ユニコーンステークス 過去10年のデータと予想

日程 2019年6月16日(日曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け G3
条件 3歳
斤量 別定
出走数 13頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ユニコーンステークス2019

3歳ダート重賞、ユニコーンステークス2019です。ダートの出世レース。近年の上位馬には、ルヴァンスレーヴ(2019年)、ゴールドドリーム(2016)、ノンコノユメ(2015)、コーリンベリー(2014)、ベストウォーリア(2013)、サウンドトゥルー(2013)など、後のダートG1馬が名を連ねています。ダート界を占う注目の一戦といえそうです。

東京競馬場のダート1600mコース

配当

過去10年のユニコーンステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは、2014~2015年の2回あります。この2回を除くと、馬連数百円の決着が多く、順当な傾向のレースと言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 740円 7,550円 22,430円
2017 2,860円 4,110円 25,710円
2016 340円 470円 1,560円
2015 9,180円 14,100円 100,770円
2014 8,130円 33,730円 220,770円
2013 950円 2,860円11,710円 14,950円52,900円
2012 830円 6,280円 21,210円
2011 950円 1,500円 11,330円
2010 410円 1,880円 4,050円
2009 860円 1,540円 6,070円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ユニコーンステークス2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 14 56 ルヴァンスレーヴ 1 伏竜ステークス(OP) 2着(0.2) 1
2 5 56 グレートタイム 3 鳳雛ステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 12 56 エングローサー 7 500万(東京ダ1400m) 1着(-0.0) 1
2017 1 8 56 サンライズノヴァ 2 鳳雛ステークス(OP) 4着(0.1) 1
2 2 56 ハルクンノテソーロ 5 青竜ステークス(OP) 2着(0.2) 8
3 15 56 サンライズソア 3 青竜ステークス(OP) 1着(-0.2) 7
2016 1 12 56 ゴールドドリーム 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(1.2) 1
2 13 56 ストロングバローズ 1 伏竜ステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 14 56 グレンツェント 3 青竜ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
2015稍重 1 10 56 ノンコノユメ 2 青竜ステークス(OP) 1着(-0.1) 5
2 16 56 ノボバカラ 9 青竜ステークス(OP) 4着(0.7) 4
3 6 56 アルタイル 3 青竜ステークス(OP) 2着(0.1) 2
2014稍重 1 11 56 レッドアルヴィス 3 三浦特別(1000万) 4着(0.4) 5
2 15 54 コーリンベリー(牝) 4 端午ステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 4 56 バンズーム 7 鳳雛ステークス(OP) 3着(0.7) 3
2013 1 6 56 ベストウォーリア 3 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(1.0) 3
2 12 54 サウンドリアーナ(牝) 1 端午ステークス(OP) 1着(-0.7) 4
3 4 56 サウンドトゥルー 8 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.5) 1
3 14 56 ケイアイレオーネ 11 UAE Derby(G2) 10着
2012 1 4 56 ストローハット 1 500万(中山ダ1800m) 1着(-0.5) 2
2 8 57 オースミイチバン 2 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.4) 1
3 3 56 タイセイシュバリエ 8 昇竜ステークス(OP) 4着(0.4) 1
2011 1 11 54 アイアムアクトレス(牝) 3 昇竜ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
2 9 56 グレープブランデー 1 いぶき賞(OP) 1着(-0.0) 1
3 14 56 ボレアス 2 いぶき賞(OP) 2着(0.0) 3
2010 1 13 57 バーディバーディ 1 兵庫チャンピオンシップ(G2) 1着(-0.8) 1
2 1 56 バトードール 2 端午ステークス(OP) 1着(-0.0) 6
3 15 56 サンライズクォリア 6 兵庫チャンピオンシップ(G2) 2着(0.8) 3
2009不良 1 12 56 シルクメビウス 1 端午ステークス(OP) 1着(-0.1) 3
2 9 56 グロリアスノア 2 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.6) 2
3 1 56 カネトシコウショウ 3 ヒヤシンスステークス(OP) 1着(-0.0) 7
1~4番人気

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭中22頭を占めます。毎年2頭以上が馬券圏内に好走しており、上位人気馬の信頼が高い傾向にありそうです。

前走距離

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭の前走の距離を分けると、以下のようになります。前走と同距離もしくは前走から距離短縮だった馬が31頭中25頭を占めます。

1900m 1頭 1870m 5頭 1800m 10頭
1600m 10頭 1400m 5頭
前走4着以内

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭中30頭を占めます。前走5着以下は、海外重賞に出走していた2013年3着ケイアイレオーネ(前走UAEダービー)のみです。

前走500万クラス

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭中4頭を占めます。4頭はともに、前走のレースで1~2番人気の支持を集めて勝っていました。

前走オープン特別

過去10年のユニコーンステークス3着以内31頭中20頭を占めます。近年は、青竜ステークス組、鳳雛ステークス組の好走が目立ちます。

予想

やや混戦模様のユニコーンステークス2019。近年好走例が多い青竜ステークス組が上位争いの候補になりそうですが、500万クラス勝ちの馬やNHKマイルカップ組など、何が来てもおかしくないメンバー構成だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。好走例の多い人気馬を中心に狙いました。

◎6デアフルーグ

前走青竜ステークスは、後方から最内を突いての追い込みで2着(上がり最速)。先行したデュープロセスを捕まえきれなかったものの、強さを見せた内容でした。完勝した2走前の伏竜ステークス。2着馬マスターフェンサー(ケンタッキーダービー6着)、3着馬ラインカリーナ(関東オークス優勝)というメンバーだったことを考えれば、ここでは能力上位だと思います。追い込みが決まる展開になれば…。

○8デュープロセス

前走青竜ステークスは、デアフルーグを抑えての優勝。4連勝中の勢いもありますし、深く考えず対抗評価です。

▲3ヴァイトブリック

過去わりと好走例の多い兵庫チャンピオンシップ連対馬。2走前のヒヤシンスステークスは、3着デルマルーヴル、4着マスターフェンサーと好メンバ相手の2着でした。直線で差されて2着に敗れるも、メンバーを考えれば能力は高そうです。

△11ダンツキャッスル

前走500万(京都ダート1800m)を圧勝。未勝利戦も逃げて圧勝しており、自分のペースで逃げることが出来れば…というタイプでしょうか。内に何頭か前に行きそうな馬がいるので、展開がポイントになりそうです。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、7着、11着でした。本命◎デアフルーグは、7着でした。

ユニコーンステークス2019 結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 57 ワイドファラオ 3 NHKマイルカップ(G1) 9着(0.4) 9
2 8 56 デュープロセス 2 青竜ステークス(OP) 1着(-0.0) 3
3 11 56 ダンツキャッスル 6 500万(京都ダート1800m) 1着(-0.8) 2

晩に録画を見ました。ワイドファラオの逃げ切り勝ち。初のダートレースでしたが、強いダート馬相手に強さを見せた印象でした。

本命デアフルーグは、イン突きの前走から一転、外に出しての追い込みでした。少し前にいたデュープロセスは直線でグイグイ伸びていましたが、デアフルーグは伸び切れず…。

逃げを想定していた押さえのダンツキャッスルは、好位からの競馬でした。それでも最後の最後でもうひと伸びしての3着で、前走以上に強さを感じる内容だったと思います。

JRA G3
深く考えない競馬