スパーキングレディーカップ2021過去データと予想

日程 2021年7月8日(木曜)
開催 川崎競馬場11R
距離 ダート1600m
格付け Jpn3
条件 3歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 9頭
天気 曇り(ヤフー天気)

スパーキングレディーカップ2021

地方交流重賞スパーキングレディーカップ2021です。牝馬限定のダート重賞レース。近年は、このレースで活躍した馬は、後のG1レースで活躍する傾向にあります。秋の重賞戦線に向けて注目のレースといっても良さそうです。

  • 2020年1着ファッショニスタ→同年のJBCレディスクラシック優勝
  • 2019年1着ファッショニスタ→同年のJBCレディスクラシック3着
  • 2017年1着アンジュデジール→翌年のJBCレディスクラシック優勝
  • 2017年2着ララベル→同年のJBCレディスクラシック優勝
  • 2016年1着ホワイトフーガ→同年のJBCレディスクラシック優勝
川崎競馬場のダート1600mコース

川崎競馬場のダート1600mコース

配当

過去10年のスパーキングレディーカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。近年やや波乱傾向という印象のレースですが、この2回を除くと、順当な決着が多いです。特に3連複は、1~2点で的中しないとガミる年もあり、予想が難しいレースかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 480円 610円 2,500円
2019 1,910円 85,650円 276,110円
2018 1,270円 2,090円 11,410円
2017 2,000円 6,580円 26,480円
2016 750円 550円 2,730円
2015 830円 190円 2,870円
2014 1,440円 29,160円 126,170円
2013 570円 450円 1,430円
2012 1,310円 390円 7,260円
2011 590円 170円 1,250円

では過去10年のスパーキングレディーカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

スパーキングレディーカップ2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2020不良 1 1 牝6 56 ファッショニスタ 1 栗東ステークス(LR) 3着(0.1) 2
2 10 牝4 55 メイクハッピー 2 下総ステークス(3勝クラス) 1着(-0.3) 1
3 8 牝6 56 サルサディオーネ 3 京成盃グランドマイラーズ(船橋ダ1600m) 2着(0.1) 4
2019不良 1 4 牝5 55 ファッショニスタ 1 天保山ステークス(OP) 2着(0.2) 1
2 2 牝5 55 サルサディオーネ 6 ブリリアントステークス(LR) 14着(2.2) 14
3 9 牝5 55 ローレライ 11 東京スポーツ賞(大井ダ1400m) 1着(-0.4) 4
2018 1 3 牝4 55 リエノテソーロ 3 ヴィクトリアマイル(G1) 15着(1.3) 17
2 12 牝5 55 オウケンビリーヴ 1 天王山ステークス(OP) 7着(1.0) 3
3 9 牝4 57 ラビットラン 4 ヴィクトリアマイル(G1) 13着(0.4) 12
2017稍重 1 7 牝3 52 アンジュデジール 2 関東オークス(Jpn2) 2着(0.9) 3
2 10 牝5 55 ララベル 4 マリーンカップ(Jpn3) 2着(0.6) 6
3 4 牝4 57 タイニーダンサー 5 かきつばた記念(Jpn3) 4着(1.0) 6
2016 1 10 牝4 58 ホワイトフーガ 1 さきたま杯(Jpn2) 5着(0.9) 4
2 8 牝6 55 ブルーチッパー 4 川崎マイラーズ(川崎ダ1600m) 6着(1.9) 1
3 6 牝3 54 タイニーダンサー 3 関東オークス(Jpn2) 1着(-0.5) 2
2015 1 2 牝5 56 トロワボヌール 2 さきたま杯(Jpn2) 2着(0.8) 4
2 3 牝6 56 サウンドガガ 3 天王山ステークス(OP) 1着(-0.1) 3
3 7 牝6 58 サンビスタ 1 かしわ記念(Jpn1) 5着(1.8) 2
2014 1 12 牝5 55 サウンドガガ 3 天王山ステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 5 牝5 55 カチューシャ 2 欅ステークス(OP) 7着(0.7) 2
3 8 牝6 55 マイネエレーナ 7 エメラルドカップ(浦和ダ1900m) 1着(-0.0) 5
2013 1 5 牝5 56 メーデイア 1 ヴィクトリアマイル(G1) 17着(1.0) 14
2 6 牝3 52 サマリーズ 3 ユニコーンステークス(G3) 10着(1.3) 4
3 9 牝4 56 レッドクラウディア 2 マリーンカップ(Jpn3) 2着(0.6) 3
2012 1 3 牝5 55 スティールパス 4 欅ステークス(OP) 4着(0.3) 1
2 9 牝4 56 クラーベセクレタ 2 しらさぎ賞(浦和ダ1400m) 1着(-1.3) 1
3 2 牝5 56 ミラクルレジェンド 1 帝王賞(Jpn1) 5着(1.3) 5
2011 1 9 牝5 58 ラヴェリータ 2 さきたま杯(Jpn2) 5着(0.9) 1
2 10 牝6 56 トーホウドルチェ 3 栗東ステークス(OP) 1着(-0.1) 6
3 8 牝3 53 アイアムアクトレス 1 ユニコーンステークス(G3) 1着(-0.2) 3
6~8枠

