ユニコーンステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年6月18日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 16頭
天気 弱雨参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

3歳ダート重賞「ユニコーンステークス2017」です。近年の上位馬の中には、ゴールドドリーム(2016)・ノンコノユメ(2015)・コーリンベリー(2014)・ベストウォーリア(2013)・サウンドトゥルー(2013)など、後のG1馬が名を連ねており、まさに今後のダートG1を占う一戦といえそうです。

過去10年のユニコーンステークスの配当を見ると、2014~2015年の2回で、3連単10万馬券超えの配当となっていますが、基本的には硬めの決着が多い傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 340円 470円 1,560円
2015 9,180円 14,100円 100,770円
2014 8,130円 33,730円 220,770円
2013 950円 2,860円11,710円 14,950円52,900円
2012 830円 6,280円 21,210円
2011 950円 1,500円 11,330円
2010 410円 1,880円 4,050円
2009 860円 1,540円 6,070円
2008 700円 4,680円 15,590円
2007 260円 2,030円 5,210円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ユニコーンステークス2017
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 12 56 ゴールドドリーム 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(1.2)
2 13 56 ストロングバローズ 1 伏竜ステークス(OP) 1着(-0.3)
3 14 56 グレンツェント 3 青竜ステークス(OP) 1着(-0.0)
2015稍重 1 10 56 ノンコノユメ 2 青竜ステークス(OP) 1着(-0.1)
2 16 56 ノボバカラ 9 青竜ステークス(OP) 4着(0.7)
3 6 56 アルタイル 3 青竜ステークス(OP) 2着(0.1)
2014稍重 1 11 56 レッドアルヴィス 3 三浦特別(1000万) 4着(0.4)
2 15 54 コーリンベリー(牝) 4 端午ステークス(OP) 2着(0.0)
3 4 56 バンズーム 7 鳳雛ステークス(OP) 3着(0.7)
2013 1 6 56 ベストウォーリア 3 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(1.0)
2 12 54 サウンドリアーナ(牝) 1 端午ステークス(OP) 1着(-0.7)
3 4 56 サウンドトゥルー 8 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.5)
3 14 56 ケイアイレオーネ 11 UAE Derby(G2) 10着
2012 1 4 56 ストローハット 1 500万(中山ダ1800m) 1着(-0.5)
2 8 57 オースミイチバン 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.4)
3 3 56 タイセイシュバリエ 8 昇竜ステークス(OP) 4着(0.4)
2011 1 11 54 アイアムアクトレス(牝) 3 昇竜ステークス(OP) 1着(-0.0)
2 9 56 グレープブランデー 1 いぶき賞(OP) 1着(-0.0)
3 14 56 ボレアス 2 いぶき賞(OP) 2着(0.0)
2010 1 13 57 バーディバーディ 1 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.8)
2 1 56 バトードール 2 端午ステークス(OP) 1着(-0.0)
3 15 56 サンライズクォリア 6 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(0.8)
2009不良 1 12 56 シルクメビウス 1 端午ステークス(OP) 1着(-0.1)
2 9 56 グロリアスノア 2 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.6)
3 1 56 カネトシコウショウ 3 ヒヤシンスステークス(OP) 1着(-0.0)
2008 1 6 56 ユビキタス 1 昇竜ステークス(OP) 1着(-0.3)
2 7 56 シルクビッグタイム 3 ファルコンステークス(G3) 7着(0.6)
3 13 56 アポロドルチェ 6 NHKマイルカップ(G1) 11着(1.6)
2007 1 6 56 ロングプライド 1 端午ステークス(OP) 1着(-1.1)
2 8 57 フェラーリピサ 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.5)
3 11 56 ナムラジョンブル 7 500万(京都ダ1800m) 1着(-0.4)

人気

過去10年のユニコーンステークス3着以内では、1~4番人気から毎年2頭以上が馬券圏内に好走しています。上位人気馬の信頼も高い傾向にあります。

  • 1番人気(5-3-0-2)複勝率80%
  • 2番人気(2-4-1-3)複勝率70%
  • 3番人気(3-1-3-3)複勝率70%

前走距離

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭の前走を距離別に分けると、以下のようになります。

1900m 1頭 1870m 6頭 1800m 9頭
1700m 1頭 1600m 9頭 1400m 4頭
1200m 1頭

前走と同距離、もしくは前走から距離短縮だった馬が31頭中26頭に及びます。なお前走1400m以下だった5頭は、ともに前走オープンクラスのレースに出走していました。

