愛知杯2021-過去データと予想

日程 2021年1月16日(土曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 4歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 10.2(16日)

愛知杯2021

牝馬限定のハンデ重賞、愛知杯2021です。牝馬限定のハンデ戦と聞くだけで、如何にも荒れるレースという印象を受けます。実際、波乱決着の多いレースなので、今年も一筋縄ではいかない結果を想定していた方が良さそうです。

愛知杯は、2016年に12月開催から1月開催に変更となり、それに伴い2015年の開催が休止となりました。なお2010年~2011年と2020年は、小倉競馬場で開催されています。

中京競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の愛知杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。順当な決着になる方が珍しいレースで、高配当が続いています。傾向から人気サイドの決着は考えにくいところですが、今年はどうなるでしょうか。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 12,500円 91,350円 598,880円
2019 4,600円 9,010円 99,140円
2018 13,120円 16,650円 121,160円
2017 7,450円 20,920円 120,440円
2016 15,570円 48,950円 345,200円
2015 休止
2014 1,270円 11,060円 40,420円
2013 58,120円 744,520円 4,712,080円
2012 14,100円 34,660円 219,120円
2011 6,860円 11,520円 79,370円

では過去10年の愛知杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:愛知杯 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

愛知杯2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2020小倉 1 5 牝7 56 デンコウアンジュ 9 ターコイズステークス(G3) 6着(0.6) 11
2 6 牝6 53 アルメリアブルーム 5 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.7) 13
3 3 牝7 52 レイホーロマンス 11 万葉ステークス(OP) 4着(0.8) 10
2019 1 5 牝6 54 ワンブレスアウェイ 8 エリザベス女王杯(G1) 11着(0.9) 13
2 11 牝4 55 ノームコア 1 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.6) 2
3 8 牝4 53 ランドネ 4 修学院ステークス(1600万) 1着(-0.0) 2
2018 1 10 牝5 54 エテルナミノル 6 ターコイズステークス(G3) 5着(0.1) 4
2 8 牝5 51 レイホーロマンス 11 尾張特別(1000万) 1着(-0.0) 1
3 7 牝6 56 マキシマムドパリ 1 中日新聞杯(G3) 5着(0.3) 4
2017稍重 1 11 牝5 53 マキシマムドパリ 1 カウントダウンステークス(1600万) 2着(0.1) 3
2 4 牝6 52 サンソヴール 10 ターコイズステークス(G) 10着(0.6) 13
3 1 牝5 53 クインズミラーグロ 6 カウントダウンステークス(1600万) 1着(-0.1) 10
2016 1 4 牝5 55.5 バウンスシャッセ 8 マーメイドステークス(G3) 15着(1.2) 5
2 15 牝5 50 リーサルウェポン 5 1000万(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 3
3 7 牝4 53 アースライズ 4 カウントダウンステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
2015 休止
2014 1 13 牝4 56 ディアデラマドレ 1 エリザベス女王杯(G1) 3着(0.2) 6
2 2 牝5 56 キャトルフィーユ 2 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.3) 5
3 17 牝4 54 スイートサルサ 10 ユートピアステークス(1600万) 1着(0.0) 2
2013 1 5 牝4 50 フーラブライド 12 1000万(京都芝2400m) 1着(-0.0) 2
2 18 牝4 51 キャトルフィーユ 14 修学院ステークス(1600万) 3着(0.1) 4
3 16 牝6 55 コスモネモシン 13 キャピタルステークス(OP) 9着(0.4) 8
2012稍重 1 12 牝4 51 エーシンメンフィス 7 衣笠特別(1000万) 1着(-0.5) 12
2 8 牝3 52 サンシャイン 10 ユートピアステークス(1600万) 6着(0.2) 1
3 15 牝4 56 オールザットジャズ 2 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.5) 4
2011小倉 1 12 牝5 56 フミノイマージン 2 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.9) 8
2 4 牝5 55.5 ブロードストリート 9 エリザベス女王杯(G1) 10着(1.3) 14
3 10 牝4 55.5 コスモネモシン 3 カシオペアステークス(OP) 2着(0.1) 5
軽ハンデ馬(50~53kg)

過去10年の愛知杯3着以内27頭中13頭を占めます。穴馬の好走が目立ちます。

前走1000万~1600万クラス(現2勝クラス~3勝クラス)

過去10年の愛知杯3着以内27頭中11頭を占めます。そのうち8頭が前走1着馬でした。ハンデ戦のため、前走のクラスに関係なく好走する傾向にありそうです。

前走エリザベス女王杯

過去10年の愛知杯3着以内27頭中8頭を占めます。人気やエリザベス女王杯での着順に関係なく、好走が目立ちます。

予想

愛知杯2021は、例年同様、かなり難解なレースになりそうです。毎年のように荒れているレースですが、今年も波乱の可能性十分という感じがします。ざっと見た感じでは、殆ど全頭が馬券候補だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。内枠の好走が目立つレースですが、外枠の好位~中団あたりで進めそうな馬を中心に狙いました。ただ全く当たる気がしません。

◎14ランブリングアレー

近年好走例が多い前走ターコイズステークス組。前走は卒なく周ってきたような印象を受けましたが、直線で伸びそうで伸びず7着に敗れています。マイル戦が合わない可能性もあるかもしれません。2走前のカシオペアステークスで抑えたメンバー(ボッケリーニ、ヴァンケドミンゴ)を考えれば、重賞で上位争いする力はあると思うので、ここは本命評価にしました。

〇12レッドアステル

前走甲斐路ステークス(3勝クラス)は、難なく好位から抜け出して完勝というレースでした。エリザベス女王杯組や重賞好走馬と比べると、一枚下という印象もありますが、波乱傾向のハンデ戦なら上位争いがあっても…。

△15シゲルピンクダイヤ

前走中日新聞杯2着。買い時が難しい印象の馬ですが、前走のメンバー相手に2着なら、ここでも十分チャンスがありそうです。未勝利戦以降の勝てていない成績と1800m超の重賞では劣勢傾向にあるダイワメジャー産を考慮して、少し評価は下げています。

△1ドナウデルタ

近年好走例が多い前走ターコイズステークス組。過去、2000m戦の実績が無いマイル戦実績馬の好走例も多いので、データ傾向からは無くはない馬になるでしょうか。最内枠ですし、ロスの無い立ち回りができれば、上位食い込みがあっても…。

3連複4頭ボックス◎〇△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、9着、12着、13着でした。本命◎ランブリングアレーは、2着でした。

愛知杯2021結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 18 牝4 54 マジックキャッスル 2 秋華賞(G1) 2着(0.2) 10
2 14 牝5 54 ランブリングアレー 6 ターコイズステークス(G3) 7着(0.5) 2
3 4 牝6 54 ウラヌスチャーム 8 エリザベス女王杯(G1) 13着(1.0) 11

カスりもせず…。3連複万馬券の小波乱でした。本命ランブリングアレー以外の印を付けた馬は、伸びることもなく見せ場もなく敗戦。難解なレースでした。

道中、後ろで脚を溜めていた馬の差し追い込み決着。直線でランブリングアレーが抜け出して勝ち負けかと思いきや、外からマジックキャッスルが良い脚を使って差し切り勝ち…。マジックキャッスルは、追い込みが決まる展開が合ったように思います。

深く考えない競馬