ターコイズステークス2020-過去データと予想

日程 2020年12月19日(土曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 3歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 10.4(19日)

ターコイズステークス2020

牝馬限定のマイル重賞ターコイズステークス2020です。2014年までオープン特別戦として行われていましたが、2015年に重賞化しました。中山マイル、牝馬限定戦、ハンデ戦という条件ですし、如何にも荒れそうなレースという感じがします。

中山競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年のターコイズステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。馬連と3連複万馬券はそれぞれ6回、100万馬券超えが2回出ており、まさに波乱の一戦というレースです。昨年こそ人気3頭の決着になりましたが、今年も波乱を想定した方が良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,970円 2,730円 15,280円
2018 15,220円 131,780円 690,180円
2017 2,570円 16,580円 94,580円
2016 1,910円 4,050円 17,140円
2015 54,690円 546,240円 2,954,680円
2014 10,150円 38,550円 239,540円
2013 1,370円 6,610円 30,790円
2012 24,010円 54,730円 371,130円
2011 35,080円 127,860円 1,213,060円
2010 1,140円 2,450円 14,740円

では過去10年のターコイズステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:ターコイズステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

ターコイズステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 13 牝3 54 コントラチェック 3 秋華賞(G1) 15着(2.1) 5
2 8 牝3 53 エスポワール 2 修学院ステークス(3勝クラス) 1着(-0.2) 2
3 7 牝3 54 シゲルピンクダイヤ 1 秋華賞(G1) 3着(0.5) 10
2018 1 3 牝4 56 ミスパンテール 5 エリザベス女王杯(G1) 12着(0.9) 10
2 7 牝3 54 リバティハイツ 10 ポートアイランドステークス(OP) 3着(0.3) 2
3 6 牝5 55 デンコウアンジュ 13 キャピタルステークス(OP) 6着(0.1) 9
2017 1 8 牝3 53 ミスパンテール 5 清水ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2 7 牝4 53 フロンテアクイーン 3 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.1) 1
3 14 牝4 55 デンコウアンジュ 7 エリザベス女王杯(G1) 13着(0.9) 13
2016 1 10 牝5 56 マジックタイム 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 8着(0.5) 8
2 13 牝4 56.5 レッツゴードンキ 6 JBCレディスクラシック(G1) 2着(0.2) 4
3 1 牝6 55 カフェブリリアント 3 府中牝馬ステークス(G2) 6着(0.5) 6
2015 1 16 牝3 53 シングウィズジョイ 11 秋華賞(G1) 10着(0.8) 15
2 9 牝4 53 ダンスアミーガ 16 キャピタルステークス(OP) 16着(1.6) 16
3 14 牝5 52 オツウ 15 キャピタルステークス(OP) 15着(1.4) 12
2014 1 6 牝4 50 ミナレット 9 奥多摩ステークス(1600万) 14着(1.2) 9
2 4 牝3 53 マーブルカテドラル 3 秋華賞(G1) 16着(3.0) 8
3 2 牝5 53 メイショウスザンナ 6 京洛ステークス(OP) 14着(1.3) 14
2013 1 4 牝4 53 レイカーラ 2 ユートピアステークス(1600万) 2着(0.1) 2
2 3 牝3 53 ノボリディアーナ 3 秋華賞(G1) 14着(0.8) 10
3 8 牝4 55 ミッドサマーフェア 6 エリザベス女王杯(G1) 11着(0.6) 15
2012 1 2 牝3 55 サウンドオブハート 1 桜花賞(G1) 4着(0.5) 5
2 15 牝3 54 オメガハートランド 16 秋華賞(G1) 14着(1.0) 17
3 7 牝3 51 アミカブルナンバー 2 1000万(東京芝1400m) 1着(-0.1) 1
2011稍重 1 15 牝5 51 マイネプリンセス 14 ユートピアステークス(1600万) 8着(0.8) 8
2 9 牝4 53 ギンザボナンザ 4 清水ステークス(1600万) 10着(0.6) 5
3 1 牝5 54 エオリアンハープ 8 府中牝馬ステークス(G2) 6着(0.4) 8
2010 1 5 牝4 54 カウアイレーン 3 ユートピアステークス(1600万) 5着(0.6) 1
2 2 牝3 55 アグネスワルツ 2 秋華賞(G1) 9着(0.7) 7
3 4 牝3 53 アンシェルブルー 4 奥多摩ステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
前走G1レース

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中13頭を占めます。エリザベス女王杯組や秋華賞組など、秋の牝馬限定G1レースを使っていた馬の好走例が目立ちます。

前走東京芝1600m戦

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中7頭を占めます。ユートピアステークス組やキャピタルステークス組を中心に、前走の着順や人気に関係なく、穴をあける傾向にあります。

1~4枠

過去10年のターコイズステークス3着以内30頭中19頭を占めます。外枠よりが内枠の方が良さそうです。特に4枠からは計10頭が馬券圏内に好走しています。

予想

今年のターコイズステークス2020は、かなり難解なレースになりそうです。ざっと見た感じでは、殆ど全頭が馬券候補というメンバーなので、今年も波乱の可能性が十分という感じがします。

以下、簡単な考察と予想です。過去好走例が多い3~4枠あたりの馬も気になりつつ、外枠や差し馬を中心に狙いました。ただ全く当たる気がしません。

◎14ランブリングアレー

前走カシオペアステークスを好位抜け出しで快勝。2着ボッケリーニは次走中日新聞杯優勝、3着ヴァンケドミンゴは福島記念2着(優勝馬とクビ差)と好メンバーが相手でした。今回のメンバーが相手なら勝ち負けがあっても良さそうです。

〇13シーズンズギフト

過去好走例が多い前走東京芝1600m戦出走馬。今年のメンバーの中では、有力候補になるでしょうか。戦ってきた相手を見ると買い難いところですが、ここは相性の良い中山コース適性に期待して…。

△11サンクテュエール

過去好走例が多い前走秋華賞組。ルメール騎手がサンクテュエールではなく、ドナウデルタに騎乗しているのを見ると、買い難いところでしょうか。ただ過去シンザン記念を好走した牝馬は、後に出世する傾向にあるので、今回がオッズ的な魅力のあるレースともいえるかもしれません。

△2シャインガーネット

過去好走例が多い前走東京芝1600m戦出走馬。2走前のファルコンステークスでは、ラウダシオンを抑えての優勝でした。差しが決まるレースになれば、見せ場があっても良さそう…ということで押さえました。

3連複4頭ボックス◎〇△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、7着、9着、14着でした。本命◎ランブリングアレーは、7着でした。

ターコイズステークス2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牝3 54 スマイルカナ 1 オーロカップ(LR) 2着(0.1) 1
2 5 牝4 54 アンドラステ 3 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 10着(0.6) 1
3 3 牝4 56 フェアリーポルカ 8 府中牝馬ステークス(G2) 8着(1.4) 3

かすりもせず…。過去好走例が多い内枠(1~4枠)3頭による決着でした。

先行した馬も後ろから進めた馬も直線でインコースを突いた馬が好走したレースになりました。外をまわした馬では、フェアリーポルカが追い込んできて3着。56kgを嫌ってスルーしたものの、このクラスの牝馬限定戦では強いですね…。

深く考えない競馬