七夕賞 過去10年のデータと予想

日程 2019年7月7日(日曜)
開催 福島競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 雨(ヤフー天気)

七夕賞2019

サマー2000シリーズ第一戦、七夕賞2019です。ハンデ戦ということもあって波乱決着の多い一戦。例年、上位人気の総崩れがあったり、人気薄の激走もあり、かなり難解なレースとなっています。

福島競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の七夕賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。さらに3連複万馬券は8回、馬連万馬券は4回と波乱傾向のレースとなっています。今年も波乱を想定しておいた方が良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 23,250円 293,520円 2,563,330円
2017 1,420円 6,180円 21,540円
2016 2,290円 24,200円 96,740円
2015 3,820円 290,610円 1,006,440円
2014 15,840円 15,310円 121,740円
2013 4,960円 76,040円 310,070円
2012 16,450円 67,180円 591,030円
2011 3,950円 13,120円 84,620円
2010 11,440円 12,600円14,180円 91,300円99,480円
2009 2,090円 3,780円 21,170円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年は、中山競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

七夕賞2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 4 牡7 54 メドウラーク 11 米子ステークス(OP) 11着(2.0) 8
2 5 牡6 52 マイネルサージュ 4 福島民報杯(OP) 1着(-0.0) 5
3 8 牡6 56 パワーポケット 12 夏至ステークス(1600万) 8着(1.1) 8
2017 1 8 牡4 57 ゼーヴィント 1 アメリカジョッキーカップ(G2) 2着(0.1) 1
2 11 牡6 57 マイネルフロスト 5 鳴尾記念(G3) 3着(0.3) 7
3 12 牡5 53 ソールインパクト 7 芦ノ湖特別(1000万) 1着(-0.1) 1
2016 1 8 牡4 57 アルバートドック 3 エプソムカップ(G3) 7着(0.8) 5
2 4 牡8 58 ダコール 5 新潟大賞典(G3) 4着(0.5) 5
3 12 セ6 53 オリオンザジャパン 11 アハルテケステークス(OP) 4着(0.2) 8
2015 1 11 牡6 57 グランデッツァ 2 鳴尾記念(G3) 5着(0.5) 3
2 12 牡6 56 ステラウインド 8 目黒記念(G2) 12着(1.1) 5
3 7 牡6 52 マデイラ 16 福島民報杯(OP) 10着(1.2) 13
2014 1 2 セ6 56 メイショウナルト 5 鳴尾記念(G3) 11着(1.3) 7
2 4 牡5 56 ニューダイナスティ 10 仁川ステークス(OP) 10着(1.9) 8
3 7 牡6 58 マイネルラクリマ 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.0) 4
2013 1 4 牡5 57 マイネルラクリマ 1 都大路ステークス(OP) 2着(0.1) 1
2 10 牡6 58 トレイルブレイザー 7 Dubai Sheema Classic(G1) 11着
3 2 牡8 55 タガノエルシコ 14 米子ステークス(OP) 8着(0.7) 8
2012稍重 1 6 牡5 55 アスカクリチャン 14 東京新聞杯(G3) 10着(0.8) 11
2 5 牡4 57 トーセンラー 1 鳴尾記念(G3) 3着(0.4) 5
3 7 牡5 55 ミキノバンジョー 7 福島テレビオープン(OP) 1着(-0.2) 5
2011中山 1 15 牝5 52 イタリアンレッド 7 マーメイドステークス(G3) 4着(0.4) 4
2 10 牡5 55 タッチミーノット 2 新潟大賞典(G3) 6着(0.5) 1
3 2 牝4 55 アニメイトバイオ 4 エプソムカップ(G3) 7着(0.8) 3
2010 1 8 牡5 52 ドモナラズ 11 福島テレビオープン(OP) 4着(0.9) 7
2 7 牝6 54 アルコセニョーラ 6 ヴィクトリアマイル(G1) 17着(1.2) 17
3 9 牡6 55 サンライズベガ 1 大阪杯(G2) 10着(0.8) 3
2009 1 14 牡6 57 ミヤビランベリ 1 目黒記念(G2) 1着(-0.8)
2 8 牝5 53 アルコセニョーラ 4 福島テレビオープン(OP) 6着(0.4) 7
3 13 牡7 56 ホッコーパドゥシャ 2 エプソムカップ(G3) 9着(1.1) 7
人気

