弥生賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年3月5日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢
出走数 12頭
天気 曇り参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

「弥生賞2017」です。近年は、同コース&同距離ながら皐月賞につながらない印象のレースでしたが、昨年優勝馬のマカヒキが皐月賞2016で2着に好走し、日本ダービー2016を優勝しました。データ的な傾向からは、強く推せませんが、今年の優勝馬も皐月賞2017と日本ダービー2017に向けて注目していきたいですね。

過去10年の弥生賞の配当を見ると、波乱順当の決着が両極端という感じがします。昨年は1~3番人気で決着しましたが、例外的なケースだと思います。そういう意味では、穴馬にも注意したいレースになるでしょう。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 220円 190円 830円
2015 3,380円 41,050円 187,960円
2014 690円 1,470円 3,850円
2013 52,300円 34,310円 461,810円
2012 7,830円 14,380円 126,790円
2011 2,220円 3,780円 18,840円
2010 400円 2,010円 5,050円
2009 1,930円 8,620円 26,930円
2008 970円 5,070円 23,340円
2007 1,170円 1,720円 6,650円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
弥生賞2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2016 1 11 マカヒキ 2 若駒ステークス(G1) 1着(-0.2)
2 10 リオンディーズ 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.1)
3 4 エアスピネル 3 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.1)
2015稍重 1 4 サトノクラウン 2 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0)
2 5 ブライトエンブレム 4 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 7着(0.5)
3 2 タガノエスプレッソ 10 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 6着(0.5)
2014 1 10 トゥザワールド 1 若駒ステークス(OP) 1着(-0.2)
2 11 ワンアンドオンリー 4 ラジオNIKKEI杯(G3) 1着(-0.2)
3 3 アデイインザライフ 2 京成杯(G3) 3着(0.3)
2013 1 8 カミノタサハラ 6 500万(東京芝1800m) 1着(-0.1)
2 4 ミヤジタイガ 10 若駒ステークス(OP) 4着(0.5)
3 3 コディーノ 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.0)
2012稍重 1 5 コスモオオゾラ 9 共同通信杯(G3) 5着(0.6)
2 2 トリップ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 4着(0.5)
3 4 アーデント 5 京成杯(G3) 4着(0.3)
2011 1 6 サダムパテック 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 4着(0.2)
2 3 プレイ 7 つばき賞(500万) 2着(0.2)
3 4 デボネア 5 京成杯(G3) 2着(0.0)
2010 1 1 ヴィクトワールピサ 1 ラジオNIKKEI杯(G3) 1着(-0.0)
2 3 エイシンアポロン 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.2)
3 2 ダイワファルコン 7 500万(東京芝1600m) 2着(0.0)
2009稍重 1 10 ロジユニヴァース 1 ラジオNIKKEI杯(G3) 1着(-0.7)
2 2 ミッキーペトラ 5 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.2)
3 5 モエレエキスパート 7 シンザン記念(G3) 10着(1.7)
2008 1 2 マイネルチャールズ 2 京成杯(G3) 1着(-0.0)
2 13 ブラックシェル 1 きさらぎ賞(G3) 7着(0.3)
3 2 タケミカヅチ 7 共同通信杯(G3) 2着(0.1)
2007 1 4 アドマイヤオーラ 1 シンザン記念(G3) 1着(-0.2)
2 8 ココナッツパンチ 6 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.3)
3 7 ドリームジャーニー 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.1)
内枠

