コーフィールドカップ-過去10年のデータと予想

日程 2019年10月19日(土曜)日本時間:15時15分発走予定
開催 オーストラリアコーフィールド競馬場
距離 芝2400m
格付け G1
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ

コーフィールドカップ2019

オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるG1コーフィールドカップ2019。ハンデキャップ競走ということもあり、過去、波乱決着の多い一戦です。今年は、日本からメールドグラースが出走を予定しています。

配当

JRAで馬券が販売された昨年のコーフィールドカップの配当を見ると、大波乱まではいかないものの、1~2番人気が馬券圏外となり、3連複で万馬券が出ています。ハンデ戦ですし、今年も波乱を想定しても良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 6,750円 13,190円 80,160円

では以下、過去10年のコーフィールドカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

コーフィールドカップ2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。赤色イギリス濃い黄色オーストラリア濃い緑色アイルランド濃い青色ニュージーランド青色フランスです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2018 1 17 1 牡4 57.5 ベストソリューション 4 バーデン大賞(G1) 1着
2 4 13 セ4 53 ホームズマン 7 ラドブロークスステークス(G1) 7着
3 3 2 牡4 56.5 ザクリフスオブモハー 3 ラドブロークスステークス(G1) 4着
2017 1 3 13 牡6 52 ブームタイム ハーバートパワーステークス(G2) 4着
2 12 10 牝5 53 シングルゲイズ コーフィールドステークス(G1) 4着
3 2 3 牡4 54.5 ヨハネスフェルメール ラドブロークスステークス(G1) 2着
2016 1 11 11 牝4 52.5 ジャメーカ ターンブルステークス(G1) 2着
2 6 4 セ4 55 スコティッシュ ストレンソールステークス(G3) 1着
3 3 3 牡4 55.5 エクソスフェリック インターナショナルステークス(G1) 5着
2015 1 6 6 牡4 55 モンゴリアンカーン コーフィールドステークス(G1) 3着
2 4 7 セ4 55 トリップトゥパリス ロンズデールカップ(G2) 5着
3 13 4 牡5 55.5 イヴァンハウ バートカミングス(G3) 2着
2014 1 7 1 牡6 58 アドマイヤラクティ 天皇賞春(G1) 13着(1.1)
2 14 16 牡4 53 ライジングロマンス クレーブンプレート(G3) 2着
3 10 15 牝4 53 ルチアヴァレンティナ ターンブルステークス(G1) 1着
2013 1 10 7 セ6 55 フォークナー ターンブルステークス(G1) 3着
2 16 2 牡6 56.5 ダンディーノ アメリカンセントレジャーステークス(LR) 1着
3 18 18 牝4 53 ディアーデミ ターンブルステークス(G1) 8着
2012 1 18 2 牡6 58 ドゥーナデン Kジョージ6世&QエリザベスS(G1) 6着
2 8 15 セ8 52.5 アルコポップ コーフィールドステークス(G1) 2着
3 7 12 牝5 53 ライツオブヘブン ヒルステークス(G2) 3着
2011 1 4 18 牝4 52.5 サウザンスピード ターンブルステークス(G1) 4着
2 17 16 牡4 53 グリーンムーン ニューカッスルゴールドカップ(G3) 1着
3 15 11 セ5 54.5 タラモア メトロポリタンハンデキャップ(G1) 8着
2010不良 1 15 15 セ4 52.5 デスカラード ターンブルステークス(G1) 14着
2 8 6 セ5 54 ハリストゥイード バートカミングス(LR) 1着
3 12 9 牡4 54 モナココンスル ターンブルステークス(G1) 12着
2009稍重 1 13 1 牡6 57 ビュード ターンブルステークス(G1) 7着
2 4 7 牡4 54 ローマンエンペラー ターンブルステークス(G1) 9着
3 18 17 セ5 51 ビガー ターンブルステークス(G1) 13着
前走ターンブルステークス、ラドブロークスステークス(旧コーフィールドステークス)、メトロポリタンハンデキャップ

前走オーストラリアのG1レースの3レースを合わせると、過去10年のコーフィールドカップ3着以内30頭中17頭を占めます。近年は、ラドブロークスステークス組の好走例が目立ちます。

