アルゼンチン共和国杯 過去10年のデータと予想

日程 2018年11月4日(日曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝2500m
格付け G2
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 12頭
天気 曇り(ヤフー天気)

アルゼンチン共和国杯2018

ハンデ重賞アルゼンチン共和国杯2018です。ジャパンカップ&有馬記念とG1レースを控え、近年はステップレースとしてアルゼンチン共和国杯を使う馬が増えています。ゴールドアクター(2015年優勝)は有馬記念優勝、シュヴァルグラン(2016年優勝)はジャパンカップ3着、スワーヴリチャード(2017年優勝)は有馬記念4着と直近3年連続で次走のG1レースで好走。今年も注目のレースになりそうです。

東京競馬場の芝2500mコース

過去10年のアルゼンチン共和国杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2009年の1回のみです。3連単1万円台の決着も多く、波乱が少ないレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,840円 3,020円 12,060円
2016 1,110円 1,690円 8,290円
2015 1,460円 3,990円 14,570円
2014 1,510円 3,310円 14,480円
2013 5,050円 8,250円 71,300円
2012 1,060円 3,130円 12,740円
2011 1,620円 10,810円 48,520円
2010 950円 11,820円 42,830円
2009 13,520円 121,040円 922,600円
2008 1,500円 1,480円 10,090円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

アルゼンチン共和国杯2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 4 牡3 56 スワーヴリチャード 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1) 3
2 7 牡5 53 ソールインパクト 7 六社ステークス(1600万) 3着(0.2) 3
3 1 牡3 54 セダブリランテス 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.0) 2
2016 1 11 牡4 58 シュヴァルグラン 2 宝塚記念(G1) 9着(1.4) 5
2 5 牡5 57 アルバート 4 天皇賞春(G1) 6着(0.5) 6
3 13 牡5 55 ヴォルシェーブ 3 日本海ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2015 1 15 牡4 56 ゴールドアクター 1 オクトーバーステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
2 14 牡6 55 メイショウカドマツ 4 オールカマー(G2) 7着(1.0) 10
3 18 牡3 55 レーヴミストラル 3 日本ダービー(G1) 9着(1.3) 4
2014 1 3 牡4 57 フェイムゲーム 2 オールカマー(G2) 6着(0.2) 4
2 9 牡5 56 クリールカイザー 4 オールカマー(G2) 3着(0.1) 12
3 11 牡5 55 スーパームーン 3 アイルランドトロフィー(OP) 3着(0.6) 3
2013 1 12 牡6 56 アスカクリチャン 7 アイルランドトロフィー(OP) 4着(0.2) 2
2 16 牡5 57.5 アドマイヤラクティ 4 京都大賞典(G2) 4着(0.3) 5
3 3 牡5 57.5 ルルーシュ 3 札幌記念(G2) 15着(6.0) 3
2012 1 4 牡4 56 ルルーシュ 2 オールカマー(G2) 4着(0.4) 1
2 7 牡4 55 ムスカテール 3 オクトーバーステークス(1600万) 1着(-0.4) 1
3 3 牡4 52 マイネルマーク 6 本栖湖特別(1000万) 1着(-0.1) 7
2011 1 11 牡4 55 トレイルブレイザー 3 古都ステークス(1600万) 2着(0.0) 1
2 12 牡6 58.5 オウケンブルースリ 1 京都大賞典(G2) 3着(0.2) 3
3 7 牡4 55 カワキタコマンド 8 アイルランドトロフィー(OP) 2着(0.2) 4
2010 1 2 牡4 57 トーセンジョーダン 1 アイルランドトロフィー(OP) 1着(-0.1) 2
2 9 牡4 56 ジャミール 2 オールカマー(G2) 5着(0.4) 2
3 7 牡3 51 コスモヘレノス 9 本栖湖特別(1000万) 1着(-0.2) 8
2009 1 6 牡6 57.5 ミヤビランベリ 11 札幌記念(G2) 14着(1.7) 3
2 8 牡4 55 アーネストリー 4 大原ステークス(1600万) 1着(-0.6) 1
3 13 牡4 56 ヒカルカザブエ 10 天皇賞春(G1) 7着(0.8) 7
2008 1 4 牡4 53 スクリーンヒーロー 3 オクトーバーステークス(1600万) 2着(0.0) 2
2 14 牡4 56 ジャガーメイル 2 オクトーバーステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
3 10 牡4 58 アルナスライン 1 京都大賞典(G2) 5着(0.2) 1
前走二桁着順

