エプソムカップ 過去10年のデータと予想

日程 2019年6月9日(日曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 別定
出走数 14頭
天気 雨(ヤフー天気)

エプソムカップ2019

G3エプソムカップ2019です。秋のG1戦線を控え、夏前にここを使うという馬が多いレース。大出世レースの印象はありませんが、近年の上位馬には、ルージュバック(2016年)、エイシンヒカリ(2015年)、サトノアラジン(2015年)、ジャスタウェイ(2013年)など、秋のG1戦線活躍馬を輩出しています。

東京競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年のエプソムカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが1回のみです。馬連・3連複ともに落ち着いた金額になることが多く、大きな波乱が少ない傾向にありそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 2,240円 6,380円 28,020円
2017 1,640円 6,890円 47,120円
2016 750円 4,550円 15,090円
2015 380円 790円 2,750円
2014 2,360円 11,930円 49,400円
2013 2,100円 8,380円 34,300円
2012 770円 43,850円 147,390円
2011 1,820円 2,910円 13,000円
2010 1,090円 7,650円 30,780円
2009 320円 890円 2,720円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

エプソムカップ2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 16 牡4 56 サトノアーサー 2 メイステークス(OP) 3着(0.2) 2
2 6 牡5 56 ハクサンルドルフ 4 新潟大賞典(G3) 8着(0.4) 4
3 5 牡6 56 グリュイエール 5 府中ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
2017 1 12 牡5 56 ダッシングブレイズ 5 京王杯スプリングカップ(G2) 7着(0.4) 5
2 10 牡4 56 アストラエンブレム 1 メイステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 7 牡4 56 マイネルハニー 6 小倉大賞典(G3) 16着(2.1) 3
2016 1 18 牝4 54 ルージュバック 1 ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.6) 4
2 16 牡6 58 フルーキー 3 新潟大賞典(G3) 2着(0.3) 1
3 13 牡6 56 マイネルミラノ 6 新潟大賞典(G3) 5着(0.7) 9
2015 1 6 牡4 56 エイシンヒカリ 2 都大路ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 2 牡4 56 サトノアラジン 1 モンゴル大統領賞(OP) 1着(-0.3) 1
3 12 牡6 57 ディサイファ 4 中日新聞杯(G3) 1着(-0.2) 5
2014 1 1 牡5 56 ディサイファ 2 都大路ステークス(OP) 2着(0.9) 1
2 5 牡6 57 マイネルラクリマ 4 The Champions Mile(G1) 10着
3 4 牡7 59 ダークシャドウ 8 中山記念(G2) 11着(1.3) 12
2013 1 3 牡4 56 クラレント 4 マイラーズカップ(G2) 8着(0.3) 2
2 13 牡4 56 ジャスタウェイ 3 中日新聞杯(G3) 8着(0.7) 2
3 1 牡4 56 サンレイレーザー 7 マイラーズカップ(G2) 2着(0.1) 8
2012 1 6 牡4 56 トーセンレーヴ 1 マイラーズカップ(G2) 8着(0.7) 2
2 14 牡4 56 ダノンシャーク 2 マイラーズカップ(G2) 2着(0.2) 6
3 3 牡7 57 マイネルスターリー 15 新潟大賞典(G3) 8着(0.5) 14
2011 1 3 牡4 56 ダークシャドウ 1 大阪杯(G2) 2着(0.0) 8
2 7 牡4 56 エーブチェアマン 6 きぼう賞(1600万) 1着(-0.0) 3
3 6 牡5 56 セイクリッドバレー 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.0) 2
2010 1 2 牡4 57 セイウンワンダー 1 マイラーズカップ(G2) 4着(0.3) 4
2 8 牡5 56 シルポート 3 メイステークス(OP) 2着(0.3) 3
3 4 牡7 56 キャプテンベガ 9 都大路ステークス(OP) 9着(1.3) 6
2009 1 8 牡6 57 シンゲン 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.5) 5
2 12 牡5 56 ヒカルオオゾラ 1 マイラーズカップ(G2) 6着(0.4) 2
3 11 牡6 56 キャプテンベガ 3 都大路ステークス(OP) 2着(0.0) 2
前走新潟大賞典

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中6頭を占めます。昨年2着ハクサンルドルフを除く5頭に芝2000mの重賞連対経験がありました。

前走オープン特別(都大路ステークス、メイステークス)

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中8頭を占めます。2010年3着キャプテンベガを除く7頭が前走3着以内に好走していました。キャプテンベガは、2009年のエプソムカップでも3着に好走していたリピーターでした。

年齢

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中14頭が4歳馬でした。キャリアのある馬よりも若い馬の方が活躍する傾向にありそうです。なお、3着以内に好走した6歳以上9頭のうち、キャプテンベガ(2009年3着&2010年3着)を除く7頭に、芝2000m戦の重賞連対経験がありました。

人気

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中26頭が1~6番人気でした。3着以内に好走した7番人気以下4頭は、ともに重賞連対経験がありました。

予想

抜けた馬が不在のエプソムカップ2019。実績や血統面では、レイエンダやミッキースワローが中心になりそうですが、何が来てもおかしくないメンバー構成だと思います。さらに金~日曜の雨予報。高速馬場に雨の要素が加わり、難解なレースになるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。逃げ~好位で進めそうな好ローテの馬を中心に押さえました。ただ、全く当たる気がしません。

◎4ソーグリッタリング

好走例の多い都大路ステークス組。好位で進めることが出来そうな脚質は魅力です。深く考えず本命。

○14ダノンキングダム

楽に逃げ先行が出来そうなメンバー構成。1600万を勝ったばかりですが、東京コースの相性は良いので、上位争い食い込みがあっても良さそうです。

▲8ミッキースワロー

好走例の多い新潟大賞典組。今年はミッキースワローが候補になるでしょうか。このクラスの重賞なら勝ち負けがありそうです。ただ後ろ過ぎると届かない今の東京芝、加えて戦績から渋った馬場も未知数という印象を受けます。一応の押さえです。

△3ストーンウェア

好走例の多いメイステークス組。東京コースは相性が良く、4着を外していません。内枠の好位からロスなく競馬が出来れば、一発あっても…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、8着、10着、12着でした。本命◎ソーグリッタリングは、3着でした。

エプソムカップ2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡4 56 レイエンダ 5 メイステークス(OP) 9着(0.8) 1
2 6 牝4 54 サラキア 7 阪神牝馬ステークス(G2) 10着(0.3) 5
3 4 牡5 57 ソーグリッタリング 1 都大路ステークス(LR) 1着(-0.3) 2

晩に録画を見ました。馬券はカスリもせず、3連複万馬券の小波乱でした。

予想に反して、レイエンダとサラキアが逃げる展開。最初の1000mが63.9秒の緩い流れに加え、前が止まらない馬場だったこともあり、そのまま粘って勝ち負けとなりました。過去データでは、相性の良い4歳馬のワンツーで、データ通りに押さえておけば…という感じでした。

3着ソーグリッタリングも道中4~5番手からの競馬。中団より後ろのポジションの馬には厳しい展開だったかもしれません。

JRA G3
深く考えない競馬