サウジアラビアロイヤルカップ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年10月7日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢
出走数 18頭
天気 曇り(Yahoo!天気・災害)

サウジアラビアロイヤルカップ 2017

2歳重賞「 サウジアラビアロイヤルカップ 2017 」です。2014年まで、いちょうステークスとして行われていたレース(2012年~2013年は芝1800m戦)が2014年から重賞に格上げ、2015年からサウジアラビアロイヤルカップに改称されました。

過去の上位馬を見る限りは、出世レースという印象は無いものの、近年は、翌年のクラシックで活躍する馬を輩出しています。重賞化して未だ3年目ですから、今後有力馬が増えていく傾向にありそうです。

コース形態

東京競馬場の芝コース
東京競馬場の芝コース

過去10年のサウジアラビアロイヤルカップの配当を見ると、かなり硬い傾向のレースといえそうです。大波乱決着はなく、特に直近2年は3連複&3連単ともに低配当となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,090円 570円 5,040円
2015 930円 780円 7,220円
2014 2,100円 3,280円 22,600円
2013 2,090円 2,920円 18,280円
2012 450円 10,430円 44,490円
2011 510円 1,600円 3,720円
2010 640円 290円 2,300円
2009 760円 4,090円 19,980円
2008 2,830円 13,150円 75,030円
2007 1,260円 1,930円 18,560円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。現行のサウジアラビアロイヤルカップは2015年以降です。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
サウジアラビアロイヤルカップ 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2016稍重 1 6 ブレスジャーニー 3 未勝利(東京芝1600m) 1着(-0.4) 2
2 7 ダンビュライト 2 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.8) 3
3 3 クライムメジャー 1 新馬(中京芝1600m) 1着(-0.2) 1
2015 1 6 ブレイブスマッシュ 4 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.8) 1
2 12 イモータル 1 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.8) 1
3 11 アストラエンブレム 2 未勝利(新潟芝1600m) 1着(-0.7) 1
2014 1 6 クラリティスカイ 4 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.3) 2
2 10 ネオルミエール 2 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.0) 1
3 2 ミッキーユニバース 3 札幌2歳ステークス(G3) 7着(0.7) 1
2013 1 2 イスラボニータ 3 新潟2歳ステークス(G3) 2着(0.5) 4
2 5 ウインフェニックス 5 新潟2歳ステークス(G3) 4着(0.5) 14
3 4 クラリティシチー 2 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.2) 3
2012 1 6 フラムドグロワール 2 芙蓉ステークス(OP) 2着(0.2) 2
2 3 サトノノブレス 1 新馬(新潟芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 5 コスモハヤブサ 12 アスター賞(500万) 5着(0.6) 5
2011不良 1 2 アーデント 1 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.1) 1
2 5 ピタゴラスコンマ 4 未勝利(中山芝1600m) 1着(-0.0) 3
3 7 マイネルカーミン 5 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.1) 6
2010 1 6 ロビンフット 3 コスモス賞(OP) 2着(0.1) 1
2 1 エーシンブラン 2 ききょうステークス(OP) 3着(0.4) 1
3 5 ショウナンパルフェ 1 未勝利(新潟芝1600m) 1着(-0.4) 1
2009 1 12 トーセンファントム 3 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 3
2 15 アーバンウィナー 1 札幌2歳ステークス(G3) 3着(0.2) 6
3 9 セイウンジャガーズ 6 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.1) 1
2008 1 6 ダノンカモン 4 新馬(新潟芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 12 ケイアイライジン 3 新馬(中山芝1800m) 1着(-0.1) 1
3 10 ダブルレインボー 5 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.3) 1
2007 1 9 アロマキャンドル(牝) 4 未勝利(中山芝1600m) 1着(-0.5) 6
2 10 スマイルジャック 1 芙蓉ステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 6 アポロドルチェ 3 新馬(中山芝1200m) 1着(-0.6) 1

