2019年

宝塚記念2019-過去10年のデータと予想

日程2019年6月23日(日曜)
開催阪神競馬場 11R
距離芝2200m
格付けG1
条件3歳以上
斤量定量4歳以上58kg 牝馬2kg減
出走数12頭
天気雨(ヤフー天気)

宝塚記念2019

グランプリG1、宝塚記念2019です。国内の実力馬が集う上半期の大一番。毎年レベルの高いレースが繰り広げられます。今年もG1実績馬を中心に、楽しみなメンバーが揃いました。

阪神競馬場の芝2200mコース

配当

過去10年の宝塚記念の配当を見ると、3連単10馬券超えが3回あります。大きな波乱は少ないものの、穴馬の連対が多く、馬連が好配当になる傾向にあります。やや波乱含みのレースと言えそうです。

年度馬連3連複3連単
20189,200円93,450円492,560円
20175,250円10,670円70,420円
20162,440円2,800円26,250円
201512,900円157,770円528,510円
20148,990円57,870円251,440円
20135,150円2,910円23,420円
20121,010円3,230円11,550円
20111,660円2,020円17,480円
20105,150円7,920円77,160円
20092,630円720円10,630円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

宝塚記念2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度着順馬番性齢馬名人気前走前走人気
2018稍重14牡5ミッキーロケット7天皇賞(春)(G1) 4着(0.2)9
213セ7ワーザー10The Lion Rock Trophy(G3) 6着
32牡5ノーブルマーズ12目黒記念(G2) 2着(0.1)10
2017稍重111牡5サトノクラウン3大阪杯(G1) 6着(0.4)3
22牡6ゴールドアクター5天皇賞(春)(G1) 7着(1.1)5
38牝5ミッキークイーン4ヴィクトリアマイル(G1) 7着(0.5)1
2016稍重116牝5マリアライト8目黒記念(G2) 2着(0.0)1
29牡4ドゥラメンテ1Dubai Sheema Classic(G1) 2着
33牡4キタサンブラック2天皇賞春(G1) 1着(-0.0)2
2015116牡5ラブリーデイ6鳴尾記念(G3) 1着(-0.3)2
26牝5デニムアンドルビー10天皇賞春(G1) 10着(0.9)9
31牝4ショウナンパンドラ11ヴィクトリアマイル(G1) 8着(0.9)7
2014111牡5ゴールドシップ1天皇賞春(G1) 7着(0.5)2
25セ6カレンミロティック9鳴尾記念(G3) 4着(0.0)2
33牝5ヴィルシーナ8ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-0.1)11
2013110牡4ゴールドシップ2天皇賞春(G1) 5着(0.9)1
24牡5ダノンバラード5鳴尾記念(G3) 3着(0.2)3
311牝4ジェンティルドンナ1Dubai Sheema Classic(G1) 2着
2012111牡4オルフェーヴル1天皇賞春(G1) 11着(1.8)1
27牡5ルーラーシップ2Queen Elizabeth II Cup(G1) 1着
32牡4ショウナンマイティ6鳴尾記念(G3) 2着(0.1)1
201112牡6アーネストリー6金鯱賞(G2) 3着(0.5)3
28牝5ブエナビスタ1ヴィクトリアマイル(G1) 2着(0.0)1
34牡4エイシンフラッシュ3天皇賞春(G1) 2着(0.1)3
2010稍重117牡4ナカヤマフェスタ8メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.3)3
28牝4ブエナビスタ1ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-0.0)1
32牡5アーネストリー3金鯱賞(G2) 1着(-0.2)1
200919牡5ドリームジャーニー2天皇賞春(G1) 3着(0.3)5
28牡6サクラメガワンダー3金鯱賞(G2) 1着(-0.2)1
311牡4ディープスカイ1安田記念(G1) 2着(0.1)2
5番人気以下

過去10年の宝塚記念3着以内30頭中14頭を占めます。2009年を除く過去9回で、穴馬が連対しています。

前走天皇賞春

過去10年の宝塚記念3着以内30頭中9頭を占めます。2010年を除く過去9回で、毎年1頭が馬券圏内に好走しています。

前走鳴尾記念

鳴尾記念の開催時期が変更になった2012年以降、過去7年の宝塚記念では、鳴尾記念組の好走例が目立ちます。ただ2017~2019年の鳴尾記念は、層が薄いメンバー構成だったため、今年はやや買い難いかもしれません。

  • 2012年3着ショウナンマイティ(鳴尾記念2着)
  • 2013年2着ダノンバラード(鳴尾記念3着)
  • 2014年2着カレンミロティック(鳴尾記念4着)3着とクビ差の4着
  • 2015年1着ラブリーデイ(鳴尾記念1着)
  • 2016年5着ステファノス(鳴尾記念2着)
  • 2017年 鳴尾記念組の出走なし
  • 2018年 鳴尾記念組の好走馬なし
7~8枠

過去10年の宝塚記念3着以内30頭中10頭を占めます。外枠や二桁馬番の連対が目立ちます。

前走4着以下

過去10年の宝塚記念3着以内30頭中12頭を占めます。そのうち10頭が前走G1レースに出走していました。

予想

G1馬が6頭、今年の宝塚記念2019は好メンバーが揃いました。5歳の実績馬が中心で、4歳馬がエタリオウ1頭のみというのは少し残念ですが、高いレベルのレースを期待できそうです。

ただ何が来てもおかしくない実力馬が揃ったことに加え、人気馬(スワーヴリチャード、リスグラシュー、レイデオロ)が海外帰り初戦。波乱の可能性は十分にありそうです。

以下、簡単な考察と予想です。勝ち馬候補が多いことに加え、3着なら殆ど全頭にチャンスがありそうなメンバー構成。カスリもしない決着になってもおかしく無さそう…。

◎1キセキ

単騎で逃げることが出来そうなメンバー構成。最後何かに差されて…というレースが続いていますが、直近4戦のG1レースの安定感を考えれば、上位争いの候補になりそうです。ここは深く考えず本命。

○4アルアイン

タフな馬場で行われた前走大阪杯を優勝。今の阪神の馬場は良いかもしれません。切れる脚が無いタイプなので、スムーズに先行できれば…。

▲3エタリオウ

好走例の多い天皇賞春組。エタリオウとクリンチャーなら、近走の実績では、エタリオウの方が狙いやすいでしょうか。離れた後方から進めるレースが続いているので、展開に左右されるタイプといえそうです。脚質から軸では狙い難いものの、好ローテの伏兵と考えれば、押さえても良いかもしれません。横山ジョッキーの新味に期待して…。

△6スティッフェリオ

過去わりと好走例の多い7~10番人気あたりの穴馬。マカヒキ、クリンチャー、スティッフェリオあたりが候補になるでしょうか。紐荒れに期待して、適当に押さえました。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、7着、9着でした。本命◎キセキは、2着でした。

宝塚記念2019 結果
着順馬番性齢馬名人気前走前走人気
112牝5リスグラシュー3クイーンエリザベス2世カップ(G1) 3着2
21牡5キセキ1大阪杯(G1) 2着(0.0)2
311牡5スワーヴリチャード6ドバイシーマクラシック(G1) 3着3

晩に録画を見ました。

近年の宝塚記念としては珍しい上位人気馬による決着。キセキをマークする形で2番手で進めたリスグラシューがの完勝となりました。前残りで、直線入ったところで前にいた5頭がそのまま1~5着を占めるレースでした。

前残りだったこともあり、人気を集めたレイデオロや押さえていたエタリオウは、全く展開が向かなかったと言って良いかもしれません。

深く考えない競馬