G2の過去データと予想

東海ステークス-過去データと予想

日程 2020年1月26日(日曜)
開催 京都競馬場11R
距離 ダート1800m
格付け G2
条件 4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

東海ステークス2020

ダート重賞、東海ステークス2020です。G1フェブラリーステークスの前哨戦として、2013年から1月開催に変更となり、距離も1800m戦へと短縮されました。過去7年では、グレープブランデー(2013年)とコパノリッキー(2015年)がフェブラリーステークス優勝。アスカノロマン(2016年)がフェブラリーステークスで3着に好走しています。本番に向けて、注目度の高いレースといえそうです。なお、今年は京都競馬場整備工事に伴う開催の振替と五輪期間中の小倉開催休止に伴い、日程へ変更により京都競馬場で開催されます。

京都競馬場のダート1800mコース

配当

過去7年の東海ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回だけです。2017年に大きな波乱がありますが、比較的平穏な払い戻しが多いレースといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 310円 750円 1,610円
2018 4,260円 14,690円 49,170円
2017 12,560円 88,830円 465,440円
2016 1,290円 1,120円 8,200円
2015 6,110円 7,690円 50,080円
2014 680円 5,670円 15,380円
2013 6,030円 4,430円 33,790円

では過去7年の東海ステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去7年の1~3着馬の前走データ

東海ステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 4 牡5 56 インティ 1 観月橋ステークス(1600万) 1着(-0.8) 1
2 3 牡4 56 チュウワウィザード 2 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.1) 2
3 5 牡4 55 スマハマ 4 青竜ステークス(OP) 2着(0.0) 1
2018 1 8 牡6 56 テイエムジンソク 1 チャンピオンズカップ(G1) 2着(0.0) 1
2 6 牡5 56 コスモカナディアン 13 師走ステークス(OP) 12着(2.1) 4
3 3 牡6 56 モルトベーネ 6 チャンピオンズカップ(G1) 13着(0.8) 13
2017 1 8 牡4 55 グレンツェント 1 師走ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
2 4 牡5 56 モルトベーネ 12 みやこステークス(G3) 6着(0.9) 11
3 14 牡6 56 メイショウウタゲ 10 師走ステークス(OP) 4着(0.5) 11
2016 1 6 牡5 57 アスカノロマン 4 ベテルギウスステークス(OP) 2着(0.3) 3
2 10 牡5 56 モンドクラッセ 2 みやこステークス(G3) 7着(0.8) 2
3 5 牡5 56 ロワジャルダン 1 チャンピオンズカップ(G1) 4着(0.3) 8
2015 1 6 牡5 58 コパノリッキー 1 東京大賞典(G1) 2着(0.8) 2
2 13 牡8 56 グランドシチー 9 師走ステークス(OP) 4着(0.9) 4
3 4 牡5 56 インカンテーション 3 チャンピオンズカップ(G1) 10着(0.8) 4
2014 1 14 牡7 57 ニホンピロアワーズ 1 東京大賞典(G1) 3着(0.8) 3
2 12 牡7 56 グランドシチー 3 ジャパンカップダート(G1) 6着(0.8) 15
3 3 牡5 56 マイネルバイカ 8 初夢ステークス(1600万) 1着(-0.4) 1
2013 1 15 牡5 57 グレープブランデー 4 ジャパンカップダート(G1) 5着(1.1) 11
2 9 牡7 56 ナムラタイタン 8 東京大賞典(G1) 4着(1.6) 7
3 6 牡4 55 ホッコータルマエ 1 フェアウェルステークス(OP) 2着(0.4) 1
前走G1レース

過去7年の東海ステークス3着以内21頭中9頭を占めます。特に近年は、同コース(中京ダート1800m戦)で行われているチャンピオンズカップ組の好走例が目立ちます。

1番人気

過去7年の東海ステークス3着以内では、複勝率100%(5-0-2-0)を誇ります。

前走大敗(勝ち馬から1秒以上離されて負けていた馬)

過去7年の東海ステークス3着以内21頭中3頭を占めます。そのうち2頭が前走G1レース出走馬だったことを考えると、前走大敗からの巻き返しが少ない傾向にありそうです。

予想

今年の東海ステークス2020は、好メンバーが揃ったと思います。ざっと見た感じではインティ一強というメンバーですが、重賞好走歴のある馬も多く、上位争いは混戦模様という印象を受けます。データ傾向から、(大敗していない馬)を中心に狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか。雨の影響も気になります。

以下、簡単な考察と予想です。前走大敗していない馬を狙いました。前に行く3頭を狙いましたが、前が崩れて真逆の結果になるとすれば、みやこステークス連対馬やモズアトラクションあたりが狙い目になるでしょうか。

◎13インティ

2走前のみやこステークスは、ハイペース(最初の1000mが59.0秒)に加え、4コーナーで不利を受けての大敗。度外視して良いと思います。ただ今回も前がやり合う展開になってしまうと、厳しいレースになるかもしれません。ある程度、流れが落ち着けば…。

○4スマハマ

インティ同様、前が崩れたみやこステークスを除いて、安定した成績を残しています。今回は6アイファーイチオーの出方次第で、逃げか番手が決まることになるでしょうか。極端に前がやり合うなんてことにならなければ…。

△3アングライフェン

前走名古屋グランプリ2着。後ろで脚を溜めるタイプでしたが、前走は外目の好位からの競馬でした。勝ちに行ったのか早めに動いたこともあり、最後は優勝馬デルマルーヴルに交わされてしまいましたが、見せ場はあったと思います。前走のような競馬が出来れば、上位食い込みがあっても良いかもしれません。

3連複◎-○-△3連単◎→○△→○△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、4着、15着でした。本命◎インティは、3着でした。

東海ステークス2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 牡5 56 エアアルマス 2 武蔵野ステークス(G3) 11着(1.6) 1
2 15 牡7 56 ヴェンジェンス 3 チャンピオンズカップ(G1) 7着(0.7) 10
3 13 牡6 58 インティ 1 チャンピオンズカップ(G1) 3着(0.2) 3

人気3頭による順当な決着でした。

前走内で砂を被るレースになってしまったエアアルマス。今回は枠順を見てスルーしたのですが、スタート良く、そのまま好位からの抜け出しで完勝しました。上手く力を出し切ったように見えます。今回は、前に行くと思っていた強い馬(インティ、スマハマ)がいるメンバーでしたし、前走を見る限り、すんなり良い位置を取るとは予想できず…でした。

前に行くと思っていた本命インティは、控える競馬。直線入り口で前の2頭(アイファーイチオー、スマハマ)が垂れる中、チャンピオンズカップ組の2頭(インティ、ヴェンジェンス)レースとなりました。チャンピオンズカップ組の2頭は、安定していますね。