2019年

安田記念2019-過去10年のデータと予想

日程2019年6月2日(日曜)
開催東京競馬場 11R
距離芝1600m
格付けG1
条件サラ系3歳以上
斤量定量(4歳以上58kg 牝2kg減)
出走数16頭
天気曇り(ヤフー天気)

安田記念2019

春のマイル王を決める一戦、安田記念2019です。東京の芝コースで行われる定量戦ながら、波乱決着の多い難解なレース。下位人気馬の好走も見られるレースです。今年も例年のような波乱決着となるのでしょうか…。

東京競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年の安田記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが7回あります。馬連や3連複も好配当が多く、毎年、伏兵や穴馬の好走が見られ、波乱を演出しています。

年度馬連3連複3連単
20187,370円6,560円63,280円
201710,480円43,500円283,000円
20163,230円14,990円153,560円
20151,740円40,690円127,190円
201418,730円91,160円373,470円
20131,470円18,160円62,800円
20128,510円92,530円468,600円
201112,270円44,090円335,600円
201012,640円53,850円348,740円
2009290円4,100円10,000円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

安田記念2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度着順馬番性齢馬名人気前走前走人気
2018110牡4モズアスコット9安土城ステークス(OP) 2着(0.0)1
24牝4アエロリット5ヴィクトリアマイル(G1) 4着(0.1)3
31牡4スワーヴリチャード1大阪杯(G1) 1着(-0.1)1
2017114牡6サトノアラジン7京王杯スプリングカップ(G2) 9着(0.4)1
216牡7ロゴタイプ8中山記念(G2) 3着(0.2)7
36牡6レッドファルクス3京王杯スプリングカップ(G2) 1着(-0.1)2
201616牡6ロゴタイプ8ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 2着(0.0)4
28牡5モーリス1The Champions Mile(G1) 1着
310牡7フィエロ6マイラーズカップ(G2) 4着(0.4)1
201516牡4モーリス1ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 1着(-0.6)1
213牡6ヴァンセンヌ3京王杯スプリングカップ(G2) 2着(0.0)2
312牡6クラレント12マイラーズカップ(G2) 10着(0.6)9
2014不良110牡5ジャスタウェイ1Dubai Duty Free(G1) 1着(-0.1)
212牡6グランプリボス16マイルチャンピオンシップ(G1) 9着(0.7)7
311牡6ショウナンマイティ10大阪杯(G2) 5着(0.7)4
2013110牡5ロードカナロア1高松宮記念(G1) 1着(-0.2)1
22牡5ショウナンマイティ3大阪杯(G2) 2着(0.1)2
316牡5ダノンシャーク12マイラーズカップ(G2) 3着(0.1)3
201214牡6ストロングリターン2京王杯スプリングカップ(G2) 4着(0.3)2
23牡4グランプリボス13京王杯スプリングカップ(G2) 7着(0.5)5
38牡5コスモセンサー15マイラーズカップ(G2) 3着(0.4)7
2011114牡3リアルインパクト9NHKマイルカップ(G1) 3着(0.3)4
21牡5ストロングリターン5京王杯スプリングカップ(G2) 1着(-0.0)4
33牡6スマイルジャック3マイラーズカップ(G2) 6着(0.5)5
2010117牡6ショウワモダン8メイステークス(OP) 1着(-0.3)6
29牡7スーパーホーネット6マイラーズカップ(G2) 9着(0.8)2
32牡5スマイルジャック5マイラーズカップ(G2) 5着(0.3)1
200913牝5ウオッカ1ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-1.2)1
26牡4ディープスカイ2大阪杯(G2) 2着(0.0)1
34牡4ファリダット10京王杯スプリングカップ(G2) 3着(0.1)2
7歳以上

過去10年の安田記念3着以内30頭中3頭を占めます。3頭ともマイルG1で連対経験がありました。

  • 2017年2着ロゴタイプ(安田記念2016優勝、朝日杯FS2012優勝)
  • 2016年3着フィエロ(マイルCS2015 2着、マイルCS2014 2着)
  • 2010年2着スーパーホーネット(マイルCS2008 2着、マイルCS2007 2着、朝日杯FS2005 2着)
前走マイラーズカップ

