皐月賞-過去10年のデータと予想

日程 2019年4月14日(日曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け G1
条件 サラ系3歳
斤量 定量(57kg)
出走数 18頭
天気 曇り(ヤフー天気)

皐月賞2019

3歳クラシック、皐月賞2019です。例年、皐月賞好走馬がそのまま日本ダービーでも好走しており、今年の3歳クラシックを考える上で重要な一戦といえそうです。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の皐月賞の配当を見ると、比較的順当な決着が続いていましたが、直近2年で波乱決着となっています。今年も想定外の決着の可能性があるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 12,880円 53,410円 372,080円
2017 8,710円 176,030円 1,064,360円
2016 6,220円 6,000円 70,390円
2015 790円 3,110円 12,360円
2014 920円 7,690円 33,490円
2013 840円 1,210円 5,920円
2012 1,220円 2,050円 12,620円
2011 1,260円 9,220円 55,450円
2010 1,260円 11,410円 35,220円
2009 11,940円 67,600円 390,930円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、東京競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

皐月賞2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018稍重 1 7 エポカドーロ 7 スプリングステークス(G2) 2着(0.0) 3
2 14 サンリヴァル 9 弥生賞(G2) 4着(0.3) 5
3 10 ジェネラーレウーノ 8 京成杯(G3) 1着(-0.1) 1
2017 1 11 アルアイン 9 毎日杯(G3) 1着(-0.1) 2
2 7 ペルシアンナイト 4 アーリントンカップ(G3) 1着(-0.5) 1
3 10 ダンビュライト 12 弥生賞(G2) 3着(0.3) 5
2016 1 18 ディーマジェスティ 8 共同通信杯(G3) 1着(-0.2) 6
2 3 マカヒキ 3 弥生賞(G2) 1着(-0.0) 2
3 11 サトノダイヤモンド 1 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.6) 1
2015 1 2 ドゥラメンテ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.1) 1
2 5 リアルスティール 2 スプリングステークス(G2) 2着(0.0) 1
3 7 キタサンブラック 4 スプリングステークス(G2) 1着(-0.0) 5
2014 1 2 イスラボニータ 2 共同通信杯(G3) 1着(-0.2) 1
2 17 トゥザワールド 1 弥生賞(G2) 1着(-0.0) 1
3 18 ウインフルブルーム 8 若葉ステークス(OP) 2着(0.2) 1
2013 1 7 ロゴタイプ 1 スプリングステークス(G2) 1着(-0.2) 1
2 14 エピファネイア 2 弥生賞(G2) 4着(0.1) 1
3 12 コディーノ 3 弥生賞(G2) 3着(0.0) 2
2012稍重 1 14 ゴールドシップ 4 共同通信杯(G3) 1着(-0.3) 2
2 9 ワールドエース 2 若葉ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 6 ディープブリランテ 3 スプリングステークス(G2) 2着(0.2) 1
2011東京 1 12 オルフェーヴル 4 スプリングステークス(G2) 1着(-0.1) 1
2 4 サダムパテック 1 弥生賞(G2) 1着(-0.1) 1
3 2 ダノンバラード 8 共同通信杯(G3) 9着(0.7) 1
2010稍重 1 13 ヴィクトワールピサ 1 弥生賞(G2) 1着(-0.1) 1
2 16 ヒルノダムール 6 若葉ステークス(OP) 2着(0.1) 1
3 11 エイシンフラッシュ 11 京成杯(G3) 1着(-0.0) 1
2009 1 16 アンライバルド 3 スプリングステークス(G2) 1着(-0.1) 1
2 4 トライアンフマーチ 8 若葉ステークス(OP) 2着(0.0) 4
3 15 セイウンワンダー 4 弥生賞(G2) 8着(0.9) 2
前走重賞レース

過去10年の皐月賞3着以内30頭中26頭を占めます。前走が重賞以外の4頭は、ともに前走若葉ステークス連対馬でした。

前走3着以内

過去10年の皐月賞3着以内30頭中26頭を占めます。前走が4着以下の4頭中3頭に重賞優勝経験がありました。

  • 2013年2着エピファネイア(ラジオNIKKEI杯2012優勝)
  • 2011年3着ダノンバラード(ラジオNIKKEI杯2010優勝)
  • 2009年3着セイウンワンダー(朝日杯FS2008優勝、新潟2歳ステークス2008優勝)
重賞レース優勝経験

