ターコイズステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年12月17日(土曜日)
開催 中山競馬場
距離 芝1600m
格付け G
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

牝馬限定のハンデ重賞「ターコイズステークス2016」です。以前は、オープン特別として行われていましたが、昨年から重賞レース化しました。”中山マイル、牝馬、ハンデ戦”と如何にも当たら無さそうな重賞です。昨年は295万馬券が炸裂しています。

過去10年のターコイズステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。そのうち2回で100万馬券を超える大波乱となっています。傾向から、今年も波乱を想定しておいた方が良いかもしれません。

  • 2015年 2,954,680円
  • 2014年 239,540円
  • 2013年 30,790円
  • 2012年 371,130円
  • 2011年 1,213,060円
  • 2010年 14,740円
  • 2009年 154,540円
  • 2008年 233,090円
  • 2007年 49,630円
  • 2006年 3,650円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ターコイズステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 16 牝3 53 シングウィズジョイ 11 秋華賞(G1) 10着(0.8)
2 9 牝4 53 ダンスアミーガ 16 キャピタルS(OP) 16着(1.6)
3 14 牝5 52 オツウ 15 キャピタルS(OP) 15着(1.4)
2014 1 6 牝4 50 ミナレット 9 奥多摩S(1600万) 14着(1.2)
2 4 牝3 53 マーブルカテドラル 3 秋華賞(G1) 16着(3.0)
3 2 牝5 53 メイショウスザンナ 6 京洛S(OP) 14着(1.3)
2013 1 4 牝4 53 レイカーラ 2 ユートピアS(1600万) 2着(0.1)
2 3 牝3 53 ノボリディアーナ 3 秋華賞(G1) 14着(0.8)
3 8 牝4 55 ミッドサマーフェア 6 エリザベス女王杯(G1) 11着(0.6)
2012 1 2 牝3 55 サウンドオブハート 1 桜花賞(G1) 4着(0.5)
2 15 牝3 54 オメガハートランド 16 秋華賞(G1) 14着(1.0)
3 7 牝3 51 アミカブルナンバー 2 1000万(東京芝1400m) 1着(-0.1)
2011稍重 1 15 牝5 51 マイネプリンセス 14 ユートピアS(1600万) 8着(0.8)
2 9 牝4 53 ギンザボナンザ 4 清水S(1600万) 10着(0.6)
3 1 牝5 54 エオリアンハープ 8 府中牝馬S(G2) 6着(0.4)
2010 1 5 牝4 54 カウアイレーン 3 ユートピアS(1600万) 5着(0.6)
2 2 牝3 55 アグネスワルツ 2 秋華賞(G1) 9着(0.7)
3 4 牝3 53 アンシェルブルー 4 奥多摩S(1600万) 1着(-0.2)
2009稍重 1 2 牝5 52 ウェディングフジコ 3 エリザベス女王杯(G1) 8着(1.6)
2 7 牝3 50 ホクトグレイン 1 ユートピアS(1600万) 4着(0.3)
3 3 牝4 50 ヘヴンリークルーズ 13 ユートピアS(1600万) 15着(1.1)
2008 1 9 牝4 54 ザレマ 6 ドンカスターS(1600万) 11着(2.7)
2 7 牝3 52 カレイジャスミン 10 秋華賞(G1) 13着(0.8)
3 12 牝3 55 ソーマジック 1 秋華賞(G1) 7着(0.4)
2007 1 12 牝5 56 コスモマーベラス 6 エリザベス女王杯(G1) 9着(1.0)
2 13 牝3 52 ザレマ 5 ユートピアS(1600万) 2着(0.0)
3 4 牝3 53 カタマチボタン 4 富士S(G3) 14着(1.0)
2006 1 6 牝4 55 コスモマーベラス 1 ユートピアS(1600万) 1着(-0.0)
2 7 牝5 56 ウイングレット 3 エリザベス女王杯(G1) 14着(2.4)
3 11 牝4 53 ピサノグラフ 2 ユートピアS(1600万) 2着(0.0)
前走G1(特に秋華賞、エリザベス女王杯)

前走G1レースに出走していた馬は、過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中12頭を占めます。特に前走エリザベス女王杯や秋華賞で大敗していた馬の巻き返しが目立ちます。

前走ユートピアステークス

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中8頭を占めます。

昨年は、ユートピアステークスに出走していた馬は馬券に絡みませんでしたが、同コース(東京芝1600m)のオープン特別キャピタルステークスに出走していた穴馬が2~3着に入っています。

3~5歳馬

過去10年のターコイズステークス3着以内全頭が3~5歳馬でした。

  • 3歳馬13頭
  • 4歳馬10頭
  • 5歳馬7頭
斤量55kg以下

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中28頭が斤量55kg以下でした。56kgだった馬は以下の2頭のみで、近年は斤量55kgまでの馬の好走が多いです。その他、やはり穴馬は軽ハンデ馬が多いです。

