ターコイズステークス-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2018年12月15日(土曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ターコイズステークス2018

牝馬限定のマイル重賞ターコイズステークス2018です。2014年までは、オープン特別戦として行われていましたが、2015年に重賞化しました。中山マイル、牝馬限定戦、ハンデ戦という条件を見ると、如何にも荒れそうなレースという感じがします。

中山競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年のターコイズステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。3連複万馬券は7回に及び、まさに波乱傾向の一戦といえそうです。周期的には、そろそろ高配当が出てるのでは…と思ってしまいますね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 2,570円 16,580円 94,580円
2016 1,910円 4,050円 17,140円
2015 54,690円 546,240円 2,954,680円
2014 10,150円 38,550円 239,540円
2013 1,370円 6,610円 30,790円
2012 24,010円 54,730円 371,130円
2011 35,080円 127,860円 1,213,060円
2010 1,140円 2,450円 14,740円
2009 1,770円 31,130円 154,540円
2008 16,770円 26,400円 233,090円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ターコイズステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 牝3 53 ミスパンテール 5 清水ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2 7 牝4 53 フロンテアクイーン 3 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.1) 1
3 14 牝4 55 デンコウアンジュ 7 エリザベス女王杯(G1) 13着(0.9) 13
2016 1 10 牝5 56 マジックタイム 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 8着(0.5) 8
2 13 牝4 56.5 レッツゴードンキ 6 JBCレディスクラシック(G1) 2着(0.2) 4
3 1 牝6 55 カフェブリリアント 3 府中牝馬S(G2) 6着(0.5) 6
2015 1 16 牝3 53 シングウィズジョイ 11 秋華賞(G1) 10着(0.8) 15
2 9 牝4 53 ダンスアミーガ 16 キャピタルステークス(OP) 16着(1.6) 16
3 14 牝5 52 オツウ 15 キャピタルステークス(OP) 15着(1.4) 12
2014 1 6 牝4 50 ミナレット 9 奥多摩ステークス(1600万) 14着(1.2) 9
2 4 牝3 53 マーブルカテドラル 3 秋華賞(G1) 16着(3.0) 8
3 2 牝5 53 メイショウスザンナ 6 京洛ステークス(OP) 14着(1.3) 14
2013 1 4 牝4 53 レイカーラ 2 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.1) 2
2 3 牝3 53 ノボリディアーナ 3 秋華賞(G1) 14着(0.8) 10
3 8 牝4 55 ミッドサマーフェア 6 エリザベス女王杯(G1) 11着(0.6) 15
2012 1 2 牝3 55 サウンドオブハート 1 桜花賞(G1) 4着(0.5) 5
2 15 牝3 54 オメガハートランド 16 秋華賞(G1) 14着(1.0) 17
3 7 牝3 51 アミカブルナンバー 2 1000万(東京芝1400m) 1着(-0.1) 1
2011稍重 1 15 牝5 51 マイネプリンセス 14 ユートピアステークス(1600万) 8着(0.8) 8
2 9 牝4 53 ギンザボナンザ 4 清水ステークス(1600万) 10着(0.6) 5
3 1 牝5 54 エオリアンハープ 8 府中牝馬ステークス(G2) 6着(0.4) 8
2010 1 5 牝4 54 カウアイレーン 3 ユートピアステークス(1600万) 5着(0.6) 1
2 2 牝3 55 アグネスワルツ 2 秋華賞(G1) 9着(0.7) 7
3 4 牝3 53 アンシェルブルー 4 奥多摩ステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
2009稍重 1 2 牝5 52 ウェディングフジコ 3 エリザベス女王杯(G1) 8着(1.6) 17
2 7 牝3 50 ホクトグレイン 1 ユートピアステークス(1600万) 4着(0.3) 10
3 3 牝4 50 ヘヴンリークルーズ 13 ユートピアステークス(1600万) 15着(1.1) 11
2008 1 9 牝4 54 ザレマ 6 ドンカスターステークス(1600万) 11着(2.7) 5
2 7 牝3 52 カレイジャスミン 10 秋華賞(G1) 13着(0.8) 18
3 12 牝3 55 ソーマジック 1 秋華賞(G1) 7着(0.4) 10
前走G1レース

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中13頭を占めます。エリザベス女王杯や秋華賞など、秋の牝馬限定のG1レースを使っていた馬が多いです。

前走東京芝1600m戦

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中8頭を占めます。ユートピアステークス組やキャピタルステークス組など、前走の着順や人気に関係なく、穴をあける傾向にあります。

予想

混戦メンバーという印象のターコイズステークス2018。今年も波乱含みという感じがしますね。前走G1レース出走馬の巻き返しが期待できそうなレースですが、過去人気3頭の決着が無いだけに、穴馬の激走には注意したいです。

以下、簡単な考察です。前走G1レース出走馬と前走東京マイルの穴馬を狙いました。ただ全く当たる気がしないですね…。

◎3ミスパンテール

1800m以上の重賞になると、一気に不振傾向となるダイワメジャー産。直近2戦は度外視して良いかもしれません。昨年のターコイズステークスは、6着までクビ&ハナ差が続く大混戦。その中、最後の最後まで脚を溜め、ギリギリで差し切った横山典ジョッキーの好騎乗が光りました。抜けて強い印象は無いものの、マイル戦の安定感に期待して狙ってみても良さそうです。56kgさえクリアできれば…。

○10プリモシーン

2走前の関屋記念は、51kgながら骨っぽい古馬を抑えての優勝。牝馬限定戦なら、ここでも上位争いに加わって来ても良さそうです。鞍上ビュイック騎手の直近2週の中山芝成績を見ると、だいたい人気通りの着順に持ってきているのは、買いやすい要素ですね。あとは斤量(55kg)さえクリアできれば…。

▲15カワキタエンカ

単騎逃げが出来そうなメンバー構成。外枠だった中山牝馬ステークスも逃げ切り勝ちしています。前での粘り込みに期待して。

△4ハーレムライン

前走キャピタルステークス10着。残り200mあたりで不利があり、スムーズさを欠いたままのゴールでした。前走の着順はそれほど気にしないで良いかもしれません。中山コースの相性が良さそうですし、軽ハンデの3歳馬に期待して。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。予想した馬は、1着、8着、10着、14着でした。本命◎ミスパンテールは、1着でした。

ターコイズステークス2018 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 牝4 56 ミスパンテール 5 エリザベス女王杯(G1) 12着(0.9) 10
2 7 牝3 54 リバティハイツ 10 ポートアイランドステークス(OP) 3着(0.3) 2
3 6 牝5 55 デンコウアンジュ 13 キャピタルステークス(OP) 6着(0.1) 9

夜中に録画を見ました。外国人騎手騎乗の人気馬全滅…。3連単690,180円の波乱決着でした。3着デンコウアンジュや4着フロンテアクイーンあたりは気になっていたものの、2着リバティハイツは検討することもなく消していました…。

レースは、カワキタエンカの楽な単騎逃げを想定していましたが、前がやり合ったため、かなりのハイペース。600m34.2秒、1000m57.0秒ですから、前が潰れてしまいました。

最後は、道中下げてインコースでじっとしていたミスパンテールの差し切り勝ち。2~3着もロスなく進めた馬が来ました。特に3着デンコウアンジュの追い込みは凄かったですね。

深く考えない競馬