアクション

前走未勝利戦(新潟芝1600m)は、好位から差し切っての楽勝。力のいる馬場が合ったような印象も受けますが、2着以下を突き放した勝ちっぷりの良さに期待して本命評価にしました。

〇9ブルーシンフォニー

前走新馬戦(東京芝1600m)は、直線包まれて進路が無くなったこともあり、強引に外に出してからの追い込みになりました。外に出してからは、楽に加速して前をまとめて交わしていたので、見応えのある勝ちっぷりだったと思います。

▲5フラーズダルム

前走新馬戦(阪神芝1600m)は、先行から抜け出して、2着以下を突き放す楽勝でした。余力たっぷりのままゴールしたように見えたので、重賞のここでも楽しみが大きいと思います。

△6セイウンダイモス

前走未勝利戦(福島芝1200m)を完勝。1200mまでの馬とも思えない内容でしたし、穴をあける傾向にある関東馬にも期待して押さえました。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、6着でした。本命◎ショックアクションは、1着でした。

新潟2歳ステークス2020結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 11 ショックアクション 2 未勝利戦(新潟芝1600m) 1着(-0.7) 3
2 9 ブルーシンフォニー 1 新馬戦(東京芝1600m) 1着(-0.2) 4
3 5 フラーズダルム(牝) 3 新馬戦(阪神芝1600m) 1着(-0.7) 4

的中でした。外差し勢が上位争いを演じる外差し決着となりました。タフな馬場になっているみたいで、優勝馬ショックアクションは、血統面も向いたかもしれません。

無印評価の馬でしたが、5着シュヴァリエローズは、見せ場がありました。伸びない内を突く選択したものの、タフな馬場は厳しかったように見えます。それでも5着に粘っているので、ポテンシャルは高そうです。

スポンサーリンク