過去10年の弥生賞3着以内では、やや内枠が優勢な傾向があります。特に、穴馬は内枠の馬が中心となっています。

前走重賞

過去10年の弥生賞3着以内30頭中22頭を占めます。

前走500万クラス以下

過去10年の弥生賞3着以内では、前走新馬戦、未勝利戦、500万クラスの馬が5頭いますが、5頭とも前走で連対していました。

前走二桁着順

過去10年の弥生賞3着以内では、2010年3着モエレエキスパート(前走10着)の1頭だけです。モエレエキスパートを除くと、前走で大敗していた馬はいません

馬券予想

過去10年の傾向から「内枠(特に穴馬)」「前走重賞」に注目です。

弥生賞2017は、高いレベルで混戦になりそうです。前走重賞勝ち馬が3頭のほか、重賞好走歴のある馬も多いです。出走を予定していたブレスジャーニーが回避しましたが、濃いメンバーが揃った感じがします。人気薄の馬も3着以内と考えると、十分にチャンスがありそうな気がします。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎③グローブシアター

前走ホープフルステークス2016 3着。2着マイネルスフェーンが11番から最内を突いて、かなり上手く乗っていた中、グローブシアターは外をまわしての競馬になりました。マイネルスフェーンとの差は、通ってきたコースの差かな…という印象でした。それでも優勝したレイデオロと一緒に伸びてきていたので、キャリア一戦ながらポテンシャルの高さを感じるものでした。

全兄リオンディーズ、兄エピファネイアという良血ですが、近年はキングカメハメハ産の弥生賞の相性も比較的良いので、血統的にも面白そうですね。

  • 2016年2着リオンディーズ
  • 2016年3着エアスピネル
  • 2014年1着トゥザワールド
  • 2013年3着コディーノ
○④ダンビュライト

前走きさらぎ賞2017は3着に破れたものの、下馬評の高かったサトノアーサーとアタマ差で、ポテンシャルの高さを示した格好でした。きさらぎ賞2017は、タフな重馬場が好走の後押しをした感じもしますが、今回は抜けたメンバーもいないですし、無視もできない1頭になるでしょう。

内目の4枠4番もデータ的には、狙いたい要素だと思います。

▲⑦コマノインパルス

前走京成杯2017優勝。後方で脚を溜めてというタイプで、展開に左右されそうですが、中山芝2000mの相性は良さそうなので押さえたいです。2走前の葉牡丹賞2016はレイデオロの2着で、勝てなかったのは仕方ない感じがしますね。

血統的には、やや早熟のイメージがあるバゴ産です。過去、同じバゴ産駒のブラックバゴ(ホープフルステークス2014 3着、京成杯2015 2着)が京成杯以降の重賞で結果が出せなかったのは、少し心配なところです。

△⑪カデナ

前走京都2歳ステークス2016優勝。1頭だけクラスが上のような脚で、後方からまとめて差し切りました。ただ直線の長い広いコースを伸び伸び走る方が合いそうな印象だったので、中山の今回は少し評価を下げました。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、6着、8着でした。

本命◎グローブシアターは8着でした。

弥生賞2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 11 カデナ 1 京都2歳ステークス(G3) 1着(-0.2)
2 10 マイスタイル 8 こぶし賞(500万) 1着(-0.1)
3 4 ダンビュライト 5 きさらぎ賞(G3) 3着(0.3)

晩に録画を見ました。まあまあ順当な結果でしたが…馬券的にはダメでした…(υ´Д`)

3着争いは混戦で、3~8着までほぼ団子状態でした。本命グローブシアターは、相手関係が強化されて厳しい結果となってしまいました。馬格の小ささが気になる点だったので、今後の成長に期待したいです。

最初の1000mが63.2秒というドスローに近い流れで、差し追い込み馬には厳しい展開でした。その中で、まとめて差し切ったカデナの能力はかなり高そうですね。個人的には、皐月賞2017よりも東京の方が合うのでは…と思っていたので、日本ダービー2017が楽しみな1頭だと思います。

先行勢は、ダイワキャグニーかマイスタイルかという感じでしたが、異常な穴人気をしていたダイワキャグニーが厳しい結果でした。ただ2着に好走したマイスタイルも、スローで流れた前残りの2着という感じがするので、後のクラシック戦線では狙い難いところです。

1~3着馬の次走情報
  • 1着カデナ、2着マイスタイル、3着ダンビュライトは、皐月賞2017に向かいました。