ヴィクトリアマイル 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年5月14日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅠ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 定量(55kg)
出走数 17頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

牝馬のマイルG1「ヴィクトリアマイル2017」です。例年国内トップクラスの牝馬が集まるレースで、過去の優勝馬を振り返ると、ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなどの名馬が結果を残しています。ただ、ヴィクトリアマイル2017の出走予定馬は、近年のヴィクトリアマイルの中では、小粒な印象です。例年より、ややレベルが低いかもしれません。

過去10年のヴィクトリアマイルの配当を見ると、10万馬券が4回もありますが、中でも強烈なインパクトがあるのは、2015年の3連単2070万馬券でしょう。流石に、ここまでの大波乱は、もうしばらくは無いのではないかと思います。

硬く決まったのは2011年のみで、基本的には穴馬の好走があるレースです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 3,510円 6,090円 48,310円
2015 36,880円 2,860,480円 20,705,810円
2014 8,450円 50,720円 407,940円
2013 8,030円 35,770円 193,570円
2012 5,510円 10,790円 75,320円
2011 230円 620円 3,620円
2010 2,490円 29,700円 85,770円
2009 5,310円 19,770円 80,580円
2008 1,670円 3,240円 23,000円
2007 30,740円 235,020円 2,283,960円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ヴィクトリアマイル2017
年度 着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
2016 1 13 牝7 ストレイトガール 7 阪神牝馬ステークス(G2) 9着(0.8)
2 10 牝4 ミッキークイーン 1 阪神牝馬ステークス(G2) 2着(0.0)
3 15 牝5 ショウナンパンドラ 2 大阪杯(G2) 3着(0.2)
2015 1 5 牝6 ストレイトガール 5 高松宮記念(G1) 13着(1.2)
2 7 牝6 ケイアイエレガント 12 京都牝馬ステークス(G3) 1着(-0.0)
3 18 牝5 ミナレット 18 福島牝馬ステークス(G3) 5着(0.2)
2014 1 14 牝5 ヴィルシーナ 11 阪神牝馬ステークス(G2) 11着(0.5)
2 4 牝4 メイショウマンボ 3 大阪杯(G2) 7着(2.2)
3 1 牝5 ストレイトガール 6 高松宮記念(G1) 3着(0.7)
2013 1 11 牝4 ヴィルシーナ 1 大阪杯(G2) 6着(0.8)
2 8 牝5 ホエールキャプチャ 12 阪神牝馬ステークス(G2) 14着(1.2)
3 1 牝5 マイネイサベル 5 福島牝馬ステークス(G3) 2着(0.0)
2012 1 12 牝4 ホエールキャプチャ 4 中山牝馬ステークス(G3) 5着(0.4)
2 16 牝4 ドナウブルー 7 中山牝馬ステークス(G3) 11着(1.1)
3 1 牝4 マルセリーナ 3 阪神牝馬ステークス(G2) 2着(0.0)
2011 2 16 牝4 アパパネ 2 マイラーズカップ(G2) 4着(0.5)
2 13 牝5 ブエナビスタ 1 Dubai World Cup(G1) 8着
3 4 牝4 レディアルバローザ 3 中山牝馬ステークス(G3) 1着(-0.4)
2010 1 11 牝4 ブエナビスタ 1 Dubai Sheema Classic(G1) 2着
2 2 牝4 ヒカルアマランサス 8 阪神牝馬ステークス(G2) 13着(1.0)
3 10 牝6 ニシノブルームーン 11 中山牝馬ステークス(G3) 1着(-0.1)
2009 1 6 牝5 ウオッカ 1 Dubai Duty Free(G1) 7着
2 2 牝4 ブラボーデイジー 11 福島牝馬ステークス(G3) 1着(-0.3)
3 1 牝6 ショウナンラノビア 7 卯月ステークス(1600万) 1着(-0.2)
2008 1 6 牝4 エイジアンウインズ 5 阪神牝馬ステークス(G2) 1着(-0.0)
2 9 牝4 ウオッカ 1 Dubai Duty Free(G1) 4着
3 2 牝5 ブルーメンブラット 4 阪神牝馬ステークス(G2) 2着(0.0)
2007 1 4 牝4 コイウタ 12 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 2着(0.3)
2 3 牝4 アサヒライジング 9 阪神牝馬ステークス(G2) 8着(0.8)
3 16 牝5 デアリングハート 8 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 6着(0.6)
年齡

過去10年のヴィクトリアマイル3着以内30頭中25頭4~5歳馬でした。6歳以上で馬券圏内に来た馬5頭は、ともに穴馬でした。

  • 2009年3着ショウナンラノビア(7番人気)※6歳馬
  • 2010年3着ニシノブルームーン(11番人気)※6歳馬
  • 2015年1着ストレイトガール(5番人気)※6歳馬
  • 2015年2着ケイアイエレガント(12番人気)※6歳馬
  • 2016年1着ストレイトガール(7番人気)※7歳馬
上位人気馬

過去10年のヴィクトリアマイルでは、不振傾向にあります。

  • 1番人気(3-3-0-4)複勝率60%
  • 2番人気(1-0-1-8)複勝率20%
  • 3番人気(0-1-2-7)複勝率30%
前走福島牝馬ステークス

過去10年のヴィクトリアマイルでは、以下の3頭が馬券圏内に来ています。3頭ともにオープンクラスの優勝経験がありました。

  • 2015年3着ミナレット(ターコイズステークス2014)
  • 2013年2着マイネイサベル(中山牝馬ステークス2013、府中牝馬ステークス2012、新潟2歳ステークス2010)
  • 2009年2着ブラボーデイジー(福島牝馬ステークス2009)
前走阪神牝馬ステークス

