スプリングステークス 2016 過去10年のデータと予想

過去10年では、1番人気馬が複勝率100%で、とても相性の良いレースです。

  • 1番人気(4-4-2-0)

2~3番人気馬は、それぞれ複勝率40%です。ただ2008年と2011年(阪神開催)を除く過去10年中8回で、2~3番人気の馬のどちらか1頭が必ず3着以内に来ています。

  • 2番人気(1-0-3-6)
  • 3番人気(2-2-0-6)

1番人気+2~3番人気のワイド2点で、過去10年中8回馬券が的中していたことになります。傾向から、今年も1番人気+2~3番人気という組み合わせは狙いたいところでしょう。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
スプリングステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 1 キタサンブラック 5 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5)
2 6 リアルスティール 1 共同通信杯(G3) 1着(-0.1)
3 8 ダノンプラチナ 2 朝日杯FS(G1) 1着(-0.1)
2014 1 2 ロサギガンティア 3 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2)
2 4 アジアエクスプレス 1 朝日杯(G1) 1着(-0.2)
3 10 クラリティシチー 4 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0)
2013 1 5 ロゴタイプ 1 朝日杯FS(G1) 1着(-0.0)
2 2 タマモベストプレイ 3 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.0)
3 15 マイネルホウオウ 11 ジュニアC(OP) 1着(-0.1)
2012 1 14 グランデッツァ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2)
2 9 ディープブリランテ 1 共同通信杯(G3) 2着(0.3)
3 4 ロジメジャー 10 セントポーリア賞(500万) 2着(0.0)
2011(阪神) 1 6 オルフェーヴル 1 きさらぎ賞(G3) 3着(0.2)
2 7 ベルシャザール 4 共同通信杯(G3) 4着(0.3)
3 15 ステラロッサ 8 アルメリア賞(500万) 2着(0.2)
2010 1 5 アリゼオ 2 共同通信杯(G3) 3着(0.0)
2 2 ゲシュタルト 10 こぶし賞(500万) 5着(0.2)
3 3 ローズキングダム 1 朝日杯FS(G1) 1着(-0.2)
2009 1 12 アンライバルド 1 若駒S(OP) 1着(-0.6)
2 7 レッドスパーダ 8 500万(東京芝1600m) 1着(-0.0)
3 2 フィフスペトル 2 朝日杯FS(G1) 2着(0.0)
2008 1 3 スマイルジャック 6 きさらぎ賞(G3) 2着(0.1)
2 11 フローテーション 11 すみれS(OP) 7着(0.9)
3 10 ショウナンアルバ 1 共同通信杯(G3) 1着(-0.1)
2007 1 1 フライングアップル 1 共同通信杯(G3) 3着(0.1)
2 11 マイネルシーガル 3 ジュニアC(OP) 1着(-0.0)
3 6 エーシンピーシー 6 セントポーリア賞(500万) 1着(-0.2)
2006 1 16 メイショウサムソン 4 きさらぎ賞(G3) 2着(0.1)
2 3 フサイチリシャール 1 共同通信杯(G3) 2着(0.1)
3 10 ドリームパスポート 2 きさらぎ賞(G3) 1着(-0.1)

例年、前走共同通信杯や前走朝日杯FSの馬が好走しているレースですが、今年の登録馬にはいません。

人気

1番人気(4-4-2-0)の馬は外せないでしょう。過去10年では、1番人気馬の複勝率は100%です。

前走3着以内

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中27頭に及びます。前走が馬券圏外だった馬は、以下の3頭です。

