新潟大賞典-過去データと予想

日程 2020年5月10日(日曜)
開催 新潟競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 雨(ヤフー天気)

新潟大賞典2020

ハンデ重賞、新潟大賞典2020です。例年、ローカル重賞やオープン特別で活躍している馬が多く出走し、骨っぽいメンバーが集います。大きな力差が無いメンバーに加え、僅かな斤量差(ハンデ戦)も影響して、波乱決着の多いレースとなっています。

新潟競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の新潟大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えが4回あります。馬連や3連複の万馬券も多く、波乱の多いレースといっても良さそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 7,870円 6,090円 61,120円
2018 10,890円 106,860円 581,000円
2017 11,960円 10,610円 89,460円
2016 5,190円 23,210円 161,790円
2015 35,750円 130,520円 945,420円
2014 1,050円 1,300円 7,500円
2013 2,550円 4,470円 29,360円
2012 12,340円 43,450円 306,700円
2011 6,480円 13,250円 80,490円
2010 1,640円 5,280円 27,010円

では過去10年の新潟大賞典で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:新潟大賞典 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

新潟大賞典2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 15 牡4 54 メールドグラース 7 尼崎ステークス(1600万) 1着(-0.3) 3
2 1 牡5 57.5 ミッキースワロー 3 有馬記念(G1) 11着(0.9) 10
3 6 牡4 55 ロシュフォール 1 アメジストステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
2018 1 1 牡7 56.5 スズカデヴィアス 5 小倉大賞典(G3) 3着(0.6) 4
2 14 牡7 57 ステイインシアトル 9 函館記念(G3) 15着(2.1) 2
3 2 牡6 55 ナスノセイカン 11 日経賞(G2) 13着(1.5) 11
2017稍重 1 2 牡5 55 サンデーウィザード 3 福島民報杯(OP) 3着(0.2) 1
2 6 牡6 57 マイネルフロスト 11 アメリカジョッキーカップ(G2) 11着(2.5) 13
3 11 牡4 55 メートルダール 1 アメジストステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2016 1 9 牡8 57 パッションダンス 10 フェブラリーステークス(G1) 16着(6.9) 14
2 3 牡6 57.5 フルーキー 1 中山記念(G2) 4着(0.4) 6
3 12 牡6 56.5 シャイニープリンス 8 福島民報杯(OP) 1着(-0.5) 9
2015 1 6 牡7 57 ダコール 5 福島民報杯(OP) 2着(0.2) 4
2 4 牡7 57 ナカヤマナイト 13 中山記念(G2) 8着(1.5) 7
3 5 牡6 56 アルフレード 6 東京新聞杯(G3) 2着(0.0) 9
2014 1 10 牡4 56 ユールシンギング 3 中日新聞杯(G3) 4着(0.1) 8
2 5 牡4 55 マジェスティハーツ 2 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0) 4
2 16 牡4 56.5 レッドレイヴン 1 福島民報杯(OP) 1着(-0.6) 1
2013 1 11 牡5 55 パッションダンス 6 中日新聞杯(G3) 4着(0.4) 4
2 7 牡6 56 アドマイヤタイシ 3 中日新聞杯(G3) 2着(0.0) 1
3 4 牡5 56 ダコール 4 小倉大賞典(G3) 2着(0.0) 2
2012稍重 1 1 牡4 56 ヒットザターゲット 5 福島民報杯(OP) 1着(-0.1) 3
2 5 牡7 56 ダンツホウテイ 11 大阪杯(G2) 11着(1.0) 8
3 4 牡5 56 メイショウカンパク 9 大阪杯(G2) 10着(1.0) 10
2011 1 5 牡5 56 セイクリッドバレー 2 大阪城ステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 16 牡5 54 マッハヴェロシティ 10 中山金杯(G3) 15着(0.9) 10
3 13 牡7 56 サンライズベガ 4 小倉大賞典(G3) 1着(-0.0) 6
2010 1 16 牡6 56 ゴールデンダリア 2 大阪杯(G2) 2着(0.1) 9
2 9 牡4 56 セイクリッドバレー 3 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 5着(0.4) 6
3 2 牡7 56 ニホンピロレガーロ 6 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.1) 9
斤量56kg以上

