桜花賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年4月9日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 定量(55kg)
出走数 17頭
天気 晴れ参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

G1「桜花賞2017」です。競馬をするようになってから、桜花賞の日が近づくと春になったと感じるようになりました。

桜花賞といえば、2008年の3連単700万馬券が強烈な印象を残しています。この世代は、オークス2008も秋華賞2008も波乱決着となりました。秋華賞2008は1098万馬券と超高配当でした。

今年の牝馬はレベルが高そうなので、上位人気馬が総崩れということは無いのではないかと思います。ただ近年は若干の波乱傾向を見せており、紐に穴馬を押さえておいた方が良さそうです。

過去10年の桜花賞の配当を見ると、2008年の700万馬券のほか、2013年と2015年も高配当が出ています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 960円 5,650円 20,330円
2015 7,860円 34,480円 233,390円
2014 370円 1,310円 2,540円
2013 3,300円 102,860円 679,300円
2012 1,850円 5,110円 24,020円
2011 620円 1,480円 5,880円
2010 1,440円 8,500円 38,520円
2009 640円 2,480円 5,680円
2008 196,630円 778,350円 7,002,920円
2007 270円 2,830円 12,680円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
桜花賞2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 13 ジュエラー 3 チューリップ賞(G3) 2着(0.0)
2 12 シンハライト 2 チューリップ賞(G3) 1着(-0.0)
3 10 アットザシーサイド 6 フィリーズレビュー(G2) 2着(0.2)
2015 1 6 レッツゴードンキ 5 チューリップ賞(G3) 3着(0.3)
2 7 クルミナル 7 チューリップ賞(G3) 11着(1.3)
3 1 コンテッサトゥーレ 8 チューリップ賞(G3) 6着(0.9)
2014 1 18 ハープスター 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.4)
2 12 レッドリヴェール 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.0)
3 10 ヌーヴォレコルト 5 チューリップ賞(G3) 2着(0.4)
2013 1 7 アユサン 7 チューリップ賞(G3) 3着(0.7)
2 14 レッドオーヴァル 2 チューリップ賞(G3) 7着(0.8)
3 9 プリンセスジャック 14 チューリップ賞(G3) 8着(1.0)
2012 1 10 ジェンティルドンナ 2 チューリップ賞(G3) 4着(0.6)
2 15 ヴィルシーナ 4 クイーンカップ(G3) 1着(-0.2)
3 11 アイムユアーズ 3 フィリーズレビュー(G2) 1着(-0.2)
2011 1 8 マルセリーナ 2 エルフィンステークス(OP) 1着(-0.2)
2 16 ホエールキャプチャ 1 クイーンカップ(G3) 1着(-0.1)
3 17 トレンドハンター 4 フラワーカップ(G3) 1着(-0.2)
2010 1 9 アパパネ 1 チューリップ賞(G3) 2着(0.1)
2 8 オウケンサクラ 3 フラワーカップ(G3) 1着(-0.2)
3 11 エーシンリターンズ 11 チューリップ賞(G3) 3着(0.1)
2009 1 9 ブエナビスタ 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.2)
2 18 レッドディザイア 2 エルフィンステークス(OP) 1着(-0.0)
3 15 ジェルミナル 5 チューリップ賞(G3) 5着(0.6)
2008 1 15 レジネッタ 12 フィリーズレビュー(G2) 3着(0.0)
2 18 エフティマイア 15 クイーンカップ(G3) 6着(0.5)
3 13 ソーマジック 5 アネモネステークス(OP) 1着(-0.1)
2007 1 18 ダイワスカーレット 3 チューリップ賞(G3) 2着(0.0)
2 14 ウオッカ 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.0)
3 3 カタマチボタン 7 クイーンカップ(G3) 2着(0.2)
前走チューリップ賞

過去10年の桜花賞3着以内30頭中17頭を占めます。圧倒的な相性の良さを見せています。特に直近4年では、3着以内12頭中10頭がチューリップ賞組となっています。

前走馬券圏外(4着以下)

過去10年の桜花賞3着以内には計7頭います。そのうち6頭が前走チューリップ賞でした。

前走チューリップ賞以外だった馬は、以下の1頭のみです。

  • 2008年2着エフティマイア(前走クイーンカップ6着)

その他、前走が4着以下だった7頭全てオープンクラスのレースの優勝経験がありました。

  • 2015年2着クルミナル(エルフィンステークス1着)
  • 2015年3着コンテッサトゥーレ(紅梅ステークス1着)
  • 2013年2着レッドオーヴァル(紅梅ステークス1着)
  • 2013年3着プリンセスジャック(ききょうステークス1着)
  • 2012年1着ジェンティルドンナ(シンザン記念1着)
  • 2009年3着ジェルミナル(フェアリーステークス1着)
  • 2008年2着エフティマイア(新潟2歳ステークス1着、マリーゴールド賞1着)
内枠

