七夕賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年7月9日(日曜日)
開催 福島競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 12頭
天気 晴れ参考 福島競馬場 – Yahoo!天気・災害

サマー2000シリーズ第一戦、ハンデ重賞「七夕賞2017」です。波乱決着の多いレースで、過去10年では、3連単10万馬券超えが5回あります。上位人気が崩れる年も多く、さらに人気薄の激走もあり、かなり難解な一戦となっています。

その傾向から、今年も当たりそうにない気がしてしまいます。(´・ω・`)

年度 馬連 3連複 3連単
2016 2,290円 24,200円 96,740円
2015 3,820円 290,610円 1,006,440円
2014 15,840円 15,310円 121,740円
2013 4,960円 76,040円 310,070円
2012 16,450円 67,180円 591,030円
2011 3,950円 13,120円 84,620円
2010 11,440円 12,600円14,180円 91,300円99,480円
2009 2,090円 3,780円 21,170円
2008 21,570円 45,470円 357,690円
2007 2,370円 3,870円 26,210円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
七夕賞2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 8 牡4 57 アルバートドック 3 エプソムカップ(G3) 7着(0.8)
2 4 牡8 58 ダコール 5 新潟大賞典(G3) 4着(0.5)
3 12 セ6 53 オリオンザジャパン 11 アハルテケステークス(OP) 4着(0.2)
2015 1 11 牡6 57 グランデッツァ 2 鳴尾記念(G3) 5着(0.5)
2 12 牡6 56 ステラウインド 8 目黒記念(G2) 12着(1.1)
3 7 牡6 52 マデイラ 16 福島民報杯(OP) 10着(1.2)
2014 1 2 セ6 56 メイショウナルト 5 鳴尾記念(G3) 11着(1.3)
2 4 牡5 56 ニューダイナスティ 10 仁川ステークス(OP) 10着(1.9)
3 7 牡6 58 マイネルラクリマ 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.0)
2013 1 4 牡5 57 マイネルラクリマ 1 都大路ステークス(OP) 2着(0.1)
2 10 牡6 58 トレイルブレイザー 7 Dubai Sheema Classic(G1) 11着
3 2 牡8 55 タガノエルシコ 14 米子ステークス(OP) 8着(0.7)
2012稍重 1 6 牡5 55 アスカクリチャン 14 東京新聞杯(G3) 10着(0.8)
2 5 牡4 57 トーセンラー 1 鳴尾記念(G3) 3着(0.4)
3 7 牡5 55 ミキノバンジョー 7 福島テレビオープン(OP) 1着(-0.2)
2011中山 1 15 牝5 52 イタリアンレッド 7 マーメイドS(G3) 4着(0.4)
2 10 牡5 55 タッチミーノット 2 新潟大賞典(G3) 6着(0.5)
3 2 牝4 55 アニメイトバイオ 4 エプソムカップ(G3) 7着(0.8)
2010稍重 1 8 牡5 52 ドモナラズ 11 福島テレビオープン(OP) 4着(0.9)
2 7 牝6 54 アルコセニョーラ 6 ヴィクトリアマイル(G1) 17着(1.2)
3 9 牡6 55 サンライズベガ 1 大阪杯(G2) 10着(0.8)
2009 1 14 牡6 57 ミヤビランベリ 1 目黒記念(G2) 1着(-0.8)
2 8 牝5 53 アルコセニョーラ 4 福島テレビオープン(OP) 6着(0.4)
3 13 牡7 56 ホッコーパドゥシャ 2 エプソムカップ(G3) 9着(1.1)
2008 1 9 牡5 53 ミヤビランベリ 7 関ケ原ステークス(1600万) 13着(1.3)
2 11 牡5 53 ミストラルクルーズ 11 ダイヤモンドステークス(G3) 14着(2.3)
3 7 牡5 54 マイネルキッツ 3 エプソムカップ(G3) 5着(0.2)
2007 1 4 牡6 57 サンバレンティン 6 エプソムカップ(G3) 8着(0.6)
2 1 牡6 55 アドマイヤモナーク 2 目黒記念(G2) 4着(0.6)
3 9 牡5 56 ユメノシルシ 3 福島テレビオープン(OP) 1着(-0.0)

人気

過去10年の七夕賞3着以内では、人気を集めた馬不振傾向にあります。特に2010年以降、1~3番人気から2頭以上馬券圏内に来た年がありません。

  • 1番人気(2-1-2-5)複勝率50%
  • 2番人気(1-2-1-5)複勝率40%
  • 3番人気(1-0-2-7)複勝率30%

一方、二桁人気の馬の好走が多く、過去10年では計7頭馬券圏内に来ています。現在、5年連続で二桁人気馬が馬券圏内に好走しています。

過去10年の七夕賞3着以内では、内枠(1~4枠)の好走が目立ちます。

一方、外枠不振傾向にあり、8枠からは中山開催だった2011年のみです。近年は7枠の好走もなく、1~6枠までが馬券圏内の候補という決着が続いています。

前走オープンクラス

過去10年の七夕賞3着以内30頭中29頭を占めます。前走が条件戦だった馬は、2008年1着ミヤビランベリのみです。

その他、前走が馬券圏内だった馬も少なく、過去10年の3着以内30頭中24頭前走馬券圏外からの巻き返しでした。また前走が馬券圏内だった6頭中4頭1番人気の支持を集めた馬でした。

