エプソムカップ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年6月11日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 18頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

G3「エプソムカップ2017」です。G1レースの前哨戦ではありませんが、秋競馬に向け、夏前にここを使うという出走馬が多いレースです。近年の上位馬を見ると、ルージュバック・エイシンヒカリ・サトノアラジン・ジャスタウェイなど、秋競馬で活躍した馬が揃っています。

過去10年のエプソムカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回ありますが、馬連・3連複が数百円という年も多く、順当な決着が多い傾向です。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 750円 4,550円 15,090円
2015 380円 790円 2,750円
2014 2,360円 11,930円 49,400円
2013 2,100円 8,380円 34,300円
2012 770円 43,850円 147,390円
2011 1,820円 2,910円 13,000円
2010 1,090円 7,650円 30,780円
2009 320円 890円 2,720円
2008 1,240円 27,200円 132,040円
2007 2,430円 2,470円 16,360円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
エプソムカップ2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 18 牝4 54 ルージュバック 1 ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.6)
2 16 牡6 58 フルーキー 3 新潟大賞典(G3) 2着(0.3)
3 13 牡6 56 マイネルミラノ 6 新潟大賞典(G3) 5着(0.7)
2015 1 6 牡4 56 エイシンヒカリ 2 都大路ステークス(OP) 1着(-0.2)
2 2 牡4 56 サトノアラジン 1 モンゴル大統領賞(OP) 1着(-0.3)
3 12 牡6 57 ディサイファ 4 中日新聞杯(G3) 1着(-0.2)
2014 1 1 牡5 56 ディサイファ 2 都大路ステークス(OP) 2着(0.9)
2 5 牡6 57 マイネルラクリマ 4 The Champions Mile(G1) 10着
3 4 牡7 59 ダークシャドウ 8 中山記念(G2) 11着(1.3)
2013 1 3 牡4 56 クラレント 4 マイラーズカップ(G2) 8着(0.3)
2 13 牡4 56 ジャスタウェイ 3 中日新聞杯(G3) 8着(0.7)
3 1 牡4 56 サンレイレーザー 7 マイラーズカップ(G2) 2着(0.1)
2012 1 6 牡4 56 トーセンレーヴ 1 マイラーズカップ(G2) 8着(0.7)
2 14 牡4 56 ダノンシャーク 2 マイラーズカップ(G2) 2着(0.2)
3 3 牡7 57 マイネルスターリー 15 新潟大賞典(G3) 8着(0.5)
2011 1 3 牡4 56 ダークシャドウ 1 大阪杯(G2) 2着(0.0)
2 7 牡4 56 エーブチェアマン 6 きぼう賞(1600万) 1着(-0.0)
3 6 牡5 56 セイクリッドバレー 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.0)
2010 1 2 牡4 57 セイウンワンダー 1 マイラーズカップ(G2) 4着(0.3)
2 8 牡5 56 シルポート 3 メイステークス(OP) 2着(0.3)
3 4 牡7 56 キャプテンベガ 9 都大路ステークス(OP) 9着(1.3)
2009 1 8 牡6 57 シンゲン 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.5)
2 12 牡5 56 ヒカルオオゾラ 1 マイラーズカップ(G2) 6着(0.4)
3 11 牡6 56 キャプテンベガ 3 都大路ステークス(OP) 2着(0.0)
2008 1 12 牡4 56 サンライズマックス 4 新潟大賞典(G3) 8着(0.6)
2 7 牡4 56 ヒカルオオゾラ 1 朱雀ステークス(1600万) 1着(-0.5)
3 17 牡8 56 グラスボンバー 12 新潟大賞典(G3) 10着(0.9)
2007稍重 1 2 牡5 56 エイシンデピュティ 5 オーストラリアトロフィー(OP) 1着(-0.1)
2 17 牡5 56 ブライトトゥモロー 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.0)
3 14 牡4 56 サイレントプライド 1 新潟大賞典(G3) 2着(0.0)

前走新潟大賞典

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中9頭を占めます。その9頭すべてに芝2000mの重賞連対経験がありました。

前走オープン特別

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中7頭を占めます。2010年3着キャプテンベガを除く6頭前走連対馬でした。ちなみにキャプテンベガは、2009年のエプソムカップでも3着に好走したリピーターでした。