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中22頭を占めます。ハンデ戦とはいえ、軽ハンデ馬が突出して活躍しているわけではありません。斤量54kg以下の馬は、僅か2頭(2011年2着マッハヴェロシティ、2019年1着メールドグラース)となっています。

前走オープン特別、リステッドレース

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中8頭を占めます。そのうち7頭が前走連対、1頭が3着に好走していました。特に福島民報杯組を中心に好走が目立ちます。

前走重賞レース

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中19頭を占めます。そのうち17頭が前走芝1800m以上のレースに出走していました。特に前走芝1800m~2000mのレースを使っていた馬の好走が目立ちます。

内枠(1~3枠)

過去10年の新潟大賞典3着以内30頭中17頭を占めます。近年は好走例が多く、直近3年では1枠から4頭が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の新潟大賞典2020は、大混戦のメンバーだと思います。抜けた実績馬が不在のハンデ戦。週末の雨予報も予想を難しくさせます。過去、大穴の好走も見られるレースですし、ほぼ全頭が馬券候補と言って良いかもしれません。近年は、内枠の好走が多いので、内枠の実績馬を中心に狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか…。

以下、簡単な考察と予想です。内枠や前走リステッドレース組など、データ傾向から候補を選びました。ただ過去の波乱を考えると、全く当たる気はしません。

◎6レッドガラン

インビジブルレイズが優勝した白富士ステークスで3着。そのあと前走大阪城ステークスを使っている点を考えれば、レッドガランの方が買いやすいでしょうか。長く1600m~1800m戦を使ってるのは気になる要素ですが、ここは近走の勢いに期待しての本命です。

〇4インビジブルレイズ

前走白富士ステークスは、人気薄(8番人気)で優勝。2着以下に詰められながらも、早めに抜け出して押し切っていました。マーフィー騎手の好騎乗という印象もあったので、重賞のここではどうでしょうか…。ただ新潟大賞典は、過去差し追い込み馬の活躍が目立つレース。今回の出走メンバーから差し追い込み馬を選ぶとなると、上位食い込みがあっても良いかもしれません。

▲7ブラヴァス

母ヴィルシーナの良血馬。ギベオンと迷ってブラヴァスを押さえました。休養明けの前走但馬ステークス(3勝クラス)は、好位からの抜け出しで快勝。1番人気だった2着ヒンドゥタイムズは、次走3勝クラスのレースを楽に勝ち切っていますし、前走の1着は評価しても良さそうです。力を付けている今なら一発あっても…。

△12アトミックフォース

4勝した舞台は東京と新潟の2000m戦。左回りの広いコースが合うのかもしれません。アメジストステークス優勝馬は、メートルダール(2017年3着)、ロシュフォール(2019年3着)と2頭が好走していますし、ローテも良さそうです。ここは紐荒れに期待して押さえました。

(無印)2エアウィンザー

骨折で約7ヵ月の休養明け。普通なら様子見でしょうか。勝ち負けがあってもおかしくない実力馬ですが、馬券的にはスルーしています。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、5着、6着でした。本命◎レッドガランは、6着でした。

新潟大賞典2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡5 54 トーセンスーリヤ 10 美浦ステークス(3勝クラス) 1着(-0.0) 1
2 12 牡4 54 アトミックフォース 7 アメジストステークス(3勝クラス) 1着(-0.2) 3
3 14 牡6 54 プレシャスブルー 14 福島民報杯(LR) 8着(1.2) 7

二桁人気馬が2頭絡む波乱決着(3連単560,090円)でした。この人気の組み合わせで100万馬券にならないのは、上手い人が多いのか、大量に買ってる人が多いのか…。意外な配当でした。

本命以下、伏兵のつもりで印をつけた3頭がまさかの1~3番人気。想定していたよりも当日人気を集めるときは、当たるイメージがわきません。

レースは、前走3勝クラスの2頭が勝ち負け。3着には好ローテの福島民報杯組。分かっていてもこれは買えない馬でした。道中、前々で進めた馬が勝ち負けするレースだっただけに、後方勢や外を周ってきた馬には厳しいレースでした。