愛知杯 2018 過去5年のデータと予想

日程 2018年1月13日(土曜日)
開催 中京競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 18頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

愛知杯 2018

牝馬限定のハンデ重賞「愛知杯 2018」です。牝馬&ハンデ戦というだけで、如何にも荒れる香りがプンプンしてきますね…。(´・ω・`;)

愛知杯は、2016年から12月開催から1月開催に変更となり、それに伴い2015年の開催が休止となりました。そのため扱うデータは、中京競馬場改修後、過去5年分(12月開催:2012~2014年、1月開催:2016~2017年)の前走データとなります。

コース形態

中京競馬場の芝2000mコース
中京競馬場の芝2000mコース

過去5年の愛知杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あり、かなりの波乱傾向を見せています。馬連万馬券も3回出ており、人気サイド決着は少し考えにくいですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 7,450円 20,920円 120,440円
2016 15,570円 48,950円 345,200円
2014 1,270円 11,060円 40,420円
2013 58,120円 744,520円 4,712,080円
2012 14,100円 34,660円 219,120円

では、過去5年分の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去5年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
愛知杯 2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 11 牝5 53 マキシマムドパリ 1 カウントダウンステークス(1600万) 2着(0.1) 3
2 4 牝6 52 サンソヴール 10 ターコイズステークス(G) 10着(0.6) 13
3 1 牝5 53 クインズミラーグロ 6 カウントダウンステークス(1600万) 1着(-0.1) 10
2016 1 4 牝5 55.5 バウンスシャッセ 8 マーメイドステークス(G3) 15着(1.2) 5
2 15 牝5 50 リーサルウェポン 5 1000万(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 3
3 7 牝4 53 アースライズ 4 カウントダウンステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
2015 休止
2014 1 13 牝4 56 ディアデラマドレ 1 エリザベス女王杯(G1) 3着(0.2) 6
2 2 牝5 56 キャトルフィーユ 2 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.3) 5
3 17 牝4 54 スイートサルサ 10 ユートピアステークス(1600万) 1着(0.0) 2
2013 1 5 牝4 50 フーラブライド 12 1000万(京都芝2400m) 1着(-0.0) 2
2 18 牝4 51 キャトルフィーユ 14 修学院ステークス(1600万) 3着(0.1) 4
3 16 牝6 55 コスモネモシン 13 キャピタルステークス(OP) 9着(0.4) 8
2012稍重 1 12 牝4 51 エーシンメンフィス 7 衣笠特別(1000万) 1着(-0.5) 12
2 8 牝3 52 サンシャイン 10 ユートピアステークス(1600万) 6着(0.2) 1
3 15 牝4 56 オールザットジャズ 2 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.5) 4
斤量

過去5年の愛知杯3着以内では、軽ハンデ馬の激走が目立っています。2014年を除く4回で、軽ハンデ馬(50~52kg)が計6頭が穴をあけています。そのうち5頭前走1000~1600万クラスに出走していました。

  • 2017年2着サンソヴール 52kg(前走ターコイズステークス)
  • 2016年2着リーサルウェポン 50kg(前走1000万)
  • 2013年1着フーラブライド 50kg(前走1000万)
  • 2013年2着キャトルフィーユ 51kg(前走1600万)
  • 2012年1着エーシンメンフィス 51kg(前走1000万)
  • 2012年2着サンシャイン 52kg(前走1600万)
外枠(6~8枠)

過去5年の愛知杯3着以内15頭中8頭を占めます。穴をあけるケースも目立っています。ただ1月開催となった2016年以降は、やや内枠の好走が増えてきています。

前走マイル戦

過去5年の愛知杯3着では、計5頭穴馬が馬券圏内に好走しています。5頭とも、芝2000m戦で実績があったわけではなく、芝1600~1800mの実績馬でした。

  • 2017年2着サンソヴール(前走ターコイズステークス 10着)
  • 2016年2着リーサルウェポン(前走1000万 1着)
  • 2014年3着スイートサルサ(前走ユートピアステークス 1着)
  • 2013年3着コスモネモシン(前走キャピタルステークス 9着)
  • 2012年2着サンシャイン(前走ユートピアステークス 6着)

予想

愛知杯 2018は、かなり難解なレースになりそうですね。(´・ω・`;) 何頭か重賞実績馬がいるものの、抜けた馬は不在。例年通り、波乱決着の可能性が十分にありそうです。データ傾向から穴をあけるとすれば、人気薄の軽ハンデ馬になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。どこから予想して良いのかさえ分からないほど、全く当たる気がしないです。

◎⑱ワンブレスアウェイ

2走前の府中牝馬ステークス2017はG1実績馬が揃った一戦。さらに3ヶ月の休養明け&馬体重プラス16kgでした。10着は度外視して良いかもしれません。前走ターコイズステークス2017は、出負けして後方から内で脚を溜める競馬。直線で進路が無くなる場面もあり、スムーズさを欠いていました。今回は、やや低調なメンバーですし、穴馬扱いになるようであれば、狙ってみたいですね。

○⑦マキシマムドパリ

愛知杯と同コースとなる前走中日新聞杯2017は、牡馬相手に0.3秒差の5着。55kg背負っていたことを考えると、善戦したのではないでしょうか。直近2戦が高いレベルで安定していると思います。今回も上位争いの候補になりそうですが、斤量56kgだけがネックになりそうですね。

△⑩エテルナミノル

過去データの傾向から、前走マイル戦芝1600~1800m戦を中心に使ってきた馬といえば、エテルナミノルになるでしょうか。前走ターコイズステークス2017は、後方から外々を周り、最後は大外をぶん回す競馬。それで優勝馬と小差(0.1秒差)なら、好走したと言えるかもしれません。穴馬扱いになるようであれば、ここは押さえておいても…。

△②ギモーヴ

過去データ傾向から、前走1600万クラス軽ハンデ馬を適当に押さえました。重賞では足りないと感じますが、波乱傾向のハンデ戦ですし、激走があっても…。

3連複◎○△△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、6着、11着でした。

本命◎ワンブレスアウェイは6着でした。

愛知杯 2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 10 牝5 54 エテルナミノル 6 ターコイズステークス(G3) 5着(0.1) 4
2 8 牝5 51 レイホーロマンス 11 尾張特別(1000万) 1着(-0.0) 1
3 7 牝6 56 マキシマムドパリ 1 中日新聞杯(G3) 5着(0.3) 4

想定通り波乱決着の3連単121,160円でした。

全く当たる気がしないレースではありましたが、馬券的には、やや惜しい感じでした…。(´・ω・`;)週中に注目していたエテルナミノルがまさかの優勝。何故か愛知杯は、芝1600~1800m実績の前走マイル戦出走馬が激走するようです。

結果だけ見ると、実積トップのマキシマムドパリ、前走マイル戦のエテルナミノル、軽ハンデの前走条件戦馬レイホーロマンスの3頭での決着。データ通りといえばそうなりますが、少点数で仕留めるのは、やはり不可能なレースですね。特にレイホーロマンス…。

本命ワンブレスアウェイは、最後垂れてしまいましたが、頑張った6着だと思います。押さえていたギモーヴは、直線不利がありました。スムーズなら…という感じもしますが、こればかりは仕方ないですね。