ターコイズステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年12月16日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 曇り(Yahoo!天気・災害)

ターコイズステークス 2017

牝馬限定のマイル重賞「ターコイズステークス 2017」です。2014年までは、オープン特別として行われていましたが、2015年に重賞化、今年からG3で行われます。中山マイル、牝馬、ハンデ戦という条件を見ると、如何にも荒れそうなレースですね。

コース形態

中山競馬場の芝1600mコース
中山競馬場の芝1600mコース

過去10年のターコイズステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。そのうち100万以上の馬券が2回。流石にここまで荒れると、予想しても当たりそうにもないですね…。周期的には、ほぼ2年に一度以上のペースで高配当が出ており、今年は波乱の香りがします。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,910円 4,050円 17,140円
2015 54,690円 546,240円 2,954,680円
2014 10,150円 38,550円 239,540円
2013 1,370円 6,610円 30,790円
2012 24,010円 54,730円 371,130円
2011 35,080円 127,860円 1,213,060円
2010 1,140円 2,450円 14,740円
2009 1,770円 31,130円 154,540円
2008 16,770円 26,400円 233,090円
2007 3,210円 8,000円 49,630円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ターコイズステークス 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 10 牝5 56 マジックタイム 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 8着(0.5) 8
2 13 牝4 56.5 レッツゴードンキ 6 JBCレディスクラシック(G1) 2着(0.2) 4
3 1 牝6 55 カフェブリリアント 3 府中牝馬S(G2) 6着(0.5) 6
2015 1 16 牝3 53 シングウィズジョイ 11 秋華賞(G1) 10着(0.8) 15
2 9 牝4 53 ダンスアミーガ 16 キャピタルステークス(OP) 16着(1.6) 16
3 14 牝5 52 オツウ 15 キャピタルステークス(OP) 15着(1.4) 12
2014 1 6 牝4 50 ミナレット 9 奥多摩ステークス(1600万) 14着(1.2) 9
2 4 牝3 53 マーブルカテドラル 3 秋華賞(G1) 16着(3.0) 8
3 2 牝5 53 メイショウスザンナ 6 京洛ステークス(OP) 14着(1.3) 14
2013 1 4 牝4 53 レイカーラ 2 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.1) 2
2 3 牝3 53 ノボリディアーナ 3 秋華賞(G1) 14着(0.8) 10
3 8 牝4 55 ミッドサマーフェア 6 エリザベス女王杯(G1) 11着(0.6) 15
2012 1 2 牝3 55 サウンドオブハート 1 桜花賞(G1) 4着(0.5) 5
2 15 牝3 54 オメガハートランド 16 秋華賞(G1) 14着(1.0) 17
3 7 牝3 51 アミカブルナンバー 2 1000万(東京芝1400m) 1着(-0.1) 1
2011稍重 1 15 牝5 51 マイネプリンセス 14 ユートピアステークス(1600万) 8着(0.8) 8
2 9 牝4 53 ギンザボナンザ 4 清水ステークス(1600万) 10着(0.6) 5
3 1 牝5 54 エオリアンハープ 8 府中牝馬ステークス(G2) 6着(0.4) 8
2010 1 5 牝4 54 カウアイレーン 3 ユートピアステークス(1600万) 5着(0.6) 1
2 2 牝3 55 アグネスワルツ 2 秋華賞(G1) 9着(0.7) 7
3 4 牝3 53 アンシェルブルー 4 奥多摩ステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
2009稍重 1 2 牝5 52 ウェディングフジコ 3 エリザベス女王杯(G1) 8着(1.6) 17
2 7 牝3 50 ホクトグレイン 1 ユートピアステークス(1600万) 4着(0.3) 10
3 3 牝4 50 ヘヴンリークルーズ 13 ユートピアステークス(1600万) 15着(1.1) 11
2008 1 9 牝4 54 ザレマ 6 ドンカスターステークス(1600万) 11着(2.7) 5
2 7 牝3 52 カレイジャスミン 10 秋華賞(G1) 13着(0.8) 18
3 12 牝3 55 ソーマジック 1 秋華賞(G1) 7着(0.4) 10
2007 1 12 牝5 56 コスモマーベラス 6 エリザベス女王杯(G1) 9着(1.0) 11
2 13 牝3 52 ザレマ 5 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.0) 7
3 4 牝3 53 カタマチボタン 4 富士ステークス(G3) 14着(1.0) 9

