札幌記念 過去10年のデータと予想

日程 2018年8月19日(日曜日)
開催 札幌競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 16頭
天気 曇り(ヤフー天気)

札幌記念2018

サマー2000シリーズ第4戦「札幌記念2018」です。サマー2000チャンピオンを目指す馬のほか、秋のG1戦線を見据えて出走する馬が集まるため、例年ハイレベルなメンバーが揃う重賞となっています。

札幌競馬場の芝2000mコース

過去10年の札幌記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。サマーシリーズの中では珍しく定量戦で行われるため、硬めの決着が続いていましたが、昨年と2015年で3連単20万馬券の高配当が出ています。この傾向が続くようであれば、2018年も波乱含みのレースになるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 37,670円 26,730円 201,410円
2016 1,330円 3,380円 22,060円
2015 14,080円 33,670円 233,540円
2014 400円 5,310円 19,780円
2013 4,230円 20,460円 71,870円
2012 960円 1,250円 10,590円
2011 1,580円 3,590円 18,510円
2010 1,610円 9,560円 39,100円
2009 1,600円 4,050円 37,460円
2008 1,520円 2,110円 18,640円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2013年は、函館で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

札幌記念2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 1 牡6 サクラアンプルール 6 函館記念(G3) 9着(0.8) 8
2 2 牡8 ナリタハリケーン 12 函館記念(G3) 7着(0.4) 12
3 3 牡5 ヤマカツエース 1 大阪杯(G1) 3着(0.2) 4
2016稍重 1 13 牡5 ネオリアリズム 5 函館記念(G3) 6着(0.9) 4
2 15 牡5 モーリス 1 安田記念(G1) 2着(0.2) 1
3 2 牡3 レインボーライン 4 日本ダービー(G1) 8着(0.7) 12
2015 1 11 牡6 ディサイファ 5 エプソムカップ(G3) 3着(0.1) 4
2 5 牡7 ヒットザターゲット 8 目黒記念(G2) 1着(-0.2) 11
3 4 牡5 ダービーフィズ 4 函館記念(G3) 1着(-0.0) 3
2014 1 8 牝3 ハープスター 2 オークス(G1) 2着(0.0) 1
2 5 牡5 ゴールドシップ 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.5) 1
3 10 牝6 ホエールキャプチャ 7 安田記念(G1) 15着(1.9) 7
2013函館 1 14 牡4 トウケイヘイロー 2 函館記念(G3) 1着(-0.3) 3
2 15 牡6 アスカクリチャン 8 函館記念(G3) 3着(0.3) 8
3 8 牡4 アンコイルド 14 函館記念(G3) 2着(0.3) 7
2012 1 5 牝6 フミノイマージン 4 クイーンステークス(G3) 8着(0.5) 5
2 4 牡5 ダークシャドウ 1 Dubai Duty Free(G1) 9着
3 3 牡5 ヒルノダムール 2 天皇賞春(G1) 11着(1.8) 5
2011 1 13 牡5 トーセンジョーダン 1 宝塚記念(G1) 9着(1.1) 9
2 2 牡8 アクシオン 5 函館記念(G3) 3着(0.3) 7
3 8 牝5 レッドディザイア 2 有馬記念(G1) 14着(1.4) 11
2010 1 6 牡5 アーネストリー 1 宝塚記念(G1) 3着(0.2) 3
2 10 牡4 ロジユニヴァース 5 宝塚記念(G1) 13着(1.2) 5
3 5 牡7 アクシオン 7 宝塚記念(G1) 15着(1.5) 10
2009 1 3 牡4 ヤマニンキングリー 7 中京記念(G3) 2着(0.1) 1
2 11 牝3 ブエナビスタ 1 オークス(G1) 1着(-0.0) 1
3 4 牡7 サクラオリオン 4 函館記念(G3) 1着(-0.1) 4
2008 1 5 牡4 タスカータソルテ 5 函館記念(G3) 7着(0.4) 8
2 4 牡5 マツリダゴッホ 1 Queen Elizabeth II Cup(G1) 6着
3 3 牡5 フィールドベアー 3 函館記念(G3) 2着(0.0) 1
前走G1レース

