チャレンジカップ 2017 過去5年のデータと予想

日程 2017年12月2日(土曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 12頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

チャレンジカップ 2017

G3「チャレンジカップ2017」です。2011年まで12月に開催されていた鳴尾記念と入れ替わるかたちで、2012年から12月開催に変更されました。芝1800m戦のハンデ戦として行われていましたが、今年から芝2000m戦の別定戦に変更。条件が大きく変わったため、過去の傾向は、あまり当てにならないかもしれません。

コース形態

阪神競馬場の芝2000mコース
阪神競馬場の芝2000mコース

12月開催となった過去5年のチャレンジカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。かなりの波乱傾向という感じですが、今年から別定戦で行われることから、あまり波乱傾向を意識しないでも良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 7,460円 74,740円 470,230円
2015 690円 8,180円 27,650円
2014 12,050円1,850円 33,620円 167,840円118,990円
2013 7,090円 26,130円 119,330円
2012 7,050円 164,550円 901,440円

では過去5年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去5年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
チャレンジカップ 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016稍重 1 15 牡3 57 マイネルハニー 9 福島記念(G3) 4着(0.6) 2
2 4 牡4 57 ベルーフ 5 カシオペアステークス(OP) 3着(0.2) 1
3 9 牡6 52 ケイティープライド 11 福島記念(G3) 5着(0.7) 8
2015 1 11 牡5 57 フルーキー 1 富士ステークス(G3) 5着(0.4) 2
2 10 牡6 57 ヒストリカル 2 アイルランドトロフィー(OP) 1着(-0.1) 3
3 7 牡6 54 シベリアンスパーブ 11 秋風ステークス(1600万) 1着(-0.2) 8
2014 1 6 牡3 55 トーセンスターダム 5 菊花賞(G1) 8着(1.1) 5
2 5 セ6 54 デウスウルト 9 大原ステークス(1600万) 1着(-0.0) 6
2 11 牡4 55 フルーキー 2 清水ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2013 1 8 牡4 55 アルキメデス 1 八坂ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2 17 牡8 54 カワキタフウジン 9 福島記念(G3) 8着(0.4) 5
3 18 牝4 55 ハナズゴール 6 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.6) 9
2012 1 9 牝5 54 ショウリュウムーン 6 スワンステークス(G2) 6着(0.3) 15
2 4 牡5 55 アドマイヤタイシ 4 福島記念(G3) 2着(0.3) 8
3 5 牡7 55 タガノエルシコ 13 カシオペアステークス(OP) 7着(0.8) 9

前走の着順

過去5年のチャレンジカップ3着以内では、前走二桁着順だった馬が1頭も馬券圏内に好走していません。前走1秒以上離されて負けていた馬も2014年1着トーセンスターダムのみとなっています。

前走G1

過去5年のチャレンジカップ3着以内に来たのは2頭のみですが、同時期に開催されていた鳴尾記念(2007~2011年)では、以下の計6頭が前走G1から馬券圏内に好走しています。

  • 前走菊花賞3頭
  • 前走天皇賞秋2頭
  • 前走日本ダービー1頭

前走京都芝

過去5年のチャレンジカップ3着以内15頭中8頭を占めます。

前走福島記念

過去5年のチャレンジカップ3着以内15頭中4頭を占めます。

馬券予想

チャレンジカップ2017は、今年から新しい条件となったこともあり、傾向が全く読めませんね。ただ絶対的な本命馬が不在ですし、前走G1を使っていたような実力馬が上位争いの中心になるでしょうか。また開幕週の阪神芝2000m(内回り)ということもあり、前残りには注意したいですね。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないですね…。(´・ω・`;)

◎⑤モンドインテロ

前走オールカマー2017 9着。

2000m戦が不確かな要素になるでしょうか。ただ昨年のアルゼンチン共和国杯2016では、少し距離が長い印象でした。今回、同日開催のステイヤーズステークス2017(3600m)よりは、2000m戦のチャレンジカップ2017の方が合うと考えて使ってきているのかも…と想像して狙ってみます。

○⑥ブレスジャーニー

前走菊花賞2017 12着。骨折で11ヶ月休養明けのG1。負けて当然だったと思います。

2歳時の戦績だけに全幅の信頼というわけにはいきませんが、昨年はスワーヴリチャードとダンビュライトを抑えて重賞優勝しており、ポテンシャルは高そうです。今回は叩き2戦目。順調に成長しているようであれば、アッサリがあっても…。

▲⑪ジョルジュサンク

前走の福島記念2017は、放馬のため競走除外となりました。成績を見ると、このクラスでは少し足りないという感じがしますね。あくまで前残り期待で…という感じでしょうか。

前に行く馬の中では、重賞実績のあるマイネルミラノも気になります。ただマイネルミラノは、単騎で逃げてこそというタイプ。今回は逃げ馬が何頭かいるため、評価はこちらを上にしました。

△⑨マイネルミラノ

前走福島記念2017 10着。単騎で逃げてこそというタイプで、逃げ馬の多い今回のメンバーから、苦戦を強いられるかもしれません。とはいえ、重賞実績はメンバー上位。一応の押さえ…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、4着、6着、11着でした。

本命◎モンドインテロは4着でした。

チャレンジカップ 2017
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡3 55 サトノクロニクル 1 菊花賞(G1) 10着(1.9) 6
2 2 牝7 54 デニムアンドルビー 5 アルゼンチン共和国杯(G2) 8着(0.9) 4
3 7 牡3 55 ブレスジャーニー 2 菊花賞(G1) 12着(2.1) 12

カスリもせずでした。当たる気がしないと言いながら、結果的には上位人気馬で決まる何とも言えない結果…。(;´・ω・`A “`

前残りの穴馬に期待していましたが、前が潰れて中団からの差しという馬が上位争いを演じました。上位陣の中では、デニムアンドルビーは完全にスルーでした。同コースで行われた鳴尾記念2017が6着。復調しているような成績でもなく、これは買えないですね。