馬券予想

過去10年の傾向から「人気馬不振傾向」「二桁人気馬」「枠(1~6枠)」「前走オープンクラス(特に前走馬券圏外だった馬)」に注目です。

七夕賞2017は、重賞実績馬も多く、例年より若干レベルが高いような印象を受けます。データ的には狙いにくいですが、前走で条件戦だった馬も勢いや能力がありそうなので、バッサリ消してしまうのも難しそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

少頭数になりましたが、これは当たる気がしないので、少頭数・少点数にしました。(´ε`;) 【追記】土曜の馬場が後ろ過ぎると届かないような印象だったので、印を変更しました。
◎⑧ゼーヴィント

前走アメリカジョッキークラブカップ2017 2着。このメンバーなら、連対を外したくないところだと思います。昨年、同条件の福島記念2016では、テン乗りのシュタルケ騎手が騎乗し、逃げたマルターズアポジーを捕まえきれず2着。今回は、長くコンビを組んでいる戸崎騎手が騎乗で、騎手面ではプラスに働きそうです。

能力は一枚上だと思うので、あとは約半年の休養明けの影響でしょうか。

○③フェルメッツァ

前走福島民報杯2017 2着。前走は、マイネルミラノ以外の先行勢が潰れる中、その後ろで脚を溜める競馬。直線に入ってからは、良い脚で伸びてきていました。3~5着馬が後方にいた追い込み馬だったことを考えると、強い内容だったと思います。

ここは、前走のような競馬に期待して押さえました。

(追加)▲①パドルウィール

前走エプソムカップ2017 18着。近走の成績からは狙いにくい馬ですが、昨年の金鯱賞2016でヤマカツエースと時計差のない2着に入っています。ハマれば…という感じでしょうか。

血統的には、父クロフネ・母父サンデーサイレンス。昨年の七夕賞2016で穴をあけた3着オリオンザジャパン(11番人気)や一昨年の七夕賞2015で穴をあけた3着マデイラ(16番人気)も父クロフネ・母父サンデーサイレンスという配合でした。血統的には、一発ありそうな馬だと思います。

「内枠・前走オープンクラスで馬券圏外・人気薄・軽ハンデ・血統」と条件が揃っているので、波乱演出に期待して押さえました。

(無印に変更)⑤バーディーイーグル

前走エプソムカップ2017 5着。上がり最速の上、差のない5着(0.3秒差)で、今回のメンバーなら下位候補ではない気がします。

データ的には、「前走オープンクラスのレースに出走し、馬券圏外だった馬」「内枠」ですし、無くはない感じでしょうか。前が速く流れて、末脚が活きる展開になれば…。

(無印)⑩ウインインスパイア

集中に注目した馬ですが、外に入ったので馬券的にはスルーしました。

前走新潟大賞典2017 12着。近走の成績を見ると、なかなか手が出せない馬ですが…。今回は逃げ先行馬が多く、前の争いが厳しくなるようであれば「追い込み馬を」と考えました。昨年の福島記念2016は10着に敗れていますが、ハンデ戦なので気にしないようにしておきます。(;´ω`p

データ的には、「前走オープンクラスに出走し馬券圏外だった馬」で、無くはないかな…という感じです。現在、5年連続で二桁人気馬が好走しているので、外枠(7~8枠)に入らないようであれば、押さえておこうかなと思っています。

馬連◎-○▲3連複◎-○-▲ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、5着、8着でした。

本命◎ゼーヴィントは1着でした。

七夕賞2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 8 牡4 ゼーヴィント 1 アメリカジョッキーカップ(G2) 2着(0.1)
2 11 牡6 マイネルフロスト 5 鳴尾記念(G3) 3着(0.3)
3 12 牡5 ソールインパクト 7 芦ノ湖特別(1000万) 1着(-0.1)

狙った紐が来ない結果でした。(´;ω;`)

最初の1000mが58.0秒。時計的には、小倉大賞典2017のときの方が速かったと思いますが、フェイマスエンドとやり合う形になってしまい、マルターズアポジーには厳しいレースとなりました。優勝したゼーヴィントには絶好の展開だったと思います。

押さえたフェルメッツァもパドルウィールも最後の直線で来そうな感じでしたが、伸びそうで伸びなかったです。穴狙いだったので仕方ないところではありますが…。

上位陣では、マイネルフロストがここに来て安定してきました。コンスタントに使って3戦目ということで軽視してたんですが、2着に粘ったところは力をつけてきてるように感じました。ただ、また夏の重賞を使うようであれば、どうかな…という感じはします。

1~3着馬の次走情報
  • 2着マイネルフロスト、3着ソールインパクトは、新潟記念2017に向かいました。