過去10年の七夕賞3着以内30頭中17頭が5番人気以下でした。人気馬が不振傾向にあります。特に2010年以降、1~3番人気から2頭以上3着以内に好走した年がありません。

前走4着以下

過去10年の七夕賞3着以内30頭中21頭を占めます。大敗からの巻き返しも見られます。

予想

今年の七夕賞2019は、重賞好走歴のある馬を中心に好メンバーが揃いました。とばいえ、抜けた馬が不在のハンデ戦。過去波乱決着が多いレースですし、穴馬の好走劇があるかもしれません。

不良馬場で行われた6月30日のラジオNIKKEI賞。雨予報が出ている為、今週もある程度、力のいる馬場になるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしない一戦。ディープインパクト産と内枠の穴馬を中心に狙いました。こういう時に限って、内全滅で外差し決着だったりするんですが…。

◎4ソールインパクト

オーストラリア遠征でのど鳴りが判明して、その後の重賞で軽視していたのですが、4着4着3着と大崩れなく好走しています。一昨年の七夕賞は、大外枠から3着に好走していますし、ここで上位食い込みがあっても良さそうです。

○2アウトライアーズ

前走新潟大賞典14着。実績面では買い難いところでしょうか。同コースで行われた2走前の福島民報杯で4着。後方から進めた展開が向いたようなレースでしたが、末脚が活きる展開になれば、このクラスでも勝負できそうな印象でした。血統面では、先週のラジオNIKKEI賞優勝馬ブレイキングドーンと同じヴィクトワールピサ産、母父フレンチデピュティとある程度タフな馬場もこなせそうですし、下位人気になるようであれば…。

△10ベルキャニオン

好走例の多いディープインパクト産。このクラスでは、少し厳しそうですが…。ただ2走前のキャピタルステークスでは、好メンバーを相手に時計差のない3着に好走していますし、ハマれば無くは無い一頭でしょうか。休養明け叩き2戦目と血統面に期待して適当に押さえました。

(無印)16クレッシェンドラヴ

前走福島民報杯は、離れた後方から捲くって行っての2着でした。掲示板5頭がともに後方から進めた馬だったことを考えると、展開が向いた一戦といえそうです。とはいえ今回も前に行きそうな馬が揃っており、前がやり合うかたちになれば、展開が味方するかもしれません。父ステイゴールド、母父Sadler’s Wellsでタフな馬場もこなせそうですし、ここで伏兵扱いなら…。

ワイド3頭ボックス◎○△ 3連複◎-○-△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、8着、15着でした。本命◎ソールインパクトは、8着でした。

七夕賞2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 牡5 57.5 ミッキースワロー 3 エプソムカップ(G3) 10着(1.0) 2
2 15 牡5 55 クレッシェンドラヴ 2 福島民報杯(LR) 2着(0.1) 1
3 9 牡6 55 ロードヴァンドール 12 天皇賞春(G1) 12着(5.7) 7

夕方に録画を見ました。人気馬のワンツーフィニッシュ、とはいえ3着に大穴が入り、3連単172,290円の波乱となっています。

“こういう時に限って、内全滅で外差し決着だったり…”その通りになってしまいました。先行して粘ったロードヴァンドールを除くと、直線で外から突っ込んで来た馬が上位争いを演じる決着。

本命ソールインパクトは、コンディションなのか、馬場が合わなかったのか分かりませんが、最後方からの競馬でした。過去のレースを見る限りは、切れる脚は無いので、道中で来ないことを察してしまう位置取りだったと思います。

JRA G3
深く考えない競馬