東京新聞杯 過去10年のデータと予想

日程 2019年2月3日(日曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

東京新聞杯2019

マイル重賞、東京新聞杯2019です。例年好メンバーが集う一戦。近年は、毎年のように春のG1レース好走馬を輩出しており、今年のマイル戦線を占う一戦といえそうです。

東京競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年の東京新聞杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。馬連や3連複が好配当となる年が多く、波乱含みのレースと言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 2,450円 4,630円 27,390円
2017 3,150円 1,610円 15,460円
2016 4,690円 76,830円 353,160円
2015 14,690円 19,820円 155,940円
2014 6,710円 12,170円 96,300円
2013 1,690円 3,650円 16,490円
2012 3,720円 9,430円 65,040円
2011 12,090円 9,760円 97,600円
2010 950円 3,610円 14,840円
2009 27,100円 139,830円 888,960円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

東京新聞杯2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 8 牝4 55 リスグラシュー 3 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.4) 7
2 3 牡4 57 サトノアレス 5 キャピタルステークス(OP) 2着(0.0) 2
3 15 牡4 56 ダイワキャグニー 2 中山金杯(G3) 5着(0.3) 3
2017 1 2 牡4 56 ブラックスピネル 3 京都金杯(G3) 2着(0.0) 6
2 5 牡4 56 プロディガルサン 5 菊花賞(G1) 11着(1.3) 11
3 7 牡4 57 エアスピネル 1 京都金杯(G3) 1着(-0.0) 1
2016 1 6 牝6 55 スマートレイアー 5 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.1) 8
2 3 牡7 57 エキストラエンド 6 京都金杯(G3) 7着(0.5) 4
3 10 牡5 56 マイネルアウラート 11 阪神カップ(G2) 9着(0.6) 12
2015稍重 1 6 牡6 56 ヴァンセンヌ 3 元町ステークス(1600万) 1着(-0.0) 2
2 13 牡6 56 アルフレード 9 ニューイヤーステークス(OP) 9着(0.6) 2
3 10 牡5 56 フルーキー 1 京都金杯(G3) 4着(0.2) 2
2014 1 7 牝6 57 ホエールキャプチャ 8 エリザベス女王杯(G1) 6着(0.5) 4
2 11 牡5 56 エキストラエンド 3 京都金杯(G3) 1着(-0.2) 6
3 12 牡5 57 クラレント 5 阪神カップ(G2) 3着(0.1) 7
2013 1 5 牡4 56 クラレント 2 阪神カップ(G2) 5着(0.3) 4
2 1 牡4 56 ダイワマッジョーレ 5 中山金杯(G3) 5着(0.4) 3
3 8 牡7 56 トライアンフマーチ 4 京都金杯(G3) 2着(0.4) 6
2012 1 5 牡5 56 ガルボ 8 ニューイヤーステークス(OP) 2着(0.5) 3
2 6 牡5 56 コスモセンサー 4 ニューイヤーステークス(OP) 1着(-0.5) 1
3 7 牡5 56 ヒットジャポット 7 ニューイヤーステークス(OP) 3着(0.8) 2
2011 1 15 牡6 57 スマイルジャック 5 マイルチャンピオンシップ(G1) 6着(0.3) 5
2 3 牡5 56 キングストリート 7 ニューイヤーステークス(OP) 5着(0.2) 2
3 1 牡4 56 ゴールスキー 2 阪神カップ(G2) 5着(0.4) 1
2010 1 2 牡4 55 レッドスパーダ 2 ニューイヤーステークス(OP) 1着(0.0) 2
2 4 牡4 55 トライアンフマーチ 1 キャピタルステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 1 牡5 56 エーシンフォワード 6 ニューイヤーステークス(OP) 2着(0.0) 1
2009不良 1 6 牡5 56 アブソリュート 5 クリスマスカップ(1600万) 1着(-0.3) 2
2 14 牡6 56 キャプテンベガ 15 2008ファイナルステークス(OP) 6着(0.3) 1
3 2 牡4 56 スマイルジャック 9 マイルチャンピオンシップ(G1) 11着(0.6) 8
前走ニューイヤーステークス

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中7頭を占めます。そのうち6頭が中穴(4~9番人気)程度の支持を集めていました。

前走京都金杯

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中6頭を占めます。近年、好走例が多く、5年連続(2013~2017年)で馬券圏内に好走しています。

上位人気

過去10年の東京新聞杯3着以内では、不振傾向にあります。1番人気馬の優勝がありません。

  • 1番人気(0-1-2-7)複勝率30%
  • 2番人気(2-0-2-6)複勝率40%
  • 3番人気(3-0-1-6)複勝率40%
前走大敗

過去10年の東京新聞杯3着以内では、不振傾向にあります。前走二桁着順だった馬は2頭。前走勝ち馬から0.7秒以上離されて負けていた馬は僅か1頭のみです。大敗からの巻き返しが少ない傾向にありそうです。

予想

今年の東京新聞杯2019は、ほぼ例年ぐらいのレベルになるでしょうか。G1レースで勝ち負けという馬は不在ですが、レイエンダやタワーオブロンドンなど、今年の飛躍を狙う4歳の実力馬が揃いました。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしません。スルーした人気馬インディチャンプやレイエンダで決着なんてことも十分にありそうですね。

◎10ロジクライ

前走富士ステークスは、先行から抜け出しての押し切り勝ちでした。前での競馬がハマったという印象ですが、4着エアスピネル、5着ペルシアンナイトというメンバーを考えれば、勝負強さを見せた一戦だったと思います。今回も有力馬の多くが後ろで脚を溜めるタイプですし、スムーズに先行することが出来れば、上位争いを期待できそうです。

○5タワーオブロンドン

マイル戦は少し長い印象ですが、勢いのある4歳馬というのは魅力ですね。前走キャピタルステークスは、大外一気で2着。上位6頭が僅差の接戦でしたし、このメンバーで抜けて強いかと考えると、少し疑問は残ります。

▲1サトノアレス

5年連続で連対しているディープインパクト産。前走阪神カップ大敗も、6ヵ月半の休養明けだったことを考えれば度外視して良いかもしれません。昨年の東京新聞杯は2着、その後、安田記念でも差のない4着に好走しており、東京マイルの相性の良さが伺えます。伏兵扱いなら、押さえていても良さそうです。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、5着、9着でした。本命◎ロジクライは、3着でした。

東京新聞杯2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡4 56 インディチャンプ 1 元町ステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
2 6 牝5 54 レッドオルガ 6 ターコイズステークス(G3) 6着(0.3) 6
3 1 牡5 56 サトノアレス 4 阪神カップ(G2) 15着(2.5) 5

出負けしたインディチャンプが優勝。1番人気の優勝も2007年まで遡るみたいで、かなり力を付けていることを印象付ける決着でした。

最後は、先行勢が垂れ、イン差しが決まる決着。外を回した馬には厳しいレースだったと思います。タワーオブロンドンは、内でじっくり脚を溜めている様子でしたが、伸び切れず…。やはりマイルは、少し距離が長いのかもしれません。

牝馬のレッドオルガが2着。過去3着以内に好走した牝馬がリスグラシュー、スマートレイアー、ホエールキャプチャとG1レース好走歴のある馬だけだったので、手が出せませんでした。この馬は、東京マイルが合いそうですね。

JRA G3
深く考えない競馬