人気

過去10年のサウジアラビアロイヤルカップ3着以内では、上位人気馬が結果を残す傾向にあります。3着以内30頭中28頭1~5番人気馬となっています。

牝馬

過去10年のサウジアラビアロイヤルカップ3着以内では、以下の1頭のみで、劣勢な傾向にあります。

  • 2007年1着アロマキャンドル

馬券予想

過去10年の傾向から「1~5番人気」「牝馬軽視」に注目です。

今年の サウジアラビアロイヤルカップ 2017 は、抜けた馬が不在という感じがしますが、傾向から人気を集める馬に注目したいところです。前走新潟2歳ステークス2017で3着に好走したテンクウや札幌2歳ステークス2017で3着に好走したダブルシャープ(ホッカイドウ競馬所属)など、例年より少しメンバーが揃った印象です。近年は、前走未勝利戦や新馬戦を楽勝した馬の好走も多いので、カーボナードシュバルツボンバーダノンプレミアムも気になるところです。

以下、簡単な考察と予想です。

データ傾向通り、人気馬を中心に選びました。雨の影響は心配です…。
◎②ダノンプレミアム

前走新馬戦1着(阪神芝1800m)。荒削りな印象でしたが、直線残り200mを切ったあたりで鞭を合図に楽に抜け出し、そのまま圧勝しました。

現行のサウジアラビアロイヤルカップとなった2015年以降、前走着差を付けて新馬戦&未勝利戦を楽勝した馬が好走していますし、今年はダノンプレミアムがデータ傾向上の候補になるでしょうか。

○⑰スワーヴエドワード

前走新馬戦1着(東京芝1800m)。圧勝というわけではありませんでしたが、ノーステッキ余力を残したままの楽勝でした。伏兵なら…と思っていましたが、流石に人気を集めそうですね。

▲⑯ステルヴィオ

前走コスモス賞2017 1着。デビューから2戦2勝ですが、2戦とも2~3着の馬との力差が大きいという印象はありませんでした。ただ、1番人気+ルメール騎手+無敗馬+馬主と生産者を見ると、如何にも勝ち負けしそうな気がしてきます。ここは人気に抗わず、押さえておこうと思います。

△⑥ダブルシャープ

前走札幌2歳ステークス2017 3着。1~2着馬と時計差のない3着。その後、2着ファストアプローチは芙蓉ステークス2017でも2着に好走しており、決して札幌2歳ステークス2017が弱いメンバーだったというわけでは無さそうです。2走前のクローバーステークス2017で破ったタワーオブロンドンは、その後、ききょうステークスを圧勝。直近2戦の内容から、ダブルシャープの能力の高さを伺えます。

本命視し辛い点は、東京競馬場での騎乗が恐らく初めて(騎乗予定は、土曜3Rと11Rのみ)になる石川倭ジョッキーとダブルシャープの長距離輸送でしょうか。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、6着、17着でした。

本命◎ダノンプレミアムは1着でした。

サウジアラビアロイヤルカップ 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 2 ダノンプレミアム 2 新馬戦(阪神芝1800m) 1着(-0.7)
2 16 ステルヴィオ 1 コスモス賞(OP) 1着(-0.0)
3 13 カーボナード 6 未勝利戦(新潟芝1600m) 1着(-0.4)

晩に録画を見ました。相手選びのセンスがなかったです。(;´・ω・`p

最初の1000mが58.3秒で、稍重馬場としては速い流れ。勝ち時計も1:33.0のレコード決着だったので、特殊な馬場だったかもしれません。

上位争いは、1~6番人気が占める結果。やはりサウジアラビアロイヤルカップは、荒れにくいレースです。結果はダノンプレミアムの優勝でしたが、2着ステルヴィオは、本当強かったです。上がり33.5秒。1頭だけ格が違うという印象の走りでした。

狙っていたスワーヴエドワードは、後方からそのまま後方を周ってきてゴールというよく分からない競馬。新馬戦は相手が弱かったということもあるかもしれませんが、全く違う印象の競馬でした。仕方ないですね。