関屋記念-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2019年8月11日(日曜)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 別定
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

関屋記念2019

サマーマイルシリーズ第2戦、関屋記念2019です。出世レースというわけではありませんが、過去関屋記念を1番人気で連対した馬(プリモシーン、ダノンシャーク、ジャスタウェイ、ドナウブルー)の多くが、後のG1レースで活躍しています。秋のマイル戦線に向けて注目したいレースと言えるかもしれません。

新潟競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年の関屋記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。大きな波乱は少ないものの、中穴の好走例が多いため、馬連と3連複ともに好配当が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 2,540円 5,450円 22,570円
2017 7,180円 22,140円 131,710円
2016 4,350円 5,340円 34,040円
2015 3,800円 25,190円 109,570円
2014 1,990円 7,000円 39,800円
2013 1,220円 2,620円 17,110円
2012 1,590円 6,650円 24,190円
2011 1,600円 5,330円 35,740円
2010 2,990円 18,390円 130,640円
2009 810円 12,990円 56,290円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

関屋記念2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 12 牝3 51 プリモシーン 1 NHKマイルカップ(G1) 5着(0.2) 5
2 10 牝5 54 ワントゥワン 2 中京記念(G3) 5着(0.4) 3
3 4 牝5 54 エイシンティンクル 5 豊明ステークス(1600万) 1着(-0.1) 4
2017 1 3 牡5 57 マルターズアポジー 7 七夕賞(G3) 11着(2.0) 2
2 15 牡5 57 ウインガニオン 4 中京記念(G3) 1着(-0.4) 5
3 10 牡5 56 ダノンリバティ 5 中京記念(G3) 5着(0.8) 3
2016 1 17 牡4 56 ヤングマンパワー 3 多摩川ステークス(1600万) 1着(-0.0) 2
2 12 牡4 56 ダノンリバティ 7 中京記念(G3) 5着(0.3) 5
3 7 牝5 54 マジックタイム 1 ヴィクトリアマイル(G1) 6着(0.6) 6
2015 1 12 牡5 57 レッドアリオン 2 中京記念(G3) 8着(0.3) 2
2 4 牡5 56 マジェスティハーツ 6 鳴尾記念(G3) 2着(0.3) 8
3 10 牡3 53 ヤングマンパワー 9 NHKマイルカップ(G1) 6着(0.4) 10
2014稍重 1 13 牡5 57 クラレント 4 中京記念(G3) 8着(0.6) 2
2 7 牡6 58 ダノンシャーク 1 安田記念(G1) 4着(0.6) 9
3 1 牡5 56 サトノギャラント 6 中京記念(G3) 7着(0.5) 3
2013 1 1 牡7 57 レッドスパーダ 4 パラダイスステークス(OP) 1着(-0.2) 3
2 16 牡4 56 ジャスタウェイ 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.0) 3
3 3 牡4 56 レオアクティブ 3 バーデンバーデンカップ(OP) 3着(0.4) 1
2012 1 14 牝4 54 ドナウブルー 1 安田記念(G1) 10着(0.8) 14
2 3 牝5 54 エーシンリターンズ 5 中京記念(G3) 14着(1.5) 4
3 9 セ7 56 スピリタス 8 NST賞(OP) 2着(0.2) 5
2011 1 9 牡6 56 レインボーペガサス 4 飛鳥ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2 12 牡4 56 エアラフォン 2 ストークステークス(1600万) 1着(-0.0) 2
3 6 牝3 51 サトノフローラ 3 カルミア賞(500万) 1着(-0.4) 3
2010 1 16 牡5 56 レッツゴーキリシマ 6 福島記念(G3) 7着(0.5) 1
2 9 牡4 56 セイクリッドバレー 2 エプソムカップ(G3) 4着(0.1) 4
3 17 牡7 56 リザーブカード 10 ダービー卿CT(G3) 7着(0.7) 9
2009稍重 1 13 牡4 56 スマイルジャック 2 安田記念(G1) 9着(1.2) 5
2 12 牡5 56 ヒカルオオゾラ 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.2) 1
3 14 牡6 56 マイネルスケルツィ 13 谷川岳ステークス(OP) 4着(0.5) 2
7~8枠

