アンタレスステークス2018-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2018年4月15日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 ダート1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

アンタレスステークス2018

ダート重賞「アンタレスステークス2018」です。G1かしわ記念2018や帝王賞2018を控え、例年実力馬たちが集います。過去、アウォーディー、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエなど、アンタレスステークスで好走していた馬が後にG1戦線で活躍しており、今後のダート界を占う一戦といえそうです。

コース形態

阪神競馬場のダート1800mコース

過去10年のアンタレスステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが4回あります。やや波乱含みという印象ですが、阪神開催に変更となった2012年以降では、2013~2016年が硬めの決着となっており、実力馬が力を出しやすい舞台ともいえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 4,360円 38,510円 167,220円
2016 510円 4,340円 10,620円
2015 2,860円 4,380円 36,300円
2014 3,250円 1,490円 16,260円
2013 370円 1,110円 3,850円
2012 9,210円 20,640円 108,650円
2011 680円 720円 5,130円
2010 8,110円 14,170円 123,670円
2009 730円 12,420円 51,740円
2008 24,450円 55,050円 526,460円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2011年までは、京都競馬場で開催されていました。

過去10年の1~3着馬の前走データ

アンタレスステークス2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 10 牡5 56 モルトベーネ 3 名古屋大賞典(G3) 4着(1.3) 1
2 4 牡4 57 ロンドンタウン 6 マーチステークス(G3) 4着(0.3) 3
3 5 牡6 56 ロワジャルダン 8 東海ステークス(G2) 14着(1.3) 5
2016 1 9 牡6 57 アウォーディー 1 名古屋大賞典(G3) 1着(-2.4) 1
2 16 牡5 58 アスカノロマン 3 フェブラリーステークス(G1) 3着(0.2) 7
3 2 牡4 56 サージェントバッジ 5 総武ステークス(OP) 13着(1.5) 10
2015 1 13 牡5 57 クリノスターオー 6 チャンピオンズカップ(G1) 8着(0.7) 7
2 3 牡4 57 アジアエクスプレス 1 名古屋大賞典(G3) 2着(0.1) 1
3 4 牡6 57 ナムラビクター 2 東海ステークス(G2) 11着(1.7) 2
2014 1 10 牡5 56 ナムラビクター 2 仁川ステークス(OP) 1着(-0.7) 1
2 1 牡7 56 トウショウフリーク 5 ダイオライト記念(G2) 2着(0.4) 3
3 12 牡7 58 ニホンピロアワーズ 1 ダイオライト記念(G2) 1着(-0.4) 2
2013 1 10 牡4 57 ホッコータルマエ 1 名古屋大賞典(G3) 1着(-0.7) 1
2 8 牡6 59 ニホンピロアワーズ 2 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.6) 6
3 4 牡6 56 ハートビートソング 3 東海ステークス(G2) 7着(0.8) 3
2012稍重 1 11 牡5 57 ゴルトブリッツ 1 仁川ステークス(OP) 1着(-0.6) 1
2 12 牡4 56 アイファーソング 11 マーチステークス(G3) 11着(0.8) 9
3 7 牡4 56 シルクシュナイダー 3 マーチステークス(G3) 6着(0.4) 1
2011京都 1 13 牡4 56 ゴルトブリッツ 3 門司ステークス(1600万) 1着(-0.6) 1
2 2 牡5 56 ワンダーアキュート 1 名古屋大賞典(G3) 2着(0.4) 2
3 11 牡4 58 バーディバーディ 2 フェブラリーステークス(G1) 3着(0.2) 4
2010京都 1 11 牡5 56 ダイシンオレンジ 4 平安ステークス(G3) 2着(0.1) 1
2 3 牡4 56 ナニハトモアレ 5 マーチステークス(G3) 2着(0.4) 6
3 13 牡4 58 フサイチセブン 2 ダイオライト記念(G2) 1着(-0.5) 2
2009京都 1 4 牡4 56 ウォータクティクス 2 アルデバランステークス(OP) 1着(-0.0) 1
2 5 牡7 58 ワンダースピード 1 名古屋大賞典(G3) 2着(0.1) 2
3 1 牡5 56 ボランタス 11 マーチステークス(G3) 5着(0.3) 8
2008京都 1 15 牡6 56 ワンダースピード 7 ベテルギウスステークス(OP) 1着(-0.0) 2
2 11 牡4 57 ドラゴンファイヤー 8 マーチステークス(G3) 9着(1.5) 3
3 13 牡6 58 サンライズバッカス 5 川崎記念(G1) 取消
前走1600万クラス、オープン特別

