皐月賞2021過去データと予想

日程 2021年4月18日(日曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G1
条件 3歳
斤量 定量(牡57kg)
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 7.9(18日)

皐月賞2021

3歳クラシック、皐月賞2021です。過去の上位馬には、後のG1戦線でも活躍している馬が名を連ねています。例年、皐月賞好走馬がそのまま日本ダービーでも好走しているので、今年の3歳クラシックを考える上でも重要な一戦といえそうです。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の皐月賞の配当を見ると、比較的順当な決着が続いていましたが、2016年~2018年で好配当が出ています。この3回を除くと馬連は、数百円~1000円前後の決着が多い傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 660円 9,150円 26,310円
2019 950円 1,480円 4,390円
2018 12,880円 53,410円 372,080円
2017 8,710円 176,030円 1,064,360円
2016 6,220円 6,000円 70,390円
2015 790円 3,110円 12,360円
2014 920円 7,690円 33,490円
2013 840円 1,210円 5,920円
2012 1,220円 2,050円 12,620円
2011 1,260円 9,220円 55,450円

では過去10年の皐月賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、東京競馬場で開催されています。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:皐月賞 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

皐月賞2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2020稍重 1 1 コントレイル 1 ホープフルステークス(G1) 1着(-0.2) 1
2 7 サリオス 3 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.4) 1
3 16 ガロアクリーク 8 スプリングステークス(G2) 1着(-0.2) 6
2019 1 12 サートゥルナーリア 1 ホープフルステークス(G1) 1着(-0.2) 1
2 7 ヴェロックス 4 若葉ステークス(OP) 1着(-0.5) 1
3 4 ダノンキングリー 3 共同通信杯(G3) 1着(-0.2) 3
2018稍重 1 7 エポカドーロ 7 スプリングステークス(G2) 2着(0.0) 3
2 14 サンリヴァル 9 弥生賞(G2) 4着(0.3) 5
3 10 ジェネラーレウーノ 8 京成杯(G3) 1着(-0.1) 1
2017 1 11 アルアイン 9 毎日杯(G3) 1着(-0.1) 2
2 7 ペルシアンナイト 4 アーリントンカップ(G3) 1着(-0.5) 1
3 10 ダンビュライト 12 弥生賞(G2) 3着(0.3) 5
2016 1 18 ディーマジェスティ 8 共同通信杯(G3) 1着(-0.2) 6
2 3 マカヒキ 3 弥生賞(G2) 1着(-0.0) 2
3 11 サトノダイヤモンド 1 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.6) 1
2015 1 2 ドゥラメンテ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.1) 1
2 5 リアルスティール 2 スプリングステークス(G2) 2着(0.0) 1
3 7 キタサンブラック 4 スプリングステークス(G2) 1着(-0.0) 5
2014 1 2 イスラボニータ 2 共同通信杯(G3) 1着(-0.2) 1
2 17 トゥザワールド 1 弥生賞(G2) 1着(-0.0) 1
3 18 ウインフルブルーム 8 若葉ステークス(OP) 2着(0.2) 1
2013 1 7 ロゴタイプ 1 スプリングステークス(G2) 1着(-0.2) 1
2 14 エピファネイア 2 弥生賞(G2) 4着(0.1) 1
3 12 コディーノ 3 弥生賞(G2) 3着(0.0) 2
2012稍重 1 14 ゴールドシップ 4 共同通信杯(G3) 1着(-0.3) 2
2 9 ワールドエース 2 若葉ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 6 ディープブリランテ 3 スプリングステークス(G2) 2着(0.2) 1
2011東京 1 12 オルフェーヴル 4 スプリングステークス(G2) 1着(-0.1) 1
2 4 サダムパテック 1 弥生賞(G2) 1着(-0.1) 1
3 2 ダノンバラード 8 共同通信杯(G3) 9着(0.7) 1
前走重賞レース

過去10年の皐月賞3着以内30頭中27頭を占めます。前走が重賞以外の3頭は、前走若葉ステークス連対馬でした。

前走3着以内

過去10年の皐月賞3着以内30頭中27頭を占めます。前走が4着以下の3頭中2頭に重賞優勝経験がありました。残る1頭の2018年2着サンリヴァルは、前年末に同コースで行われるG1ホープフルステークスで4着の実績がありました。

