チェアマンズスプリントプライズ 過去3年のデータと予想

日程 日本時間2019年4月28日(日曜)16時20分
開催 香港シャティン競馬場 6R
距離 芝1200m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量(牡57kg 牝55.5kg)

チェアマンズスプリントプライズ2019

香港のシャティン競馬場でG1チェアマンズスプリントプライズ2019が行われます。現地と時間差がほとんど無く、日曜日の16時20分(日本時間)に発走予定となっているので、日本からも楽しむことができそうです。チェアマンズスプリントプライズ2019には、日本からナックビーナスが出走を予定しています。なお、馬券の購入(インターネット投票とUMACA投票)は、発走予定時刻の4分前までとなっていますので、ご注意ください。

チェアマンズスプリントプライズは、2016年に国際G1に昇格。グローバル・スプリント・チャレンジの対象レースとなっています。同時に、2月開催からこの時期の開催に変更となりました。そのためデータは、2016年以降の過去3年を扱っています。

では以下、過去3年のチェアマンズスプリントプライズで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去3年の1~3着馬の前走データ

過去のレース映像は、チェアマンズスプリントプライズ 過去のレース映像にまとめています。

チェアマンズスプリントプライズ2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。ピンク色は香港、黄色はオーストラリアです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2018 1 7 9 セ5 57 アイヴィクトリー フレイムツリーH 1着
2 3 1 セ6 57 ミスタースタニング スプリントカップ(G2) 2着
3 1 2 セ5 57 ビートザクロック スプリントカップ(G2) 1着
2017 1 3 3 セ5 57 ラッキーバブルズ スプリントカップ(G2) 5着
2 4 2 セ4 57 ミスタースタニング スプリントカップ(G2) 1着
3 7 6 セ6 57 ノットリッスントゥーミー ドバイゴールデンシャヒーン(G1) 7着
2016 1 6 1 セ6 57 シャトークア TJスミスステークス(G1) 1着
2 1 7 セ5 57 ラッキーバブルズ スプリントカップ(香港G2) 1着
3 11 13 セ5 57 ストラスモア ヴェンジェンスオブレインH 3着
香港馬

過去3年のチェアマンズスプリントプライズ3着以内9頭中8頭を占めます。上位争いは、香港のセン馬が中心となっています。

前走スプリントカップ

過去3年のチェアマンズスプリントプライズ3着以内9頭中5頭を占めます。主要ローテとなっています。スプリントカップ組の香港勢が狙い目になるでしょうか。

リピーター

過去3年のチェアマンズスプリントプライズでは、過去3着以内に好走していた馬が翌年度以降に再び好走する傾向にあります。

  • ラッキーバブルズ(2017年1着、2016年2着)
  • ミスタースタニング(2018年2着、2017年2着)

日本調教馬の成績(過去3年)

年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2018 4 4 7 牡5 57 ファインニードル 高松宮記念(G1) 1着

昨年のチェアマンズスプリントプライズには、日本のスプリント王者ファインニードルが出走し、4着に敗れています。上位3頭から離された4着で、香港スプリント戦線の層の厚さを感じますね。

今年出走予定のナックビーナス。ファインニードルが上位争いに加われなかったことを考えると、やや厳しそうな印象を受けます。どうなるでしょうか。

予想

以下、簡単な考察と予想です。

◎3ビートザクロック

香港調教馬、リピーター(昨年の3着馬)、前走スプリントカップ2着とデータ傾向から狙い目になるでしょうか。深く考えず、本命です。

○5ラタン

前走スプリントカップは、前にいた実力馬(ミスタースタニング、ビートザクロック)の後ろで脚を溜め、最後はきっちり差し切りました。ハマったレースという印象ですが、スプリントカップ組の好走例が多いので、ここでも上位争いを期待したいですね。

▲1サンタアナレーン

前走TJスミスステークスは、大外まわして直線一気で快勝。力関係が分かりませんが、この勝ちっぷりの良さを見れば、実力馬と言っても良さそうです。あとは極端な前残りにならなければ…。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着でした。本命◎ビートザクロックは、1着でした。

チェアマンズスプリントプライズ2019 結果
着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 人気 馬名 前走
1 6 3 セ6 57 ビートザクロック 1 スプリントカップ(G2) 2着
2 9 5 セ5 57 ラタン 3 スプリントカップ(G2) 1着
3 4 4 セ5 57 リトルジャイアント 5 クイーンズシルバージュビリーカップ(G1) 10着

的中でした。深く考えず、予想5分ぐらいのレースが当たって、ずっと考えていた天皇賞春はカスリもしない決着。競馬は難しいですね…。

データ傾向通り、スプリントカップ組の香港調教馬が勝ち負け。後ろからの脚質を不安視したサンタアナレーンが届かずの4着でした。3着リトルジャイアントまでは、手が出せず…。香港スプリント4着馬で、このメンバーなら…という好走劇でした。

海外G1
深く考えない競馬