ラジオNIKKEI賞2021過去データと予想

日程 2021年7月4日(日曜)
開催 福島競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 3歳
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 雨(ヤフー天気)
クッション値 8.5(4日)

ラジオNIKKEI賞2021

3歳ハンデ重賞、ラジオNIKKEI賞2021です。キャリアの浅い3歳のハンデ戦ということもあり、過去波乱決着が多い難解なレースです。フィエールマン(2018年2着)を除く上位馬を見る限り、出世レースという印象も無いので、評価も難しいレースかもしれません。

福島競馬場の芝1800mコース

福島競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年のラジオNIKKEI賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回あります。3連複万馬券は7回に及びます。順当な決着となった2011年(中山競馬場開催)を除くと、高配当が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 11,240円 22,480円 173,020円
2019 6,240円 26,540円 142,140円
2018 830円 5,410円 21,500円
2017 4,580円 34,600円 156,510円
2016 3,580円 13,040円 67,460円
2015 1,420円 19,940円 75,100円
2014 1,820円 6,020円 34,060円
2013 40,460円 111,170円 917,500円
2012 1,350円 63,680円 302,550円
2011 1,350円 1,710円 8,390円

では過去10年のラジオNIKKEI賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ラジオNIKKEI賞2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2020稍重 1 1 53 バビット 8 早苗賞(1勝クラス) 1着(-0.0) 5
2 11 54 パンサラッサ 7 1勝クラス(阪神芝2000m) 1着(-0.4) 3
3 2 52 ディープキング 5 1勝クラス(阪神芝2000m) 2着(0.4) 2
2019不良 1 14 55 ブレイキングドーン 3 京都新聞杯(G2) 6着(0.6) 4
2 2 54 マイネルサーパス 9 日本ダービー(G1) 11着(1.6) 18
3 13 53 ゴータイミング 6 500万(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 3
2018 1 2 56 メイショウテッコン 2 白百合ステークス(OP) 1着(-0.5) 3
2 6 54 フィエールマン 1 山藤賞(500万) 1着(-0.4) 2
2 7 53 キボウノダイチ 9 500万(京都芝2000m) 1着(-0.2) 7
2017 1 11 54 セダブリランテス 2 早苗賞(500万) 1着(-0.1) 1
2 7 53 ウインガナドル 8 夏木立賞(500万) 1着(-0.0) 4
3 1 53 ロードリベラル 9 江の島特別(1000万) 9着(1.3) 7
2016 1 1 54 ゼーヴィント 1 プリンシパルステークス(OP) 3着(0.3) 3
2 6 53 ダイワドレッサー(牝) 9 オークス(G1) 8着(0.4) 17
3 15 56 アーバンキッド 5 NHKマイルカップ(G1) 16着(0.9) 6
2015 1 3 56.5 アンビシャス 1 プリンシパルステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 12 55 ミュゼゴースト 4 白百合ステークス(OP) 3着(0.1) 6
3 6 53 マルターズアポジー 12 プリンシパルステークス(OP) 17着(4.2) 7
2014 1 9 54 ウインマーレライ 5 青葉賞(G2) 8着(0.3) 13
2 4 55 クラリティシチー 1 500万(東京芝1600m) 1着(-0.2) 1
3 3 54 ウインフェニックス 7 NHKマイルカップ(G1) 11着(0.6) 9
2013 1 11 54 ケイアイチョウサン 8 稲村ヶ崎特別(1000万) 7着(0.5) 2
2 4 55 カシノピカチュウ 14 NHKマイルカップ(G1) 9着(0.5) 12
3 3 54 アドマイヤドバイ 5 500万(阪神芝1800m) 1着(-0.0) 1
2012 1 6 54 ファイナルフォーム 2 500万(東京芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 4 55 ヤマニンファラオ 1 白百合ステークス(OP) 2着(0.3) 4
3 5 53 オペラダンシング 16 江の島特別(1000万) 8着(1.5) 8
2011中山 1 10 54 フレールジャック 2 500万(京都芝1800m) 1着(-0.3) 1
2 7 56 マイネルラクリマ 3 白百合ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
3 2 55 カフナ 1 プリンシパルステークス(OP) 3着(0.2) 3
1~3枠

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中17頭を占めます。穴馬の好走例も目立ちます。

斤量53~54kg

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中20を占めます。穴馬を中心に好走例が目立ちます。

前走1勝クラス~2勝クラス(旧500万クラス~1000万クラス)

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中15を占めます。そのうち前走1勝クラスに出走していた12頭中11頭が前走のレースで優勝していました。

予想

ラジオNIKKEI賞2021は、例年同様に難解なメンバー構成だと思います。過去10年の3着以内を見ると、前走G1レース出走馬や1勝クラス優勝馬、プリンシパルステークス出走馬あたりが候補という感じでしょうか。今年のメンバーで考えると、殆ど全頭が馬券候補になりそうです。絞れる要素があるとすれば、内枠や軽ハンデがポイントになるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。軽ハンデの差し馬を中心に狙いました。大混戦のメンバーですし、全く当たる気がしません。

◎2ヴァイスメテオール

過去好走例が多い内枠&前走プリンシパルステークス出走馬ということで本命評価にしました。前走は出負けして後方から進む展開となりました。先行した馬とインコースを通って来た馬が上位争いする中、後方から大外に出しての追い込みだったので、全く向かないレースになってしまったと思います。それで3着馬とアタマ差4着なら、強さは見せたと言っても良さそうです。

〇15グランオフィシエ

2走前の未勝利戦を好位の外から抜け出して圧勝。直線、楽に後続を突き放していました。一転、前走1勝クラスは逃げ粘って勝っています。脚質が読めないところですが、今回は、外枠に加えて、前を主張しそうな馬が何頭かいるため、2走前のような位置取りになるでしょうか。過去、穴馬の好走が目立つレースなので、2連勝中の勢いにも期待して対抗評価にしました。

▲9スペシャルドラマ

過去好走例が多い前走プリンシパルステークス出走馬。前走は、前の馬が止まらず6着に敗れたというレースでした。ヴァイスメテオール同様、展開が向かないレースだったと思います。今回は、デビューから大きく崩れてない安定感にも期待して押さえました。

ワイド3頭ボックス◎○▲3連複◎-○-▲合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、13着、14着でした。本命◎ヴァイスメテオールは、1着でした。

CBC賞2021結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 54 ヴァイスメテオール 4 プリンシパルステークス(LR) 4着(0.5) 1
2 10 53 ワールドリバイバル 11 皐月賞(G1) 12着(1.8) 14
3 14 54 ノースブリッジ 7 青葉賞(G2) 13着(1.7) 4

3連単316,180円の波乱決着。内々ロスなく進めた馬が上位争いを演じるレースでした。

本命ヴァイスメテオールが優勝でした。押さえていたスペシャルドラマは、馬群から抜け出すことなく13着。道中外々を周って来た対抗グランオフィシエは、最後に垂れて14着でした。人気馬が崩れたこともありますが、とにかく難解なレースだったと思います。

深く考えない競馬
Amazonセール&クーポン