2019年

CBC賞2019-過去7年のデータと予想

日程2019年6月30日(日曜)
開催中京競馬場 11R
距離芝1200m
格付けG3
条件3歳以上
斤量ハンデ
出走数13頭
天気雨(ヤフー天気)

CBC賞2019

サマースプリントシリーズ第二戦、CBC賞2019です。ハンデ戦で行われることもあり、波乱決着の多い一戦。今年も一筋縄ではいかないレースになりそうです。

中京競馬場の芝1200mコース

配当

過去7年のCBC賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが4回あります。直近3年連続で高配当が出ていることを考えれば、今年も波乱の可能性は十分にありそうです。

年度馬連3連複3連単
20187,910円28,250円166,090円
201718,380円89,500円417,490円
201611,420円18,140円136,160円
20151,170円2,390円9,110円
20142,670円22,400円116,100円
2013980円1,980円8,000円
20123,110円4,520円27,660円

では中京競馬場改修後の過去7年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去7年の1~3着馬の前走データ

CBC賞2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度着順馬番性齢斤量馬名人気前走前走人気
201818牡654アレスバローズ4鞍馬ステークス(OP) 5着(0.3)4
210牝652ナガラフラワー9彦根ステークス(1600万) 1着(-0.0)9
39牡656セカンドテーブル8鞍馬ステークス(OP) 4着(0.2)1
201717牡556シャイニングレイ2安土城ステークス(OP) 1着(-0.2)6
214牡556セカンドテーブル13安土城ステークス(OP) 10着(0.9)5
34牡556アクティブミノル8鞍馬ステークス(OP) 9着(0.6)8
2016111牡556レッドファルクス3欅ステークス(OP) 1着(-0.0)5
27牝650ラヴァーズポイント7水無月ステークス(1600万) 6着(0.6)1
35牝555.5ベルカント2Al Quoz Sprint (G1) 12着10
201516牝555.5ウリウリ2安土城ステークス(OP) 1着(-0.2)1
27牡555ダンスディレクター1京王杯スプリングカップ(G2) 12着(0.3)4
313牡657サドンストーム3高松宮記念(G1) 4着(0.7)10
2014111牝553トーホウアマポーラ4阪神牝馬ステークス(G2) 10着(0.4)2
28牝555エピセアローム3阪神牝馬ステークス(G2) 4着(0.1)6
316牡654ニンジャ10安土城ステークス(OP) 3着(0.3)6
2013114牡658マジンプロスパー1マイラーズカップ(G2) 6着(0.3)10
212牡457.5ハクサンムーン2高松宮記念(G1) 3着(0.2)10
34牡456サドンストーム3水無月ステークス(1600万) 1着(-0.2)1
2012116牡557.5マジンプロスパー2高松宮記念(G1) 5着(0.3)5
215牝554スプリングサンダー7ヴィクトリアマイル(G1) 13着(1.0)15
312牡559ダッシャーゴーゴー1高松宮記念(G1) 4着(0.1)6
牝馬

過去7年のCBC賞3着以内21頭中7頭を占めます。穴馬の好走例が目立ちます。

年齢

過去7年のCBC賞3着以内では、3歳馬が不振傾向(0-0-0-11)にあります。1番人気の支持を集めたベルカント(2014年)も5着に敗れています。一方、7歳以上も好走例が無く、3着以内は4~6歳馬が占めています。

関西馬

過去7年のCBC賞3着以内21頭中20頭を占めます。関東馬は、後のG1馬レッドファルクス(2016年優勝)のみです。

前走オープン特別

過去7年のCBC賞3着以内21頭中8頭を占めます。特に近年は、安土城ステークス組と鞍馬ステークス組の好走例が目立ちます。

予想

波乱傾向の一戦。今年のCBC賞2019も抜けた馬が不在のハンデ戦ということもあり、難解なレースになりそうです。実績面では、高松宮記念組が中心になるでしょうか。とはいえ、近年はノーマークの穴馬の好走劇が多く、今年も多くの馬が馬券候補になると思います。

以下、簡単な考察と予想です。4~6歳の関西馬を押さえましたが、全く当たる気がしません。

◎7ビップライブリー

前走春雷ステークス優勝。直線で交わされそうなところ、さらにもう一度伸びて勝ち切りました。2017~2018年は、重賞戦線で大きく崩れていませんし、今回ここで伏兵扱いになるなら…。

○9レッドアンシェル

前走彦根ステークス優勝。前走は、好位の内で脚を溜め、直線抜け出しての快勝でした。2着以下とは力の差を感じましたし、スプリント重賞でも上位争いを狙えるかもしれません。

▲1グランドボヌール

中京コース3戦3勝。このメンバーでは格下と言う感じですが、コース相性の良さと斤量54kgを考えれば、穴馬としては面白いかもしれません。2走前のトリトンステークス(中京芝1400m、1600万)は、二番手から直線抜け出しての完勝でした。直近の4勝は、楽に前に行って押し切る内容なので、スムーズに前に行けるかどうかがポイントになりそうです。

ワイド◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、5着、6着でした。本命◎ビップライブリーは、5着でした。

CBC賞2019 結果
着順馬番性齢斤量馬名人気前走前走人気
19牡556レッドアンシェル1彦根ステークス(1600万) 1着(-0.4)1
24牡757.5アレスバローズ7高松宮記念(G1) 9着(0.7)7
33牡658セイウンコウセイ2高松宮記念(G1) 2着(0.1)12

晩に録画を見ました。馬券はカスリもせずでした。

荒れるハンデ戦かつ雨の中で行われたということもあって、波乱を想定していたんですが、人気馬による決着でした。

2着アレスバローズは7歳馬、3着セイウンコウセイは関東馬と、データ傾向からはスルーしていた2頭でした。4着には連闘のキョウワゼノビア(馬体重マイナス14kg)。予想難解なレースだったと思います。

深く考えない競馬