プリンスオブウェールズステークス-過去10年のデータと予想

日程 日本時間2019年6月19日(水曜)23時40分 予定
開催 イギリス アスコット競馬場
距離 芝1990m
格付け G1
条件 4歳以上
斤量 定量(牡57kg 牝55.5kg)※正確には、牡57.15kg 牝55.79kg

プリンスオブウェールズステークス2019

イギリスのアスコット競馬場で開催される中距離G1プリンスオブウェールズステークス2019です。イギリス王室か開催する伝統の一戦。今年は、日本馬ディアドラが出走を予定しており、JRAから馬券が発売されます。なお、馬券の購入(インターネット投票とUMACA投票)は、発走予定時刻の4分前までとなっていますので、ご注意ください。

では以下、過去10年のプリンスオブウェールズで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

プリンスオブウェールズステークス2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。赤色はイギリス、緑はアイルランド、灰色はUAE、青はフランスです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 前走
2018 1 1 6 牡5 ポエッツワード ブリガディアジェラードステークス(G3) 1着
2 5 2 牡4 クラックスマン コロネーションカップ(G1) 1着
3 3 5 牡5 ホークビル コロネーションカップ(G1) 5着
2017 1 6 2 牡5 ハイランドリール コロネーションカップ(G1) 1着
2 4 1 牡5 デコレイテッドナイト タタソールズゴールドカップ(G1) 1着
3 7 7 牡4 ユリシーズ ゴードンリチャーズステークス(G3) 1着
2016 1 3 2 牡4 マイドリームボート イスパーン賞(G1) 5着
2 5 6 牝4 ファウンド コロネーションカップ(G1) 2着
3 6 5 セ4 ウェスタンヒム ブリガディアジェラードステークス(G3) 2着
2015 1 3 2 牡4 フリーイーグル チャンピオンステークス(G1) 3着
2 5 6 牡4 ザグレイギャッツビー タタソールズゴールドカップ(G1) 4着
3 6 5 セ4 ウェスタンヒム ブリガディアジェラードステークス(G3) 1着
2014 1 7 7 牝5 ザフューグ ドバイデューティーフリー(G1) 11着
2 8 2 牡4 マジシャン タタソールズゴールドカップ(G1) 2着
3 2 8 牝4 トレヴ ガネー賞(G1) 2着
2013 1 9 2 牡5 アルカジーム タタソールズゴールドカップ(G1) 1着
2 7 6 牡4 ムカドラム ブリガディアジェラードステークス(G3) 1着
3 8 11 牝4 ザフューグ ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1) 3着
2012 1 7 9 牡6 ソーユーシンク タタソールズゴールドカップ(G1) 1着
2 2 2 牡4 カールトンハウス ブリガディアジェラードステークス(G3) 1着
3 8 5 牡4 ファー サースハントカップ 1着
2011 1 6 4 牡4 リワイルディング ドバイシーマクラシック(G1) 1着
2 4 5 牡5 ソーユーシンク タタソールズゴールドカップ(G1) 1着
3 1 6 牡5 スリプトラ 条件戦 2着
2010 1 5 2 牡4 バイワード イスパーン賞(G1) 2着
2 6 10 牡5 トワイスオーヴァー ドバイワールドカップ(G1) 10着
3 9 9 セ6 タジエス ブリガディアジェラードステークス(G3) 2着
2009 1 2 8 牡4 ヴィジョンデタ ガネー賞(G1) 1着
2 7 3 牡4 タータンベアラー ゴードンリチャーズステークス(G3) 1着
3 4 2 牡4 ネヴァーオンサンデー イスパーン賞(G1) 1着
調教国

過去10年のプリンスオブウェールズステークス3着以内は、イギリス調教馬、アイルランド調教馬、フランス調教馬が中心となっています。近年は、イギリスとアイルランド調教馬の決着が続いています。

4~5歳馬

過去10年のプリンスオブウェールズステークス3着以内30頭中28頭を占めます。

前走タタソールズゴールドカップ

過去10年のプリンスオブウェールズステークス3着以内30頭中6頭を占めます。6頭はともに前走4着以内に好走していました。

前走ブリガディアジェラードステークス、ゴードンリチャーズステークス

過去10年のプリンスオブウェールズステークス3着以内30頭中8頭を占めます。8頭はともに前走連対していました。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 ゲート 馬番 馬名 前走
2016 6 4 1 エイシンヒカリ イスパーン賞(G1) 1着
2015 6 5 7 スピルバーグ 大阪杯(G2) 4着

過去10年で、プリンスオブウェールズステークスに出走した日本調教馬は2頭。ともに6着に敗れています。時計のかかるタフな馬場のため、日本馬には厳しいレース傾向にありそうです。

予想

以下、簡単な考察と予想です。

人気馬ですが、データ傾向から4~5歳のイギリスとアイルランド調教馬を中心に狙いました。

◎7マジカル

好走例の多い前走タタソールズゴールドカップ組。2000m戦前後は強さを見せています。4走前ブリーダーズカップは、エネイブル(G1レース7勝を含む9連勝中、凱旋門賞2勝)との叩き合いとなり、小差の2着でした。順当なら、ここでは勝ち負けを期待したい1頭だと思います。

○8シーオブクラス

前走凱旋門賞は、エネイブルの2着(クビ差)。実績面では勝ち負け候補になりそうです。ただ前走から9か月ぶりということで、評価はマジカルの下にしました。

△1クリスタルオーシャン

2走前ですが、好走例の多いゴードンリチャーズステークスを優勝。イギリスのG1レースで2着3回、大崩れのない成績は魅力です。

3連複◎-○-△ 合計1点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着でした。本命◎マジカルは、2着でした。

プリンスオブウェールズステークス2019 結果
着順 ゲート 馬番 人気 馬名 前走
1 6 1 クリスタルオーシャン 2 アストンパークステークス(G3) 1着
2 1 7 マジカル 1 タタソールズゴールドカップ(G1) 1着
3 8 4 ヴァルトガイスト 4 ガネー賞(G1) 1着

タフな馬場状態に加え、直前から雨が強くなって豪雨。やや前残りの馬場状態でした。

対抗シーオブクラスは、後方からの競馬。今日の2Rを見る限り、届くのだろうか…と思ってしまう位置でした。直線外に出すも、伸びそうで伸びず。ある程度、前で進めていたクリスタルオーシャンとマジカルの勝ち負けとなりました。シーオブクラスは、当日の馬場次第で回避との話があっただけに、やはりこの馬場状態は合わなかったのかもしれません。

深く考えない競馬