新潟大賞典 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年5月7日(日曜日)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ参考 新潟競馬場 – Yahoo!天気・災害

ハンデ重賞「新潟大賞典2017」です。過去の上位馬を振り返ると、ローカル重賞やオープン特別で活躍している馬が多く、結構骨っぽいメンバーが揃っています。

昨年の新潟大賞典2016は、4頭に印を付け、3着シャイニープリンス(8番人気)と1着パッションダンス(10番人気)を買いながら、2着フルーキー(1番人気)をスルーして外したレースです。後味が悪いものでした。(・Θ・;)

過去10年の新潟大賞典の配当を見ると、10万馬券が6回もあり、波乱含みの重賞と言っても良いでしょう。硬く決まったのは、2014年だけです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 5,190円 23,210円 161,790円
2015 35,750円 130,520円 945,420円
2014 1,050円 1,300円 7,500円
2013 2,550円 4,470円 29,360円
2012 12,340円 43,450円 306,700円
2011 6,480円 13,250円 80,490円
2010 1,640円 5,280円 27,010円
2009 29,470円 59,520円 453,690円
2008 4,550円 18,320円 103,310円
2007 2,990円 26,850円 128,860円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
新潟大賞典2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 9 牡8 57 パッションダンス 10 フェブラリーステークス(G1) 16着(6.9)
2 3 牡6 57.5 フルーキー 1 中山記念(G2) 4着(0.4)
3 12 牡6 56.5 シャイニープリンス 8 福島民報杯(OP) 1着(-0.5)
2015 1 6 牡7 57 ダコール 5 福島民報杯(OP) 2着(0.2)
2 4 牡7 57 ナカヤマナイト 13 中山記念(G2) 8着(1.5)
3 5 牡6 56 アルフレード 6 東京新聞杯(G3) 2着(0.0)
2014 1 10 牡4 56 ユールシンギング 3 中日新聞杯(G3) 4着(0.1)
2 5 牡4 55 マジェスティハーツ 2 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0)
2 16 牡4 56.5 レッドレイヴン 1 福島民報杯(OP) 1着(-0.6)
2013 1 11 牡5 55 パッションダンス 6 中日新聞杯(G3) 4着(0.4)
2 7 牡6 56 アドマイヤタイシ 3 中日新聞杯(G3) 2着(0.0)
3 4 牡5 56 ダコール 4 小倉大賞典(G3) 2着(0.0)
2012稍重 1 1 牡4 56 ヒットザターゲット 5 福島民報杯(OP) 1着(-0.1)
2 5 牡7 56 ダンツホウテイ 11 大阪杯(G2) 11着(1.0)
3 4 牡5 56 メイショウカンパク 9 大阪杯(G2) 10着(1.0)
2011 1 5 牡5 56 セイクリッドバレー 2 大阪城ステークス(OP) 2着(0.0)
2 16 牡5 54 マッハヴェロシティ 10 中山金杯(G3) 15着(0.9)
3 13 牡7 56 サンライズベガ 4 小倉大賞典(G3) 1着(-0.0)
2010 1 16 牡6 56 ゴールデンダリア 2 大阪杯(G2) 2着(0.1)
2 9 牡4 56 セイクリッドバレー 3 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 5着(0.4)
3 2 牡7 56 ニホンピロレガーロ 6 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.1)
2009 1 9 牡6 56 シンゲン 5 白富士ステークス(OP) 1着(-0.2)
2 6 牡6 55 ニホンピロレガーロ 16 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.2)
3 8 牡5 56 オペラブラーボ 2 中山金杯(G3) 6着(0.2)
2008 1 5 牡6 57 オースミグラスワン 3 マイラーズカップ(G2) 9着(0.5)
2 4 牡4 54 マンハッタンスカイ 6 メルボルントロフィー(1600万) 1着(-0.1)
3 10 牡5 56 フィールドベアー 7 福島民報杯(OP) 1着(-0.1)
2007 1 4 牡5 55 ブライトトゥモロー 4 オーストラリアトロフィー(OP) 3着(0.2)
2 10 牡4 55 サイレントプライド 1 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 4着(0.4)
3 13 牡7 57 ヴィータローザ 11 中山金杯(G3) 10着(2.6)
ハンデ

過去10年の新潟大賞典では、ハンデ戦ですが軽ハンデ馬が活躍しているわけではありません。斤量56kg以上の好走例も多く、ハンデを意識しないでも良さそうな傾向です。

斤量54kg以下だった馬は、以下の2頭のみです。

  • 2011年2着マッハヴェロシティ(54kg)
  • 2008年2着マンハッタンスカイ(54kg)
前走福島民報杯

過去10年の新潟大賞典では、大阪-ハンブルクカップ組や福島民報杯組の好走が目立ちます。今年は大阪-ハンブルクカップ組がいないので、前走福島民報杯の馬が注目でしょうか。