過去10年のスパーキングレディーカップ3着以内30頭中18頭を占めます。毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

1~4番人気

過去10年のスパーキングレディーカップ3着以内30頭中26頭を占めます。上位人気馬の好走が多いレースといえそうです。6番人気以下の穴馬が馬券圏内に好走したのは、波乱決着となった2014年と2019年のみです。

地方所属馬

過去10年のスパーキングレディーカップ3着以内30頭中6頭を占めます。近年、好走例が増加傾向にあります。

予想

以下、簡単な考察と予想です。サルサディオーネが気になりつつ、差し追い込み馬を中心に狙いました。

◎3ウルトラマリン

直近2戦は、牡馬相手のオープン特別で崩れてないだけに、交流重賞なら上位争いがあっても良さそうです。あとはサウスヴィグラス産ですし、マイル戦に対応できれば…という感じになるでしょうか。

〇5テオレーマ

前走マリーンカップ優勝。前が残る馬場で前に行った実力馬2頭(マドラスチェックとサルサディオーネ)を楽に差し切っていました。前走の良すぎる勝ちっぷりを見ると、重賞連勝があっても良さそうです。

▲8リネンファッション

前走三条ステークス優勝。飛び抜けて強いレースだったかと問われると疑問は残りますが、3勝クラスを勝ち切る力があるなら、ここで通用してもおかしくは無さそうです。6~8枠の好走例が多いことにも期待して押さえました。

△7グランデストラーダ

フェアリーポルカやサルサディオーネと迷って、紐荒れ期待でグランデストラーダを押さえました。リネンファッション同様、好走例が多い6~8枠にも期待して…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、6着、7着でした。本命◎ウルトラマリンは、7着でした。

スパーキングレディーカップ2021結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牝7 56 サルサディオーネ 2 かしわ記念(Jpn1) 8着(1.6) 9
2 8 牝4 55 リネンファッション 3 三条ステークス(3勝クラス) 1着(-0.2) 1
3 7 牝5 55 グランデストラーダ 6 水無月特別(浦和ダ1500m) 2着(0.1) 1

優勝は逃げたサルサディオーネ。道中楽なかたちの逃げになると、強い馬だと思います。もう少し前がやり合うと思っていたのですが、上手く力を出し切るレースになった感じがしました。2~3着も先行したリネンファッションとグランデストラーダ。前残り決着でした。

こういう馬場なので、本命ウルトラマリンの位置取りは良かったと思うのですが、やはり距離適性の有無という感じの失速でした。対抗テオレーマやスルーしたフェアリーポルカも前が止まらず不発という印象でした。

深く考えない競馬
Amazonセール&クーポン