ラジオNIKKEI賞 過去10年のデータと予想

日程 2018年7月1日(日曜日)
開催 福島競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 ハンデ
出走数 13頭
天気 曇り(ヤフー天気)

ラジオNIKKEI賞2018

3歳ハンデ重賞「ラジオNIKKEI賞2018」です。出世レースというわけではなく、例年上位争いをする馬はバラエティ豊かなメンバーという印象の一戦。難解なレースだと思います。

コース形態

福島競馬場の芝1800mコース

過去10年のラジオNIKKEI賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。硬い決着だった2011年は、中山競馬場で開催されています。福島開催の9回は、大きな波乱のない年も馬連や3連複が高配当となっており、穴馬の好走が多いレースとなっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 4,580円 34,600円 156,510円
2016 3,580円 13,040円 67,460円
2015 1,420円 19,940円 75,100円
2014 1,820円 6,020円 34,060円
2013 40,460円 111,170円 917,500円
2012 1,350円 63,680円 302,550円
2011 1,350円 1,710円 8,390円
2010 1,830円 9,510円 47,000円
2009 16,700円 50,330円 347,250円
2008 9,580円 16,680円 143,290円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、中山競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

ラジオNIKKEI賞2018
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 11 54 セダブリランテス 2 早苗賞(500万) 1着(-0.1) 1
2 7 53 ウインガナドル 8 夏木立賞(500万) 1着(-0.0) 4
3 1 53 ロードリベラル 9 江の島特別(1000万) 9着(1.3) 7
2016 1 1 54 ゼーヴィント 1 プリンシパルステークス(OP) 3着(0.3) 3
2 6 53 ダイワドレッサー(牝) 9 オークス(G1) 8着(0.4) 17
3 15 56 アーバンキッド 5 NHKマイルカップ(G1) 16着(0.9) 6
2015 1 3 56.5 アンビシャス 1 プリンシパルステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 12 55 ミュゼゴースト 4 白百合ステークス(OP) 3着(0.1) 6
3 6 53 マルターズアポジー 12 プリンシパルステークス(OP) 17着(4.2) 7
2014 1 9 54 ウインマーレライ 5 青葉賞(G2) 8着(0.3) 13
2 4 55 クラリティシチー 1 500万(東京芝1600m) 1着(-0.2) 1
3 3 54 ウインフェニックス 7 NHKマイルカップ(G1) 11着(0.6) 9
2013 1 11 54 ケイアイチョウサン 8 稲村ヶ崎特別(1000万) 7着(0.5) 2
2 4 55 カシノピカチュウ 14 NHKマイルカップ(G1) 9着(0.5) 12
3 3 54 アドマイヤドバイ 5 500万(阪神芝1800m) 1着(-0.0) 1
2012 1 6 54 ファイナルフォーム 2 500万(東京芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 4 55 ヤマニンファラオ 1 白百合ステークス(OP) 2着(0.3) 4
3 5 53 オペラダンシング 16 江の島特別(1000万) 8着(1.5) 8
2011中山 1 10 54 フレールジャック 2 500万(京都芝1800m) 1着(-0.3) 1
2 7 56 マイネルラクリマ 3 白百合ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
3 2 55 カフナ 1 プリンシパルステークス(OP) 3着(0.2) 3
2010 1 14 55 アロマカフェ 3 青葉賞(G2) 4着(0.8) 12
2 8 55 クォークスター 2 プリンシパルステークス(OP) 2着(0.7) 7
3 15 55 レト 6 NHKマイルカップ(G1) 7着(1.3) 9
2009 1 16 56 ストロングガルーダ 5 エーデルワイスステークス(1000万) 1着(-0.1) 1
2 15 53 サニーサンデー 13 プリンシパルステークス(OP) 17着(1.7) 13
3 3 55 ストロングリターン 2 葵ステークス(OP) 4着(0.1) 1
2008 1 4 53 レオマイスター 8 エーデルワイスステークス(1000万) 10着(0.8) 3
2 11 57 ノットアローン 6 白百合ステークス(OP) 5着(0.4) 1
3 16 53 ダイバーシティ 1 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2) 2

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内では、内枠(1~3枠)の好走が多く、3着以内30頭中15頭を占めます。近年はその傾向が顕著となってきています。

関東馬

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中23頭を占めます。優勝馬では10頭中8頭が関東馬でした。関西馬が優勝したのは、2011年(中山開催)と2015年の2回です。

人気

過去10年のCBC賞では、1~3番人気馬から2頭以上が馬券に絡んだのは、2010~2012年の3回のみです。近年の3着以内は、1~2番人気から1頭+穴馬+穴馬で決着しています。

予想

過去データから候補を絞れる要素が殆どない為、予想&的中ともに難関なものになりそうですね。今年のラジオNIKKEI賞2018も、抜けた実績馬が不在ですし、波乱含みといって良いかもしれません。

過去10年の3着以内では、前走オープン特別好走馬(特にプリンシパルステークス組)や前走500万クラス勝ちの好走例が多く、馬券候補として考えたいローテになるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。少頭数のレースながら、全く当たる気がしないですね。プリンシパルステークス2018組のイェッツトと前走500万クラス勝ちの穴馬を中心に…。
◎⑩イェッツト

前走プリンシパルステークス2018は、直線、外に無理やり出してからの追い込みで3着。優勝馬コズミックフォースは、その後、日本ダービー2018で3着に好走しており、コズミックフォースと時計差のない3着なら評価できそうです。例年、ラジオNIKKEI賞は、追い込み馬が1頭ほど3着以内に突っ込んでくるので、後方から進めそうなタイプでは、イェッツトは面白いかもしれませんね。

○⑬グレンガリー

前走ホンコンジョッキークラブトロフィー2018を完勝。2着以下の馬を見ると、レースレベルが高かったとは言えないものの、まだ底を見せていないのは魅力になるでしょうか。兄ミトラ(福島記念2014優勝&2015 2着)も福島コースで良績を残しているので、血統面でも面白そうです。

▲③キューグレーダー

前走は、出負けして後方からの競馬。それでも直線は、余裕を感じさせる伸び見せて勝ち切りました。好走例の多い内枠(3枠3番)は魅力ですし、このメンバーなら上位争いに食い込んできても…。

△⑦キボウノダイチ

人気薄の前走500万クラス勝ちということで、適当に押さえました。前が残る流れになれば…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、9着、10着、11着でした。本命◎イェッツトは、11着でした。

ラジオNIKKEI賞2018
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 56 メイショウテッコン 2 白百合ステークス(OP) 1着(-0.5) 3
2 6 54 フィエールマン 1 山藤賞(500万) 1着(-0.4) 2
2 7 53 キボウノダイチ 9 500万(京都芝2000m) 1着(-0.2) 7

晩に録画を見ました。軽視した1~2番人気のワンツーフィニッシュ。ラジオNIKKEI賞では珍しい順当な決着でした。

後方から外を回してきた本命イェッツトは見せ場なく惨敗。フィエールマンを除くと、インを通ってきた馬が勝負になったレースとなりました。1着メイショウテッコン、3着キボウノダイチろもに道中ではラチ沿いをロスなく進めていました。

ハンデ戦ということもあり評価が難しいですが、後方から突っ込んできたフィエールマンの脚は凄かったですね。順調にいけば、また重賞を勝ち負けするレースがありそうです。

JRA G3
深く考えない競馬