安田記念2020-過去データと予想

日程 2020年6月7日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1600m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量(4歳以上58kg,牝2kg減)
出走数 14頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

安田記念2020

春のマイル王を決める一戦、安田記念2020です。東京の芝コースで行われる定量戦ながら、波乱決着の多い難解なレース。下位人気馬の好走も目立ちます。今年も波乱決着となるのでしょうか…。

東京競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年の安田記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが7回あります。直近2年こそ10万円を切る決着になっていますが、馬連や3連複ともに好配当が多く、波乱傾向のレースと言えそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 5,670円 3,690円 43,720円
2018 7,370円 6,560円 63,280円
2017 10,480円 43,500円 283,000円
2016 3,230円 14,990円 153,560円
2015 1,740円 40,690円 127,190円
2014 18,730円 91,160円 373,470円
2013 1,470円 18,160円 62,800円
2012 8,510円 92,530円 468,600円
2011 12,270円 44,090円 335,600円
2010 12,640円 53,850円 348,740円

では過去10年の安田記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:安田記念 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

安田記念2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 5 牡4 インディチャンプ 4 マイラーズカップ(G2) 4着(0.2) 2
2 2 牝5 アエロリット 3 ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.4) 2
3 14 牝4 アーモンドアイ 1 Dubai Turf(G1) 1着 1
2018 1 10 牡4 モズアスコット 9 安土城ステークス(OP) 2着(0.0) 1
2 4 牝4 アエロリット 5 ヴィクトリアマイル(G1) 4着(0.1) 3
3 1 牡4 スワーヴリチャード 1 大阪杯(G1) 1着(-0.1) 1
2017 1 14 牡6 サトノアラジン 7 京王杯スプリングカップ(G2) 9着(0.4) 1
2 16 牡7 ロゴタイプ 8 中山記念(G2) 3着(0.2) 7
3 6 牡6 レッドファルクス 3 京王杯スプリングカップ(G2) 1着(-0.1) 2
2016 1 6 牡6 ロゴタイプ 8 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 2着(0.0) 4
2 8 牡5 モーリス 1 The Champions Mile(G1) 1着
3 10 牡7 フィエロ 6 マイラーズカップ(G2) 4着(0.4) 1
2015 1 6 牡4 モーリス 1 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 1着(-0.6) 1
2 13 牡6 ヴァンセンヌ 3 京王杯スプリングカップ(G2) 2着(0.0) 2
3 12 牡6 クラレント 12 マイラーズカップ(G2) 10着(0.6) 9
2014不良 1 10 牡5 ジャスタウェイ 1 Dubai Duty Free(G1) 1着(-0.1)
2 12 牡6 グランプリボス 16 マイルチャンピオンシップ(G1) 9着(0.7) 7
3 11 牡6 ショウナンマイティ 10 大阪杯(G2) 5着(0.7) 4
2013 1 10 牡5 ロードカナロア 1 高松宮記念(G1) 1着(-0.2) 1
2 2 牡5 ショウナンマイティ 3 大阪杯(G2) 2着(0.1) 2
3 16 牡5 ダノンシャーク 12 マイラーズカップ(G2) 3着(0.1) 3
2012 1 4 牡6 ストロングリターン 2 京王杯スプリングカップ(G2) 4着(0.3) 2
2 3 牡4 グランプリボス 13 京王杯スプリングカップ(G2) 7着(0.5) 5
3 8 牡5 コスモセンサー 15 マイラーズカップ(G2) 3着(0.4) 7
2011 1 14 牡3 リアルインパクト 9 NHKマイルカップ(G1) 3着(0.3) 4
2 1 牡5 ストロングリターン 5 京王杯スプリングカップ(G2) 1着(-0.0) 4
3 3 牡6 スマイルジャック 3 マイラーズカップ(G2) 6着(0.5) 5
2010 1 17 牡6 ショウワモダン 8 メイステークス(OP) 1着(-0.3) 6
2 9 牡7 スーパーホーネット 6 マイラーズカップ(G2) 9着(0.8) 2
3 2 牡5 スマイルジャック 5 マイラーズカップ(G2) 5着(0.3) 1
7歳以上

過去10年の安田記念3着以内30頭中3頭を占めます。3頭ともマイルG1で連対経験がありました。4~6歳馬が馬券圏内の中心と言えそうです。

  • 2017年2着ロゴタイプ(2016安田記念優勝、2012朝日杯FS優勝)
  • 2016年3着フィエロ(2015マイルCS2着、2014マイルCS2着)
  • 2010年2着スーパーホーネット(2008マイルCS2着、2007マイルCS2着、2005朝日杯FS2着)
前走マイラーズカップ

過去10年の安田記念3着以内30頭中8頭を占めます。8頭ともにマイラーズカップで3着以下に敗れていましたが、勝ち馬から1秒以上離されて大敗していた馬もいませんでした。マイラーズカップで敗戦していた馬の好走が目立つ一方、優勝馬は凡走が続いています。

