アーリントンカップ 2016 過去10年のデータと予想

過去10年では、2~3年に1度の周期で波乱決着となっています。

  • 2015年3連単325,370円
  • 2011年3連単574,500円
  • 2009年3連単251,690円
  • 2008年3連単896,050円

一方その他の年は、比較的上位人気で決まっています。傾向からは、今年は比較的硬いのではないでしょうか。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
アーリントンカップ2016
年度 着順 馬番 馬名 前走
2015 1 8 ヤングマンパワー ジュニアC(OP) 3着(0.0)
2 4 アルマワイオリ 朝日杯FS(G1) 2着(0.1)
3 11 マテンロウハピネス 新馬(中京芝1400m) 1着(-1.2)
2014 1 10 ミッキーアイル シンザン記念(G3) 1着(-0.1)
2 6 タガノグランパ なずな賞(500下) 1着(-0.2)
3 3 フェルメッツァ 500万下(京都芝1400m) 5着(0.8)
2013 1 6 コパノリチャード 白梅賞(500下) 2着(-0.8)
2 3 カオスモス シンザン記念(G3) 4着(0.3)
3 2 レッドアリオン シンザン記念(G3) 5着(0.4)
2012 1 13 ジャスタウェイ きさらぎ賞(G3) 4着(0.9)
2 2 オリービン シンザン記念(G3) 7着(0.9)
3 3 アルキメデス きさらぎ賞(G3) 9着(1.6)
2011 1 12 ノーザンリバー 500万下(京都ダ1400m) 1着(-0.4)
2 3 キョウエイバサラ 500万下(京都ダ1200m) 3着(0.1)
3 2 テイエムオオタカ 若竹賞(500下) 1着(-0.0)
2010 1 7 コスモセンサー 京王杯2歳S(G2) 5着(0.3)
2 3 ザタイキ 500万下(京都芝1600m) 1着(-0.2)
3 13 レト シンザン記念(G3) 9着(1.0)
2009 1 1 ダブルウェッジ クロッカスS(OP) 6着(0.7)
2 8 マイネルエルフ いちょうS(OP) 11着(0.9)
3 11 ミッキーパンプキン シンザン記念(G3) 4着(0.4)
2008 1 12 ダンツキッスイ 500万下(京都ダ1400m) 1着(-0.4)
2 5 エーシンフォワード 朝日杯FS(G1) 9着(1.4)
3 3 ディープスカイ 500万下(東京芝1600m) 2着(0.0)
2007 1 2 トーセンキャプテン こぶし賞(500下) 1着(-0.2)
2 14 ローレルゲレイロ シンザン記念(G3) 3着(0.6)
3 9 マイネルレーニア 朝日杯FS(G1) 5着(0.4)
2006 1 9 ステキシンスケクン クロッカスS(OP) 2着(0.0)
2 6 ロジック シンザン記念(G3) 3着(0.5)
3 4 アマノトレンディー 白梅賞(500下) 2着(-0.1)
関西馬

過去10年のアーリントンカップ3着以内30頭中26頭が関西馬です。関東馬は以下4頭です。

  • 2015年1着ヤングマンパワー(9番人気)
  • 2011年3着テイエムオオタカ(5番人気)
  • 2010年3着レト(8番人気)
  • 2009年2着マイネルエルフ(12番人気)