オーストラリア調教馬

過去10年のコーフィールドカップ3着以内30頭中19頭を占めます。毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。昨年は、1着3着4着にイギリスとアイルランド調教馬が好走。重馬場のタフな馬場が影響した可能性はありそうです。

斤量53kg以下

過去10年のコーフィールドカップ3着以内30頭中13頭を占めます。そのうち12頭がオーストラリア調教馬でした。軽ハンデのオーストラリア調教馬が穴馬候補といえるかもしれません。

日本調教馬の成績

年度 着順 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2005 2 牡5 54 アイポッパー 天皇賞春(G1) 3着
2006 3 牡5 56 デルタブルース 天皇賞春(G1) 10着
7 牡5 53 ポップロック 目黒記念(G2) 1着
2010 12 牡8 54.5 トウカイトリック 天皇賞春(G1) 9着
2014 1 牡6 58 アドマイヤラクティ 天皇賞春(G1) 13着
2015 6 牡6 57 フェイムゲーム 天皇賞春(G1) 2着
10 牡8 55.5 ホッコーブレーヴ 天皇賞春(G1) 6着
2018 13 牡4 55.5 チェスナットコート 5 目黒記念(G2) 11着
14 牡5 53 ソールインパクト 10 目黒記念(G2) 5着

過去、日本調教馬が計9頭出走。そのうち3頭が3着以内に好走していますが、近年は結果を残せていません。3着以内に好走した日本馬3頭ともに、国内G1レースで好走歴がありました。

  • アイポッパー(天皇賞春3着)
  • デルタブルース(菊花賞優勝、ジャパンカップ3着など)
  • アドマイヤラクティ(天皇賞春4着、ジャパンカップ4着など)

予想

日本馬メールドグラースが人気の中心となりそうな今年のコーフィールドカップ2019。相手関係が分からないものの、重賞3連勝の勢いもありますし、勝ち負けがあっても良さそうです。

以下、簡単な考察と予想です。ゲート番号21のメールドグラースをスルー。オーストラリア調教馬と外過ぎないゲート番号の馬を中心に狙いましたが、全く当たる気がしません。なお投票はゲート番号ではなく馬番です。ご注意ください。

◎11コンスタンティノープル

直近2戦は、イギリスの重賞で2着。後に前走の優勝馬ロジシャンは、デビューから5連勝でG1セントレジャーステークスを制しています。斤量53kgに加え、外過ぎないゲート番号と考えれば、ここは上位争いに加わっても良さそうです。

○14ヴァウアンドディクレア

好走例の多い前走オーストラリアのG1(ターンブルステークス4着)出走馬。軽ハンデのオーストラリア調教馬というのも魅力です。

△2ミラージュダンサー

2走前プリンセスオブウェールズ・タッターソールステークスの優勝馬コミュニケは、後のG1ベルリン大賞で2着。抜けた強さを感じないものの、相手なりに走るタイプと考えれば、押さえて良いかもしれません。

△1ハートネル

好走例の多い前走オーストラリアのG1(ターンブルステークス3着)出走馬。今年、オーストラリアのG1レースを7戦使って、全て3~4着という安定感のある成績を残しています。日本の感覚では、レースを使い過ぎという印象はしますが…。ここは適当に押さえました。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着、7着でした。本命◎コンスタンティノープルは、4着でした。

コーフィールドカップ2019 結果
着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 21 3 牡4 メールドグラース 1 小倉記念(G3) 1着(-0.0) 1
2 9 14 セ4 ヴァウアンドディクレア 4 ターンブルステークス(G1) 4着
3 13 2 牡5 ミラージュダンサー 7 グロリアスステークス(G3) 2着

21番ゲートを嫌ったメールドグラースの差し切り勝ちでした。しかし馬番とゲート番号が異なる海外競馬のため、どこに何がいるのかよくわからず…。

直線横に広がっての直線勝負。大外から楽な手応えでメールドグラースが出て来て、そのまま抜け出しての完勝でした。日本の重賞同様、最後広いところに出しての直線一気は強いですね。あとは国内G1クラスの馬相手にこの競馬が出来るかがポイントになりそうです。2~4着には、馬券的に押さえていた馬が好走。ほとんど適当に選んでいたため、偶々だと思います。

深く考えない競馬