日経賞 過去10年のデータと予想

日程 2019年3月23日(土曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2500m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 12頭
天気 曇り(ヤフー天気)

日経賞2019

天皇賞春2019の前哨戦、日経賞2019です。過去、日経賞をステップに天皇賞春で3着以内に好走する伏兵の活躍が目立っています。特に日経賞で強いレースを見せた馬には注目したいですね。今年も天皇賞春2019を占う上でも重要な一戦といえるかもしれません。

中山競馬場の芝2500mコース

配当

過去10年の日経賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。3連複万馬券も7回あることを考えれば、波乱含みのレースと言えそうです。有力馬がG1レース前のひと叩きということで、凡走するケースが目立ちます。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 5,880円 23,270円 136,540円
2017 6,370円 32,630円 167,310円
2016 370円 530円 2,170円
2015 2,190円 8,900円 37,310円
2014 5,920円 11,320円 60,560円
2013 4,080円 11,320円 48,630円
2012 48,480円 19,480円 457,140円
2011 300円 220円 930円
2010 2,810円 12,750円 78,380円
2009 5,370円 10,570円 68,310円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、阪神競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

日経賞2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 12 牡5 56 ガンコ 3 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.6) 2
2 3 牡4 55 チェスナットコート 7 早春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
3 11 牡7 57 サクラアンプルール 6 中山記念(G2) 4着(0.2) 4
2017 1 13 牡4 55 シャケトラ 4 日経新春杯(G2) 2着(0.0) 2
2 11 牡4 55 ミライヘノツバサ 7 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.3) 3
3 10 牡6 56 アドマイヤデウス 6 有馬記念(G1) 11着(1.0) 9
2016 1 9 牡5 58 ゴールドアクター 2 有馬記念(G1) 1着(-0.0) 8
2 4 牡5 56 サウンズオブアース 1 有馬記念(G1) 2着(0.0) 5
3 2 牝5 55 マリアライト 4 有馬記念(G1) 4着(0.1) 12
2015 1 6 牡4 56 アドマイヤデウス 4 日経新春杯(G2) 1着(-0.1) 6
2 3 牡7 57 ウインバリアシオン 5 有馬記念(G1) 12着(0.6) 10
3 4 牡7 56 ホッコーブレーヴ 6 ステイヤーズステークス(G2) 5着(0.7) 2
2014 1 10 牡6 56 ウインバリアシオン 1 有馬記念(G1) 2着(1.3) 4
2 11 牡6 56 ホッコーブレーヴ 10 ジャパンカップ(G1) 12着(0.6) 16
3 2 牡4 55 ラストインパクト 3 小倉大賞典(G3) 1着(-0.4) 1
2013 1 14 牡4 56 フェノーメノ 1 ジャパンカップ(G1) 5着(0.8) 4
2 1 牡4 56 カポーティスター 9 京都記念(G2) 6着(1.1) 4
3 12 牡5 56 ムスカテール 7 日経新春杯(G2) 2着(0.1) 1
2012 1 8 牡6 56 ネコパンチ 12 ダイヤモンドステークス(G3) 15着(2.1) 14
2 7 牡4 56 ウインバリアシオン 2 京都記念(G2) 6着(1.0) 2
3 13 牡5 57 ルーラーシップ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 1着(-0.5) 1
2011阪神 1 1 牡4 58 トゥザグローリー 1 京都記念(G2) 1着(-0.1) 1
2 5 牡4 58 ペルーサ 2 有馬記念(G1) 4着(0.1) 3
3 9 牡4 59 ローズキングダム 3 日経新春杯(G2) 3着(0.3) 1
2010稍重 1 6 牡7 59 マイネルキッツ 6 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 4着(0.7) 4
2 8 牡9 57 エアシェイディ 4 有馬記念(G1) 3着(0.8) 11
3 13 牡6 58 トーセンクラウン 7 中山記念(G2) 1着(-0.8) 13
2009 1 1 牡5 57 アルナスライン 4 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 6着(0.6) 3
2 7 牡6 57 マイネルキッツ 7 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 4着(0.5) 9
3 12 牡4 56 モンテクリスエス 3 ダイヤモンドステークス(G3) 1着(-0.2) 2
前走が年明け後の重賞レース

過去10年の日経賞3着以内30頭中17頭を占めます。そのうち2012年の優勝馬ネコパンチを除く16頭が前走の重賞で6着以内に好走していました。

前走G1レース(有馬記念、ジャパンカップ)

過去10年の日経賞3着以内30頭中10頭を占めます。

中穴(4~7番人気)

過去10年の日経賞3着以内30頭中15頭を占めます。馬券圏内の中心となっており、阪神開催の2011年や重馬場で行われた2012年などを除くと、中穴が狙い目といえそうです。

予想

今年の日経賞2019は、菊花賞2着馬エタリオウや昨年の天皇賞春3着馬クリンチャーなど、天皇賞春に向けて実力馬が揃いました。順当なら、この2頭が上位争いの中心になるでしょうか。ただ3着以内は、多くの馬にチャンスがあると考えて良さそう…。過去、中穴の好走例が目立つレースですし、馬券は難しいレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。人気馬2頭(エタリオウ、ルックトゥワイス)が展開に左右されそうな後方からというタイプなので、好位で進めそうなクリンチャーほ本命にしました。

◎12クリンチャー

昨年の実績を考えれば、ここでは上位争いが期待できそう…。海外遠征後に崩れる馬は多いので、あとはコンディションがポイントになりそうです。

○6ルックトゥワイス

前走日経新春杯の本命馬。後方から大外をまわしての追い込みで、負けて強しという内容でした。アルゼンチン共和国杯も大外一気だったので、広いところに出した方が合うタイプかもしれません。中山芝2500mコースは、2走前の1600万クラスを楽勝している舞台。コース相性は良さそうです。

▲1メイショウテッコン

前走日経新春杯は出遅れて後方からの競馬。捲って行くものの、全く良さを出すことが出来ませんでした。度外視して良い一戦だと思います。人気馬が追い込み脚質のため、楽に前に行って粘り込むことが出来れば…。

△7エタリオウ

昨年の3歳クラシック戦線で戦ってきた相手を考えれば、ここでは上位争いの候補だと思います。ただ最後方からの直線一気というタイプだけに、休養明けですし、届かず…という可能性はありそうです。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、6着、7着でした。本命◎クリンチャーは、7着でした。

日経賞2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牡4 55 メイショウテッコン 3 日経新春杯(G2) 9着(0.9) 6
2 7 牡4 55 エタリオウ 1 菊花賞(G1) 2着(0.0) 2
3 4 牡8 56 サクラアンプルール 4 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 5着(0.6) 4

晩に録画を見ました。

メイショウテッコンの楽逃げ。ゆったりとしたペースで逃げ、最後はそのまま粘り切っての優勝でした。エタリオウは、安定の2着。想定していたよりも前での競馬でした。少頭数かつ緩いペースでしたし、早めに動いていったのは仕方ないところでしょうか。前で進めた分、いつもの切れる脚は無く…というレースでした。

本命クリンチャーは、想定していたよりも後ろから。切れる脚があるわけではないので、好位からの競馬でスタミナを活かすレースを見たかったところですが…。天皇賞春への叩きだったとしても、ここで3着に入れないとなると、データ傾向から本番では狙い難いですね。