ファンタジーステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年11月5日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1400m
格付け GⅢ
条件 サラ系2歳牝馬
斤量 馬齢
出走数 12頭
天気 晴れ参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

阪神ジュベナイルフィリーズ2016の前哨戦として行われるG3「ファンタジーステークス2016」です。同じ前哨戦としてアルテミスステークス2016も創設された為、近年は少頭数の傾向が続いています。

昨年(旧ブログ)は、データ通りに3連単3頭ボックスだけ買って的中したレースです。今年もデータが使えるかは分かりませんが、データを中心に押さえたいと思っています。

過去10年のファンタジーステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは7回に及びます。2008~2014年の7年連続で波乱決着となっていました。

  • 2015年 39,480円
  • 2014年 380,480円
  • 2013年 614,810円
  • 2012年 157,080円
  • 2011年 106,860円
  • 2010年 136,370円
  • 2009年 243,520円
  • 2008年 294,430円
  • 2007年 9,190円
  • 2006年 9,120円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ファンタジーステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 11 キャンディバローズ 5 未勝利(札幌芝1500m) 1着(-0.1)
2 3 メジェルダ 6 りんどう賞(500万) 2着(0.0)
3 6 ブランボヌール 1 函館2歳S(G3) 1着(-0.6)
2014 1 6 クールホタルビ 14 小倉2歳S(G3) 13着(1.1)
2 1 ダノングラシアス 1 りんどう賞(500万) 2着(0.0)
3 9 ウインソワレ 3 未勝利(阪神芝1400m) 1着(-0.1)
2013 1 7 ベルカント 4 小倉2歳S(G3) 2着(0.2)
2 4 モズハツコイ 7 デイリー杯2歳S(G2) 6着(0.9)
3 10 アドマイヤビジン 15 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.0)
2012 1 13 サウンドリアーナ 2 デイリー杯2歳S(G2) 7着(0.5)
2 14 ローブティサージュ 4 新馬(函館芝1800m) 1着(-0.2)
3 9 アメージングムーン 10 未勝利(札幌芝1200m) 1着(-0.2)
2011 1 12 アイムユアーズ 8 函館2歳S(G3) 2着(0.2)
2 3 アンチュラス 4 未勝利(阪神芝1400m) 1着(-0.7)
3 5 ファインチョイス 1 函館2歳S(G3) 1着(-0.2)
2010 1 8 マルモセーラ 4 未勝利(京都芝1400m) 1着(-0.7)
2 4 ホーマンフリップ 7 新潟2歳S(G3) 除外
3 5 ホエールキャプチャ 5 芙蓉S(OP) 1着(-0.0)
2009 1 10 タガノエリザベート 8 デイリー杯2歳S(G2) 6着(0.6)
2 16 ベストクルーズ 5 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.1)
3 15 グレナディーン 3 りんどう賞(500万) 2着(0.2)
2008 1 3 イナズマアマリリス 13 すずらん賞(OP) 2着(0.0)
2 1 ワンカラット 5 デイリー杯2歳S(G2) 6着(0.5)
3 5 アディアフォーン 2 未勝利(京都芝1400m) 1着(-0.0)
2007 1 3 オディール 4 りんどう賞(500万) 2着(0.3)
2 14 エイムアットビップ 1 りんどう賞(500万) 1着(-0.3)
3 8 エイシンパンサー 2 新潟2歳S(G3) 4着(0.4)
2006 1 12 アストンマーチャン 3 小倉2歳S(G3) 1着(-0.4)
2 9 イクスキューズ 2 札幌2歳S(G3) 3着(0.1)
3 13 ハロースピード 1 マリーゴールド賞(OP) 1着(-0.3)
前走りんどう賞(連対馬)

過去10年のファンタジーステークス3着以内30頭中5頭を占めます。前走りんどう賞(連対馬)が出走している年は、押さえておいた方が良いというローテです。

馬券圏内に来た5頭中4頭がりんどう賞2着馬でした。

前走2歳重賞

過去10年のファンタジーステークスでは、馬券に絡まなかった年がありません。レース別に分けると、以下のようになります。(デイリー杯2歳ステークスは、2014年から11月開催に変わりました。)

  • 前走デイリー杯2歳Sステークス 4頭
  • 前走小倉2歳ステークス 3頭
  • 前走函館2歳ステークス 3頭
  • 前走新潟2歳ステークス 2頭
  • 前走札幌2歳ステークス 1頭
前走未勝利戦

過去10年のファンタジーステークス3着以内30頭中8頭を占めます。2008年から8年連続で、前走未勝利戦勝ちの馬が馬券圏内に来ています。二桁人気馬も以下2頭がいます。

  • 2012年3着アメージングムーン(10番人気)
  • 2013年3着アドマイヤビジン(15番人気)

馬券予想

過去データからの注目は、「前走りんどう賞(連対馬)」「前走2歳重賞」「前走未勝利戦」です。ただ今年は、前走未勝利戦の馬の出走が多くなりました。(昨年はキャンディバローズだけでした。)

