チューリップ賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年3月4日(土曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 馬齢
出走数 12頭
天気 晴れ参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

「チューリップ賞2017」です。例年、桜花賞で好走する馬を輩出しているステップレースです。チューリップ賞の上位馬だけでなく、馬券圏外に負けた馬も桜花賞で馬券圏内に来ることが多いので、チューリップ賞2017の内容にも注目したいですね。

過去10年のチューリップ賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは、2010年と2013年の2回あります。この2回とも上位陣が総崩れする波乱決着でした。ただ、その他の年も3着以内には穴馬の好走が多いので、傾向としては波乱含みのレースだと思います。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 730円 10,460円 44,410円
2015 5,780円 4,020円 30,600円
2014 480円 1,860円 3,730円
2013 5,070円 21,920円 116,790円
2012 8,070円 2,860円 57,290円
2011 230円 1,680円 2,930円
2010 5,980円 23,510円 186,190円
2009 2,000円 8,990円 24,740円
2008 1,060円 960円 9,500円
2007 130円 1,140円 2,250円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
チューリップ賞2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 11 シンハライト 2 紅梅ステークス(OP) 1着(-0.0)
2 9 ジュエラー 1 シンザン記念(G3) 2着(0.0)
3 7 ラベンダーヴァレイ 10 赤松賞(500万) 5着(0.3)
2015 1 14 ココロノアイ 5 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 3着(0.2)
2 1 アンドリエッテ 7 クイーンカップ(G3) 4着(0.1)
3 15 レッツゴードンキ 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 2着(0.1)
2014 1 3 ハープスター 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 2着(0.0)
2 13 ヌーヴォレコルト 4 こうやまき賞(500万) 1着(-0.1)
3 12 リラヴァティ 6 フェアリーステークス(G3) 3着(0.1)
2013 1 7 クロフネサプライズ 3 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 2着(0.0)
2 13 ウインプリメーラ 7 エルフィンステークス(OP) 2着(0.1)
3 6 アユサン 5 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 7着(0.6)
2012 1 12 ハナズゴール 4 500万(東京芝1400m) 1着(-0.4)
2 14 エピセアローム 3 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 8着(0.6)
3 5 ジョワドヴィーヴル 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.4)
2011 1 8 レーヴディソール 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.1)
2 10 ライステラス 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 3着(0.3)
3 5 メデタシ 6 エルフィンステークス(OP) 5着(0.8)
2010 1 12 ショウリュウムーン 9 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.3)
2 16 アパパネ 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.1)
3 4 エーシンリターンズ 8 エルフィンステークス(OP) 1着(-0.1)
2009 1 5 ブエナビスタ 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.4)
2 7 サクラミモザ 7 500万(京都ダ1400m) 1着(-0.3)
3 1 ルージュバンブー 8 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.2)
2008 1 10 エアパスカル 5 こぶし賞(500万) 13着(4.5)
2 2 トールポピー 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.0)
3 15 オディール 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 4着(0.3)
2007 1 11 ウオッカ 1 エルフィンステークス(OP) 1着(-0.5)
2 7 ダイワスカーレット 2 シンザン記念(G3) 2着(0.2)
3 2 レインダンス 5 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.4)
前走阪神ジュベナイルフィリーズ

過去10年のチューリップ賞3着以内30頭中12頭を占めます。鉄板ローテといえますが、阪神ジュベナイルフィリーズで大敗していた馬はいません。

前走エルフィンステークス

過去10年のチューリップ賞では、計4頭が馬券圏内に来ています。穴馬の好走が多い傾向があります。

  • 2013年2着ウインプリメーラ(7番人気)
  • 2011年3着メデタシ(6番人気)
  • 2010年3着エーシンリターンズ(8番人気)
  • 2007年1着ウオッカ(1番人気)
外枠

過去10年のチューリップ賞では、外枠(6~8枠)の好走が目立ちます。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走阪神ジュベナイルフィリーズ」「前走エルフィンステークス」「外枠」に注目です。

チューリップ賞2017は、ソウルスターリングリスグラシュー二強という印象です。一方、この2頭を除くと3着以内はかなりの混戦で、ほとんど全頭にチャンスがありそうだと思います。

注目は、やはりソウルスターリングでしょうか。全く底を見せていませんし、好位から競馬ができるので、展開的な注文も必要ないタイプだと思います。桜花賞2017への叩きになると思いますが、ここでは馬券圏内は硬いのではないでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎⑩ソウルスターリング

3戦3勝、前走阪神ジュベナイルフィリーズ2016完勝。特に言うこともなく、ここは勝ち負けを期待したいですね。欧州血統なので、極端に速い時計の決着になった場合は、少し心配なところですが…。

○③リスグラシュー

前走阪神ジュベナイルフィリーズ2016 2着。前走は最後の直線で、上がり最速の良い脚でソウルスターリングを詰めてきていたので、差しが決まる展開になれば、今回も面白そうだと思っています。

デビュー2戦目の未勝利戦が衝撃的な強さで、先行した上に上がり最速の脚で圧勝しました。脚質的には、前からも後ろからも進めることが出来そうなのは良いですね。

▲①ミリッサ

人気を集めそうですが、二強を除くと当然に上位候補という感じがします。

前走エルフィンステークス2017は、最後方から追走し、逃げたサロニカと2番手追走のアドマイヤローザを差しきれず3着に敗れました。ただ残り200mあたりから脚は、目を見張るものがあり、能力の高さを感じるものでした。

姉にシンハライトとリラヴァティがいますが、2頭ともチューリップ賞で好走しているので、血統的にも面白そうです。

  • 2016年1着シンハライト
  • 2014年3着リラヴァティ
△⑤アロンザモナ

前走の紅梅ステークス2017は、2着エントリーチケットと僅差ながら、着差以上の強さを感じました。残り200mあたりから加速し、前にいたエントリーチケットと並んでからは持ったまま交わして流していました。

ソウルスターリングとリスグラシューと相手がかなり強そうなので、軸にはできませんが、馬券圏内と考えれば十分にあり得そうです。

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、4着、7着でした。

本命◎ソウルスターリングは1着でした。

チューリップ賞2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 10 ソウルスターリング 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.2)
2 7 ミスパンテール 7 新馬戦(札幌芝1500m) 1着(-0.2)
3 3 リスグラシュー 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 2着(0.2)

順当な結果かあ…と思いきや、ミスパンテール来ないでー(υ´Д`)となりました。

リスグラシューもミリッサもあまり必死に追ってる感じが無かったですね。それに加えて、リスグラシューは最後の直線で思ったほど伸びませんでした。本番は桜花賞2017なので、仕方ないところでしょう。

最後キレッキレの脚を使ったミスパンテールは凄かったですね。前走新馬戦の馬は、過去10年では1頭も来ていないので、流石に押さえることは出来ませんでした。デビュー戦の札幌で上がり34.1秒という脚を使って完勝しましたが、これはソウルスターリングの札幌でのデビュー戦34.2秒を上回る脚だったようです。まさに人気の盲点でした。

しかし今年のクラシックは、四位ジョッキーの勢いと運気が来てますね。牡馬も牝馬も期待したいです。

1~3着馬の次走情報
  • 1着ソウルスターリング、2着ミスパンテール、3着リスグラシューは、桜花賞2017に向かいました。