  • 2011年2着ベルシャザール
  • 2010年2着ゲシュタルト
  • 2008年2着フローテーション
前走重賞

過去10年のスプリングステークス3着以内30頭中17頭に及びます。特に、前走重賞3着以内だった馬が馬券圏内に来なかった年はありません。

前走500万

過去10年のスプリングステークス3着以内の30頭中8頭に及びます。2010年2着ゲシュタルトを除く7頭が前走で連対していました。

ゲシュタルトも勝ち馬から僅か0.2秒差の5着だったので、大敗からの巻き返しは考え難いレースかもしれません。

馬券予想

10ロードクエストの他、2戦2勝の11ドレッドノータスなどが注目ですが、今年は混戦ではないかと予想しています。

過去10年では、伏兵~大穴の馬が毎年1頭ほど馬券に絡んでいます。500万勝ちの2勝馬も多いことから、3連系の馬券は手広く狙う必要がありそうです。

1マウントロブソン

前走あすなろ賞2016は、差し切っての完勝でした。ただあすなろ賞2016で凄い脚で2着に突っ込んできたラハトケレブは、その後の500万クラスで3着に終わっているので、あすなろ賞2016の評価が難しいところです。先行して上位に食い込んだ3~5着馬の方が強かったのかもしれません。

しかし勢いのある堀厩舎&外国人ジョッキーというのは、勝負気配を感じますね。完全にスルーというのも難しい1頭です。

4マイネルハニー

前走フリージア賞2016は、馬場と展開が向いたこともありそうですが、逃げて圧勝しました。逃げた3戦は3回とも馬券圏内に好走しています。展開と馬場が向いたとはいえ、並の馬が東京の芝2000mで0.7秒差で勝つのは至難の業ではないでしょうか。

今回は逃げそうな馬が何頭かいるので、自分のペースで逃げることが出来るかがポイントになりそうです。今の中山は差しが決まる印象ですが、逃げて結果を出してきた馬なので、ここもスムーズに逃げることが出来れば面白そうです。

10ロードクエスト

今年の最注目馬です。前々走新潟2歳S2015の勝ちっぷりは格の違いを感じました。中山で父マツリダゴッホというのは、何か夢がありますね。

ただ前走ホープフルステークス2015で負けたハートレーは、その後共同通信杯2016 9着に破れています。共同通信杯2016の評価が難しいところですが、相性の良い1番人気(推定)ですし、ここでは3着を外せないのではないでしょうか。

11ドレッドノータス

デビューから京都で2戦2勝(2戦とも辛勝)は、まるでトーセンスターダムみたいですね。底を見せていない馬が負けるまで買い続けるのはセオリーだと思います。

ハービンジャー産は、いまいちパッとしない印象ですが、京成杯2016(中山芝2000m)を勝ったプロフェットもハービンジャー産でした。タフな馬場の方が合いそうな気もするので、ドレッドノータスを狙うなら、ここかもしれません。

買い方

◎10ロードクエスト

○4マイネルハニー

▲11ドレッドノータス

3連複◎-○-▲

3連単◎→○▲→○▲

合計3点です。

ロードクエストを本命、ドレッドノータスを押さえました。その他、例年中穴が来るレースなので、マイネルハニーを穴馬として押さえました。

差しが決まりやすいと思うので、マイネルハニーとドレッドノータスは、厳しそうではあります…。差しが決まるとすれば、後ろから行きそうな1マウントロブソンと7ミッキーロケットは、ハマりそうですね。

結果

馬券的には、2着、3着、7着でした。

本命◎ロードクエストは3着でした。

スプリングステークス2016
着順 馬番 馬名 前走
1 1 マウントロブソン あすなろ賞(500万) 1着(-0.2)
2 4 マイネルハニー フリージア賞(500万) 1着(-0.7)
3 10 ロードクエスト ホープフルS(G2) 2着(0.2)

最終コーナーでマイネルハニーを見て、「よし!これは残る!」と思いました。本命ロードクエストも差してきたものの、ドレッドノータスが厳しそうでした。

休み明けのためか、ドレッドノータスは掛かってましたね。ここは内枠が欲しかったです。それと過去2走は先行して結果を出した馬なので、本当はもう少し前に行きたかったかもしれません。ちぐはぐなレースになった印象がしました。

1~3着馬の次走情報
  • 1着マウントロブソン、3着ロードクエストは、皐月賞2016に向かいました。
  • 2着マイネルハニーは、青葉賞2016に向かいました。