G3の過去データと予想

エプソムカップ2020-過去データと予想

日程 2020年6月14日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 別定
出走数 18頭
天気 曇り(ヤフー天気)

エプソムカップ2020

中距離重賞、エプソムカップ2020です。秋のG1戦線を控え、多くの実力馬が集まる一戦。大出世レースの印象はありませんが、近年の上位馬には、ルージュバック(2016年)、エイシンヒカリ(2015年)、サトノアラジン(2015年)、ジャスタウェイ(2013年)など、秋G1の活躍馬が出走しています。

東京競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年のエプソムカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが1回のみです。中穴の好走が多く、3連複が好配当になる傾向にありますが、大きな波乱は少ない傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 5,670円 10,140円 68,720円
2018 2,240円 6,380円 28,020円
2017 1,640円 6,890円 47,120円
2016 750円 4,550円 15,090円
2015 380円 790円 2,750円
2014 2,360円 11,930円 49,400円
2013 2,100円 8,380円 34,300円
2012 770円 43,850円 147,390円
2011 1,820円 2,910円 13,000円
2010 1,090円 7,650円 30,780円

では過去10年のエプソムカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:エプソムカップ 今週の注目レース JRA
スポンサーリンク

過去10年の1~3着馬の前走データ

エプソムカップ2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019稍重 1 9 牡4 56 レイエンダ 5 メイステークス(OP) 9着(0.8) 1
2 6 牝4 54 サラキア 7 阪神牝馬ステークス(G2) 10着(0.3) 5
3 4 牡5 57 ソーグリッタリング 1 都大路ステークス(LR) 1着(-0.3) 2
2018 1 16 牡4 56 サトノアーサー 2 メイステークス(OP) 3着(0.2) 2
2 6 牡5 56 ハクサンルドルフ 4 新潟大賞典(G3) 8着(0.4) 4
3 5 牡6 56 グリュイエール 5 府中ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
2017 1 12 牡5 56 ダッシングブレイズ 5 京王杯スプリングカップ(G2) 7着(0.4) 5
2 10 牡4 56 アストラエンブレム 1 メイステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 7 牡4 56 マイネルハニー 6 小倉大賞典(G3) 16着(2.1) 3
2016 1 18 牝4 54 ルージュバック 1 ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.6) 4
2 16 牡6 58 フルーキー 3 新潟大賞典(G3) 2着(0.3) 1
3 13 牡6 56 マイネルミラノ 6 新潟大賞典(G3) 5着(0.7) 9
2015 1 6 牡4 56 エイシンヒカリ 2 都大路ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 2 牡4 56 サトノアラジン 1 モンゴル大統領賞(OP) 1着(-0.3) 1
3 12 牡6 57 ディサイファ 4 中日新聞杯(G3) 1着(-0.2) 5
2014 1 1 牡5 56 ディサイファ 2 都大路ステークス(OP) 2着(0.9) 1
2 5 牡6 57 マイネルラクリマ 4 The Champions Mile(G1) 10着
3 4 牡7 59 ダークシャドウ 8 中山記念(G2) 11着(1.3) 12
2013 1 3 牡4 56 クラレント 4 マイラーズカップ(G2) 8着(0.3) 2
2 13 牡4 56 ジャスタウェイ 3 中日新聞杯(G3) 8着(0.7) 2
3 1 牡4 56 サンレイレーザー 7 マイラーズカップ(G2) 2着(0.1) 8
2012 1 6 牡4 56 トーセンレーヴ 1 マイラーズカップ(G2) 8着(0.7) 2
2 14 牡4 56 ダノンシャーク 2 マイラーズカップ(G2) 2着(0.2) 6
3 3 牡7 57 マイネルスターリー 15 新潟大賞典(G3) 8着(0.5) 14
2011 1 3 牡4 56 ダークシャドウ 1 大阪杯(G2) 2着(0.0) 8
2 7 牡4 56 エーブチェアマン 6 きぼう賞(1600万) 1着(-0.0) 3
3 6 牡5 56 セイクリッドバレー 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.0) 2
2010 1 2 牡4 57 セイウンワンダー 1 マイラーズカップ(G2) 4着(0.3) 4
2 8 牡5 56 シルポート 3 メイステークス(OP) 2着(0.3) 3
3 4 牡7 56 キャプテンベガ 9 都大路ステークス(OP) 9着(1.3) 6
前走新潟大賞典

