葵ステークス2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年5月26日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1200m
格付け 新設重賞
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

葵ステークス2018

3歳スプリント重賞「葵ステークス2018」です。オープン特別戦として行われてきましたが、今年から例年よりも1週遅くなり、新設重賞として重賞化されました。夏のスプリント戦に向けて、3歳馬の重要なステップレースになりそうです。

コース形態

京都競馬場の芝1200mコース

過去10年の葵ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回あります。かなりの波乱決着の多いレースです。ただ今年から重賞化され、出走するメンバーの層も変わると思うので、今後は順当な決着になる可能性もありそうですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,370円 3,570円 17,150円
2016 4,410円 19,300円 97,800円
2015 13,910円 77,150円 665,300円
2014 9,200円 66,780円 440,510円
2013 30,440円 60,420円 320,780円
2012 3,360円 80,760円 363,350円
2011 10,720円 33,050円 175,510円
2010 1,010円 5,830円 25,170円
2009 2,710円 14,570円 74,020円
2008 105,490円 440,270円 1,822,520円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。(2009年以前は、1400m戦で行われています。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

葵ステークス2018
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017不良 1 1 54 アリンナ(牝) 2 橘ステークス(OP) 5着(0.4) 8
2 8 54 エントリーチケット(牝) 1 橘ステークス(OP) 3着(0.2) 4
3 3 56 ショウナンマッシブ 6 橘ステークス(OP) 8着(0.5) 5
2016 1 2 54 ナックビーナス(牝) 4 雪うさぎ賞(500万) 1着(-0.3) 1
2 5 55 ラズールリッキー(牝) 6 橘ステークス(OP) 4着(0.4) 8
3 3 54 ワンダフルラッシュ(牝) 10 マーガレットステークス(OP) 5着(0.8) 7
2015 1 5 57 ジャストドゥイング 8 ニュージーランドトロフィー(G2) 9着(0.7) 15
2 4 54 フィドゥーシア(牝) 4 500万(阪神芝1200m) 1着(-0.0) 1
3 2 56 マジックシャトル 10 ファルコンステークス(G3) 17着(2.2) 15
2014 1 3 54 リアルヴィーナス(牝) 9 フィリーズレビュー(G2) 15着(1.0) 8
2 8 56 シゲルカガ 5 橘ステークス(OP) 5着(0.5) 2
3 7 57 エルカミーノレアル 10 昇竜ステークス(OP) 7着(0.7) 11
2013 1 3 56 ティーハーフ 1 橘ステークス(OP) 3着(0.0) 2
2 1 56 カゼニタツライオン 14 端午ステークス(OP) 16着(3.8) 16
3 11 56 プレイズエターナル 2 マーガレットステークス(OP) 9着(0.6) 6
2012 1 11 54 マコトナワラタナ(牝) 4 橘ステークス(OP) 5着(0.3) 6
2 14 54 ゴールデンムーン(牝) 6 500万(阪神芝1400m) 1着(-0.0) 3
3 8 56 マイネルアダマス 14 500万(中山芝1600m) 1着(-0.1) 9
2011 1 3 56 ロードカナロア 1 ドラセナ賞(500万) 1着(-0.6) 1
2 10 55 サクラベル(牝) 13 桜花賞(G1) 16着(1.6) 15
3 13 56 ミヤジエムジェイ 6 橘ステークス(OP) 2着(0.1) 11
2010 1 4 54 ケイアイデイジー(牝) 3 橘ステークス(OP) 2着(0.1) 8
2 7 54 カレンチャン(牝) 2 フィリーズレビュー(G2) 8着(0.4) 6
3 9 55 ジュエルオブナイル(牝) 9 桜花賞(G1) 18着(2.2) 18
20091400m 1 9 56 エイシンタイガー 2 橘ステークス(OP) 2着(0.1) 1
2 2 54 レディルージュ(牝) 5 桜花賞(G1) 7着(0.7) 14
3 15 54 アグネスナチュラル(牝) 9 500万(阪神芝1200m) 1着(-0.2) 1
20081400m 1 10 56 ミリオンウェーブ 12 橘ステークス(OP) 2着(0.2) 10
2 2 56 アポロラムセス 13 ニュージーランドトロフィー(G2) 10着(0.9) 14
3 8 56 メイショウローラン 10 あやめ賞(500万) 1着(-0.1) 3
前走橘ステークス

