新潟大賞典-過去10年のデータと予想

日程 2019年4月29日(月曜
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

新潟大賞典2019

ハンデ重賞、新潟大賞典2019です。例年、ローカル重賞やオープン特別で活躍している馬が多く出走し、骨っぽいメンバーが集まる一戦。差のない力の馬が多いことに加え、斤量差(ハンデ)も影響して波乱決着の多いレースとなっています。

新潟競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の新潟大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。馬連や3連複の万馬券も多く、かなり波乱傾向のレースといっても良さそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 10,890円 106,860円 581,000円
2017 11,960円 10,610円 89,460円
2016 5,190円 23,210円 161,790円
2015 35,750円 130,520円 945,420円
2014 1,050円 1,300円 7,500円
2013 2,550円 4,470円 29,360円
2012 12,340円 43,450円 306,700円
2011 6,480円 13,250円 80,490円
2010 1,640円 5,280円 27,010円
2009 29,470円 59,520円 453,690円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

新潟大賞典2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 1 牡7 56.5 スズカデヴィアス 5 小倉大賞典(G3) 3着(0.6) 4
2 14 牡7 57 ステイインシアトル 9 函館記念(G3) 15着(2.1) 2
3 2 牡6 55 ナスノセイカン 11 日経賞(G2) 13着(1.5) 11
2017稍重 1 2 牡5 55 サンデーウィザード 3 福島民報杯(OP) 3着(0.2) 1
2 6 牡6 57 マイネルフロスト 11 アメリカジョッキーカップ(G2) 11着(2.5) 13
3 11 牡4 55 メートルダール 1 アメジストステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2016 1 9 牡8 57 パッションダンス 10 フェブラリーステークス(G1) 16着(6.9) 14
2 3 牡6 57.5 フルーキー 1 中山記念(G2) 4着(0.4) 6
3 12 牡6 56.5 シャイニープリンス 8 福島民報杯(OP) 1着(-0.5) 9
2015 1 6 牡7 57 ダコール 5 福島民報杯(OP) 2着(0.2) 4
2 4 牡7 57 ナカヤマナイト 13 中山記念(G2) 8着(1.5) 7
3 5 牡6 56 アルフレード 6 東京新聞杯(G3) 2着(0.0) 9
2014 1 10 牡4 56 ユールシンギング 3 中日新聞杯(G3) 4着(0.1) 8
2 5 牡4 55 マジェスティハーツ 2 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0) 4
2 16 牡4 56.5 レッドレイヴン 1 福島民報杯(OP) 1着(-0.6) 1
2013 1 11 牡5 55 パッションダンス 6 中日新聞杯(G3) 4着(0.4) 4
2 7 牡6 56 アドマイヤタイシ 3 中日新聞杯(G3) 2着(0.0) 1
3 4 牡5 56 ダコール 4 小倉大賞典(G3) 2着(0.0) 2
2012稍重 1 1 牡4 56 ヒットザターゲット 5 福島民報杯(OP) 1着(-0.1) 3
2 5 牡7 56 ダンツホウテイ 11 大阪杯(G2) 11着(1.0) 8
3 4 牡5 56 メイショウカンパク 9 大阪杯(G2) 10着(1.0) 10
2011 1 5 牡5 56 セイクリッドバレー 2 大阪城ステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 16 牡5 54 マッハヴェロシティ 10 中山金杯(G3) 15着(0.9) 10
3 13 牡7 56 サンライズベガ 4 小倉大賞典(G3) 1着(-0.0) 6
2010 1 16 牡6 56 ゴールデンダリア 2 大阪杯(G2) 2着(0.1) 9
2 9 牡4 56 セイクリッドバレー 3 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 5着(0.4) 6
3 2 牡7 56 ニホンピロレガーロ 6 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.1) 9
2009 1 9 牡6 56 シンゲン 5 白富士ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 6 牡6 55 ニホンピロレガーロ 16 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.2) 7
3 8 牡5 56 オペラブラーボ 2 中山金杯(G3) 6着(0.2) 1
斤量56kg以上

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中23頭を占めます。ハンデ戦とはいえ、軽ハンデ馬が突出して活躍しているわけではありません。斤量54kg以下の馬は、僅か一頭(2011年2着マッハヴェロシティ)となっています。

前走福島民報杯

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中5頭を占めます。5頭全てが福島民報杯で3着以内に好走していました。近年(2014~2017年)好走例の多いローテとなっています。

前走重賞レース

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中19頭を占めます。前走芝1800m~2000mのレースを使っていた馬の好走が目立ちます。

予想

混戦模様の新潟大賞典2019。何が来てもおかしくないメンバー構成ですし、如何にも波乱含みという印象です。

過去10年では、前走1600万勝ちの馬がメートルダール(2017年3着)僅か1頭と考えると、前走重賞レースやオープン特別やリステッドレースで好走していた馬が狙い目になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。穴馬を中心に狙いましたが、ここは当たる気がしません…。

◎8ブラックスピネル

久しぶりの2000m戦となった2走前の白富士ステークスを逃げ切り勝ち。ノーマークの逃げだったこともありそうですが、骨っぽい馬を相手に勝ち切っています。今回も単騎逃げが出来そうなメンバー構成。粘り込みがあっても…。

○5メートルダール

わりと好走例の多い3枠。昨年の新潟記念は、馬体重プラス20kgで出走して2着に好走しました。追い込み決着が向いたようにも見えますが、優勝馬がブラストワンピースだったことを考えれば、力はありそうです。今回も緩い流れ&極端な前残りにならなければ、上位食い込みがあっても良さそうです。

△6ロシュフォール

わりと好走例の多い3枠。ただ前走1600万勝ちというのは買い難い要素でしょうか。5戦連続上がり最速&ルメール騎手に期待して…。

△11ダッシングブレイズ

前走京都記念は、後方からの競馬。内でじっくり脚を溜め、そのまま内を突く追い込みでした。着順ほど負けていませんし、上がり最速の脚は見せ場を作ったと言えるかもしれません。ここは紐荒れ期待で。

(無印)16ルックトゥワイス

注目していた馬ですが、大外枠ということで無印にしました。前走日経賞は、後方勢には厳しい展開だったため、仕方ない敗戦だったと思います。戦績を見る限り、左回りの広いコースは相性が良いですし、今回は上位争い食い込みがあっても良さそうです。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、5着、8着、9着でした。本命◎ブラックスピネルは、5着でした。

新潟大賞典2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 15 牡4 54 メールドグラース 7 金鯱賞(G2) 1着(-0.2) 2
2 1 牡5 57.5 ミッキースワロー 3 洛陽ステークス(LS) 1着(-0.1) 1
3 6 牡4 55 ロシュフォール 1 京都金杯(G3) 1着(-0.1) 1

録画を見ました。当然と言うべきか、カスリもせず…。

最後は、外差しが決まる展開。道中、後方にいた馬が上位を占めました。逃げ先行では、ブラックスピネルだけが粘って5着でした。

過去10年で斤量55kg未満だったのはマッハヴェロシティ(2011年)のみ。前走1600万クラス勝ちの馬もメートルダール(2017年)のみのレース。優勝馬メールドグラースは、データ傾向から手が出せない1頭でした。

深く考えない競馬