  • 2014年2着コーリンベリー(前走端午ステークス2014 ダート1400m)
  • 2013年2着サウンドリアーナ(前走端午ステークス2013 ダート1400m)
  • 2012年3着イセイシュバリエ(前走昇竜ステークス2012 ダート1400m)
  • 2011年1着アイアムアクトレス(前走昇竜ステークス2011 ダート1400m)
  • 2008年2着シルクビッグタイム(前走ファルコンステークス2008 芝1200m)

前走500万クラス

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭中4頭を占めます。4頭とも2着以下に着差をつけて勝っていました。

  • 2013年3着サウンドトゥルー(前走東京ダート1600m1着 0.5秒差
  • 2012年1着ストローハット(前走中山ダート1800m1着 0.5秒差
  • 2009年2着グロリアスノア(前走東京ダート1600m1着 0.6秒差
  • 2007年3着ナムラジョンブル(前走京都ダート1800m1着 0.4秒差

前走オープン特別

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭中17頭を占めます。前走大敗していた馬は無く、17頭すべて前走4着以内に好走していました。

馬券予想

過去10年の傾向から「上位人気馬」「前走1600m以上(前走1400m以下は、前走オープンクラスのレース出走馬)」「前走500万クラス圧勝馬」「前走オープン特別4着以内」に注目です。

ユニコーンステークス2017は、例年並みの実績馬が揃った印象です。上位争いは、やや混戦模様という感じです。

以下、簡単な考察と予想です。

2~3着争いまで考えると、候補が決まらなくなってしまう程の混戦ですが、データ的には結構絞れそうなレースです…。今回は、3連複ボックスで狙ってみます。(;´・ω・`p
◎②ハルクンノテソーロ

前走青竜ステークス2017 2着。前走は、内にいた馬と先行した馬が上位争いを繰り広げる中、ハルクンノテソーロだけが外から上がり最速(上がり35.4秒)で突っ込んできました。優勝したサンライズソアが先行した上に、上がり35.6秒という脚を使っていたので、差しきれなかったのは仕方ないところでしょうか。

青竜ステークスは人気薄だけで決まった為、どこか上位陣を信頼しきれないレースという感じです。ただ、ハルクンノテソーロは今回も伏兵扱いになりそうですし、前走の内容から押さえても面白そうな1頭かも…と思っています。

○④リエノテソーロ

前走NHKマイルカップ2017 2着。実績では抜けた1頭でしょうか。本来はダート馬で、昨年の全日本2歳優駿2016を楽勝しています。ダート重賞の牝馬は狙いにくいですが、この実積なら勝ち負けがあっても…。

▲⑮サンライズソア

前走青竜ステークス2017 1着。前走は、先行から上がり2位の脚を使って押し切る強い内容でした。ハルクンノテソーロを買うなら、当然にこの馬を無視するわけにも…。

△⑦アンティノウス

前走500万(東京ダート1600m)1着。前走は、先行から楽に押し切っての快勝。2着に0.7秒差を付けており、この勝ちっぷりなら、十分に上位争いの可能性がありそうです。

オープン特別や重賞を戦ってきたメンバーを中心に、今回は相手が一気に強くなるので、あとは相手関係だけでしょうか。

3連複ボックス ◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、7着、7着でした。

本命◎ハルクンノテソーロは2着でした。

ユニコーンステークス2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 8 サンライズノヴァ 2 鳳雛ステークス(OP) 4着(0.1)
2 2 ハルクンノテソーロ 5 青竜ステークス(OP) 2着(0.2)
3 15 サンライズソア 3 青竜ステークス(OP) 1着(-0.2)

あまり印象に残らないレースでした。(・Θ・;) 最後の直線、一度は押さえていた4頭がすべて来ていたので、もしかしたら…なんて思ったんですが、リエノテソーロ、アンティノウスは伸び切れず。差し追い込みが決まる馬場と流れだったので、先行勢は厳しそうでした。

優勝したサンライズノヴァの楽勝でした。今日の結果一覧を見ると、全て1~2番人気馬ではありましたが、戸崎騎手が5勝で乗りに乗っていたみたいですね。平場は見ないし買わないので、後の祭りでした…。実績からは無視もできない1頭でしたが、個人的には5~6番手の評価で、あと2頭(⑬ウォーターマーズと⑧サンライズノヴァ)紐に追加しないと、流石にここまでは手が回らなかったです。

1~3着馬の次走情報