京成杯 2016 過去10年のデータと予想

3歳限定の重賞です。

京成杯は、比較的に上位人気で決まることが多いレースですが、人気馬の凡走もあるので、注意が必要です。

  • 2015年1番クラージュシチー(2人気8着)
  • 2013年1番フラムドグロワール(1人気10着)

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京成杯2016
年度 着順 馬番 馬名 前走
2015 1 17 ベルーフ エリカ賞(500下) 1着(-0.1)
2 7 ブラックバゴ ホープフルS(G2) 3着(0.2)
3 5 クルーガー エリカ賞(500下) 2着(0.1)
2014 1 12 プレイアンドリアル 朝日杯FS(G1) 7着(0.5)
2 16 キングズオブザサン 葉牡丹賞(500下) 1着(-0.4)
3 11 アデイインザライフ 新馬(中山芝2000m) 1着(-0.3)
2013 1 6 フェイムゲーム 未勝利(中山芝2000m) 1着(-0.4)
2 11 アクションスター ラジオNIKKEI杯(G3) 4着(0.3)
3 7 ケイアイチョウサン 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.3)
2012 1 8 ベストディール 百日草特別(500下) 1着(-0.3)
2 15 マイネルロブスト 朝日杯FS(G1) 2着(0.3)
3 7 アドマイヤブルー ホープフルS(OP) 1着(-0.0)
2011 1 2 フェイトフルウォー ホープフルS(OP) 3着(0.5)
2 10 デボネア 未勝利(小倉芝2000m) 1着(-0.2)
3 5 プレイ ホープフルS(OP) 5着(0.6)
2010 1 13 エイシンフラッシュ エリカ賞(500下) 1着(-0.0)
2 4 アドマイヤテンクウ ラジオNIKKEI杯(G3) 5着(0.2)
3 1 レッドスパークル 東スポ杯2歳S(G3) 3着(0.3)
2009 1 6 アーリーロブスト エリカ賞(500下) 1着(-0.5)
2 2 ナカヤマフェスタ 東スポ杯2歳S(G3) 1着(-0.0)
3 11 モエレビクトリー ディクタット賞(OP)(門別) 1着(-0.0)
2008 1 11 マイネルチャールズ ホープフルS(OP) 1着(-0.1)
2 5 ベンチャーナイン 東スポ杯2歳S(G3) 6着(0.7)
3 15 アイティトップ 寒竹賞(500下) 1着(-0.3)
2007 1 10 サンツェッペリン ホープフルS(OP) 2着(0.2)
2 7 メイショウレガーロ ベゴニア賞(500下) 1着(-0.3)
3 2 アルナスライン 樅の木賞(500下)(ダート) 1着(-0.5)
2006 1 5 ジャリスコライト 朝日杯FS(G1) 3着(0.3)
2 2 トウショウシロッコ 未勝利(中山芝2000m) 1着(-0.1)
3 4 ネヴァブション 寒竹賞(500下) 3着(0.1)
前走芝2000m

前走新馬戦、未勝利戦、重賞問わず、前走2000mの馬が多いです。過去10年3着以内の30頭中19頭に及びます。一方、前走がマイル以下だった馬は、僅か4頭です。なお4頭中3頭が前走朝日杯FSでした。

  • 2006年1着ジャリスコライト(前走朝日杯FS 3着)
  • 2007年2着メイショウレガーロ(前走ベゴニア賞 1着)
  • 2012年2着マイネルロブスト(前走朝日杯FS 2着)
  • 2014年1着プレイアンドリアル(前走朝日杯FS 7着)
前走ホープフルステークス、東スポ杯2歳S、エリカ賞

