皐月賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年4月16日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳
斤量 定量(牡57kg、牝55kg)
出走数 18頭
天気 晴れ参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

G1「皐月賞2017」です。例年、皐月賞好走馬がそのまま日本ダービーで好走しているので、日本ダービー2017を考える上でも、かなり重要な一戦と言えるでしょう。以前は、人気馬が不振&穴馬の好走が多いレースでしたが、近年は1~4番人気馬の好走が目立つレースとなっています。

過去10年の皐月賞の配当を見ると、2007年に162万馬券が飛び出していますが、近年は大波乱決着がありません。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 6,220円 6,000円 70,390円
2015 790円 3,110円 12,360円
2014 920円 7,690円 33,490円
2013 840円 1,210円 5,920円
2012 1,220円 2,050円 12,620円
2011 1,260円 9,220円 55,450円
2010 1,260円 11,410円 35,220円
2009 11,940円 67,600円 390,930円
2008 10,260円 11,230円 82,750円
2007 94,630円 205,370円 1,623,250円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
皐月賞2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 18 ディーマジェスティ 8 共同通信杯(G3) 1着(-0.2)
2 3 マカヒキ 3 弥生賞(G2) 1着(-0.0)
3 11 サトノダイヤモンド 1 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.6)
2015 1 2 ドゥラメンテ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.1)
2 5 リアルスティール 2 スプリングステークス(G2) 2着(0.0)
3 7 キタサンブラック 4 スプリングステークス(G2) 1着(-0.0)
2014 1 2 イスラボニータ 2 共同通信杯(G3) 1着(-0.2)
2 17 トゥザワールド 1 弥生賞(G2) 1着(-0.0)
3 18 ウインフルブルーム 8 若葉ステークス(OP) 2着(0.2)
2013 1 7 ロゴタイプ 1 スプリングステークス(G2) 1着(-0.2)
2 14 エピファネイア 2 弥生賞(G2) 4着(0.1)
3 12 コディーノ 3 弥生賞(G2) 3着(0.0)
2012稍重 1 14 ゴールドシップ 4 共同通信杯(G3) 1着(-0.3)
2 9 ワールドエース 2 若葉ステークス(OP) 1着(-0.3)
3 6 ディープブリランテ 3 スプリングステークス(G2) 2着(0.2)
2011東京 1 12 オルフェーヴル 4 スプリングステークス(G2) 1着(-0.1)
2 4 サダムパテック 1 弥生賞(G2) 1着(-0.1)
3 2 ダノンバラード 8 共同通信杯(G3) 9着(0.7)
2010稍重 1 13 ヴィクトワールピサ 1 弥生賞(G2) 1着(-0.1)
2 16 ヒルノダムール 6 若葉ステークス(OP) 2着(0.1)
3 11 エイシンフラッシュ 11 京成杯(G3) 1着(-0.0)
2009 1 16 アンライバルド 3 スプリングステークス(G2) 1着(-0.1)
2 4 トライアンフマーチ 8 若葉ステークス(OP) 2着(0.0)
3 15 セイウンワンダー 4 弥生賞(G2) 8着(0.9)
2008 1 6 キャプテントゥーレ 7 弥生賞(G2) 4着(0.4)
2 1 タケミカヅチ 6 弥生賞(G2) 3着(0.2)
3 9 マイネルチャールズ 1 弥生賞(G2) 1着(-0.1)
2007 1 17 ヴィクトリー 7 若葉ステークス(OP) 1着(-0.0)
2 9 サンツェッペリン 15 スプリングステークス(G2) 8着(0.7)
3 1 フサイチホウオー 2 共同通信杯(G3) 1着(-0.0)
前走重賞