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中2頭のみです。2頭はともに前走札幌記念に出走していました。

前走オールカマー

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中5頭を占めます。オールカマーで敗れていた馬(馬券圏外だった馬)の巻き返しが目立ちます。

前走1000~1600万クラス

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中10頭を占めます。10頭すべてが前走芝2000m以上のレースに出走し、3着以内に好走していました。昨年は、前走1000~1600万クラス連対馬の出走が無く、唯一の前走1600万クラス3着馬だったソールインパクトが馬券圏内に好走しました。

年齢(3~5歳馬)

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中26頭を占めます。6歳馬が4頭。7歳以上の馬は1頭も来ていません。

予想

やや混戦模様という印象のアルゼンチン共和国杯2018。前走宝塚記念の2頭(ノーブルマーズ、パフォーマプロミス)が上位争いの中心になるでしょうか。ただ前走条件クラスの馬も過去上位争いを演じており、取捨が難しいレースといえそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。今週は重賞が多すぎるため、いつも以上に簡単な予想です。「深く考えない」がテーマなので…(;^_^A 差のないメンバーですし、スルーした馬(パフォーマプロミス、ガンコ、アルバート、ウインテンダネス)あたりで決着の可能性も十分にありそうです。難しすぎます…。

◎7ムイトオブリガード

休養明けだった前走六社ステークス(1600万)は、内で脚を溜め、直線抜け出してそのまま完勝。残り200mぐらいから加速して、余力を感じさせる勝ちっぷりでした。一度使って状態は上向いていると思いますし、東京コースの相性が良さそうなのも期待が持てます。ただ斤量56kgの宝塚記念組の2頭と比べると、1600万勝ちで55kg背負うのは、ハンデ面の魅力が無いですね。

○2ノーブルマーズ

3走前のメトロポリタンステークスから、インコースでロス無くという競馬で好走が続いています。直近3戦ともハマった印象がするものの、実績面では無視できない1頭になるでしょうか。今回も内枠を引きましたし、ロスなくスムーズに進めることが出来れば、上位争いに加わっても良さそうです。

△8ルックトゥワイス

前走六社ステークスは、出負けして後方からの競馬で2着。1600万クラスを勝ち切れない(差し切れない)レースが続いていますが、いつも最後はジリジリ伸びて来ています。相手なりに走るタイプとも言えそうですし、タフなレースになることが多い2500m戦で良い変化があれば…。

△1エンジニア

データ傾向から買えないような人気薄を適当に押さえました。前走新潟記念は4着に好走も、外差し馬場がハマったような印象で、積極的には買い難い感じがしますね。1600万勝ち実績&斤量54kg&紐荒れに期待して。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、5着、8着、9着でした。本命◎ムイトオブリガードは、2着でした。

アルゼンチン共和国杯2018 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 牡6 56 パフォーマプロミス 3 宝塚記念(G1) 9着(1.0) 4
2 7 牡4 55 ムイトオブリガード 1 六社ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
3 5 セ5 51 マコトガラハッド 11 六社ステークス(1600万) 3着(0.2) 8

カスリもせずでした。

ゆったりとした流れの中、最後の直線勝負というレースでした。勝ち負けした2頭は、ともに上がり32.5~32.6秒の脚。ノーブルマーズには向かない流れだったかもしれません。

外差しで突っ込んできたのは、ムイトオブリガードだけだったことを考えると、来年以降、楽しみが大きい馬だと思います。

JRA G2
深く考えない競馬