G1の過去データと予想

高松宮記念-過去データと予想

日程 2020年3月29日(日曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝1200m
格付け G1
条件 4歳以上
斤量 定量(牡57kg,牝2kg減)
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

高松宮記念2020

スプリントG1、高松宮記念2020です。近年は層が薄い印象のスプリント戦線。絶対的王者が不在という年が続いています。昨年は、1~2番人気が馬券圏外に飛び、二桁人気馬が2~3着に好走する大波乱決着でした。

中京競馬場の芝1200mコース

配当

過去10年の高松宮記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。3連複万馬券が5回。やや波乱含みのレースといえそうです。中京競馬場が改修された2012年以降では、大きな波乱が少ない印象でしたが、昨年449万馬券の大波乱決着となりました。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 30,530円 870,740円 4,497,470円
2018 1,690円 15,910円 60,450円
2017 2,150円 3,230円 23,880円
2016 890円 1,740円 6,690円
2015 7,480円 14,000円 81,560円
2014 10,400円 7,990円 71,040円
2013 470円 11,340円 27,200円
2012 950円 1,070円 5,930円
2011 2,370円 33,730円 129,290円
2010 2,690円 4,230円 23,750円

では過去10年の高松宮記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は阪神開催、2010年以前は改修前の中京競馬場で開催されています。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:高松宮記念 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

高松宮記念2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 3 牡4 ミスターメロディ 3 阪急杯(G3) 7着(0.5) 1
2 4 牡6 セイウンコウセイ 12 シルクロードステークス(G3) 15着(1.3) 5
3 7 牡6 ショウナンアンセム 17 オーシャンステークス(G3) 5着(1.0) 13
2018 1 9 牡5 ファインニードル 2 シルクロードステークス(G3) 1着(-0.3) 4
2 8 牝6 レッツゴードンキ 3 フェブラリーステークス(G1) 5着(0.7) 10
3 7 牝5 ナックビーナス 10 オーシャンステークス(G3) 2着(0.0) 2
2017稍重 1 6 牡4 セイウンコウセイ 5 シルクロードステークス(G3) 2着(0.0) 4
2 3 牝5 レッツゴードンキ 2 京都牝馬ステークス(G3) 1着(-0.3) 1
3 7 牡6 レッドファルクス 1 香港スプリント(G1) 12着 3
2016 1 4 牡5 ビッグアーサー 1 シルクロードステークス(G3) 5着(0.6) 1
2 6 牡5 ミッキーアイル 2 阪急杯(G3) 1着(-0.1) 1
3 8 牝4 アルビアーノ 3 オーシャンステークス(G3) 5着(0.5) 1
2015稍重 1 4 セ7 エアロヴェロシティ 4 Chairman’s Sprint Prize(G1) 2着
2 15 牡6 ハクサンムーン 6 オーシャンステークス(G3) 2着(0.1) 1
3 16 牡4 ミッキーアイル 3 阪急杯(G3) 2着(0.0) 4
2014不良 1 5 牡4 コパノリチャード 3 阪急杯(G3) 1着(-0.7) 2
2 17 牡6 スノードラゴン 8 オーシャンステークス(G3) 2着(0.2) 11
3 9 牝5 ストレイトガール 1 シルクロードステークス(G3) 1着(-0.4) 2
2013 1 11 牡5 ロードカナロア 1 阪急杯(G3) 1着(-0.1) 1
2 12 牡6 ドリームバレンチノ 2 シルクロードステークス(G3) 1着(-0.0) 2
3 13 牡4 ハクサンムーン 10 オーシャンステークス(G3) 9着(0.9) 3
2012 1 10 牝5 カレンチャン 2 オーシャンステークス(G3) 4着(0.2) 1
2 17 牡6 サンカルロ 3 阪急杯(G3) 3着(0.3) 1
3 1 牡4 ロードカナロア 1 シルクロードステークス(G3) 1着(-0.4) 1
2011阪神 1 4 牡8 キンシャサノキセキ 3 オーシャンステークス(G3) 2着(0.1) 2
2 8 牡5 サンカルロ 4 阪急杯(G3) 1着(-0.2) 4
3 6 牡7 アーバニティ 11 シルクロードステークス(G3) 2着(0.1) 14
2010 1 6 牡7 キンシャサノキセキ 1 オーシャンステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2 17 牡6 ビービーガルダン 6 阪急杯(G3) 7着(0.6) 1
3 16 牡5 エーシンフォワード 3 阪急杯(G3) 1着(-0.2) 2
前走オーシャンステークス