前走G1

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中13頭を占めます。特にエリザベス女王杯や秋華賞で大敗していた馬の巻き返しが目立ちます。

前走東京芝1600m

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中9を占めます。ユートピアステークス組を中心に、一昨年は、キャピタルステークス組の下位人気馬が2~3着に好走し、波乱を演出しています。

年齡

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中293~5歳馬でした。若い馬の好走例が多く、特に3歳馬は、全体の半数近い13頭を占めます。

  • 3歳馬13頭
  • 4歳馬9頭
  • 5歳馬7頭
  • 6歳馬1頭

馬券予想

ターコイズステークス 2017は、波乱傾向のレースだけに混戦のハンデ戦という感じですね。軸馬すら決めかねるようなメンバーです。

以下、簡単な考察と予想です。これは、全く当たる気がしないですね…。(´・ω・`;)

◎⑪エテルナミノル

前走エリザベス女王杯2017は、大外枠から強豪牝馬が揃った中での11着。差のない着順だった馬でさえ、重賞実績のある強いメンバーでした。今回のメンバーと比べると、ここでは上位争いしても不思議ではない感じはしますね。昨年より薄いメンバーの今年なら…。

○⑩バンゴール

前走府中牝馬ステークス2017は、ヴィブロス、アドマイヤリード、クイーンズリングなど、かなり強いメンバーの揃った中での14着。大外枠に加え、馬体重もマイナス14kg。度外視しても良いレースかもしれません。

2走前の長岡ステークス2017(1600万)では、フロンテアクイーンを抑えての優勝。人気の差ほどの能力差は無いように感じます。データを取ったわけではありませんが、暮の中山は、キングカメハメハ産が走るイメージがあるので、人気もしないようなら狙ってみても面白いかもしれません。

▲②ワンブレスアウェイ

バンゴール同様、前走府中牝馬ステークス2017は、G1クラスのメンバーが揃った一戦。さらに約3ヶ月の休養明け&馬体重プラス16kgでの出走で、10着は度外視しても良いかもしれません。

内枠の好走例が多い中山マイル。好位に行ける脚質も良さそうですし、ここで穴馬扱いになるようであれば…。

△⑮ディープジュエリー

前走ユートピアステークス2017は、先行から粘っての3着。フロンテアクイーン、レッドアヴァンセなど、1600万クラスではありましたが、骨っぽいメンバーが相手でした。今回、人気を集めるフロンテアクイーンとは、アタマ差の決着。今回の斤量2kg差(ディープジュエリー51kg、フロンテアクイーン53kg)を考えても、前残りになれば十分に狙えそうですね。

何故か好走例の多い前走東京芝1600m出走馬ですし、人気しないようであれば、押さえておいても…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、7着、8着、10着でした。

本命◎エテルナミノルは5着でした。

ターコイズステークス 2017
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牝3 53 ミスパンテール 5 清水ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2 7 牝4 53 フロンテアクイーン 3 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.1) 1
3 14 牝4 55 デンコウアンジュ 7 エリザベス女王杯(G1) 13着(0.9) 13

小波乱決着。馬券は、カスリもせずでした。

前から後ろまで詰まった流れ。その中で、最後の最後のギリギリまでインで脚を溜めていたミスパンテールの差し切り勝ちでした。上位陣は、クビ差ハナ差1~14着まで0.4秒差という大接戦。もう一度走れば、着順がガラッと変わりそうな結果ですね…。(´・ω・`;)

ワンブレスアウェイが出遅れ。前に行く馬だけに、馬券的には一瞬で終わった感じがします。スムーズなら3着以内があったかも…と思えてしまう内容でした。仕方ないですね。