G3の過去データと予想

ラジオNIKKEI賞2020-過去データと予想

日程 2020年7月5日(日曜)
開催 福島競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 3歳
斤量 ハンデ
出走数 12頭
天気 雨(ヤフー天気)

ラジオNIKKEI賞2020

3歳ハンデ重賞、ラジオNIKKEI賞2020です。キャリアの浅い3歳のハンデ戦ということもあり、難解な印象のレースです。フィエールマン(2018年)を除く過去10年の上位馬を見る限り、出世レースというわけでもなく、ラジオNIKKEI賞以降はサッパリ…という馬も目立ちます。

福島競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年のラジオNIKKEI賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが4回あります。順当な決着となった2011年は、中山競馬場で開催されています。2011年を除くと3連複は好配当が続いており、波乱傾向のレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 6,240円 26,540円 142,140円
2018 830円 5,410円 21,500円
2017 4,580円 34,600円 156,510円
2016 3,580円 13,040円 67,460円
2015 1,420円 19,940円 75,100円
2014 1,820円 6,020円 34,060円
2013 40,460円 111,170円 917,500円
2012 1,350円 63,680円 302,550円
2011 1,350円 1,710円 8,390円
2010 1,830円 9,510円 47,000円

では過去10年のラジオNIKKEI賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。なお2011年は、中山競馬場で開催されています。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:ラジオNIKKEI賞 今週の注目レース JRA
スポンサーリンク

過去10年の1~3着馬の前走データ

ラジオNIKKEI賞2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019不良 1 14 55 ブレイキングドーン 3 京都新聞杯(G2) 6着(0.6) 4
2 2 54 マイネルサーパス 9 日本ダービー(G1) 11着(1.6) 18
3 13 53 ゴータイミング 6 500万(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 3
2018 1 2 56 メイショウテッコン 2 白百合ステークス(OP) 1着(-0.5) 3
2 6 54 フィエールマン 1 山藤賞(500万) 1着(-0.4) 2
2 7 53 キボウノダイチ 9 500万(京都芝2000m) 1着(-0.2) 7
2017 1 11 54 セダブリランテス 2 早苗賞(500万) 1着(-0.1) 1
2 7 53 ウインガナドル 8 夏木立賞(500万) 1着(-0.0) 4
3 1 53 ロードリベラル 9 江の島特別(1000万) 9着(1.3) 7
2016 1 1 54 ゼーヴィント 1 プリンシパルステークス(OP) 3着(0.3) 3
2 6 53 ダイワドレッサー(牝) 9 オークス(G1) 8着(0.4) 17
3 15 56 アーバンキッド 5 NHKマイルカップ(G1) 16着(0.9) 6
2015 1 3 56.5 アンビシャス 1 プリンシパルステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 12 55 ミュゼゴースト 4 白百合ステークス(OP) 3着(0.1) 6
3 6 53 マルターズアポジー 12 プリンシパルステークス(OP) 17着(4.2) 7
2014 1 9 54 ウインマーレライ 5 青葉賞(G2) 8着(0.3) 13
2 4 55 クラリティシチー 1 500万(東京芝1600m) 1着(-0.2) 1
3 3 54 ウインフェニックス 7 NHKマイルカップ(G1) 11着(0.6) 9
2013 1 11 54 ケイアイチョウサン 8 稲村ヶ崎特別(1000万) 7着(0.5) 2
2 4 55 カシノピカチュウ 14 NHKマイルカップ(G1) 9着(0.5) 12
3 3 54 アドマイヤドバイ 5 500万(阪神芝1800m) 1着(-0.0) 1
2012 1 6 54 ファイナルフォーム 2 500万(東京芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 4 55 ヤマニンファラオ 1 白百合ステークス(OP) 2着(0.3) 4
3 5 53 オペラダンシング 16 江の島特別(1000万) 8着(1.5) 8
2011中山 1 10 54 フレールジャック 2 500万(京都芝1800m) 1着(-0.3) 1
2 7 56 マイネルラクリマ 3 白百合ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
3 2 55 カフナ 1 プリンシパルステークス(OP) 3着(0.2) 3
2010 1 14 55 アロマカフェ 3 青葉賞(G2) 4着(0.8) 12
2 8 55 クォークスター 2 プリンシパルステークス(OP) 2着(0.7) 7
3 15 55 レト 6 NHKマイルカップ(G1) 7着(1.3) 9
1~3枠

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中15頭を占めます。穴馬の好走例も目立ちます。

斤量53~54kg

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中17を占めます。近年、穴馬を中心にの好走が目立ちます。

前走500万クラス~1000万クラス

過去10年のラジオNIKKEI賞3着以内30頭中12を占めます。そのうち前走500万クラスに出走していた9頭は、前走のレースで優勝していました。

予想

今年のラジオNIKKEI賞2020は、例年と比べると、やや層が薄い印象を受けます。例年プリンシパルステークスや白百合ステークスで好走していた馬のほか、G1レース出走馬が集まりますが、今年は1頭も出走していません。1勝クラス勝ち馬が多く、枠とハンデ次第で、ほぼ全頭にチャンスがあると言っても良さそうです。

以下、簡単な考察と予想です。前に行きそうな馬が揃っているので、差し馬を中心に狙いました。ただCBC賞同様、雨予報のハンデ戦、差の無いメンバーということもあり、全く当たる気がしません。※変更がある場合は、レース当日の昼頃までに追記修正します。

◎9パラスアテナ

芝に転向してから2戦2勝。2戦連続で余力を感じさせる脚を使って完勝しています。今回は、前に行く馬が多いので、前走のようなレースになれば展開面も向きそうです。過去、牝馬の活躍が無いに等しいのは気になる要素ですが、人気を集める牝馬の出走自体が無いので、深く考えなくて良いかもしれません。

〇12ルリアン

単勝1倍台の支持を集めた未勝利戦~1勝クラスを2連勝。危なげなく完勝というレースでした。今回は、中団からのレースにも対応できそうなタイプということで狙っています。

△4コンドゥクシオン

ダイワメジャー産ですし、1800m以上の重賞では買い難いところですが…。2走前の山桜賞(重馬場)は、中団後ろからの追い込みで完勝。新馬戦も不良馬場でしたし、力のいる馬場を苦にしないタイプかもしれません。差の無いメンバーなので、雨の力のいる馬場に加えて差しが決まる展開になれば、上位食い込みがあっても良さそうです。

ワイド◎-〇△3連複◎-〇-△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、5着、11着でした。本命◎パラスアテナは、4着でした。

ラジオNIKKEI賞2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 53 バビット 8 早苗賞(1勝クラス) 1着(-0.0) 5
2 11 54 パンサラッサ 7 1勝クラス(阪神芝2000m) 1着(-0.4) 3
3 2 52 ディープキング 5 1勝クラス(阪神芝2000m) 2着(0.4) 2

CBC賞に続き、ラジオNIKKEI賞も波乱決着(3連単173,020円)でした。タフな馬場のハンデ戦というのは、如何にも荒れるレースと言う感じですね。

インコースから前に行ったバビットが優勝。2着パンサラッサも好位からの競馬で、差し追い込み勢には厳しい馬場と展開だったかもしれません。逃げ先行馬が多かったので、先行争い激化を期待して、後ろから進めそうな3頭を狙ったのですが、予想としては真逆のものになってしまいました。

スポンサーリンク
深く考えない競馬