過去10年の高松宮記念3着以内30頭中9頭を占めます。2017年を除く9回で毎年1頭が馬券圏内に好走しています。

前走阪急杯

過去10年の高松宮記念3着以内30頭中9頭を占めます。2017年~2018年を除く8回で毎年1頭ほどが馬券圏内に好走しています。

前走シルクロードステークス

過去10年の高松宮記念3着以内30頭中8頭を占めます。2010年と2015年を除く8回で毎年1頭が馬券圏内に好走しています。

単勝オッズ

中京競馬場改修後、過去8年の高松宮記念3着以内24頭中20頭単勝20倍未満でした。そのうち単勝10倍未満は18頭を占めます。昨年が例外的な年と考えれば、上位人気馬が結果を残す傾向にありそうです。

年度 着順 馬名 オッズ
2019 1 ミスターメロディ 7.8倍
2 セイウンコウセイ 108.0倍
3 ショウナンアンセム 358.9倍
2018 1 ファインニードル 5.5倍
2 レッツゴードンキ 6.3倍
3 ナックビーナス 41.2倍
2017 1 セイウンコウセイ 8.7倍
2 レッツゴードンキ 5.1倍
3 レッドファルクス 3.6倍
2016 1 ビッグアーサー 3.9倍
2 ミッキーアイル 3.9倍
3 アルビアーノ 5.1倍
2015 1 エアロヴェロシティ 6.5倍
2 ハクサンムーン 16.8倍
3 ミッキーアイル 5.2倍
2014 1 コパノリチャード 7.7倍
2 スノードラゴン 19.6倍
3 ストレイトガール 2.6倍
2013 1 ロードカナロア 1.3倍
2 ドリームバレンチノ 9.4倍
3 ハクサンムーン 85.6倍
2012 1 カレンチャン 3.9倍
2 サンカルロ 6.5倍
3 ロードカナロア 2.4倍
2~4枠

直近4年の高松宮記念3着以内12頭中11頭を占めます。近年は、外枠よりも内枠の好走例が多いと言えそうです。

予想

今年の高松宮記念2020は、飛び抜けた馬が不在ということもあり、かなり難解なレースになりそうです。過去傾向からは、オーシャンステークス組、阪急杯組、シルクロードステークス組が上位争いの中心になりそうですが、別ローテの実績馬もスルー出来ないメンバーだと思います。昨年、449万馬券が飛び出したレースですし、今年も穴馬には注意したいところでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。外過ぎない枠の馬を中心に狙いました。

◎9タワーオブロンドン

過去好走例が多いオーシャンステークス組。前走は、5ヵ月半の休養明けに加えて、斤量58kgを背負った一戦でした。ダノンスマッシュに突き放された形での3着でしたが、それほど悲観しないでも良いかもしれません。一度使って状態が良くなっていれば、勝ち負けがあっても良さそうです。

○3ダイアトニック

過去好走例が多い阪急杯組。他の阪急杯組ステルヴィオとクリノガウディーがマイル実績馬ですし、スプリント戦への対応と考えれば、ダイアトニックが狙い目になるでしょうか。過去10年の3着以内では、高松宮記念が初スプリント戦だった馬は、1400m戦の重賞優勝経験がありました。伏兵扱いになりそうですが、好ローテに期待して押さえても良いかもしれません。

▲2アウィルアウェイ

過去好走例が多いシルクロードステークス組。追い込み決着となった前走は、僅差の接戦を制しての優勝でした。同じく後方から追い込んで2~3着に好走した2頭を見る限りは、今回のメンバーの中では格下という印象を受けます。一応好ローテですし、紐荒れに期待して押さえました。

△6ダノンスマッシュ

過去好走例が多いオーシャンステークスを完勝。データ傾向から勝ち負けがあっても良さそうです。ただ昨年の高松宮記念4着、スプリンターズステークス3着とG1レースでは、少し足りない印象のレースが続いてるのは気になるところです…。

3連複4頭ボックス◎○▲△3連単◎→○▲→○▲合計6点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、10着、11着、12着でした。本命◎タワーオブロンドンは、2着でした。

高松宮記念2020結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 16 牝5 モズスーパーフレア 9 シルクロードステークス(G3) 4着(0.2) 2
2 8 牝4 グランアレグリア 3 阪神カップ(G2) 1着(-0.8) 1
3 3 牡5 ダイアトニック 4 阪急杯(G3) 3着(0.0) 1

全くかすりもせず…。昨年に続く波乱決着でした。好ローテのシルクロードステークス組と阪急杯組が1着3着とはいえ、これは難しいです。

15番人気クリノガウディーが4着に降着も、流石にこれは難解な決着でした。時計が掛かり、差しが決まる馬場だと思っていましたが、逃げたモズスーパーフレア、その後ろクリノガウディーが残る前残り。どうしてこうなったのかと思ってしまうような展開でした。クリノガウディーが降着なく勝ち負けしていたら、凄い高配当になっていましたね…。

全滅した後続勢の中からは、グランアレグリア一頭だけが凄い脚を使っていました。前走の距離短縮がハマっただけあって、短い距離が合うのかもしれません。これほどの前残りにならなければ、差し切っていたと思います。

深く考えない競馬