過去10年の葵ステークス3着以内30頭中11頭を占めます。2015年を除く過去9回で、例年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

直近5年の葵ステークスでは、内枠(一桁馬番)の好走例が多く、3着以内15頭中14頭が一桁馬番でした。特に近年は、1~3枠の好走例が目立ちます。

牝馬

過去10年の葵ステークス3着以内30頭中15頭を占めます。15頭は、前走オープン特別5着以内、前走500万勝ち、前走重賞に分けられます。

  • 前走オープン特別5着以内 6頭
  • 前走500万勝ち 4頭
  • 前走重賞 5頭
人気

過去10年の葵ステークス3着以内では、人気馬が不振傾向にあります。

  • 1番人気(2-1-0-7)複勝率30%
  • 2番人気(2-1-1-6)複勝率40%
  • 3番人気(1-0-0-9)複勝率10%
  • 4番人気(2-1-0-7)複勝率30%
  • 5番人気(0-2-0-8)複勝率20%

一方で、二桁人気馬の激走が多く、3着以内30頭中9頭を占めます。毎年のように、穴馬が好走するレースといえそうです。

予想

葵ステークス2018は、混戦模様ですね。実績面では、重賞優勝馬アサクサゲンキを筆頭に、3戦3勝のアンフィトリテが抜けている印象ですが、3着までと考えれば、殆ど全頭が馬券候補になりそうです…。仮に人気馬が結果を出しても、紐抜け必死という感じです。近年の傾向から、内枠で中団より前に行けそうな馬を狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。紐荒れ期待の予想ですが、全く当たる気がしないです…。
◎②アサクサゲンキ

小倉2歳ステークス2017、京王杯2歳ステークス2017、ファルコンステークス2018と、ちょうど馬券圏内に来た3戦で買い続けている1頭。このメンバーであれば、ここでも上位争いの期待が出来るのではないでしょうか。好位で進めることのできる脚に加えて、好走例の多い内枠ですし、ここは期待の本命です。

○⑩アンヴァル

3走前の福島2歳ステークス2017が殆ど周ってきただけという印象の楽勝でした。前走桜花賞2018は、相手が強すぎたと考えれば、短い距離では底を見せていないと言えそうです。

△③ゴールドクイーン △④ペイシャルアス

好相性の橘ステークス2018で3~4着。外から突っ込んできた2着アルジャーノンの末脚が際立っていて、やや地味な印象の2頭ですが…。過去、前走橘ステークスで負けていた馬の巻き返しが目立つ傾向にありますし、内枠から前目の位置で進めることが出来れば…。

3連複◎-○△△-○△△ 馬連◎-○合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、5着、6着、8着でした。本命◎アサクサゲンキは、5着でした。

葵ステークス2018
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 54 ゴールドクイーン(牝) 9 橘ステークス(OP) 3着(0.1) 6
2 1 54 ラブカンプー 6 アーリントンカップ(G3) 13着(1.4) 9
2 14 56 トゥラヴェスーラ 2 500万(阪神芝1200m) 1着(-0.4) 2

重賞化初年度も波乱決着でした。2着同着で、3連単は138,780円と124,940円でした。(´・ω・`;)

本命アサクサゲンキは、出負けして後方から。馬体重もマイナス12kgと減らしていたので、コンディション的な問題もあったかもしれません。内の先行勢が残る中、それでも外から上がり最速の脚で2着と同時計(クビ+アタマ差)まで詰めてきたのは、能力の高さを感じるものでした。

優勝したゴールドクイーンは、過去、好走例の多い橘ステークスで負けていた馬。来年以降もチェックしたいローテになりそうですね。