スプリンターズステークス-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2019年9月29日(日曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝1200m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量3歳55kg,4歳以上57kg,牝馬-2kg
出走数 16頭
天気 曇り(ヤフー天気)

スプリンターズステークス2019

短距離G1スプリンターズステークス2019です。昨年の優勝馬ファインニードルが引退、2016年~2017年の優勝馬レッドファルクス引退。今年も王者不在のレースになりました。今年のスプリントG1高松宮記念は、3連単449万馬券の大波乱となっているだけに、スプリンターズステークスも波乱があるかもしれません。

中山競馬場の芝1200mコース

配当

過去10年のスプリンターズステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回、3連複万馬券は8回あります。波乱傾向のレースと言えそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 4,140円 65,370円 209,620円
2017 1,760円 7,650円 31,850円
2016 4,490円 42,230円 180,060円
2015 5,550円 23,020円 106,170円
2014 7,360円 19,580円 190,930円
2013 400円 13,070円 28,020円
2012 510円 4,300円 17,540円
2011 13,030円 25,610円 212,610円
2010 9,900円 50,860円 358,410円
2009 2,140円 11,660円 66,890円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2014年は、新潟競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

スプリンターズステークス2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 8 牡5 ファインニードル 1 セントウルステークス(G2) 1着(-0.2) 1
2 9 牝3 ラブカンプー 11 セントウルステークス(G2) 2着(0.2) 2
3 1 牡7 ラインスピリット 13 セントウルステークス(G2) 5着(0.4) 9
2017 1 8 牡6 レッドファルクス 1 安田記念(G1) 3着(0.1) 3
2 2 牝5 レッツゴードンキ 5 ヴィクトリアマイル(G1) 11着(0.7) 3
3 6 牝4 ワンスインナムーン 7 朱鷺ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
2016 1 13 牡5 レッドファルクス 3 CBC賞(G3) 1着(-0.0) 3
2 15 牡5 ミッキーアイル 2 高松宮記念(G1) 2着(0.1) 2
3 4 牝3 ソルヴェイグ 9 キーンランドカップ(G3) 4着(0.3) 4
2015 1 2 牝6 ストレイトガール 1 セントウルステークス(G2) 4着(0.0) 3
2 4 牡7 サクラゴスペル 11 安田記念(G1) 17着(1.1) 13
3 6 牝5 ウキヨノカゼ 9 キーンランドカップ(G3) 1着(-0.1) 8
2014新潟 1 18 牡6 スノードラゴン 13 キーンランドカップ(G3) 8着(0.3) 4
2 9 牝5 ストレイトガール 2 函館スプリントステークス(G3) 11着(0.6) 1
3 13 牝4 レッドオーヴァル 5 キーンランドカップ(G3) 2着(0.0) 1
2013 1 10 牡5 ロードカナロア 1 セントウルステークス(G2) 2着(0.0) 1
2 7 牡4 ハクサンムーン 2 セントウルステークス(G2) 1着(-0.0) 2
3 5 牡6 マヤノリュウジン 15 セントウルステークス(G2) 7着(0.8) 7
2012 1 16 牡4 ロードカナロア 2 セントウルステークス(G2) 2着(0.0) 1
2 14 牝5 カレンチャン 1 セントウルステークス(G2) 4着(0.1) 3
3 3 牡5 ドリームバレンチノ 9 キーンランドカップ(G3) 7着(0.6) 2
2011 1 10 牝4 カレンチャン 3 キーンランドカップ(G3) 1着(-0.0) 1
2 3 牡4 パドトロワ 9 キーンランドカップ(G3) 3着(0.0) 4
3 14 牝4 エーシンヴァーゴウ 7 セントウルステークス(G2) 1着(-0.0) 2
2010 1 7 セ8 ウルトラファンタジー 10 Sha Tin Vase(G3) 14着
2 14 牡7 キンシャサノキセキ 3 セントウルステークス(G2) 取消
3 3 牡4 サンカルロ 7 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 5着(0.2) 3
2009 1 13 牡5 ローレルゲレイロ 6 セントウルステークス(G2) 14着(1.4) 4
2 9 牡5 ビービーガルダン 2 キーンランドカップ(G3) 1着(-0.4) 2
3 12 牝5 カノヤザクラ 8 セントウルステークス(G2) 4着(0.5) 2
前走セントウルステークス

