クイーンステークス 過去10年のデータと予想

日程 2018年7月29日(日曜日)
開催 札幌競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 11頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

クイーンステークス2018

牝馬限定の重賞「クイーンステークス2018」です。過去の上位馬を振り返ると、大出世レースという印象は全くありませんが、例年、牝馬限定の重賞を中心に活躍する骨っぽいメンバーが集まります。昨年、クイーンステークス2017を楽勝したアエロリットは、安田記念2018で2着に好走しています。

コース形態

札幌競馬場の芝1800mコース

過去10年のクイーンステークスの配当を見ると、例年、穴馬が馬券圏内に食い込み、馬連&3連複ともに好配当となる年が続いています。小波乱の多いレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 2,210円 8,150円 29,800円
2016 4,120円 60,230円 397,120円
2015 2,600円 3,860円 43,820円
2014 2,040円 2,880円 17,590円
2013 6,370円 6,110円 43,870円
2012 5,070円 13,000円 77,140円
2011 6,590円 9,500円 53,990円
2010 1,410円 6,890円 30,380円
2009 11,240円 19,930円 176,620円
2008 730円 7,630円 33,640円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2013年は、函館競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

クイーンステークス2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 2 牝3 52 アエロリット 2 NHKマイルカップ(G1) 1着(-0.2) 2
2 1 牝5 55 トーセンビクトリー 6 マーメイドステークス(G3) 9着(0.7) 1
3 4 牝5 55 クインズミラーグロ 8 マーメイドステークス(G3) 2着(0.1) 2
2016 1 2 牝6 55 マコトブリジャール 9 福島牝馬ステークス(G3) 1着(-0.2) 15
2 11 牝4 55 シャルール 1 ヴィクトリアマイル(G1) 18着(3.3) 9
3 1 牝5 55 ダンツキャンサー 11 安土城ステークス(OP) 2着(0.2) 14
2015 1 10 牝6 55 メイショウスザンナ 7 マーメイドステークス(G3) 10着(0.6) 13
2 2 牝4 55 レッドリヴェール 1 ヴィクトリアマイル(G1) 4着(0.5) 3
3 6 牝5 55 イリュミナンス 4 マーメイドステークス(G3) 6着(0.3) 4
2014 1 2 牝5 55 キャトルフィーユ 2 ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.1) 13
2 8 牝5 55 アロマティコ 6 巴賞(OP) 1着(-0.0) 3
3 6 牝4 55 スマートレイアー 1 ヴィクトリアマイル(G1) 8着(0.4) 1
2013函館 1 5 牝4 55 アイムユアーズ 1 ヴィクトリアマイル(G1) 8着(0.4) 11
2 6 牝5 55 スピードリッパー 8 夏至ステークス(1600万) 13着(1.5) 9
3 1 牝5 55 オールザットジャズ 3 ヴィクトリアマイル(G1) 13着(0.6) 8
2012 1 8 牝3 52 アイムユアーズ 1 オークス(G1) 4着(0.9) 4
2 14 牝5 55 ラブフール 10 五稜郭ステークス(1600万) 8着(0.5) 2
3 10 牝3 51 ミッドサマーフェア 4 オークス(G1) 13着(2.0) 1
2011 1 9 牝3 52 アヴェンチュラ 1 漁火ステークス(1600万) 1着(-0.4) 2
2 14 牝4 55 コスモネモシン 10 ヴィクトリアマイル(G1) 11着(1.3) 13
3 4 牝4 55 アニメイトバイオ 3 七夕賞(G3) 3着(0.3) 4
2010 1 12 牝3 52 アプリコットフィズ 2 オークス(G1) 6着(0.6) 4
2 2 牝5 55 プロヴィナージュ 3 ヴィクトリアマイル(G1) 9着(0.2) 5
3 8 牝4 55 カウアイレーン 6 東京スマイルプレミアム(1600万) 1着(-0.1) 1
2009 1 3 牝5 55 ピエナビーナス 11 パールステークス(1600万) 6着(0.4) 12
2 6 牝5 55 ザレマ 1 マーメイドステークス(G3) 10着(0.8) 3
3 8 牝5 55 アメジストリング 6 垂水ステークス(1600万) 2着(0.3) 7
2008 1 4 牝6 55 ヤマニンメルベイユ 2 ヴィクトリアマイル(G1) 4着(0.7) 13
2 8 牝3 53 レジネッタ 1 オークス(G1) 3着(0.2) 5
3 6 牝5 55 フミノサチヒメ 12 パールステークス(1600万) 11着(1.2) 14
前走G1

