エルムステークス2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年8月12日(日曜日)
開催 札幌競馬場 11R
距離 ダート1700m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 14頭
天気 曇り(ヤフー天気)

エルムステークス2018

ダート重賞「エルムステークス2018」です。過去の上位馬には、G1実績馬のほか、函館開催から北海道に滞在している馬など、バラエティに富んだメンバーが揃っています。

コース形態

札幌競馬場のダート1700m

過去10年のエルムステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。24万馬券が出た2009年は新潟開催、11万馬券が出た2014年は不良馬場という条件でした。そう考えると、大きな波乱が少ないレースと言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 850円 7,760円 63,650円
2016 9,660円 5,760円 68,270円
2015 1,460円 16,050円 63,770円
2014 3,410円 29,960円 117,750円
2013 2,950円 1,410円 15,740円
2012 260円 1,440円 3,430円
2011 2,890円 4,490円 20,850円
2010 1,750円 1,330円 9,100円
2009 14,290円 40,350円 241,320円
2008 2,170円 17,240円 67,490円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。なお、2009年は新潟ダート1800m2013年は函館ダート1700mで開催されています。その他、2011年以前は9月開催となっています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

エルムステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 2 牡4 57 ロンドンタウン 4 平安ステークス(G3) 12着(2.1) 5
2 4 牡5 56 テイエムジンソク 1 マリーンステークス(OP) 1着(-0.8) 1
3 3 牡5 56 ドリームキラリ 8 マーキュリーカップ(G3) 4着(0.5) 5
2016 1 4 セ5 56 リッカルド 7 安達太良ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2 12 牡6 56 クリノスターオー 4 平安ステークス(G3) 2着(0.8) 3
3 11 牡5 56 モンドクラッセ 1 大沼ステークス(OP) 1着(-0.5) 1
2015稍重 1 4 牡5 56 ジェベルムーサ 2 マリーンステークス(OP) 3着(0.1) 1
2 5 牡7 58 グレープブランデー 5 プロキオンステークス(G3) 5着(0.6) 6
3 8 牡9 58 エーシンモアオバー 7 名古屋大賞典(G3) 4着(2.2) 4
2014不良 1 8 牡6 58 ローマンレジェンド 3 東京大賞典(G1) 6着(3.0) 4
2 10 牡4 57 クリノスターオー 5 平安ステークス(G3) 1着(-0.1) 12
3 12 牡4 57 インカンテーション 10 ジャパンカップダート(G1) 14着(1.6) 9
2013函館 1 12 牡4 56 フリートストリート 3 安達太良ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
2 6 牡7 58 エーシンモアオバー 5 マーキュリーカップ(G3) 4着(0.3) 3
3 2 牡4 56 ブライトライン 1 マリーンステークス(OP) 1着(-0.7) 1
2012 1 5 牡4 56 ローマンレジェンド 1 ジュライステークス(OP) 1着(-1.0) 1
2 11 牡7 59 エスポワールシチー 2 帝王賞(G1) 2着(0.7) 1
3 8 牡5 56 グランドシチー 6 マーキュリーカップ(G3) 2着(0.6) 2
2011 1 5 牡5 56 ランフォルセ 1 マリーンステークス(OP) 1着(-0.4) 1
2 6 牡6 59 オーロマイスター 8 大沼ステークス(OP) 6着(0.9) 9
3 9 牡5 56 エーシンモアオバー 3 しらかばステークス(OP) 2着(0.1) 1
2010 1 1 牡5 56 クリールパッション 2 しらかばステークス(OP) 1着(-0.2) 3
2 5 牡5 56 オーロマイスター 4 ブリーダーズゴールド(G2) 4着(1.5) 6
3 4 牡4 56 エーシンモアオバー 1 しらかばステークス(OP) 2着(0.2) 1
2009新潟 1 7 牡4 56 マチカネニホンバレ 2 しらかばステークス(OP) 10着(1.3) 1
2 3 牡5 56 ネイキッド 10 しらかばステークス(OP) 3着(0.5) 11
3 14 牡4 56 クリールパッション 5 報知杯大雪ハンデキャップ(1600万) 1着(-0.3) 2
2008 1 10 牡4 57 フェラーリピサ 3 クラスターカップ(G3) 2着(0.2) 1
2 7 牡7 56 トーセンブライト 7 クラスターカップ(G3) 3着(0.9) 2
3 5 牡6 56 エアアドニス 8 しらかばステークス(OP) 2着(0.0) 11
人気