  • 2007年1着コスモマーベラス
  • 2006年2着ウイングレット

馬券予想

過去10年の傾向から「前走G1」「前走ユートピアステークス」「3~5歳馬」「斤量55kg以下」に注目です。

ターコイズステークス2016は、当然ながら混戦模様という印象です。マジックタイムやレッツゴードンキなど、重賞実績馬は斤量を背負うので、波乱含みの重賞と考えると狙いにくいですね。

以下、簡単な考察と予想です。引き続き馬券予想もアッサリした内容になります。すいません(;´д`)

中山マイルというと、内枠が優勢というイメージですが、過去10年の結果を見る限りは、あまり意識しすぎない方が良さそうですね。能力的には、マジックタイムがメンバー中1番でしょう。その他、カフェブリリアント、レッツゴードンキあたりが続く感じでしょうか。波乱含みのハンデ戦なので、昨年のように人気馬が飛ぶ想定で買っても面白いかもしれないですね。

ということで、「3~5歳馬」かつ「斤量55kg以下」を狙おうと思っています。

③ダイワドレッサー

前走福島記念2016や3走前ラジオNIKKEI賞2016の好走を見ると、牝馬限定の重賞ならさらなる好走を期待したいですね。

中山マイルもフェアリーステークス2016で好走している舞台だけに、相性も問題ないでしょう。距離短縮となったフェアリーステークス2016では、本命馬(10番人気2着)でした。距離は長くない方が良いと思っていたので、マイルに短縮する今回も押さえておきたい1頭です。

⑤エンジェルフェイス

近親にキャトルフィーユとレディアルバローザがいる血統で、牝馬重賞戦線では楽しみな1頭です。ただ姉&全姉ともに古馬になってから強くなりました。

なので、古馬になってから期待したいですが、相性の良い前走秋華賞2016組ですし、押さえておいてもよいかもしれませんね。

⑥ビービーバーレル

フェアリーステークス2016優勝馬。フェアリーステークス2016は、薄いメンバー相手に楽逃げがハマッタ感がありますが、同じ馬番に同じ騎手(石橋ジョッキー)というのは、穴っぽい香りがしますね。

フェアリーステークス2016好走馬の中では、差したダイワドレッサーの方を狙いたいですが、ビービーバーレルも十分に一発狙えそうな気がします。

⑦クロコスミア

気になるのは小柄な馬格だけです。どこか小柄な馬は控えめに評価したくなります。

ローズステークス2016と秋華賞2016の直近2走は、逃げて好走しました。田辺ジョッキーに乗り代わりますが、ここにきて再び脚を溜める競馬というのも考えにくいですね。他に前に行きたい馬が何頭かいるので、上手く前に行けるかがポイントになるでしょう。

⑪アットザシーサイド

戦績を見ると、マイル戦は少し長い印象がしますね。ただ相手が相手なので、上位候補に浮上という感じでしょうか。

追い込み馬が強いレースというわけでもない(昨年は前に行った馬で決着)ので、展開の助けが必要になりそうです。

⑮エテルナミノル

相性の良い前走ユートピアステークス2016の優勝馬。ユートピアステークス2016は、前に行った馬がそのまま残る展開だったので、着順通りの評価は難しいかもしれません。ただ上位人気の馬を抑えての優勝なので、力を付けてきていると考えたいですね。

エンパイアメーカー産なので、連勝の勢いがある間は狙い続けたい血統でもあります。穴馬確実な今回は、オッズ的にも面白そうです。

買い方

◎⑮エテルナミノル

○③ダイワドレッサー

▲⑦クロコスミア

印を増やしても当たりそうもないので、3頭まで絞りました。

本命は、相性の良いユートピアステークス2016優勝馬エテルナミノルにしました。その他、近走で重賞を好走しているダイワドレッサー、前走秋華賞2016組のクロコスミアの2頭を押さえました。

ワイド ◎ – ○ 計1点

3連複 ◎ – ○ – ▲ 計1点

合計2点

結果

引き続き、より簡潔なまとめです。馬券的には、7着、14着、16着でした。

本命◎エテルナミノルは1着でした。

ターコイズステークス2016
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 10 牝5 マジックタイム 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 8着(0.5)
2 13 牝4 レッツゴードンキ 6 JBCレディスクラシック(G1) 2着(0.2)
3 1 牝6 カフェブリリアント 3 府中牝馬S(G2) 6着(0.5)

カスリもせず…(´・ω・`)

傾向から穴狙いでしたが、結果的には硬く決まりました。能力上位がそのまま好走するレースでしたね…。すごくセンスのない勿体無いことをしてしまいました。

能力的には、マジックタイムがメンバー中1番でしょう。その他、カフェブリリアント、レッツゴードンキあたりが続く感じでしょうか。

レッツゴードンキは、後方からのスタートでしたが、最後の脚が凄かったです。グイグイ前の馬を交わして、2着まで来ました。ハンデ戦で最重量の56.5kgですから、ハンデ次第では勝ち負けがあったかもしれないですね。復調してそうなので、次走以降が楽しみです。

1~3着馬の次走情報