過去10年の皐月賞3着以内30頭中23頭を占めます。重賞優勝経験が無かった7頭中6頭は、前走若葉ステークス連対馬重賞レースの連対経験がある馬でした。

  • 2018年1着エポカドーロ(スプリングステークス2着)
  • 2018年2着サンリヴァル(重賞連対経験なし)
  • 2017年3着ダンビュライト(サウジアラビアロイヤルカップ2着)
  • 2015年1着ドゥラメンテ(共同通信杯2着)
  • 2014年3着ウインフルブルーム(前走若葉ステークス2着、シンザン記念2着)
  • 2010年2着ヒルノダムール(前走若葉ステークス2着)
  • 2009年2着トライアンフマーチ(前走若葉ステークス2着)
前走1800m戦

過去10年の皐月賞では、計9頭が優勝しています。ディーマジェスティ(2016年)を除く8頭が前走のレースで人気(1~3番人気)を集めていました。

予想

かなりの好メンバーが揃った今年の皐月賞2019。何が来てもおかしくないほどのハイレベルなメンバー構成だと思います。人気を集めそうなサートゥルナーリアは、ホープフルステークスからの直行。休養明けのここで勝ち負けするようであれば、将来の楽しみが大きいと言っても良さそうです。

過去データからは、前走芝1800m戦の重賞連対馬が狙い目になりそうですが、今年はどうなるでしょうか…。

以下、簡単な考察と予想です。結局、人気馬中心になってしまいました。あまりにもつまらないので、穴馬を加えて予想を変更するかもしれません。

追記:ラストドラフトを追加。買い目も少し変更しました。
◎4ダノンキングリー

過去10年の優勝馬10頭すべてに芝1800m以上のレースでの優勝経験があります。さらに近年は、マイル戦優勝経験&前走芝1800mの重賞連対していた馬(エポカドーロ、アルアイン、イスラボニータ、ロゴタイプ、オルフェーヴル)の優勝も目立ちます。データ傾向からは、狙い目になるでしょうか。直近2走の勝ちっぷりも良さは際立っていたので、ここでも期待したいところですが…。

○12サートゥルナーリア

ぶっつけ本番が取捨を悩ませますね。3連勝がともに余裕を感じさせる完勝で、全く底を見せていません。戦ってきた相手を見るとやや不安が残るものの、馬券には入れておいた方が良さそうな一頭です。ただどこかサトノダイヤモンドやサトノクラウンと被るので、評価は少し下げました。

  • 2016年3着サトノダイヤモンド(皐月賞1番人気、ルメール騎手、重賞含む3連勝)
  • 2015年6着サトノクラウン(皐月賞1番人気、ルメール騎手、重賞含む3連勝)
△7ヴェロックス

直近2戦を完勝。楽勝した前走若葉ステークスがわりと好走例が多いローテというのも魅力です。あとは前哨戦の重賞(共同通信杯、スプリングステークス、弥生賞)を使ってきた馬との力関係だけでしょうか。

△11ラストドラフト

父ノヴェリスト(キングジョージ6世&クイーンエリザベスSなどG1を4勝)、母マルセリーナ(桜花賞馬)の良血馬。重馬場で行われた前走弥生賞は、前に行った馬が潰れての追い込み決着。度外視して良いかもしれません。ただ史上初のキャリア1戦での優勝となった京成杯も含め、戦ってきた相手を考えると、ここでは買い難い感じはしますね。あくまで紐荒れに期待して…。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、7着でした。本命◎ダノンキングリーは、3着でした。

皐月賞2019 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 サートゥルナーリア 1 ホープフルステークス(G1) 1着(-0.2) 1
2 7 ヴェロックス 4 若葉ステークス(OP) 1着(-0.5) 1
3 4 ダノンキングリー 3 共同通信杯(G3) 1着(-0.2) 3

的中でした。ギリギリで追加したラストドラフトは要らなかったですね…。

このタフな馬場でも結構速い時計の決着。上位には、能力上位だと思っていた馬が来たので、皐月賞にしては珍しく、力を出し切ることが出来たレースだったと思います。

同時計のアタマ&ハナ差の接戦を制したサートゥルナーリア。強かったです。ぶっつけ本番で勝ち切るとは…。今日のルメール騎手は、人気馬を飛ばし続けていたので、サートゥルナーリアもどうかな…と思っていたんですが、馬の能力が一枚上という印象でした。これは日本ダービーでも1番人気の支持を集めそうですね。

深く考えない競馬