過去10年の桜花賞では、内枠が少し劣勢という印象です。4枠から外、特に外枠(6~8枠)の好走例が多いです。

過去10年の桜花賞3着以内では、内枠の馬は以下の3頭のみです。2015年は、レッツゴードンキが最初の1000mを62.5秒という緩いペースで逃げ切り優勝した特殊な年でした。

  • 2015年1着レッツゴードンキ(3枠)
  • 2015年3着コンテッサトゥーレ(1枠)
  • 2007年3着カタマチボタン(2枠)

馬券予想

過去10年の傾向から「前走チューリップ賞」「前走3着以内(4着以下は、オープンクラスの優勝経験馬)」「外枠」に注目です。

桜花賞2017は、メンバーが揃いました。頭から狙えそうな馬は何頭かに絞られそうですが、2~3着なら十分に有り得そうな実績馬が多いです。

データ的には、やはり前走チューリップ賞2017組に注目したいです。特に、無敗のソウルスターリングは、前走チューリップ賞2017で1頭だけクラスの違うような勝ちっぷりでした。今回も勝ち負け必死という感じがします。

以下、簡単な考察と予想です。時計の掛かる馬場になりそうですね…。波乱があるとすれば、馬場適正の有無が鍵でしょうか。

◎⑭ソウルスターリング

前走チューリップ賞2017 1着。無敗4戦4勝、前走の勝ちっぷりからも、ここでは勝ち負け必死でしょう。チューリップ賞2017と阪神ジュベナイルフィリーズ2016で負かした相手に今回負けるとも思えないので、負けるとすれば未対戦の馬でしょうか。

○⑯ミスパンテール

前走チューリップ賞2017 2着。人気を集めそうなソウルスターリングアドマイヤミヤビリスグラシューあたりの馬を除くと、押さえておきたい1頭になるでしょうか。

前走チューリップ賞2017は、新馬勝ちから休養明けの一戦で、人気の盲点といった感じの好走劇でした。新馬戦で出した上がり34.1秒というのは、ソウルスターリングの札幌でのデビュー戦34.2秒を上回る脚だったようで、時計だけ見れば、かなりポテンシャルの高い馬かもしれません。

狙い目は7番人気だった前走だと思いますが、今回も中穴という感じになると思うので、オッズ的には面白そうです。

▲⑮アドマイヤミヤビ

前走クイーンカップ2017 1着。休養明けの前走は8枠15番からの完勝でした。過去10年では、クイーンカップ組から優勝馬が出ていないものの、ヴィルシーナ(2012年)やホエールキャプチャ(2011年)など、クイーンカップをステップに好走している馬がいます。

ソウルスターリングとは未対戦で、力関係など分かりませんが、2走前の百日草特別2016でカデナ(弥生賞2017 1着、京都2歳ステークス2016 1着)に勝っており、ポテンシャルは高そうです。

△⑬ヴゼットジョリー

前走アーリントンカップ2017 4着。過去10年では前走アーリントンカップ組はいませんが、データ的にチューリップ賞組が買えるなら、同コースのアーリントンカップ組も買えなくはないでしょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ2016を見る限りは、ソウルスターリングに先着するのは厳しそうですが、2~3着争いなら…という感じはします。生産者、ローエングリン産を見ると、ロゴタイプを思い出すので、人気薄の大舞台ならオッズ的にも面白いかもしれません。

3連複 ◎○▲△ 4頭ボックス 合計4点

ボックス買いに変更しました。

少点数なので、リスグラシューや例年好走例が多いディープインパクト産は泣く泣くスルーです。(;´д`)

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、10着、12着、16着でした。

本命◎ソウルスターリングは3着でした。

桜花賞2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 10 レーヌミノル 8 フィリーズレビュー(G2) 2着(0.1)
2 6 リスグラシュー 3 チューリップ賞(G3) 3着(0.4)
3 14 ソウルスターリング 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.3)

馬券はカスリもせず。(´・ω・`)

先週の大阪杯2017で調子に乗って、1点あたり多めに買ってしまったので、痛い事になってしまいました。まるで神様に「調子に乗るなよ」と言われてるようなので、来週の皐月賞から気持ちを抑えながら買います。

こういう馬場ですから、ソウルスターリングは嫌な予感がしてボックス買いに変更したのですが、不安な予感の通り、勝ちきれなかったです。ただ3着以内で見ると、チューリップ賞2017好走馬が2頭来ているので、ほぼデータ通りという決着でした。

なによりショックなのは、いつも買ってるリスグラシューレーヌミノルをスルーした今回に限って、勝ち負けの2頭になってしまったことです。コロコロ変えるのは良くないですね。一番最初に良いと思った馬は、押さえ続けるべきでした。

例年、年明け後に2戦使って、桜花賞が3戦目という馬が好走(連対)することが多いそうなんですが、今年のレーヌミノルも例に違わず…でした。ダイワメジャー産のレーヌミノルは、オークス2017が不向きでしょうから、ここがメイチだったのでしょう。逆にハーツクライ産のリスグラシュー何かは、オークス2017で人気を集める1頭になりそうです。

次走情報