マイラーズカップ優勝馬の安田記念成績(過去10年)
年度 性齢 馬名 安田記念
2019 牡4 ダノンプレミアム 16着
2018 牡4 サングレーザー 5着
2017 牡6 イスラボニータ 8着
2016 牡4 クルーガー 出走なし
2015 牡5 レッドアリオン 8着
2014 牡5 ワールドエース 5着
2013 牡5 グランプリボス 10着
2012 牡7 シルポート 12着
2011 牡6 シルポート 8着
2010 牡4 リーチザクラウン 14着
前走京王杯スプリングカップ

過去10年の安田記念3着以内30頭中6頭を占めます。そのうち4頭が京王杯スプリングカップで1~2番人気の支持を集めていました。

予想

今年の安田記念2020は、好メンバーが揃いました。データ傾向からは、マイラーズカップ組や京王杯スプリングカップ組を押さえたいところですが、別ローテの馬3頭での決着もありそうなほど、ハイレベルな混戦だと思います。馬券候補は、アーモンドアイのほか、昨年のマイル王者インディチャンプが中心になるでしょうか。ただインディチャンプは、凡走例が多いマイラーズカップ優勝馬。波乱傾向のレースですし、取捨に悩む1頭かもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。人気を集めるインディチャンプ、ダノンプレミアム、グランアレグリアが気になりつつ、波乱を期待してスルーしました。アーモンドアイを除くと、この4頭が上位を占めてもおかしくないですが…。3連単は、高配当狙いで対抗を1着付けにしています。

◎5アーモンドアイ

順当なら頭から買うべき馬でしょうか。前走ヴィクトリアマイルの楽勝を見ても、ここでは一枚上という印象を受けます。深く考えず本命です。

〇3ノームコア

前走ヴィクトリアマイル3着。アーモンドアイに突き放されてるだけに、牡馬相手のここではどうでしょうか…。ただ東京のマイル戦で抜群の安定感を見せているのは魅力。香港マイルでも小差の4着に好走しているので、上位争いに加わっても良さそうです。

▲9アドマイヤマーズ

休養明けの海外帰り初戦。印をつけるつもりは無かったのですが、ほぼ毎年のように馬券圏内に1頭以上が好走している外枠(6~8枠)ということで、グランアレグリアと迷ってアドマイヤマーズを押さえました。3歳で、スプリントやマイルが強い香港で勝ち切った前走香港マイルのタイトルは、かなり評価して良いと思います。アドマイヤマーズを除いて、過去、香港マイルで3着以内に好走した日本馬は3頭(ヴィブロス、モーリス、グランプリボス)。この3頭並みの扱いと考えれば、一発あって良いのかもしれません。

△2ダノンキングリー

直近2戦は、かなり力を付けてると思われるラッキーライラック相手に差の無い内容で好勝負を見せています。ここでも上位争いの候補だと思います。出遅れからアエロリットとインディチャンプを相手に楽勝した毎日王冠を見ても、東京コースは合いそうです。

(無印)7ペルシアンナイト

東京芝の重賞で好走例が無いので、コース相性という意味では買い難いでしょうか。ただ昨年の安田記念は、大きな不利があっての9着。度外視して良いと思います。直近のマイルG1(香港マイル、マイルCS)で大きく崩れていませんし、波乱傾向のここなら押さえておいても…。

3連複4頭ボックス◎〇▲△3連単〇→◎▲△→◎▲△合計10点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、6着、7着でした。本命◎アーモンドアイは、2着でした。

安田記念2020結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 11 牝4 グランアレグリア 3 高松宮記念(G1) 2着(0.0) 2
2 5 牝5 アーモンドアイ 1 ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-0.7) 1
3 6 牡5 インディチャンプ 2 マイラーズカップ(G2) 1着(-0.3) 1

安田記念とは思えないほど、1~3番人気3頭のかたい決着でした。

優勝グランアレグリア。いつの間に…と思ってしまうほど、直線良い位置から楽に抜け出しての楽勝でした。前走高松宮記念では前残りの中、唯一後方から突っ込んで来た馬ですが、今回はさらに想像していた以上のパフォーマンスを見せたという印象でした。

本命アーモンドアイは、出負け。それでも2着以下混戦の中で、きっちり2着を死守するのは、やはり強い馬だと感じました。3着インディチャンプ。データ傾向では劣勢傾向のマイラーズカップ優勝馬だったので、馬券的にはスルーしていました。これは仕方ないです…。

対抗で狙っていたノームコア。後方大外一気から、最後は3着争いに加わるほど、良い脚で突っ込んできていました。終わってみれば、上位4頭中3頭が牝馬。牡馬のマイル路線は、層が薄いのかもしれません。

スポンサーリンク