出走取消のキンシャサノキセキ(2010年)を含めると、過去10年のスプリンタースステークス3着以内30頭中13頭を占めます。そのうちローレルゲレイロ(2009年)を除く12頭がセントウルステークスで7着以内に好走していました。ローレルゲレイロは、同年の高松宮記念優勝馬でした。

前走キーンランドカップ

過去10年のスプリンタースステークス3着以内30頭中8頭を占めます。8頭はともにキーンランドカップで好走しており、ドリームバレンチノ(2012年)を除く7頭が勝ち馬から0.3秒以内の着順でした。

前走G1レース

過去10年のスプリンタースステークス3着以内30頭中4頭を占めます。近年好走例が増えて来ています。

予想

混戦模様という印象のスプリンターズステークス2019。スプリント戦線の絶対王者が不在で、前哨戦好走馬を中心に何が来てもおかしくないメンバーだと思います。今春のスプリントG1高松宮記念も3連単449万馬券の大波乱となっていますし、波乱の可能性が十分にありそうです。波乱と考えると、別路線組(前走マイル戦など)の台頭があるかもしれませんね。

以下、簡単な考察と予想です。好走例の多いセントウルステークス組とキーンランドカップ組を狙ってみたものの、当たる気がしません。

◎2ダノンスマッシュ

高松宮記念以来の実戦となったキーンランドカップは、タワーオブロンドンを抑えて完勝。休養明け2戦目の今回は、更なる上積みが見込めそうです。深く考えず、本命です。

○8タワーオブロンドン

中一周で挑んだ前走セントウルステークスは、2着以下を突き放す楽勝でした。ただサマースプリントシリーズを3戦(函館スプリントS~キーンランドカップ~セントウルS)。シリーズチャンピオンを獲るために、前走中一周で使ったと考えると、今回は買い難い感じはします。

△15イベリス

8枠15番。過去外枠(7~8枠)から馬券圏内に来た馬を見る限りは、買い難いところでしょうか。休養明けプラス14kgで出走した前走セントウルステークスで3着。楽勝したタワーオブロンドンを除くと、2着以下の上位陣は小差でした。直線、窮屈な場面がありながらも、じわじわ伸びて2着ファンタジストに迫る勢いがありました。流石に穴馬という感じですが、好走例の多いセントウルステークス組ですし、紐荒れ期待で押さえても良いかもしれません。

△16ファンタジスト

イベリス同様、8枠は買い難いところでしょうか。人気薄になりそうなので、好走例の多いセントウルステークス組の紐荒れに期待して、適当に押さえました。

3連複4頭ボックス◎○△△3連単◎→△△→△△合計6点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、11着、16着でした。本命◎ダノンスマッシュは、3着でした。

スプリンターズステークス2019結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牡4 タワーオブロンドン 2 セントウルステークス(G2) 1着(-0.5) 1
2 7 牝4 モズスーパーフレア 3 北九州記念(G3) 4着(0.3) 2
3 2 牡4 ダノンスマッシュ 1 キーンランドカップ(G3) 6着(-0.1) 1

晩に録画を見ました。紐荒れ期待だったのですが、荒れることなく順当な決着でした。1~3番人気の決着は、過去10年で初めてです。

モズスーパーフレアが楽にハナをとって逃げる展開。道中でモズスーパーフレアに競って行く馬もいなかったので、絶好の展開だったと思います。最後は、能力上位2頭だと思われるダノンスマッシュとタワーオブロンドンが突っ込んで来ているものの、モズスーパーフレアが2着に残る決着となりました。

ダノンスマッシュは、タワーオブロンドンが被さるような位置にいたので、直線で出したいところで出せなかったような印象でした。最後は前を捕まえきれず…。ただ負けて強しの内容だと思います。

深く考えない競馬