以下、簡単な考察と予想です。

①ミスエルテ

前走のデビュー戦は、1頭だけ格が違うかのような競馬でした。持ったまま馬なりで楽に突き放していきました。今回は、勝ち負け候補でしょうか。

父フランケルは、キャリア全勝でG1を10勝したイギリスの馬です。産駒が日本競馬に適応するかがポイントになりそうですね。

前走は阪神芝1600mコースで1:37.2(稍重)という時計の掛かる馬場でした。2歳の新馬なので、時計はあまり気にしないで良いと思いますが、近年1分21秒前後で決着するファンタジーステークスでは、少し買い難い印象ではあります。

②ドロウアカード、④モンロー、⑧クールファンタジー、⑨ゴールドケープ、⑩ディアドラ

前走未勝利戦組の5頭です。傾向から押さえておきたいローテですが、せっかくなのでオッズ的に面白そうな馬を狙いたいです。

ドロウアカード

前走は逃げて押し切りました。上位勢は先行馬が占め、差し追い込みが来ない決着だったので、馬場や展開が向いたと思います。重賞の今回は、楽逃げできるとは思いませんが、全姉ソルヴェイグという血統を見ると、中穴かつ牝馬限定戦なら面白いかもしれません。(ソルヴェイグは人気薄でフィリーズレビュー2016と函館スプリントステークス2016を優勝しています。)

モンロー

前走は、1枠から逃げて押し切りました。ダート戦だったので、芝の重賞ではどうだろうという気もしますが、兄シンゲンやヤングアットハートがいる血統ですから、こなしてくれるでしょう。クロフネ産の芦毛の牝馬は走るイメージがあるので、人気薄なら…と思っています。

クールファンタジー

前走は、斤量51kgでしたが、上がり最速の凄い脚で差し切りました。団栗の背比べのようなメンバーなので、差し追い込みが決まる展開になれば、十分に上位候補ではないでしょうか。

ゴールドケープ

前走は、好位の内ラチ沿いで上手く脚を溜めての差し切り勝ちでした。大外をぶん回して2着に来たファンシーアモンの方が強そうに見えたので、評価が難しいところですね。

ディアドラ

前走未勝利戦の馬では人気しそうですが、ジョッキー人気(ミルコ)でしょうか。前走は、後方で脚を溜めて差し切るという競馬でした。やや過剰人気という感じもしますが、差のないメンバーなので、上位があってもおかしくなさそうです。

⑧ブラックオニキス

小柄な馬格だけは気になる点ですが、前走の札幌2歳ステークス2016は牡馬相手に強さを見せていました。勝ったトラストからは離されたものの、外枠から外をまわって伸びてきていました。最終コーナーだけ見ると、よく2着に来れたな…という印象でした。

2勝した舞台が札幌の1500m戦ですし、今回の距離短縮はプラス材料ではないでしょうか。小柄な馬格なので、タフな馬場よりは京都の方が合うかも…という気がします。

⑪ヤマカツグレース

買いどころの難しいハービンジャー産ですが、データ的には前走りんどう賞2016(連対馬)なので押さえておきたいです。兄にヤマカツエースがいるので、母系からは重賞戦線で好走してもおかしくはないと思います。

前走りんどう賞2016は、勝ったアズールムーンが強かったです。ただヤマカツグレースも3~4着馬に差されそうなところで、さらに伸びて(上がり最速)後続2頭の先着を許さないような競馬でした。このメンバーなら…という感じがします。

買い方

◎⑪ヤマカツグレース

○⑧ブラックオニキス

▲②ドロウアカード

△⑤クールファンタジー

過去データの通りに狙いました。前走りんどう賞2016連対馬のヤマカツグレースを本命、対抗に前走2歳重賞のブラックオニキスを選びました。その他、前走未勝利戦の勝ち馬からドロウアカードとクールファンタジーを押さえました。

今年は、未勝利戦勝ち馬が多いことと強そうなミスエルテがいるので、データ通りというのは難しいかもしれませんね。

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

結果

馬券的には、6着、8着、9着、11着でした。

本命◎ヤマカツグレースは9着でした。

ファンタジーステークス2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 1 ミスエルテ 1 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.3)
2 7 ショーウェイ 12 ききょうS(OP) 8着(1.0)
3 10 ディアドラ 3 未勝利(新潟芝1400m) 1着(-0.3)

晩に録画を見ましたが、全くカスリもしない結果になりました。

勝ったミスエルテは衝撃的強さですね。テレビの解説ではゆっくり出していったと言っていましたが、川田ジョッキーは馬が横を向いているときにゲートが開いて出遅れてしまったと言っていました。

最後は外からノーステッキで持ったままの加速。それも信じられないような加速でした。2着以下との着差は0.2秒差ですが、力差はそれ以上あるのは確実でした。

今年のファンタジーステークス2016は、データが全く通用しませんでした。改めて思うのは、「重賞で人気のハービンジャー産は買えない」ということでしょうか。人気薄のハービンジャー産の好走はたまにありますが、人気を背負って好走するタイプでは無いですね。

1~3着馬の次走情報