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中5頭を占めます。ハクサンルドルフ(2018年)を除く4頭に芝2000mの重賞連対経験がありました。

前走オープン特別、リステッドレース(都大路ステークス、メイステークス)

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中9頭を占めます。そのうち7頭が前走3着以内に好走していました。

4歳馬

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中16頭を占めます。若い馬の方が活躍する傾向にありそうです。なお3着以内に好走した6歳以上8頭のうち、キャプテンベガ(2010年)とグリュイエール(2018年)を除く6頭に、芝2000m戦の重賞連対経験がありました。

1~6番人気

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中25頭を占めます。3着以内に好走した7番人気以下の5頭は、重賞連対経験がありました。

予想

今年のエプソムカップ2020は、例年並みのメンバー構成でしょうか。近年は、中穴ぐらいまでに馬で決着しているので、今年も上位人気馬が馬券候補と言って良いかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。ソーグリッタリングやアイスストーム、新潟大賞典組アトミックフォースが気になりつつ、上位人気馬を中心に選びました。

◎4サトノアーサー

雨の重馬場で行われた一昨年のエプソムカップ優勝馬。タフな馬場を苦にしないように見えるので、週末の雨はプラスに働くかもしれません。芝1800m戦の相性も良く、8戦して馬券圏外は、一昨年の毎日王冠のみです。G1馬が揃ったレースだったことを考えると、今回のメンバーが相手なら、上位争いの候補と言っても良さそうです。

〇12シャドウディーヴァ

3走前の東京新聞杯で2着。イン突きに拘った岩田ジョッキーの好騎乗だったと思います。東京新聞杯では、今回人気を集めるだろうレイエンダとサトノアーサーにも先着しており、勝ち負けがあってもおかしくない実力馬だと思います。東京コースも合いそうです。ただ直近2戦崩れていることを考慮して、サトノアーサーより下の評価にしています。

▲17レイエンダ

昨年のエプソムカップ優勝馬。一発あってもおかしくない実力馬ですが、とにかくムラのある成績は買い難い要素です。一応の押さえ評価です。

△5ピースワンパラディ

過去10年で前走1600万クラス(現3勝クラス)出走馬は、僅か2頭。データ傾向からは、買い難いところでしょうか。ただデビューから左回りのコースを使い続けて3着を外していない安定感は魅力です。タフな馬場も苦にしないタイプに見えるので、週末の雨は問題無さそうです。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、6着、7着、10着、16着でした。本命◎サトノアーサーは、6着でした。

エプソムカップ2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 牡6 56 ダイワキャグニー 9 新潟大賞典(G3) 14着(1.5) 6
2 1 牡6 57 ソーグリッタリング 5 メイステークス(OP) 2着(0.0) 3
3 18 牡4 56 トーラスジェミニ 18 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 11着(1.1) 9

3連単4,219,320円の大波乱…。比較的順当な傾向のレースだけに、不良馬場の影響が大きいという印象でした。

昨日今日と今のタフな馬場は、前に行かないと勝負にならないように見えました。馬場適性の有無よりも、前が押し切ってしまうレースが多かったです。向こう正面のレイエンダとシャドウディーヴァの位置取りを見て、この2頭は来ないと悟ってしまいました。

とにかく、ここまで大きな波乱ですし、考えても当たらないレースだったと思います。

スポンサーリンク
深く考えない競馬