  • 2013年2着エピファネイア(ラジオNIKKEI杯2012優勝)
  • 2011年3着ダノンバラード(ラジオNIKKEI杯2010優勝)
重賞レース優勝経験

過去10年の皐月賞3着以内30頭中24頭を占めます。重賞優勝経験が無かった6頭中5頭は、前走若葉ステークス連対馬か重賞レースの連対経験がある馬でした。

  • 2019年2着ヴェロックス(前走若葉ステークス1着)
  • 2018年1着エポカドーロ(スプリングステークス2着)
  • 2018年2着サンリヴァル(重賞連対経験なし)
  • 2017年3着ダンビュライト(サウジアラビアロイヤルカップ2着)
  • 2015年1着ドゥラメンテ(共同通信杯2着)
  • 2014年3着ウインフルブルーム(前走若葉ステークス2着、シンザン記念2着)
前走1800m戦の重賞レース連対馬

過去10年の皐月賞3着以内30頭中14頭を占めます。そのうち8頭が優勝しています。共同通信杯組やスプリングステークス組の好走が目立ちます。

予想

皐月賞2021は、レベルの高い混戦だと思います。各前哨戦の優勝馬や重賞優勝経験のある馬が揃ったので、何が来てもおかしくないメンバー構成になりました。ただ昨年ののような人気注目馬が不在ということもあり、予想的中ともに難解なレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。人気のダノンザキッドとヴィクティファルスが気になりつつ穴馬を中心に選んだものの、全く当たる気がしません。

◎7エフフォーリア

過去6回(直近4年連続)で馬券圏内に好走している4枠7番。前走1800m戦の重賞連対馬の好走も目立つので、データ傾向からは狙い目になるでしょうか。ただ過去の無敗の皐月賞馬と比べると、見劣りする感じもあります。馬券圏内期待ということで本命評価にしました。

〇9ラーゴム

2戦連続で勝ち切れないレースが続いていましたが、前走きさらぎ賞は、好位から直線で抜け出して完勝しています。2着ヨーホーレイクは、ホープフルステークス3着馬。さらに3走前アイビーステークス優勝馬オーソクレースは、後にホープフルステークス2着と強い馬相手に好勝負を演じている点を考えると、無くはない一頭かもしれません。

△1アドマイヤハダル

前哨戦の前走若葉ステークスを楽勝。一頭だけ脚が違うような勝ちっぷりでした。初重賞かつ初G1の馬としては過剰人気のようにも思えますが、大混戦の今年のメンバーなら紐に入れておいても…ということで押さえました。

△11ディープモンスター

順当なら、あとはダノンザキッドとヴィクティファルスあたりだと思いますが、波乱に期待してディープモンスターを押さえました。過去すみれステークス組の好走例が無いので、ここで来ることがあれば、まさにデータ外の一頭になると思います。小波乱と前走の勝ちっぷりの良さに期待して…。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、7着、13着でした。本命◎エフフォーリアは、1着でした。

皐月賞2021結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 エフフォーリア 2 共同通信杯(G3) 1着(-0.4) 4
2 13 タイトルホルダー 8 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 1着(-0.2) 4
3 3 ステラヴェローチェ 6 共同通信杯(G3) 5着(0.5) 1

本命エフフォーリアが完勝。あくまで馬券圏内予想だったものの、それどころかむしろ他馬を寄せ付けないほどの強さでした。2〜3着には穴馬のタイトルホルダーとステラヴェローチェ。2着タイトルホルダーは弥生賞優勝馬だったので、十分に上位争いの候補という感じですが、3着ステラヴェローチェはデータ傾向からは、買えない馬でした。難解なレースだったと思います。

押さえていた4着アドマイヤハダルや7着ディープモンスター。さらに5着ヨーホーレイクあたりは、敗れはしましたが見せ場のある内容でした。脚質的にもダービーで期待できそうな3頭だと思います。

深く考えない競馬