アルゼンチン共和国杯-過去10年のデータと予想

日程 2019年11月3日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝2500m
格付け G2
条件 3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 13頭
天気 晴のち曇(ヤフー天気)

アルゼンチン共和国杯2019

ハンデ重賞アルゼンチン共和国杯2019です。G1ジャパンカップ、有馬記念を控え、近年はステップレースとしての重要性が増しています。ゴールドアクター(2015年)が有馬記念優勝、シュヴァルグラン(2016年)がジャパンカップ3着、スワーヴリチャード(2017年)が有馬記念4着に好走。近年、大一番に向けて注目の一戦といえそうです。

東京競馬場の芝2500mコース

配当

過去10年のアルゼンチン共和国杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2009年のみとなっています。3連単1万円台の決着や馬連1000円前後の決着も多く、比較的順当な傾向のレースといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 910円 13,560円 49,460円
2017 1,840円 3,020円 12,060円
2016 1,110円 1,690円 8,290円
2015 1,460円 3,990円 14,570円
2014 1,510円 3,310円 14,480円
2013 5,050円 8,250円 71,300円
2012 1,060円 3,130円 12,740円
2011 1,620円 10,810円 48,520円
2010 950円 11,820円 42,830円
2009 13,520円 121,040円 922,600円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

アルゼンチン共和国杯2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 6 牡6 56 パフォーマプロミス 3 宝塚記念(G1) 9着(1.0) 4
2 7 牡4 55 ムイトオブリガード 1 六社ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
3 5 セ5 51 マコトガラハッド 11 六社ステークス(1600万) 3着(0.2) 8
2017 1 4 牡3 56 スワーヴリチャード 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1) 3
2 7 牡5 53 ソールインパクト 7 六社ステークス(1600万) 3着(0.2) 3
3 1 牡3 54 セダブリランテス 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.0) 2
2016 1 11 牡4 58 シュヴァルグラン 2 宝塚記念(G1) 9着(1.4) 5
2 5 牡5 57 アルバート 4 天皇賞春(G1) 6着(0.5) 6
3 13 牡5 55 ヴォルシェーブ 3 日本海ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2015 1 15 牡4 56 ゴールドアクター 1 オクトーバーステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
2 14 牡6 55 メイショウカドマツ 4 オールカマー(G2) 7着(1.0) 10
3 18 牡3 55 レーヴミストラル 3 日本ダービー(G1) 9着(1.3) 4
2014 1 3 牡4 57 フェイムゲーム 2 オールカマー(G2) 6着(0.2) 4
2 9 牡5 56 クリールカイザー 4 オールカマー(G2) 3着(0.1) 12
3 11 牡5 55 スーパームーン 3 アイルランドトロフィー(OP) 3着(0.6) 3
2013 1 12 牡6 56 アスカクリチャン 7 アイルランドトロフィー(OP) 4着(0.2) 2
2 16 牡5 57.5 アドマイヤラクティ 4 京都大賞典(G2) 4着(0.3) 5
3 3 牡5 57.5 ルルーシュ 3 札幌記念(G2) 15着(6.0) 3
2012 1 4 牡4 56 ルルーシュ 2 オールカマー(G2) 4着(0.4) 1
2 7 牡4 55 ムスカテール 3 オクトーバーステークス(1600万) 1着(-0.4) 1
3 3 牡4 52 マイネルマーク 6 本栖湖特別(1000万) 1着(-0.1) 7
2011 1 11 牡4 55 トレイルブレイザー 3 古都ステークス(1600万) 2着(0.0) 1
2 12 牡6 58.5 オウケンブルースリ 1 京都大賞典(G2) 3着(0.2) 3
3 7 牡4 55 カワキタコマンド 8 アイルランドトロフィー(OP) 2着(0.2) 4
2010 1 2 牡4 57 トーセンジョーダン 1 アイルランドトロフィー(OP) 1着(-0.1) 2
2 9 牡4 56 ジャミール 2 オールカマー(G2) 5着(0.4) 2
3 7 牡3 51 コスモヘレノス 9 本栖湖特別(1000万) 1着(-0.2) 8
2009 1 6 牡6 57.5 ミヤビランベリ 11 札幌記念(G2) 14着(1.7) 3
2 8 牡4 55 アーネストリー 4 大原ステークス(1600万) 1着(-0.6) 1
3 13 牡4 56 ヒカルカザブエ 10 天皇賞春(G1) 7着(0.8) 7
前走二桁着順

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中2頭を占めます。ともに前走札幌記念に出走していました。

前走1000~1600万クラス

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中10頭を占めます。10頭ともに前走芝2000m以上のレースに出走し、3着以内に好走していました。直近2年では、六社ステークス(東京芝2400m)組の好走例が目立ちます。

3~5歳馬

過去10年のアルゼンチン共和国杯3着以内30頭中25頭を占めます。6歳馬以上の好走例が少なく、7歳以上は1頭もいません。

予想

混戦模様のアルゼンチン共和国杯2019。重賞好走歴のある馬が揃っているものの、抜けた実力馬は不在。ハンデ戦ですし、殆ど全頭が上位候補という印象のメンバー構成です。とはいっても過去、比較的順当な決着が多いレース。人気馬が上位争いの中心になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。3着以内なら…という馬が多く、全く当たる気がしません。データ傾向から6歳馬を軽視して、4歳馬を狙いました。

◎4アイスバブル

前走小倉記念は、団子状態で包まれた形となり、不完全燃焼という印象でした。1~2着馬は、外の広いところを追い込んで来た馬でしたし、前走は度外視して良いと思います。東京芝2500mコースは、目黒記念で2着に好走している舞台。上位争いを期待して、ここは本命です。

○1アフリカンゴールド

近年、好走例の多い六社ステークス組。前走は2着以下と力の差を感じる完勝でした。今回のメンバーの中では格下という印象ですが、好ローテとルメール騎手に期待して…。

△10トラストケンシン

近年、好走例の多い六社ステークス組。優勝馬アフリカンゴールドと小差の2着でした。直線追ってからジワジワと最後の最後まで伸びていました。同じぐらいの位置から勝ち切ったアフリカンゴールドとは力の差を感じる結果となりましたが、今回の斤量差2kgを考えれば、紐荒れ候補として押さえて良いかもしれません。

△2タイセイトレイル

ハッピーグリンとルックトゥワイスと迷って適当に押さえました。今年一度も馬券圏外の無い成績ですし、相手なりに走るタイプと考えれば、上位に食い込むシーンがあっても良さそうです。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、5着、11着でした。本命◎アイスバブルは、11着でした。

アルゼンチン共和国杯2019結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 牡5 56 ムイトオブリガード 2 目黒記念(G2) 5着(0.6) 2
2 2 牡4 55 タイセイトレイル 5 丹頂ステークス(OP) 3着(0.7) 3
3 1 セ4 55 アフリカンゴールド 1 六社ステークス(3勝クラス) 1着(-0.2) 2

晩に録画を見ました。

本命アイスバブルは、出遅れて離れた後方からの競馬。スタートの時点で終わった感じですね。最後は、最内の空いたコースを突くも、全く伸びず…。少し外の馬場が伸びていたので、仕方ないところです…。

最後は、好位で脚を溜めていた昨年2着馬ムイトオブリガードの差し切り勝ち。休養明けも関係のない強さに見えました。

深く考えない競馬