アメリカジョッキークラブカップ 2016 過去10年のデータと予想

出世レースではありませんが、好きなレースです。2010年~2013年、4年連続的中した記憶があります。ただ今年の登録メンバーをざっと見ましたが、今年はカスリもせずというのが、ありえそうです…。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
アメリカジョッキークラブカップ2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 前走
2015 1 12 牡6 クリールカイザー ステイヤーズS(G2) 3着(0.4)
2 14 セ7 ミトラ 福島記念(G3) 1着(-0.2)
3 9 牡6 エアソミュール 金鯱賞(G2) 3着(0.3)
2014 1 10 牡6 ヴェルデグリーン 有馬記念(G1) 10着(2.6)
2 2 牡6 サクラアルディート 中山金杯(G3) 9着(0.4)
3 1 牡4 フェイムゲーム ディセンバーS(OP) 6着(0.2)
2013 1 3 牡5 ダノンバラード 金鯱賞(G2) 8着(0.6)
2 5 セ8 トランスワープ 天皇賞秋(G1) 17着(2.4)
3 4 牡5 アドマイヤラクティ 金鯱賞(G2) 3着(0.2)
2012 1 3 牡5 ルーラーシップ 有馬記念(G1) 4着(0.2)
2 11 牡4 ナカヤマナイト ディセンバーS(OP) 1着(-0.4)
3 9 牡5 ゲシュタルト 中日新聞杯(G3) 2着(0.0)
2011 1 6 牡5 トーセンジョーダン 有馬記念(G1) 5着(0.3)
2 7 牡8 ミヤビランベリ 中日新聞杯(G3) 18着(2.2)
3 2 牡8 ネヴァブション 有馬記念(G1) 8着(0.8)
2010 1 9 牡7 ネヴァブション 有馬記念(G1) 12着(3.9)
2 13 牡8 シャドウゲイト 有馬記念(G1) 9着(2.7)
3 2 牡7 トウショウシロッコ 中山金杯(G3) 2着(0.0)
2009 1 3 牡6 ネヴァブション 中山金杯(G3) 5着(0.2)
2 6 牡8 エアシェイディ 有馬記念(G1) 3着(0.4)
3 7 牡6 トウショウシロッコ ディセンバーS(OP) 1着(-0.3)
2008 1 5 牡7 エアシェイディ 中山金杯(G3) 2着(0.3)
2 11 牡7 トウショウナイト 中山金杯(G3) 11着(0.7)
3 16 セ6 ブラックアルタイル クリスマスC(1600下) 1着(-0.2)
2007 1 5 牡4 マツリダゴッホ クリスマスC(1600下) 1着(-0.1)
2 3 牡4 インテレット 菊花賞(G1) 6着(0.8)
3 7 牡5 シルクネクサス 寿S(1600下) 1着(-0.0)
2006 1 7 牡7 シルクフェイマス 京都金杯(G3) 8着(0.7)
2 4 牡4 フサイチアウステル 菊花賞(G1) 5着(1.4)
3 10 牡5 ハイアーゲーム ジャパンカップダート(G1) 9着(2.4)
中山の相性

前走が中山芝だった馬は、過去10年3着以内の30頭中18頭に及びます。過去10年では、鉄板ローテがありませんが、「前走中山芝の馬」や「過去中山のオープンクラスで好走実績のある馬」は多い印象です。

前走有馬記念、中山金杯、ディセンバーS

前走がこの3レースだった馬が中心になりそうです。今年は中山金杯とディセンバーSの馬が候補です。

前走菊花賞、金鯱賞

前走がこの2レースだった馬も多いです。中京競馬場改修後の2012年以降、前走金鯱賞の馬は3頭が馬券圏内に来ています。

馬券予想

結構骨っぽいメンバーが集まりました。

1マイネルフロスト

良い枠を引きました。内枠の先行馬ですし、ローテも良いので、ここは押さえた方が無難でしょうか。

3ディサイファ

金鯱賞組は狙い目です。昨年の5着馬ですが、近走の成績を見れば、今が充実期なのは間違いなさそうです。乗り代わりがどう影響するかでしょうか。

5クランモンタナ

ローテは良さそうです。新潟記念2014で好走していますが、このクラスではやや足りない気がします・・・。中山の重賞でも良い結果を出せていません。

6サトノラーゼン

ローテもベリー騎手も良さそうです。ただ地雷のような気がしてしまいますが…。

7ショウナンバッハ

穴っぽいな・・・と思ってた馬ですが、人気を見ると流石に同じように考えてる人が多そうです。中穴の戸崎ジョッキーも一発ありそうです。

9ライズトゥフェイム

前走中山金杯2016で、とても良いレースをしました。8枠14番から上がり最速の追い込みで4着です。中山金杯2016の予想でも評価していた馬なので、ここで改めて見直したいです。

11スーパームーン

父ブライアンズタイムは、冬の中山やタフそうな馬場も合いそうです。

前走のディセンバーS2015は斤量差がありましたが、トーセンレーヴの2着に入りました。トーセンレーヴは、その後有馬記念2015で好走しているので、スーパームーンも、このクラスであれば無視できない1頭でしょう。

13ヤマニンボワラクテ

前走が同コース(1600万)での完勝でした。中1週というのは買い難いですが、沢山買うのであれば、買い目に入れたい馬です。

買い方

◎1マイネルフロスト

○9ライズトゥフェイム

▲11スーパームーン

△3ディサイファ

結局、上位人気で落ち着きました。▲△は適当です。今のところは、3連複4頭ボックスのみを考えています。

結果

馬券的には、1着、2着、4着、11着で、とても惜しいレースでした。

アメリカジョッキークラブカップ2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 3 牡7 ディサイファ 金鯱賞(G2) 2着(0.2)
2 11 牡7 スーパームーン ディセンバーS(OP) 2着(0.0)
3 7 牡5 ショウナンバッハ ジャパンカップ(G1) 12着(0.5)

最後クビ差4着のマイネルフロストが…と思うと、悔しいです。

マイネルフロストは、予想に反して逃げませんでしたが、結果的には松岡ジョッキーの読みが良かったということでしょうか。ライズトゥフェイムは、届きそうに無い感じでした。距離なのか展開なのかは分かりません。ショウナンバッハは、手が出せなかったです。評価としては5番手サトノラーゼン、6番手ショウナンバッハでした。

1~3着馬の次走情報