過去10年の皐月賞3着以内30頭中25頭を占めます。前走が重賞以外だった5頭は、前走若葉ステークス連対馬でした。

前走3着以内

過去10年の皐月賞3着以内30頭中25頭を占めます。前走が4着以下だった馬は、以下の5頭ですが、5頭とも重賞優勝経験がありました。

  • 2013年2着エピファネイア(ラジオNIKKEI杯1着)
  • 2011年3着ダノンバラード(ラジオNIKKEI杯1着)
  • 2009年3着セイウンワンダー(前走朝日杯フューチュリティステークス1着、新潟2歳ステークス1着)
  • 2008年1着キャプテントゥーレ(前走デイリー杯2歳ステークス1着)
  • 2007年2着サンツェッペリン(京成杯1着)
前走共同通信杯

過去10年の皐月賞3着以内30頭中6頭を占めます。2011年3着ダノンバラードを除く5頭が共同通信杯で連対していました。

直近5年では、前走共同通信杯組が4勝しています。

前走スプリングステークス

過去10年の皐月賞3着以内30頭中7頭を占めます。2007年2着サンツェッペリンを除く6頭がスプリングステークスで連対していました。

前走弥生賞

過去10年の皐月賞3着以内30頭中10頭を占めます。過去10年では、弥生賞組から優勝したのは、2010年ヴィクトワールピサと2007年キャプテントゥーレの2頭のみです。

重賞優勝経験

過去10年の皐月賞3着以内30頭中24頭を占めます。

重賞優勝経験が無かった馬は以下の6頭ですが、前走若葉ステークス連対馬以外は、全て重賞連対経験がありました。

  • 2015年1着ドゥラメンテ(共同通信杯2着)
  • 2014年3着ウインフルブルーム(シンザン記念2着)
  • 2010年2着ヒルノダムール(前走若葉ステークス2着)
  • 2009年2着トライアンフマーチ(前走若葉ステークス2着)
  • 2008年2着タケミカヅチ(共同通信杯2着、デイリー杯2歳ステークス2着)
  • 2007年1着ヴィクトリー(ラジオNIKKEI杯2着、前走若葉ステークス1着)

馬券予想

過去10年の傾向から「前走共同通信杯連対馬」「前走スプリングステークス連対馬」「前走弥生賞」に注目です。その他「重賞優勝経験馬」を中心に、「重賞連対経験馬」「前走若葉ステークス連対馬」が候補になりそうです。

皐月賞2017は、メンバーが揃いました。実績馬が多く、かなりの混戦だと思います。データ外になりますが、大物感のある牝馬ファンディーナの取捨にも悩みそうです。

以下、簡単な考察と予想です。出走馬表を見て、改めて思いましたが、当たる気がしないですね(´ε` )

追記:土曜の馬場は、早い時計が出る馬場でした。今年の皐月賞2017は、例年通り1分58秒前後の決着か、もう少し早い決着も有り得そうです。
◎②スワーヴリチャード

前走共同通信杯2017 1着。東京スポーツ杯2歳ステークス2016~共同通信杯2017と2戦連続で本命にしています。前走は圧巻の強さで、3歳牡馬の中では能力トップクラスという印象でした。

皐月賞2017よりも日本ダービー2017で狙いたい感じもしますが、日本ダービー2017で勝ち負けを狙う馬であれば、皐月賞2017で大敗というわけにもいかないのではないでしょうか。データ的には、共同通信杯組は、直近5年で皐月賞4勝と相性の良いローテです。

○⑰ウインブライト

前走スプリングステークス2017 1着。皐月賞は、直近6年連続で前走芝1800mの重賞を使った馬が優勝しています。今回、穴馬になりそうですが、そう考えると無くはない1頭でしょうか。

偶々だと思いますが、近年のスプリングステークス優勝馬からは、キタサンブラック(2015年3着)、ロゴタイプ(2013年1着)、オルフェーヴル(2011年1着)、アンライバルド(2009年1着)と、2年に1度の周期で皐月賞で好走する馬を輩出しています。

