愛知杯 2017 過去4年のデータと予想

日程 2017年1月14日(土曜日)
開催 中京競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 15頭
天気 曇り参考 中京競馬場 – Yahoo!天気・災害

牝馬限定のハンデ重賞「愛知杯2017」です。牝馬、ハンデと聞くだけで、荒れそうという印象ですが、実際に中京競馬場改修後の2012年以降で見ても波乱決着が続いています。恐らく今年も波乱含みの重賞となることでしょう。

過去4年の愛知杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。10万馬券超えにならなかった2014年も3着には10番人気の馬が入っています。人気馬だけの決着があまり無いレースと言えそうです。

  • 2016年 345,200円
  • 2014年 40,420円
  • 2013年 4,712,080円
  • 2012年 219,120円

昨年から12月開催から1月開催に変更になりました。それに伴い2015年の愛知杯の開催がなくなりました。そのため、2015年を除く中京競馬場改修後の過去4年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
愛知杯2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 4 牝5 55.5 バウンスシャッセ 8 マーメイドS(G3) 15着(1.2)
2 15 牝5 50 リーサルウェポン 5 1000万(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
3 7 牝4 53 アースライズ 4 カウントダウンS(1600万) 1着(-0.2)
2015 休止
2014 1 13 牝4 56 ディアデラマドレ 1 エリザベス女王杯(G1) 3着(0.2)
2 2 牝5 56 キャトルフィーユ 2 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.3)
3 17 牝4 54 スイートサルサ 10 ユートピアS(1600万) 1着(0.0)
2013 1 5 牝4 50 フーラブライド 12 1000万(京都芝2400m) 1着(-0.0)
2 18 牝4 51 キャトルフィーユ 14 修学院S(1600万) 3着(0.1)
3 16 牝6 55 コスモネモシン 13 キャピタルS(OP) 9着(0.4)
2012稍重 1 12 牝4 51 エーシンメンフィス 7 衣笠特別(1000万) 1着(-0.5)
2 8 牝3 52 サンシャイン 10 ユートピアS(1600万) 6着(0.2)
3 15 牝4 56 オールザットジャズ 2 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.5)
軽ハンデ

波乱決着となった2016年、2013年、2012年の過去3回では、前走条件戦の軽ハンデ馬が好走しています。前走条件戦で好走している軽ハンデ馬(50~52kg)には、穴候補としては面白そうです。

  • 2016年2着リーサルウェポン50kg(前走1000万)
  • 2013年1着フーラブライド50kg(前走1000万)
  • 2013年2着キャトルフィーユ51kg(前走1600万)
  • 2012年1着エーシンメンフィス51kg(前走1000万)
  • 2012年2着サンシャイン52kg(前走1600万)
外枠

過去4年の愛知杯では、外枠(6~8枠)の好走が目立っています。掲示板(5着以内)も外枠の馬が多いです。人気薄が穴をあけるケースも多いので、抑えておきたい傾向になると思います。

前走マイル戦

愛知杯は2000m戦ですが、4年連続で前走マイル戦の穴馬が馬券圏内に来ています。4頭とも、芝2000mでの実績があった馬ではなく、芝1600~1800mを中心の実績馬でした。昨年は、このデータをもとにリーサルウェポンを押さえることが出来ました。

  • 2015年2着リーサルウェポン(前走阪神芝1600m1着、愛知杯5番人気)
  • 2014年3着スイートサルサ(前走ユートピアS1着、愛知杯10番人気)
  • 2013年3着コスモネモシン(前走キャピタルS9着、愛知杯13番人気)
  • 2012年3着サンシャイン(前走ユートピアS6着、愛知杯10番人気)
前走エリザベス女王杯

過去4年の愛知杯では、前走エリザベス女王杯好走馬が人気に応える結果を残しています。

ただ昨年は1番人気のシュンドルボンが8着に敗れています。データ的には、エリザベス女王杯で5着以内だった馬が狙い目になるかもしれません。

  • 2016年8着シュンドルボン(前走エリザベス女王杯7着、愛知杯1番人気)
  • 2014年1着ディアデラマドレ(前走エリザベス女王杯3着、愛知杯1番人気)
  • 2014年2着キャトルフィーユ(前走エリザベス女王杯5着、愛知杯2番人気)
  • 2012年3着オールザットジャズ(前走エリザベス女王杯5着、愛知杯2番人気)

馬券予想

過去10年の傾向から「軽ハンデ馬」「外枠」「前走マイル戦」「前走エリザベス女王杯好走馬」に注目です。

愛知杯2017は、かなりの混戦模様になりそうです。重賞で勝ちきれない馬や前走条件戦の馬が多く、抜けた実績の馬が不在です。加えて、ハンデ戦になるので、恐らく波乱決着になるのでは…と思っています。当日の天気も一時的にが降る予報なので、馬場への影響も気になるところです。