前走がこの3レースだった馬がとても多いです。

前走3着以内

前走3着以内は、過去10年3着以内の30頭中25頭に及びます。前走5着以内では、過去10年3着以内の30頭中28頭まで増えます。

前走で大敗していた馬はいないので、前走で「好走していること」は必須条件と考えた方が無難です。

馬券予想

すごい混戦・・・毎年そう思うレースですが、意外と上位人気で決着することが多いです。

1メートルダール

「中山、戸崎ジョッキー、重賞」これだけで怖いです。終わってから、このパターンか…というのがよくあります。

2ウムブルフ

前走芝2000mの未勝利戦というローテが面白いです。未勝利戦で速い上がりを使って完勝した馬は結構来ています。勢いのある堀厩舎というのも気になる要素です。ただ前走未勝利戦勝ちのローテで来るは、例年中穴の馬ですが、ウムブルフは推定1人気と人気を集めてるので買いにくいです。

3ケルフロイデ

データを取ったわけではありませんが、冬の中山はキングカメハメハとアグネスタキオンの血が走るイメージがあります。人気薄ですし、オッズ的には魅力ですね。

8マイネルラフレシア

ローテもいいと思います。ただ、前走東スポ杯2Sの馬は、過去10年で3頭いますが、勝ち切れていません。

  • 2010年3着レッドスパークル(前走東スポ杯2S 3着)
  • 2009年2着ナカヤマフェスタ(前走東スポ杯2S 1着)
  • 2008年2着ベンチャーナイン(前走東スポ杯2S 6着)
12ユウチェンジ

前走朝日杯フューチュリティステークス2015は、リオンディーズとエアスピネルが強すぎました。3着以下は団子状態だったので、今回のメンバーなら上位争いの1頭ではないでしょうか。2000m勝ちの経験があるのもいいですね。

15ナムラシングン

穴で狙っている馬です・・・。前走はエリカ賞と同条件の阪神芝2000m(500万)です。2015年はエリカ賞が無かったみたいなので、今年はこの馬が狙い目でしょうか。

買い方

全く当たる気がしません。考察に挙げていない馬も十分馬券圏内がありそうな馬ばかりです。

◎2ウムブルフ

○15ナムラシングン

▲8マイネルラフレシア

△3ケルフロイデ

3連複4頭ボックスのみです。人気してますが、2ウムブルフを本命にしました。

F.ベリージョッキーは、アイルランド出身で、ここ何年か毎年のように日本に来ています。JRAのG1勝ちこそありませんが、中山の重賞で好成績を連発してるので、コース相性は良いジョッキーだと思います。

  • 2015年中山金杯1着ラブリーデイ(4人気)
  • 2014年AJCC2着サクラアルディート(11人気)
  • 2014年中山金杯1着オーシャンブルー(5人気)
  • 2013年京成杯1着フェイムゲーム(7人気)
  • 2013年AJCC1着ダノンバラード(3人気)
  • 2013年中山金杯2着アドマイヤタイシ(4人気)

15ナムラシングンと8マイネルラフレシアは、それぞれ好ローテの阪神芝2000m(500万)と東スポ杯2歳S2015の好走馬なので押さえました。3ケルフロイデは適当です。

結果

適当に△評価にした2ケルフロイデが2着に来ました。「冬の中山はキングカメハメハやアグネスタキオンの血」というのは、結構良い線を突いてるかもしれません。

京成杯2016
着順 馬番 馬名 前走
1 3 プロフェット 萩S(OP) 5着(0.3)
2 2 ケルフロイデ ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3) 5着(0.3)
3 1 メートルダール 葉牡丹賞(500下) 1着(-0.0)

馬券的には、全く駄目でした。3連複4頭ボックスでしたが、惜しくもない結果となりました。

萩ステークスのブラックスピネル、スマートオーディン、プロフェットが3強だと思っていました。ホープフルステークス2015でブラックスピネルを買って駄目だったので、3強ではないな…とまた勝手に決め付けて、スルーしてしまいました。

全体的にレベルが高い世代だとすれば、他の有力馬も力があるはずなので、今後も取捨に迷うレースが続きそうですね。

1~3着馬の次走情報