過去10年のヴィクトリアマイル3着以内30頭中9頭を占めます。主要ローテのひとつです。

阪神牝馬ステークスが阪神芝1600m戦に変更となった昨年は、阪神牝馬ステークス2016組のストレイトガールとミッキークイーンがワンツーフィニッシュしました。

馬券予想

過去10年の傾向から「4~5歳馬」「前走阪神牝馬ステークス」に注目です。

ヴィクトリアマイル2017は、ミッキークイーン一強でしょうか。その他は、重賞実積馬も多く、3着以内なら、かなり多くの馬にチャンスがありそうです。

タフな重馬場だった前走阪神牝馬ステークス2017で伸びを欠いたクイーンズリングの巻き返しもありそうです。前走は、落鉄していたそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

【追記】日曜は朝から晴れ予報です。府中では、いつものことですが、馬場の内側から乾くと予想しました。なので、ミッキークイーン+内枠の馬という予想に変更しました。頭数を絞るため、ルージュバックを泣く泣くスルーです。(´;ω;`)
◎⑪ミッキークイーン

前走阪神牝馬ステークス2017 1着。前走は、緩い相手ではありましたが、前哨戦としては格の違いを感じる強い勝ち方でした。

昨年のヴィクトリアマイル2016は、ストレイトガールが強すぎる決着の中で2着。相手関係からも、今年は勝ち負けを期待したいです。

○②スマートレイアー

前走京都記念2017 2着。7歳馬になりますが、前走は、マカヒキ・ミッキーロケット・サトノクラウンなど強い相手の2着で、衰えを感じない馬です。

成績を見る限りは、東京コースの相性が良く、昨年のヴィクトリアマイル2016は4着に好走しています。休養明けになりますが、無視できない1頭でしょうか。

▲④ソルヴェイグ

前走高松宮記念2017 9着。前走は、内が特に伸びる馬場で、上位陣は内枠の馬や前目につけた馬が占めました。惨敗は仕方ないところでしょう。

父ダイワメジャー産&母父ジャングルポケットは、時計のかかる馬場も問題無さそうなイメージですし、内が伸びる馬場になれば、粘り込みも…。

△①アットザシーサイド

前走阪神牝馬ステークス2017 11着。流石に⑭レッツゴードンキ⑧クイーンズリングが気になりますが、紐荒れ期待で、人気薄のアットザシーサイドを押さえました。前走阪神牝馬ステークス2017組&最内枠は、穴馬であれば面白そうな要素です。

3走前のターコイズステークス2016は、後方から大外をぶん回しての追い込み。結果6着でした。ハンデ戦ではあったものの、レッツゴードンキと0.1秒差、マジックタイムと0.3秒差ならポテンシャルは高そうです。

(無印)⑦ルージュバック

前走金鯱賞2017 8着。ポテンシャルが高いと言われてきた馬です。しかしG1戦線では、あと少し足りないというレースが続いています。前走は8着に敗れていますが、休養明けをひと叩きと考えれば、気にしないでも良いかもしれません。

芝1800m戦は、6戦5勝2着1回という抜群の相性を誇りますが、マンハッタンカフェ産なので、距離が1ハロン短くなるマイル戦も合うような気がします。昨年のヴィクトリアマイル2016は5着に破れましたが、昨年の上位馬との相手関係を考えれば、今年の方が上位争いが緩くなりそうです。

  • 1着ストレイトガール→引退
  • 2着ミッキークイーン
  • 3着ショウナンパンドラ→引退
  • 4着スマートレイアー→今年7歳馬
  • 6着マジックタイム→引退
3連複 ◎○▲△ 4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、5着、7着、12着でした。

本命◎ミッキークイーンは7着でした。

ヴィクトリアマイル2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 5 牝4 アドマイヤリード 6 阪神牝馬ステークス(G2) 2着(0.3)
2 10 牝4 デンコウアンジュ 11 福島牝馬ステークス(G3) 4着(0.4)
3 3 牝4 ジュールポレール 7 阪神牝馬ステークス(G2) 3着(0.3)

録画で見ました。

1~5番人気まで飛んで、3連単918,700円の波乱決着。まったくカスリもせずでした。(´・ω・`)そのわりに918,700円というのは、少し不可解ですが…(100万馬券超えかと思っていました。)

「内の馬場が乾いて内が伸びる」という予想でしたが、真逆の結果でした。馬場傾向を見ずに、朝に馬券を買ったので仕方ないですね。内の馬場が悪く、内から数頭分空けた馬場が伸びたそうです。外は伸びるがロスが大きいという馬場でした。

本命ミッキークイーンが3着を外したのは意外でしたが、外を周った分と最後の直線で進路を塞がれたのが敗因に見えました。上位陣は、基本的に内を少し空けた馬場を通った馬が占めました。

2着に好走したデンコウアンジュですが、安藤勝己元騎手が穴馬で取り上げていました。昨年、アンカツさんは、デンコウアンジュの血統的に大きいところ(G1)はどうか…と言って、全く話題にも出していませんでした。ところが今回、スルーし続けていた馬をこの大舞台で挙げるぐらいですから、何か良い情報を掴んでいたのかもしれないですね。

ともあれ、ミッキークイーンが3着を外した時点で、当たるはずもないレースだったと思います。

次走情報