以下、簡単な考察と予想です。アッサリした内容になります。すいません(;´д`)

傾向から、外枠の差し追い込み馬を中心に狙おうと思っています。

①クインズミラーグロ

前走芝2000mの1600万勝ちの差し馬&53kgというのは、買い要素になりそうです。昨年3着の アースライズが同様のローテでした。

前走カウントダウンステークス2016は、内枠で脚を溜めて、最後の直線で馬場の悪い内から外に出しての差し切り勝ちでした。終始外目を周っていた2着マキシマムドパリの方がタフな競馬だったと思います。なので同斤量の今回は、クインズミラーグロよりマキシマムドパリの方を評価したいですね。

⑤リーサルウェポン

昨年の愛知杯2016 2着馬。休養明けになりますが、今年も50kg出走というのは、如何にも穴っぽいですね。例年外枠が優勢のレースなので、枠順が気になるところですが、伏兵であれば押さえておきたい1頭です。

⑦プリメラアスール

前走エリザベス女王杯2016 5着馬。データ的には、十分に上位候補になるでしょう。

ただ脚質的には逃げ先行馬なので、例年のように差し追い込み馬が上位を占めるような馬場になると、厳しいかもしれません。

⑩シャルール

前走エリザベス女王杯2016 15着馬。データ的には、買い難いですね。

脚質的にも逃げ先行になると思うので、プリメラアスールと同様、馬場や展開が向かないと厳しいかもしれません。

⑪マキシマムドパリ

前走カウントダウンステークス2016 2着馬。1600万クラスを勝てていないのに53kgになりました。やや重いかな…と思いますが、秋華賞2015 3着や昨年の愛知杯2016 4着という実績を考えると、無視もできない1頭でしょう。

⑫クリノラホール

前走逆瀬川ステークス2016は先団グループを追走、最後の直線から抜け出し差し切り勝ちしました。

例年穴をあける前走マイル戦組ではありませんが、外枠で芝1600~1800m実績馬と考えると、十分に穴馬候補という感じがしますね。ダイワメジャー産なので頭からは買いにくいですが、上手く脚を溜めることが出来れば面白そうです。

⑭ヒルノマテーラ

4走前のマーメイドステークス2016~エリザベス女王杯2016~チャレンジカップ2016と狙ってきた馬ですが、追い込み不発に終わりました。

3走前カシオペアステークス2016やマーメイドステークス2016のように、追い込みがハマった時の脚は重賞で勝ち負けできるものだと思っています。愛知杯で逃げ先行が決まったのは2012年のみで、その後の2013~2016年は差し追い込み馬が上位を占める結果となっています。当日の馬場次第では、楽しみな1頭だと思います。

⑮ダイワドレッサー

福島記念2016 3着、ラジオNIKKEI賞2016 2着など、平坦の小回りコースの方が良さそうな実績馬ですが、重賞好走歴&前走マイル戦&外枠と揃ってるので、押さえなら無視は出来ないところでしょう。

買い方

◎⑭ヒルノマテーラ

○⑮ダイワドレッサー

▲⑫クリノラホール

△⑤リーサルウェポン

全く当たる気のしない重賞です… (・Θ・;)

本命は、週初めから変更なくヒルノマテーラにしました。追い込み決着に期待です。その他、外枠のダイワドレッサーとクリノラホール、昨年2着のリーサルウェポンを押さえました。

無印ではマキシマムドパリが気になりますが、波乱決着想定でここはスルーです。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、7着、11着、13着、15着でした。

本命◎ヒルノマテーラは13着でした。

愛知杯2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 11 牝5 マキシマムドパリ 1 カウントダウンS(1600万) 2着(0.1)
2 4 牝6 サンソヴール 10 ターコイズS(G) 10着(0.6)
3 1 牝5 クインズミラーグロ 6 カウントダウンS(1600万) 1着(-0.1)

カスリもせず(´・ω・`)

12万馬券の波乱決着でした。もしもクビ差4着マラムデールが3着なら、とんでもない払い戻しになるところでしたね…。

レースの傾向として、今年も逃げ先行馬は劣勢という結果になりました。9着に敗れたプリメラアスールは仕方ないところでしょう。外目の馬場が伸びるらしく、上手く脚を溜めて最後の直線で外に出した馬が上位に来た印象でした。

本命ヒルノマテーラは、伸びない内を突いたのが少し残念でしたね。あと直線で四位ジョッキーが一度後ろを振り返っていたので、何かあったのかもしれません。

データ的には、1600~1800m実績馬で前走マイル戦を使った軽ハンデ馬サンソヴールが2着に好走しました。データ通りといえばそうなりますが、実績の薄い6歳牝馬は、流石に手が出せず…でした。

1~3着馬の次走情報