▲⑥アウトライアーズ

前走スプリングステークス2017 2着。直近2走は、ウインブライトと勝ち負け争いをしており、ウインブライトが買えるならアウトライアーズも無くはないところだと思います。

前走は、プラチナヴォイスが押し切るかと思っていたところ、ウインブライトとアウトライアーズの2頭が外から差して、きっちり交わして勝ち負けという結果でした。4着サトノアレス、5着トリコロールブルー、6着エトルディーニュなど、結構骨っぽい相手の2着でした。

3走前の百日草特別2016では、アドマイヤミヤビと差のない3着に入っており、ポテンシャルは高い馬だと思います。今回は、穴馬になりそうなので、オッズ的には面白い1頭でしょうか。

△④カデナ

前走弥生賞2017 1着。4戦3勝。勝てなかったのは、百日草特別2016のアドマイヤミヤビだけです。まだ底を見せていないという点では、面白そうです。

直近3走の勝ち時計だけ見ると、平凡どころか遅いというのは気になるところですが、百日草特別2016のアドマイヤミヤビを中心に考えると、上位争いしても不思議ではない1頭だと思います。

3連複 ◎○▲△ 4頭ボックス 合計4点

候補が多すぎて、少点数だと押さえきれないですね。無印の馬の中では、アルアインファンディーナも気になります。

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、6着、8着、9着、12着でした。

本命◎スワーヴリチャードは6着でした。

皐月賞2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 11 アルアイン 9 毎日杯(G3) 1着(-0.1)
2 7 ペルシアンナイト 4 アーリントンカップ(G3) 1着(-0.5)
3 10 ダンビュライト 12 弥生賞(G2) 3着(0.3)

馬券はカスリもせず。そして3連単1,064,360円の大荒れでした。1~3番人気馬が全て飛んだのは、1997年の皐月賞まで遡ります。まさに数十年に1度の波乱という感じでした。(´・ω・`)

今年の皐月賞2017は、1~3着馬ともにマイル実績馬orマイラーという印象でした。高速決着ということもあり、特殊な馬場だったのかもしれません。

インコースは芝が少し剥がれているものの、パンパンの良馬場らしく、勝ち時計はほぼ想定通りの1:57.8というかなり早いものとなりました。適正の有無が出た感じでしょうか。3~4着以下は、殆ど差のない結果でしたが、高速決着かつ前残りのためか、外をまわした差し追い込み馬には厳しい結果でした。

本命のスワーヴリチャードは6着に敗れました。直線後ろになってしまったので、届かないかな…と思いましたが、皐月賞2017よりも日本ダービー2017狙いという感じもしていたので、6着というのは悪くない気がします。過去の日本ダービーでは、皐月賞6着という実積は十分に上位争いの候補になっています。

ちなみにオカルト的なことですが、無印の中でアルアインが気になっていたのは、「6枠」というところでした。

今年のG1の勝ち馬の枠を見ると、順番に隣の枠の馬が勝っています。そういう意味では、天皇賞春2017で7枠を押さえてみても面白いかもしれませんね。

  • フェブラリーステークス2017 1着ゴールドドリーム(2枠)
  • 高松宮記念2017 1着セイウンコウセイ(3枠)
  • 大阪杯2017 1着キタサンブラック(4枠)
  • 桜花賞2017 1着レーヌミノル(5枠)
  • 皐月賞2017 1着アルアイン(6枠)
次走情報
  • 1着アルアイン、2着ペルシアンナイト、3着ダンビュライト、4着クリンチャー、5着レイデオロ、6着スワーヴリチャード、8着ウインブライト、9着カデナ、16着マイスタイル、18着アメリカズカップは、日本ダービー2017に向かいました。
  • 7着ファンディーナは、ローズステークス2017に向かいました。
  • 10着プラチナヴォイス、12着アウトライアーズ、13着トラストは、NHKマイルカップ2017に向かいました。
  • 17着アダムバローズは、オールカマー2017に向かいました。