G3の過去データと予想

シンザン記念-過去データと予想

日程 2020年1月12日(日曜)
開催 京都競馬場11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 3歳
斤量 別定
出走数 10頭
天気 曇り(ヤフー天気)

シンザン記念2020

3歳マイル重賞シンザン記念2020です。過去の上位馬には、アーモンドアイ、ジェンティルドンナ、オルフェーヴルなど、後のG1馬が名を連ねる出世レース。特にシンザン記念で好走した牝馬は名牝が揃っており、G1戦線に向けて牝馬の結果にも注目したいです。

京都競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年のシンザン記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。波乱傾向のレースという印象を受けます。3連複も好配当になる年が多く、人気薄の好走が目立つレースとなっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 11,220円 16,270円 112,900円
2018 2,620円 6,980円 26,730円
2017 18,950円 9,940円 151,880円
2016 5,360円 95,730円 671,850円
2015 4,080円 8,220円 43,840円
2014 320円 970円 2,220円
2013 3,130円 4,760円 29,880円
2012 6,780円 53,960円 281,970円
2011 8,890円 35,480円 279,230円
2010 6,820円 40,480円 230,140円

では過去10年のシンザン記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の前走データ

シンザン記念2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 2 56 ヴァルディゼール 4 新馬戦(京都芝1600m) 1着(-0.5) 1
2 1 56 マイネルフラップ 10 千両賞(500万) 1着(-0.2) 11
3 10 56 ミッキーブリランテ 2 未勝利戦(阪神芝1800m) 1着(-0.4) 1
2018稍重 1 3 54 アーモンドアイ(牝) 1 未勝利戦(東京芝1600m) 1着(-0.6) 1
2 7 54 ツヅミモン(牝) 7 新馬戦(中山芝1600m) 1着(-0.0) 1
3 11 57 カシアス 4 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 7着(0.8) 10
2017 1 9 56 キョウヘイ 8 千両賞(500万) 2着(0.2) 12
2 14 56 タイセイスターリー 4 デイリー杯2歳ステークス(G2) 8着(0.9) 1
3 5 56 ペルシアンナイト 1 こうやまき賞(500万) 1着(-0.2) 1
2016 1 6 56 ロジクライ 8 千両賞(500万) 4着(1.1) 1
2 7 54 ジュエラー(牝) 2 新馬(京都芝1800m) 1着(-0.4) 2
3 14 56 シゲルノコギリザメ 11 500万(阪神芝1200m) 1着(-0.2) 7
2015 1 9 56 グァンチャーレ 2 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 7着(0.3) 7
2 11 56 ロードフェリーチェ 9 千両賞(500万) 5着(0.4) 6
3 12 56 ナヴィオン 3 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 11着(1.0) 5
2014 1 12 56 ミッキーアイル 1 ひいらぎ賞(500万) 1着(-0.6) 1
2 1 56 ウインフルブルーム 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.2) 5
3 2 56 タガノグランパ 5 ラジオNIKKEI杯(G3) 5着(0.3) 10
2013 1 2 57 エーシントップ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 8着(0.7) 2
2 12 56 ヘミングウェイ 9 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.0) 1
3 5 56 タマモベストプレイ 3 秋明菊賞(500万) 1着(-0.1) 2
2012 1 7 54 ジェンティルドンナ(牝) 2 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.6) 1
2 3 56 マイネルアトラクト 9 千両賞(500万) 4着(0.4) 8
3 6 56 プレミアムブルー 11 500万(阪神芝1600m) 6着(0.6) 3
2011 1 8 56 レッドデイヴィス(セ) 7 500万(阪神芝1600m) 10着(降着)(-0.1) 2
2 1 56 オルフェーヴル 3 京王杯2歳ステークス(G2) 10着(0.8) 1
3 4 54 マルセリーナ(牝) 6 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 1
2010 1 4 56 ガルボ 4 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 4着(0.6) 12
2 7 56 シャイン 9 中京2歳ステークス(OP) 1着(-0.2) 8
3 1 56 セレスロンディー 10 500万下(阪神芝1600m) 4着(0.4) 5
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年のシンザン記念3着以内30頭中8頭を占めます。前走のレースで人気を集めていた馬の好走が目立ちます。

前走2歳重賞レース

過去10年のシンザン記念3着以内30頭中9頭を占めます。朝日杯フューチュリティステークス組を中心に、前走の着順に関係なく、好走が目立ちます。

前走二桁着順

過去10年のシンザン記念3着以内30頭中2頭を占めます。そのうち1頭が前走降着で10着だったレッドデイヴィス(2011年1着)。大敗からの巻き返しが少ないといえそうです。

予想

今年のシンザン記念2020は、好メンバーが揃いました。前走新馬戦を圧勝したルーツドールを中心に、2歳重賞好走馬が多数。層が厚いメンバー構成だと思います。中でも、アルテミスステークスでリアアメリアの2着に好走したサンクテュエールは、取捨に悩むことになるでしょうか。ここで好走する牝馬なら、将来も期待できそうですが…。

以下、簡単な考察と予想です。上位人気馬を牝馬が占める難解なレース。サンクテュエールが気になりつつ、ルーツドール以外の牝馬をスルーしました。

◎9ルーツドール

前走新馬戦(東京芝1600m)を楽勝。後続を楽に突き放していました。兄にフィエールマンという血統を考えれば、牡馬相手のここでも期待したいところですが…。

○8カバジェーロ

前走新馬戦(阪神芝1400m)1着。最後は、上位2頭(カバジェーロとダブルアンコール)が後続を突き放すレースでした。ダブルアンコールが3億9960万円で高額取引された馬だったと考えれば、カバジェーロのポテンシャルの高さ示す材料といえるかもしれません。キャリア1戦の馬なので、評価が難しいとも言えますが、伏兵扱いなら面白そうです。

▲6プリンスリターン

牡馬を狙うと考えれば、朝日杯フューチュリティステークス組が候補になるでしょうか。前走は、直線外に出す追い込みで5着。切れる脚は無いような印象を受けましたが、最後の最後までジワジワ伸びていました。マイル戦も問題ないように見えました。もう1頭の朝日杯フューチュリティステークス組タガノビューティーがダート重賞での活躍が多いヘニーヒューズ産ですし、中穴ぐらいに落ち着きそうなプリンスリターンは、オッズ的な魅力もあるかもしれません。

△4タガノビューティー

前走朝日杯フューチュリティステークス4着。やはり血統面からは、芝ではなくダートで期待したい馬だと思います。とはいえ前走レースを見ると、スルーするわけにもいかず…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、6着、7着、9着でした。本命◎ルーツドールは、7着でした。

シンザン記念2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 54 サンクテュエール(牝) 2 アルテミスステークス(G3) 2着(0.1) 2
2 6 56 プリンスリターン 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 5着(0.8) 15
3 3 56 コルテジア 9 デイリー杯2歳ステークス(G2) 8着(1.0) 9

夜中に録画を見ました。圧倒的1番人気ルーツドールが7着に沈む波乱(3連単103,880円)決着でした。

出負けしたサンクテュエールがそのままインコースで脚を溜める展開。最後は、プリンスリターンを交わしての差し切り勝ちでした。落ち着いた流れの中、プリンスリターンの粘り強さが目立っていました。原田騎手も上手く乗っていたと思いますが、サンクテュエールが強すぎただけに、仕方ない敗戦という感じがします。

本命ルーツドールは、コーナーあたりで既に手応え怪しく、直線は不発の大敗でした。不可解な負け方ですし、良く分からない失速でした。

深く考えない競馬