過去10年の関屋記念3着以内30頭中15頭を占めます。そのうち8頭が優勝しています。5~6枠の好走例も多く、外目の枠が強いレースといえそうです。

前走重賞レース

過去10年の関屋記念3着以内30頭中21頭を占めます。特に前走中京記念組の好走例が目立ちます。中京競馬場が改修された2012年以降の過去6回では、計8頭が馬券圏内に好走しています。

1~7番人気

過去10年の関屋記念3着以内30頭中26頭を占めます。例年5~7番人気あたりの中穴が馬券圏内に入り、好配当を演出していますが、大穴の好走例が少ない傾向にあります。

予想

今年の関屋記念2019は、ほぼ例年通りのレベルでしょうか。抜けた馬は不在で、何が来てもおかしくないメンバー構成だと思います。実績面では、マイルCSで小差の5着に好走したミッキーグローリーが注目したいですが、長期休養明けの一戦…。取捨に悩むことになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。速い時計に対応できそうな馬を中心に選びましたが、全く当たる気がしません。

◎11リライアブルエース

昨年の関屋記念は、外に出しての追い込みでしたが、勝ち負けした牝馬2頭のようなキレッキレの脚はなく6着に敗れています。重賞では少し足りない印象も、直近4戦は崩れていませんし、3~4走前の京王杯スプリングカップや安土城ステークスを見る限り、速い時計にも対応できそうなのは魅力です。近走の勢いに期待して…。

○4オールフォーラヴ

近年、先行した馬が1~2頭ほど残る傾向のレース。今回、人気を集めそな馬が後方から進めるタイプと考えれば、先行できそうな脚質は面白そうです。過去、1分31秒台~32秒前半の速い時計の決着が多いレースですし、速い時計にも対応できそう(前々走の勝ち時計1:31.6)なのは魅力です。伏兵扱いなら押さえておいても…。

▲13ミッキーグローリー

軽度の骨折休養明け(9か月)の一戦。様子見もありかもしれませんが…。前走マイルチャンピオンシップ5着(0.2秒差)なら、ここで勝ち目する力はありそうです。

△14ミエノサクシード

前走中京記念の対抗馬。やや前残り馬場の中、後方からの競馬でした。さらに直線で詰まるシーンもあり、これがスムーズなら3着以上はあったように見えました。ある程度、時計のかかる馬場の方が良さそうに見えますが、レコード決着(1:30.5)となった2走前のヴィクトリアマイルでは、6着(1:31.1)に好走していますし、相手なりに力を出すタイプかもしれません。中京記念組の好走例も多いですし、一応の押さえです。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、8着、10着でした。本命◎リライアブルエースは、8着でした。

関屋記念2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 13 牡6 56 ミッキーグローリー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着(0.2) 8
2 14 牝6 54 ミエノサクシード 6 中京記念(G3) 4着(0.1) 4
3 6 牡5 57 ソーグリッタリング 4 エプソムカップ(G3) 3着(0.3) 1

ある程度、先行したソーグリッタリングが3着に粘り、差し追い込み馬ミッキーグローリーとミエノサクシードが突っ込んで来る決着。例年同様のパターンの決着でした。

2着ミエノサクシードは、前走中京記念と比べると、勝ちに行ったような印象の好騎乗でした。最後は、ミッキーグローリーに交わされてしまいましたが、相手が強すぎたかもしれません。仕方ないです。

本命リライアブルエースは、直線伸び切れず8着。上位陣に大きな着差があったわけではありませんが、外差しが決まる馬場だったことを考えると、内を突いたのは、少し残念でした。

深く考えない競馬