4頭とも人気薄というのは面白い傾向です。

前走シンザン記念

過去10年のアーリントンカップ3着以内30頭中8頭に及びます。3着以内に来なかったのは、2008年、2011年、2015年のみです。

前走1400m~1600m

過去10年のアーリントンカップで3着以内に入った馬の前走を距離別に分けると、以下になります。1400~1600mが馬券の中心になりそうな傾向です。

  • 前走1800m 3頭
  • 前走1600m 18頭
  • 前走1400m 8頭
  • 前走1200m 1頭
前走新馬戦、未勝利戦

昨年3着マテンロウハピネス(前走新馬戦圧勝)のみで、かなり劣勢です。

前走二桁着順

2009年2着マイネルエルフ(前走いちょうS 11着)のみで、かなり劣勢です。大敗からの巻き返しは、あまり無さそうです。

馬券予想

今年は、かなり混戦だと思います。データ的には、好ローテのシンザン記念組ですが人気が落ち着きそうなレインボーラインとレオナルドが面白そうです。また開幕週ということもあって、毎年逃げ馬or先行馬が圏内に来ます。上位を占める年もあるので要注意です。今年は先行馬も多いですが、逃げてシンザン記念3着に入ったシゲルノコギリザメは面白そうです。

1マディディ

下位人気になりそうな1頭です。前走こうやまき賞2015は1~3着馬まで僅差でした。2着のゴッドカリビアンは、次走500万クラスであっさり負けています。一方、3着のダンツプリウスは、後にジュニアカップ2016でアーバンキッドに勝っています。

ダンツプリウスもアーバンキッドもアーリントンカップ2016に出走しますが、ともにマディディよりも人気しそうです。どんぐりの背比べのようなメンバーなので、ここは「人気薄&内枠でロス無く」が狙えるマディディが穴馬としては面白そうです。

6レインボーライン、9レオナルド

前走シンザン記念2016の2頭です。流石に穴人気しそうですが、傾向からどちらかを買い目に入れたいところです。候補は、ミルコ騎乗かつ阪神1600m勝ち経験のある6レインボーラインでしょうか。

7シゲルノコギリザメ

前々走のシンザン記念2016は、ハマった感が否めません。年明けの京都の馬場(逃げ&先行優勢)を自分のペースで上手く逃げることが出来ました。

ただ開幕週のアーリントンカップも例年、逃げ先行が上位に来ます。ここも上手く逃げることが出来れば…という感じでしょうか。

11ヒルノマゼラン、12ダンツプリウス

前走1着の2頭です。2頭とも強そうですが、ゲシュタルト崩壊というのか、レベルが分からなくなってきます。今回は、差の無いメンバーだと思うので、前走勝ちの勢いを取れば押さえたいですが…。2頭とも先行できそうな脚質は良さそうです。

買い方

◎1マディディ

○6レインボーライン

▲9レオナルド

1マディディと6レインボーラインと9レオナルドの3連複1点

1マディディ軸から、6レインボーラインと9レオナルドのワイド2点

合計3点です。

どんぐりの背比べで、力差のあるメンバーに思えないですし、沢山買っても当たる気がしないので、控えめに大穴を狙ってみます。

結果

馬券的には、1着、4着、11着でした。

本命◎マディディは11着でした。

アーリントンカップ2016
着順 馬番 馬名 前走
1 6 レインボーライン シンザン記念(G3) 6着(0.4)
2 12 ダンツプリウス ジュニアC(OP) 1着(-0.0)
3 15 ロワアブソリュー きさらぎ賞(G3) 7着(1.9)

録画を見ましたが、訳が分かりませんでした。ゴール前は混戦でしたね。馬券予想で、どんぐりの背比べと書きましたが、まさにそういう決着でした。1~6着はハナ、クビ、アタマ差で僅か0.1秒差の決着、11着まで小差でした。もう一度走れば、着順がガラッと変わりそうなレースでした。

レース映像では着順が分からなかったので、結局ネットで結果を見ましたが、勝ったのはまたしてもミルコ騎乗のレインボーラインでした。マディディは、出負けして届きそうも無い後方からの競馬でした。結果的には、馬券予想で取り上げた6頭が1~2着に来ましたが、3着ロワアブソリューはスルーした馬でした。

しかしミルコの勢いは止められないですね。明日のドゥラメンテでも勝つとなれば、重賞成績がとんでもない事になります。「人気馬でも勝つし、伏兵でも勝つ」予想もクソも無いですが、重賞に限れば下位人気馬以外のときは、ミルコを買い目に入れるべきです。

1~3着馬の次走情報