4歳馬

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中14頭を占めます。また過去10年の優勝馬では、4歳馬が7頭・5歳馬が2頭・6歳馬が1頭となっており、キャリアのある馬よりも若い馬が活躍する傾向にあります。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走新潟大賞典(芝2000mの重賞連対経験馬)」「前走オープン特別(前走連対馬)」「4歳馬」に注目です。

エプソムカップ2017は、勢いのある4歳馬重賞実績のある5~8歳馬が争う一戦になりそうです。3着以内と考えると、半数以上の馬に可能性があると思います。これは難しそう…。

以下、簡単な考察と予想です。

かなり難解なレースですね…。順当な決着が多いレースですが、今回は波乱想定で狙います。波乱想定というよりかは、押さえた馬が人気薄ばかりになってしまった感じです…。(;´・ω・`p
◎①マイネルミラノ

前走福島民報杯2017 1着。前走はトップハンデ(57.5kg)を背負い、外枠から逃げ先行で押切り勝ち。最後は、マイネルミラノ以外の先行勢が潰れてました。同じく、逃げ先行から6着に粘ったステイインシアトルは、先週鳴尾記念2017を優勝しています。

昨年のエプソムカップ2016は3着に粘っていますが、今回は、昨年と比べると2kg増の斤量58kg。斤量は不安点ですね…。

○⑬クラリティシチー

前走都大路ステークス2017 2着。過去10年の3着以内では、都大路ステークス組の好走が結構多いです。人気薄の今回が狙い目でしょうか。

ムラのある成績で中々押さえにくい馬ですが、芝1800m戦は相性(1-3-3-0)が良く、人気薄の激走があるとすれば、ここかも…という感じがします。

▲⑭タイセイサミット

前走メイステークス2017 1着。今回人気の中心になりそうなメイステークス組。

ただ1着タイセイサミットも2着アストラエンブレムダイワメジャー産というのは、少し不安点でしょうか。”重賞では芝1600mまで”という印象の強い産駒で、過去、芝1800m戦の重賞で優勝したダイワメジャー産は、カレンブラックヒル (毎日王冠2012、小倉大賞典2015)のみです。

とは言いつつ、前走を見る限りは、距離的な不安を感じなかったので、2頭ともに人気に応える結果がありそうです…。4歳馬もデータ的には良いですね。

△②フルーキー

前走新潟大賞典2017 4着。前走新潟大賞典は、低調なメンバーではありましたが、久しぶりに上がり最速をマークしての4着。斤量57.5kgを背負っていたことを考えると、やはり能力は高そうです。

Redoute’s Choice産なので、産駒の傾向からは芝1800mまでがベストでしょうか。エプソムカップは、一昨年4着・昨年2着と相性の良いレースです。芝2000m戦の前走よりは条件が良くなると思うので、上手く脚を溜める競馬ができれば…。

馬連◎-○▲△ 3連複◎-○-▲合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、6着、7着、9着でした。

本命◎マイネルミラノは7着でした。

エプソムカップ2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 12 牡5 ダッシングブレイズ 5 京王杯スプリングカップ(G2) 7着(0.4)
2 10 牡4 アストラエンブレム 1 メイステークス(OP) 2着(0.0)
3 7 牡4 マイネルハニー 6 小倉大賞典(G3) 16着(2.1)

こちらもカスリもせずでした。(・Θ・;) あと2~3週続けてカスリもしないようであれば、また馬連狙いから買い方を変えてみようと思います。

最初の1000mが59.7秒。決して速い流れではなく、前にいた馬がそのまま上位争いを演じ、後ろで脚を溜めるタイプの馬には厳しいレースでした。

マイネルハニーが逃げて、マイネルミラノが2番手というのは、レース前からそういう話があったので、予定通りの展開でした。マイネルミラノが最後垂れたのは、やはり斤量58kgが響いたのかもしれません。

優勝馬ダッシングブレイズは、完全にノーマークでした。アストラエンブレムやマイネルハニーは、仮に紐に2~3頭加えるなら追加していたと思いますが、ダッシングブレイズの好走は全く予想できず。マイル路線での凡走が続いていたので、この距離で勝てたのは大きいですね。

そしてダイワメジャー産アストラエンブレムは人気に応えることが出来ず…。この産駒は重賞芝1800mになると、ワンパンチ足りないレースが多いように感じます。カレンブラックヒル並の馬でなければ、重賞芝1800m戦で頭から狙うのは厳しいのかもしれません。

1~3着馬の次走情報