過去10年のエルムステークス3着以内では、上位人気馬の好走は五分五分という印象です。

  • 1番人気(2-1-3-4)複勝率60%
  • 2番人気(3-1-0-1)複勝率40%
  • 3番人気(3-0-1-1)複勝率40%

そのほか、3着以内30頭中28頭1~8番人気馬でした。例年、5~8番人気程度の中穴が好走しています。

前走の着順

過去10年のエルムステークス3着以内30頭中27頭前走のレースで6着以内に好走していました。大敗からの巻き返しが少ない傾向にありそうです。

前走札幌&函館ダート1700m

過去10年のエルムステークス3着以内30頭中13頭を占めます。そのうち11頭前走のレースで3着以内に好走していました。ただ、8月開催となった2012年以降は、好走例が減少傾向にあります。

前走重賞

8月開催となった2012年以降では、エルムステークス3着以内18頭中11頭を占めます。

予想

今年のエルムステークス2018は、昨年のテイエムジンソクのような馬が不在ですし、前走函館ダート1700m戦に出走していた馬の取捨に悩むことになりそうです。さらに休養明けの重賞実績馬など実力馬が揃った為、上位争いは混戦模様。傾向から1~8番人気馬を狙いたいと思っていますが、どうなるでしょうか…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎②ドリームキラリ

前に行った馬が残りやすいエルムステークス。昨年は、逃げて3着に好走しました。今年も好枠を引いたことですし、スタートが良ければ、そのままハナに行くのではないでしょうか。昨年は、強いテイエムジンソクとロンドンタウン相手にしぶとく粘っていました。このメンバーなら…。

○③ミツバ

近走、中央のダート重賞でも崩れていないのは魅力ですね。ただ昨年のシリウスステークス2017の敗因のひとつとして、「ズブい面が出た」ということを言っていました。2000m前後の実績馬ですし、今回は、距離短縮への対応がポイントになりそうです。

▲⑤ノーブルサターン

前走安達太良ステークス2018は、外枠から前に行った2頭のワンツーフィニッシュ。僅差で勝ち切りました。過去、前走安達太良ステークスを使って、エルムステークスに出走した馬の好走例が多く、1600万条件ながら前走勝ち切ったことは評価して良いかもしれません。

  • 2017年4着コスモカナディアン
  • 2016年1着リッカルド
  • 2013年1着フリートストリート
△⑥リーゼントロック

3年連続で馬券圏内に好走している大沼ステークス優勝馬。人気も落ち着きそうですし、オッズ的な魅力はありそうです。長く、先行して結果を残してきた馬ですが、前走はスタートから下げて、後方からの競馬。最後は、外に出しての後方一気でした。脚質の幅が広がったと考えれば、ここでも見せ場を作るシーンがあっても良さそうです。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、3着、10着、13着でした。本命◎ドリームキラリは、2着でした。

エルムステークス2018 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牡4 56 ハイランドピーク 2 マリーンステークス(OP) 2着(0.2) 2
2 2 牡6 56 ドリームキラリ 3 プロキオンステークス(G3) 6着(0.9) 4
3 3 牡6 57 ミツバ 1 マーキュリーカップ(G3) 1着(-0.2) 2

2時間遅れぐらいで録画を見ました。1~3番人気による硬い決着。中穴の馬が1頭も絡まないのは、過去10年で初めてでした。

速い時計が出る重馬場。前に行った馬が止まらない馬場でした。後方にいたミツバや押さえていたノーブルサターンやリーゼントロックには、厳しいレースだったと思います。その中で、最後突っ込んできたミツバは、やはり能力の高さを示した格好となりました。

深く考えない競馬