ただ前走福島民報杯から馬券圏内に来た3頭はともに、福島民報杯で連対していました。少なくとも、福島民報杯で大きく負けていた馬は、狙い難いところでしょうか。

前走1600万クラス

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中1頭のみです。前走で重賞やオープン特別を戦ってきた馬が上位争いの中心になりそうな傾向です。

  • 2008年2着マンハッタンスカイ(前走メルボルントロフィー1着、1600万)
前走重賞

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中18頭を占めます。前走を距離別に見ると、前走から距離短縮という馬はいません。前走と同距離もしくは前走から距離延長という馬が占めています。

  • 前走大阪杯(芝2000m)3頭
  • 前走中日新聞杯(芝2000m)3頭
  • 前走中山金杯(芝2000m)3頭
  • 前走中山記念(芝1800m)2頭
  • 前走小倉大賞典(芝1800m)2頭
  • 前走ダービー卿チャレンジトロフィー(芝1600m)2頭
  • 前走フェブラリーステークス(ダート1600m)1頭
  • 前走マイラーズカップ(芝1600m)1頭
  • 前走東京新聞杯(芝1600m)1頭

馬券予想

過去10年の傾向から「斤量55kg以上」「前走オープンクラス(特に福島民報杯)」に注目です。その他、前走が重賞だった馬は、芝2000m以下のレースに出走していた馬が狙い目でしょうか。

新潟大賞典2017は、混戦模様です。ある程度、データから候補を絞ることが出来そうですが、力差があるメンバーではないので、予想も的中も難しそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

データで絞ろうと思うと、買える馬がいなくなりますね。(・Θ・;) 如何にも、荒れそうなレースです。

【追記】土曜の雨で、時計がかかるタフな馬場になりそうです。
◎④シャイニープリンス

前走福島民報杯2017 9着。今年は福島民報杯連対馬がいないので、「買い」のローテでは無いかもしれません。

昨年は、福島民報杯2016 1着→新潟大賞典2016というローテで、3着に入りました。今年は前走9着からの出走ですが、休養明けを1戦叩いた上積みはありそうです。ムラがあり、いまいち信用できない馬ではありますが…。

○②サンデーウィザード

前走福島民報杯2017 3着。前走は追い込みで3着に好走しました。同じく追い込みで4着~5着に好走したバロンドゥフォールとショウナンバッハという顔ぶれを見ると、優勝したマイネルミラノのペースに付いて行った先行馬の方が強いかもしれないと思ってしまいます。

ただ相手なりに走るタイプの馬ですし、ここでは軽視もできないところでしょうか。

▲⑦ジュンヴァルカン

前走日経賞2017 9着。ここで来るとすれば、データ外になります。

近走で負けた日経賞2017と菊花賞2016は、ともに強いメンバーが揃ったレースでした。そこで負けたのは、度外視しても良いと思います。この2戦と比べると、今年の新潟大賞典は低調なメンバーですし、ここで上位争いしても不思議では無さそうですが…。

△⑬レッドソロモン

前走小倉大賞典2017 7着。前走は休養明けの一戦で、7着に破れました。

メイショウサムソン産は、重賞ではかなり狙いにくい血統ですが、もしも来るとすればローカル重賞だとは思います。

2走前のアンドロメダステークスでは、京都巧者のドレッドノータスを抑えての1着で、相手関係次第では、このクラスで好走も…という感じがします。

3連複 ◎○▲△ 4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、13着、14着、15着でした。

本命◎シャイニープリンスは14着でした。

新潟大賞典2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 2 牡5 サンデーウィザード 3 福島民報杯(OP) 3着(0.2)
2 6 牡6 マイネルフロスト 11 アメリカジョッキーカップ(G2) 11着(2.5)
3 11 牡4 メートルダール 1 アメジストステークス(1600万) 1着(-0.2)

録画を見ましたが、案の定、カスリもせずでした。

優勝馬は、福島民報杯組のサンデーウィザード。データ通りでしたが、2~3着のマイネルフロストとメートルダールはデータの傾向からは狙いにくい馬でした。

特にマイネルフロストは、直近2戦連続(アメリカジョッキークラブカップ2017、中山金杯2017)で、大敗していました。穴馬だとしても、ここまでは手が回らないですね。

土曜の新潟が重馬場、日曜が稍重馬場ということでしたが、勝ち時計は1:58.6と速い決着でした。下位に沈んだ馬は、途中から流しているような競馬で、馬場適性の有無が出たのかもしれません。

1~3着馬の次走情報