過去10年の安田記念3着以内30頭中7頭を占めます。7頭ともにマイラーズカップで3着以下に敗れていましたが、勝ち馬から1秒以上離されて大敗していた馬もいませんでした。そのほかマイラーズカップ優勝馬は、安田記念での凡走が続いています。マイラーズカップで負けていた馬が狙い目になるかもしれません。

マイラーズカップ優勝馬の安田記念成績(過去10年)
年度性齢馬名安田記念
2018牡4サングレーザー5着
2017牡6イスラボニータ8着
2016牡4クルーガー出走なし
2015牡5レッドアリオン8着
2014牡5ワールドエース5着
2013牡5グランプリボス10着
2012牡7シルポート12着
2011牡6シルポート8着
2010牡4リーチザクラウン14着
2009牡6スーパーホーネット7着
前走京王杯スプリングカップ

過去10年の安田記念3着以内30頭中7頭を占めます。そのうち5頭が京王杯スプリングカップで1~2番人気の支持を集めていました。

予想

好メンバーが揃った安田記念2019。ただ過去、波乱決着が続いているレースですし、仮にアーモンドアイが勝ち切ったとしても、2~3着にノーマークの穴馬が絡む可能性はありそうですね。

牝馬限定のG1ヴィクトリアマイルが1:30.9という決着だったことを考えれば、それに近い時計か、遅くても31秒台の決着になるかもしれません。速い馬場の適性は必須だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。何が来てもおかしくないほどの好メンバー。波乱傾向のレースということで、アーモンドアイを除く人気馬を軽視しましたが、どうなるでしょうか…。全く当たる気がしません。

◎14アーモンドアイ

G1を5連勝、2走前のジャパンカップは、世界レコードで完勝していますし、速い時計の出る今の東京芝コースは合いそうです。深く考えず本命です。

○5インディチャンプ

好走例の多いマイラーズカップ敗退組。2走前の東京新聞杯をレコード(1:31.9)で完勝していますし、コース相性も馬場も問題なさそうです。コースレコードとなったヴィクトリアマイルの3着馬クロコスミア(ステイゴールド産)、4着ラッキーライラック(オルフェーヴル(父ステイゴールド)産)と考えると、ステイゴールド産も速い時計をこなせるのかもしれません。

▲10フィアーノロマーノ

前走ダービー卿CT優勝。この日の中山芝は、かなり速い時計が出ていました。その中で、速い時計の決着が得意なプリモシーンを抑えて勝ち切っており、今の馬場は合うかもしれません。東京コースの成績が良くないのは気になりますが、人気薄なら波乱期待で押さえても面白そうです。

△4サングレーザー

今開催の東京芝のG1で好走例が目立つディープインパクト産。昨年の天皇賞秋が1:57.0、安田記念が1:31.5と速い時計の決着は得意なタイプですし、前走からの巻き返しがあっても良さそうです。とはいっても極端な追い込みも決まりにくい印象の馬場なので、後ろ過ぎない位置でスムーズに脚を溜めることが出来れば…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着、14着でした。本命◎アーモンドアイは、3着でした。

安田記念2019 結果
着順馬番性齢馬名人気前走前走人気
15牡4インディチャンプ4マイラーズカップ(G2) 4着(0.2)2
22牝5アエロリット3ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.4)2
314牝4アーモンドアイ1ドバイターフ(G1) 1着1

勝ち時計1:30.9、想定通りの速い時計の決着でした。後ろにいた馬には厳しい印象で、前に行った馬(2着アエロリット、4着グァンチャーレ)が上位に残っています。アーモンドアイを除く上位8頭が1~4枠。道中も出来る限り内でロスなく進めた馬が好走したといって良いかもしれません。

押えていたフィアーノロマーノは、前に行かず。こういう馬場なので、直近2戦のように前に行くことを期待したんですが…。仕方ないですね。

人気を集めたアーモンドアイやダノンプレミアムは、不利があったこともあり、後方からの競馬。それでも最後3着まで突っ込んで来たアーモンドアイは、強さを見せたと思います。

深く考えない競馬