過去10年のクイーンステークス3着以内30頭中14を占めます。そのうち12頭1~3番人気の支持を集めていました。主にヴィクトリアマイル組が中心となっており、計9頭が前走ヴィクトリアマイルに出走していました。

前走マーメイドステークス

過去10年のクイーンステークス3着以内30頭中5頭を占めます。近年は、穴馬(6~8番人気)が波乱を演出しています。

3歳馬

過去10年のクイーンステークス3着以内30頭中6頭を占めます。そのうち4頭前走オークスに出走、残る2頭は、前走のレースで優勝していました。

  • 2017年1着アエロリット(前走NHKマイルカップ2017 1着)
  • 2011年1着アヴェンチュラ(前走漁火ステークス2011 1着、1600万)
穴馬(6番人気以下)

過去10年のクイーンステークス3着以内30頭中13頭を占めます。毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

予想

今年のクイーンステークス2018は、G1馬2頭(ディアドラソウルスターリング )を中心に、少数精鋭でレベルの高いメンバーになりました。順当な決着を想定すれば、この2頭が上位争いの候補になりそうですね。ただ、例年穴馬(6番人気以下)が食い込んでくるレースですし、ノーマークの激走も十分にありえそうです…。

以下、簡単な考察と予想です。ディアドラ&ソウルスターリングの2頭軸でも良さそうなレースですが、ここは波乱狙いで…。

◎②ソウルスターリング

長く騎乗してきたルメール騎手がディアドラ騎乗というのは、ディアドラの方が狙い目になるということでしょうか。セオリー通りであれば、海外帰り初戦となるディアドラよりは、ソウルスターリングの方が買いやすい気もしますが…。前走ヴィクトリアマイル2018が復調を感じさせる7着(0.4秒差)。良馬場でこそというタイプみたいなので、雨&稍重の中で善戦したように見えました。今回も雨予報が出てはいますが、ヴィクトリアマイル2018と比べると、メンバー的には楽になるはずですし、復活を期待したいですね。

○⑤フロンテアクイーン

休養明け(心房細動明け)になりますが、近走戦ってきた相手を考えれば、ここでも上位争いの候補といえそうです。4走前の優勝馬ジュールポレールは、後にヴィクトリアマイル2018を優勝。3走前の優勝馬レッドアヴァンセは、ヴィクトリアマイル2018で3着。2走前の優勝馬ミスパンテールは、牝馬限定重賞を3連勝。相手なりに走るタイプかもしれません。

△③トーセンビクトリー

昨年のクイーンステークス2018の2着馬。開幕週で外を回すと厳しい馬場状態の中、インでロスなく脚を溜めていたのが好走の要因に見えました。今年も内枠を活かして、ロスなく進めることが出来れば、上位食い込みがあって良いかもしれません。ただ約1年近く馬券に絡んでいない6歳馬ですし、積極的には買い難いですね。中穴(6番人気以下)になるようであれば、押さえに…。

△⑪エテルナミノル

波乱決着となった函館記念2018で3着に好走。上位に来た牡馬を見る限りは、決して弱くはない気がしますね…。全く人気しそうにないので、波乱期待で押さえました。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着、6着でした。本命◎ソウルスターリングは、3着でした。

クイーンステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牝4 55 ディアドラ 1 ドバイターフ(G1) 3着 7
2 5 牝5 55 フロンテアクイーン 4 中山牝馬ステークス(G3) 2着(0.1) 2
3 2 牝4 56 ソウルスターリング 2 ヴィクトリアマイル(G1) 7着(0.4) 5

晩に録画を見ました。馬券はディアドラがいなければ…という順当な決着でした。過去10年で初めて、6番人気以下が馬券に絡まなかったのは、ディアドラが規格外の馬だったからともいえそうです。

優勝馬ディアドラは、海外遠征明けも何のその。直線も余裕を感じる伸びを見せ、1頭だけ強すぎる勝ちっぷりでした。次走以降が楽しみですね。

JRA G3
深く考えない競馬