過去10年の札幌記念3着以内30頭中15頭を占めます。前走G1レースから優勝した3頭は、いずれも人気馬もしくは3歳馬でした。

  • 2014年1着ハープスター(3歳馬、2番人気)
  • 2011年1着トーセンジョーダン(1番人気)
  • 2010年1着アーネストリー(1番人気)
前走函館記念
過去10年の札幌記念3着以内30頭中11頭を占めます。そのうち8頭函館記念で3着以内に好走していました。
前走重賞

前走G1レースや函館記念を中心に、過去10年の札幌記念3着以内30頭中30頭を占めます。前走条件クラスやオープン特別に出走していた馬の好走はありません。そのほか、前走二桁着順だった5頭すべてが前走G1レースに出走していました。

人気

過去10年の札幌記念3着以内では、1番人気の信頼は高いといえそうです。一方、3番人気が崩れるケースが多く、3番人気は、2008年3着フィールドベアーのみとなっています。

  • 1番人気(2-5-1-2)複勝率80%
  • 2番人気(2-0-2-6)複勝率40%
  • 3番人気(0-0-1-9)複勝率10%

そのほか、毎年穴馬(特に5~8番人気あたり)が好走しています。

予想

今年の札幌記念2018は、G1レースの好走歴がある馬を中心に、層の厚いメンバーが揃いました。休養明けとなる馬も多く、実績馬の取捨が馬券のポイントになるでしょうか。秋のG1戦線を見据えて出走する馬が多いと思うので、人気を裏切る可能性も十分にありそうです…。

以下、簡単な考察と予想です。やや波乱気味の予想になりました。休養明けのG1馬(マカヒキ、モズカッチャン、ネオリアリズム)を軽視したものの、この3頭で決まってもおかしくないほどの混戦だと思います。

◎②サングレーザー

前走安田記念2018で上位争いをしたメンバーを見る限り、ここでは能力上位と言っても良さそうです。あとは2000m戦だけがポイントになるでしょうか。小回りコースですし、何とか対応できれば…。

○⑭ミッキースワロー

例年、追い込み馬が上位に突っ込んで来る札幌記念。今年は、前に行きたい馬が何頭かいるため、前が流れることになるかもしれません。前走G1大阪杯2018は、後方から外をまわしての直線一気で5着。優勝馬スワーヴリチャードが強すぎただけで、2着以下は位置取りの差のように見えました。末脚が活きる流れになれば、このメンバーでも崩れないのではないでしょうか。

▲⑨サクラアンプルール

好ローテの函館記念組。かなり層が薄いメンバーではありましたが、休養明けの前走函館記念2018で2着に好走しました。トップハンデだったことを考えれば、力を示した一戦だったと思います。穴をあける傾向にある函館記念組に期待して…。

△⑬スズカデヴィアス

好ローテの函館記念組。前走函館記念2018は、後方から外をぶん回しての追い込みで、よく5着まで詰めてきたと思ってしまうほどの末脚でした。今回は、前が流れそうなメンバー構成ですし、前走よりは展開が向くかもしれません。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、6着、12着、13着でした。本命◎サングレーザーは、1着でした。

札幌記念2018 結果
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡4 サングレーザー 2 安田記念(G1) 5着(0.2) 3
2 5 牡5 マカヒキ 1 ジャパンカップ(G1) 4着(0.9) 6
3 15 牝4 モズカッチャン 4 ドバイシーマクラシック(G1) 6着 4

人気のG1実績馬で決着。押さえた穴馬は、良いところなく…。

想定通り前が流れる展開でした。稍重の洋芝としては、ハイペース(1000m59.1秒)だったかもしれません。前が潰れて、上手く脚を溜めていた馬が突っ込んでくる流れでした。

優勝したサングレーザー。最後の最後までインで脚を溜める競馬。包まれるようなシーンがありながらも、きっちり抜け出しての優勝でした。これは秋G1に期待できそうですね。

2着馬マカヒキは、骨折休養明けということもあり手が出せず。3着モズカッチャンは、休養明けに走るイメージが無くスルーしてました。

JRA G2
深く考えない競馬