過去10年のアンタレスステークス3着以内30頭中6頭を占めます。そのうち前走1600万クラスの馬は、2011年1着ゴルトブリッツのみですが、ゴルトブリッツは前走0.6秒差をつけて楽勝していました。一方、前走オープン特別5頭中4頭(2016年3着サージェントバッジを除く)が前走1着馬でした。

前走重賞

過去10年のアンタレスステークス3着以内30頭中24頭を占めます。

関西馬

過去10年のアンタレスステークス3着以内30頭中27頭を占めます。美浦所属の馬は劣勢傾向にあります。

予想

アンタレスステークス2018は、やや混戦模様という感じでしょうか。国内G1馬は不在で、実力が拮抗しています。加えて、データ傾向から絞れる要素が少ないため、馬券は難解なものになりそうですね。(´・ω・`;)

以下、簡単な考察と予想です。2~3着なら…という馬が多く、かなり難しいレースですね。全く当たる気がしないです。

◎①グレイトパール

ダート転向後、全く底を見せない内容で5連勝。前走平安ステークス2017は、クリソライト(その後、帝王賞2017で2着)やケイティブレイブ(帝王賞2017優勝、川崎記念2017優勝など)に楽勝しています。骨折(右第1指骨剥離骨折)明けということで、並の馬なら、馬券は様子見するところですが…。

○⑦ロンドンタウン

昨年のアンタレスステークス2017は、残り100mあたりから良い脚でグイグイ伸びて、前にいた馬を交わしての2着でした。直線半ばまで厳しそうな印象だっただけに、そこから伸びた脚は、能力を感じさせるものでした。昨年同様、マーチステークスからの出走で、コース適性やローテともに問題はなさそうです。

▲②ナムラアラシ

直近のオープン特別2連勝。今が充実期という感じでしょうか。前走仁川ステークス2018は、内の後方で脚を溜めての追い込み。直線半ばで抜け出し、前にいた馬をあっさり交わして優勝しました。2着がサンライズソア(後に名古屋大賞典2018優勝)だったことを考えると、重賞で上位争い出来る力はありそうです。

△⑨コスモカナディアン

好走時と凡走時の傾向が全く読めない馬です。昨年の仁川ステークス2017でのグレイトパールとの叩き合い今年の東海ステークス2018でテイエムジンソクに食らいついて行った脚は、ポテンシャルの高さを伺わせます。人気もしないと思うので、紐に押さえても面白いかもしれないですね。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、6着、8着、13着でした。本命◎グレイトパールは、1着でした。

アンタレスステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牡5 57 グレイトパール 1 平安ステークス(G3) 1着(-0.7) 1
2 15 牡6 57 ミツバ 3 名古屋大賞典(G3) 2着(0.1) 2
3 13 牡5 56 クインズサターン 5 マーチステークス(G3) 2着(0.0) 5

久々も関係なく、グレイトパール強かったです。このまま順調にいけば、次走以降も楽しみが大きいと思います。

そして2~3着には、スルーしていた前走重賞好走馬。理由があって消したわけではないので、納得してしまう実力馬2頭でした。少頭数買いのため、ここまでは手が回らなかったです…。

押さえていたナムラアラシは、前走仁川ステークス2018から一転、外を回す追い込みでした。前走は、上手く内を突いて捌いていただけに、位置取りの差も大きく影響した印象でした。

スポンサーリンク
深く考えない競馬